1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. イタリア
  5. フィレンツェ
  6. 街中・建物・景色
  7. 【2021年・ブログ観光】ピサの元精神病院と一人のアーティスト

みゅうローマ発信 現地情報
プロフィール
ニックネーム:
みゅうローマ
居住地:
ヨーロッパ>イタリア>ローマ
会社名:
みゅうローマ
会社英字名:
Myu Rome
会社所在地:
ヨーロッパ>イタリア>ローマ
会社電話番号:
+39-335-750-1984
業種:
旅行業
自己紹介:
イタリア国内の旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー
3月<2021年4月    
123
45678910
11121314 151617
18192021222324
252627282930

【2021年・ブログ観光】ピサの元精神病院と一人のアーティスト

2021/02/25 00:00
精神病院
エリア:
  • ヨーロッパ > イタリア > フィレンツェ
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / その他
  • / 歴史・文化・芸術

 

先日ピサ県ヴォルテッラ市にあった元精神病院を見学してきました。

 

現在は廃墟になっている元精神病院

 

1888年創設の歴史ある精神病院で、最大時には、イタリア中から患者が集まり4000人以上が40の建物に分かれて住んでいました。

比較的症状が軽い人は、敷地内でパンを作ったり、洗濯したり、庭師などの技術も身につけています。

いくらかの給料がもらえ、町に食料を買いに行くこともできたそうです。

日曜には恒例の看護士対患者のサッカーも行われ、病院関係者の家族もお弁当を持ってここに来て、みんなで食べていたそうです。

 

ちょっとほっとしました。

 

博物館には、患者の着ていたシャツとか、電気ショック療法のための機械なども置かれています。

 

でも今回、注目をしたのは1人のアーティストです。

 
 

Foto da Manicomio di Volterra autorizzato

フェルナンド 若い頃の写真

 

フェルナンド・オレステ・ナンネッティは、父親を知らずに1927年ローマで生まれました。7歳の時に母にも捨てられてしまいました。

 

その後、孤児院に入り、10歳で精神に支障があると判断されました病院で重症の脊髄炎が見つかり長い入院生活を余儀なくされています。

1948年には、警官に反抗したという理由で裁判にもかけられますが、精神異常という判断で、訴訟は却下され、ローマの精神病院に入ります。

 

そして、1958年にヴォルテッラの精神病院に移ります。

 

ここに滞在中に、病院の壁にグラフィックデザインを刻み始め、これが芸術的にも、歴史の資料としても評価されています。

 

アーティスト名、NOF4としても知られています。

 

1973年にこの精神病院を退院して、ヴォルテッラの町に住み、1994年に生涯を終えました。

 

病院の外壁のグラフィック

 

彼は、病院の外壁に、制服の一部だったベルトのバックを使いながら、文字や絵、数字を刻みます。

 

これは、大きな壁に書かれた日記、そして手紙なのです。手紙のあて先は、空想上の高貴な両親です。

 

彼のサインは、NOF4

 

名字、名前の頭文字に数字の4を加えたもの。

4は、ここに入館した時に与えられた彼の個人番号だそうです。

 

時には、宇宙工学鉱山技師になったり、英雄の大佐になったり、核泥棒になったりしながら、左から右へ、右から左へ、自由自在に刻んでいきます。

 

長さは180メートル、高さは2メートルにも及びます。

 

そこには、ファンタジーあふれる話や、解読不可能なものもあるのですが、中にはこんな記述もあります。

 

「病院の中の人の10%がテレビから出ている磁気放射によって死に、40%の人が他人から病気を移されて、または他人に病気を移して死に、あとの50%の人は、他人に対する、または自分に対する憎しみや怒りによって死んでいく。」

 

どきっとさせられる言葉です。

 

近くの川の石を拾ってきて患者たちが造った庭の階段

 

1978年のバザーリア法により、精神病院が閉鎖されたあと、美術研究者が作品の重要さに気づき、写真を撮り保存しました。

1985年には本も出版され、彼にも報酬が届きましたが、受け取りを辞退しています。その後、彼の作品は映画に使われたり、ドキュメンタリー映画が製作されたりもしています。

現在では、大変稀で、重要なアウトサイダーアートとして評価されています。

 

グラフィック以外に彼の残した手紙やメモは、1700ページにも及びました。

死後、その大部分が紛失してしまっていますが、すべてがコピーされ保存されています。

 

建物に刻まれたグラフィックは、病院閉鎖後、徐々に崩れてしまい、2011年には53メートルのみが残りました。

2012年から壁をはがして、博物館に移しています。

 

こうして歴史的にも文化的にも貴重な資料を保存する方向に作業がすすめられています。

 

壁を保存するためにも、機会がある方は、ぜひ訪れて見てください。

 

見学 月、水、金 一日三回 予約要 イタリア語ガイド付き

見学時間 2時間半。金額 10ユーロ

*ここでのチケット代金は、壁の保存に使われます。

 

  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。