1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. インド
  5. 鉄道・乗り物
  6. 旅のトラブル対処法・移動編1〜機内に持ち込む手荷物について

ねこたんの足あと

~あちこち行って。いろんなもの見て聞いて歩いて食べて。~

プロフィール

ニックネーム:
yummy
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
本業は小説を書くかたわら、
占いとヨガのサロンを主宰しています。

占いは手相とタロットカード。
ヨガは南インド ケララ州で州公認のインストラクター資格を取得しました。
少人数制のクラスを展開しています。
ご興味のある方は、
http://alvayu.jp
にアクセスしてみてくださいね。


小さい頃からアフリカに憧れていて、海外旅行デビューはエジプト。それからケニアへ行き、念願のサバンナに。アフリカのあとにアジアに行き始め、人からはよくルートが逆だよ、と言われました。

私はその国の何かひとつでも見たいものがあれば、どこへでも行きます。それがきっかけですが、あとは行き当たりばったり。何かをするため、にその国へ行くわけではなく、ただただその国に浸かるような旅をします。
だからこそ、生きた情報をその場で得ることができるのだと思います。

どちらかといえばカオス的な国を旅するのが好きですが、でも近年ヨーロッパも堪能しました。先進諸国もきっちり知り、その両方を知ることが大事だと思ってますから、あまり偏ることもありません。

もうずっとヨガ修行をするため、定期的にインドへ行っています。一回の旅行期間は約2ヶ月ほど。滞在型なのでその地については精通していきます。前回は昨年11月に、今年もまた秋に訪れる予定です。

私が旅先で出会ったできごとや人たち、おいしいものやホテルやショッピング、交通事情、失敗談や病気になったこと、コワかったことなどのトピックや情報が旅する人たちの役に立てばとてもうれしいです。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

旅のトラブル対処法・移動編1〜機内に持ち込む手荷物について

2011/12/05 20:14
エリア:
  • アジア > インド
テーマ:
  • 鉄道・乗り物
  • / 旅行準備
最近は機内に持ち込む手荷物についていろいろ規制が厳しくなっているが、私がおススメしたいのは、とにかく女子は一泊分のお泊り道具を手荷物に入れておくこと。

お泊り道具というのは、主に化粧品とアンダーウェアの換えだ。
これさえ用意しておけば不意のことが起きても凌ぐことができる。

今回インドを旅したとき、往きのフライトが台風にぶち当り、本来香港へ行く予定が急きょ台湾に降りることになってしまった(詳細はインド生リポ・台湾編#1参照)。
余儀なく台湾の高雄で一泊することになり、航空会社側は迅速にホテルを用意してくれたが、預けた荷物は出してもらえなかった。
ホテルは5スターのホテルで部屋も快適、アメニティなど必要なものはほとんど揃っていたが、あぁと思ったのは、ふだん使っているスキンケア用品とコスメ、下着の換えがなかったことだ。
本当は香港で乗り換え、その日の夜にデリーに着く予定だったので、化粧品もスキンケア用品も、そしてもちろん下着類も全てスーツケースの中に入れておいた。
そもそも機内持込み手荷物は、液体ボトルやチューブなどの制限があるので、いちいち分けるのが面倒だ。同日の夜に着くのであれば洗面用具などは必要ないと思ったのだ。それでも機内の乾燥対策のためにローションの小瓶やリップクリームだけは入れておいたが。

シャワーを浴びたあと、一日はいたパンツをはく気にはなれない。
しょうがなく洗って乾かしてみる。もちろんルームウェアなど持っていない。部屋にバスローブはあったからよかったようなものの、それを着て寝るのもどうか。
そういえば前にもバンコクから日本へ帰るとき、突然フライトがキャンセルになり、やはり一泊したことがあったが、あのときもパンツがなくて困った(しかもあのときは男と一緒だったので余計に困った)。
また同じハメになったが、まさか香港へ行くフライトがこんなことになるとはユメにも思っていなかったのだ。

翌朝、生乾きの下着にドライヤーをあて、なんとか乾かす。
バッグに入れておいたローションを使い、備え付けの香りのきつい乳液をつけ、あとはすっぴん。……イヤだなぁ、でもしょうがない。
本当に何が起こるかわからない。
今度からは必ず一泊分のお泊り道具、特にパンツは手荷物に入れておこうと決めた。
これは全ての女子にオススメしたいことだ。どんなに近い国でも、油断大敵。

ちなみに手荷物についての航空会社のチェックの厳しさだが、今回国際線で利用したキャセイパシフィックは割にゆるく、手荷物の中のプラスチックバッグのチェックもなかった。キングフィッシャーも同様。
インド国内線ではインディアン・エクスプレス(AIの子会社)はチェックが厳しく、私の友人はバッグ内をこれでもかというほどまさぐられた。
私もうっかり入れておいたメイク用の小さなハサミを取りあげられた。が、カウンターへ行きCAに預けることができると言われた。
キングフィッシャーは意外にゆるく、水の持ち込みも何も言われなかった。なので水はスル-できることもあるので、慌てて処分しなくてもいいだろう。
インドについては総じて国際線はゆるく、国内線は厳しいようだ。ライターやマッチはご法度、どんなに奥に入れておいてもきっちり見つけられ取りあげられる。
が、バッグをまさぐっているときでさえ、検査官であるインド人男たちは色目を使ってくる。
インドを旅するときは合わせて気をつけてもらいたい……と思う。
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
インド(21)
ベトナム(7)
台湾(3)
ネパール(2)
カンボジア(2)
タイ(1)
ヨーロッパ
イタリア(2)
アフリカ
マダガスカル(2)
ケニア(1)