1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Vツアーさん
  4. グルメの記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

満足しタイ・ランド

~タイの情報満載、旅行者向けの情報のみならず、タイ・ローカルの情報をお伝えしていきます。~

貴方のタイ旅行をサポート致します。
パッケージでは満足いかない貴方のために、貴方だけのタイ旅行をサポート致します。観光、食事などのご要望にお応えし滞在中の貴方の旅を満足いく旅に作り上げましょう。
プロフィール

ニックネーム:
Vツアー
居住地:
アジア>タイ>バンコク
会社名:
V トラベル インターナショナル
会社英字名:
V Travel International Co., Ltd.
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
+66-2-866-5657
業種:
旅行業
自己紹介:
V Travel International はバンコクの旅行会社です。ホテル予約、ゴルフ予約、通常のパッケージツアーなど旅行に関することであれば全て対応してまいります。特に弊社の特徴はプライベート・ツアーです。お客様のご要望にできる限り併せてお客様の旅のサポートを致します。割高になりがちなプライベート・ツアーですが、お客様と相談しながら満足して頂ける旅を作り上げていきましょう。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(13件中)

night1
ナイト・マーケット@ホアヒン
エリア:
  • アジア>タイ>ホアヒン
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2012/09/01 01:47
コメント(2)
ホアヒンのナイト・マーケットをご紹介しましょう。

タイのナイト・マーケット、ナイト・バザールは何処も同じようなものですが、
違いと言うと規模的なものが明確に判ると思います。

さて、ホアヒンのナイト・マーケットはと言うと、
規模的には大型ではありませんが、
大きすぎず小さすぎずと言ったところでしょうか。

night1

何処のナイト・マーケットでも同じようなお土産品を扱っていますが、
ホアヒンのナイト・マーケットの場合は途中に少し大きめの通りを挟んで、
2ブロックに分かれており、
一方はお土産品、衣料品等がメインです。
もう一方はレストラン・エリア? と言うか、
シーフード・レストランが数件続いており、
反対側にはショット・バーなども数件あり、
ショッピングと食事が出来るナイト・マーケットです。

night2

night4

night5


シーフード・レストランが続いていますので、
食材の料金は殆ど同じです。
変わってくるのは調理の仕方で多少料金が変わりますが、
大きく違うことはないでしょう。
店の前にはメニューが置いていますので、
メニューを見ながら店を選ぶのも良いでしょう。

night6

このように屋台のレストランもあります。
リーズナブルな料金でタイ料理を楽しむことが出来ます。

night7

美味しそうなマンゴも沢山並んでいますが、
これが私が帰る時(約2時間後)には殆ど完売の状態で、
店じまいをしていました。(餅米と一緒に食べる、カウニョ・マムアン)

night8

日本では問題になりそうなモデル? ですね。
前首相と現首相がモデル(写真ですけれど)になっています。
タイではこの程度は許されるようですよ。
どこのナイト・マーケットでもよく見かける衣料品店です。

night9

そして、タイではナイト・マーケットの屋台でもFacebookのページを持って、
頑張っていますよ。
商魂逞しいですね。
Facebookで見て買いにくるお客様もいるようですよ。

明日はナイト・マーケットのシーフード・レストランをご紹介します。
タグ:
ホアヒン ナイト・マーケット シーフード・レストラン 

PR
タイのご旅行は弊社 V Travel International にお任せ下さい。お客様のご要望に合わせた心に残るご旅行のお手伝いをさせて頂きます。
タイのご旅行は弊社 V Travel International にお任せ下さい。お客様のご要望に合わせた心に残るご旅行のお手伝いをさせて頂きます。
ふかひれ
バンコク・チャイナタウン食べ歩き
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 自然・植物 
投稿日:2011/11/24 17:51
コメント(0)
昨晩11月23日は久しぶりに友人(タイ人4人、日本人は私と友人1人)が集まって、
バンコク・チャイナタウンの食べ歩きに行きました。

一時的には洪水の被害があったバンコク・チャイナタウンですが、
既にすっかりと水も退いて少しずつ活気を取り戻しています。

いつもは屋台の食べ歩きなのですが、
日本人の友人が「どうしても「スカラ」のフカヒレが食べたい」と言うので、
今回のフカヒレは屋台ではなく有名店「スカラ」のフカヒレを食することに。

ふかひれ

1人前300バーツとなるが、
友人は満足。
ここをスタートに食べ歩きが始まりました。

ホイ・トード

2軒目はホイ・トード(牡蠣のお好み焼き?)の専門の屋台へ。
1人前60バーツ

クゥエッティアウ

3軒目はクウゥエッティアウ・クワ・ガイの店へ。
太麺の鶏肉、イカ入り、卵和えの焼きそばです。
ここの店は作り方に拘りがあり、
写真は絶対に撮らせてくれません。
1人前30バーツ

クゥエチャップ

4軒目はクェチャップ(豚の内蔵の煮込みスープ、太麺入り)を。
前の3食でほぼ満腹に近い状態でしたが、
何とか完食。
二人は完食できず、
次はデザートでお開き・・・となりました。
1人前50バーツ

ツバメの巣

デザートはツバメの巣。
1人前60バーツ

今回は大食漢の友人が欠席したため、
5軒で終了となりましたが、
このチャイナタウン食べ歩きはいつもは麺類1軒、飯類1軒がプラスし、
7軒が通常のコースなのです。

飲み物別で一人500バーツ。
「スカラ」のフカヒレが少々高かったですね。

皆さんもバンコク・チャイナタウンで食べ歩きを楽しんでみてはいかがですか?
お奨めの時間は19時以降がベストです。
早い時間だとまだ準備中の店もあるので、
早くても18時以降です。
終了は食べ切れなくなるまで・・・。


屋台

タイ人の活気を肌で感じられますよ。
そして、お気に入りの屋台を発掘して下さい。
タグ:
バンコク チャイナタウン グルメ フカヒレ 

PR
タイのご旅行はお気軽にお問い合わせ下さい。各種新しいツアーも企画しております。
プラムック・ヌン・マナオ
朝4時まで営業している、美味いタイ・ローカル・レストラン 「クワ・リム・モン」
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:グルメ 
投稿日:2011/07/10 15:33
コメント(0)
週末は朝4時まで多くのタイ人で賑わうレストランをご紹介しましょう。

私は10年ほど前から知っているレストランですが、
最近は住居が少々離れましたのでご無沙汰していたレストランです。
久しぶりに行ってきましたので、
ご紹介しましょう。
料理の味は全く問題なし、兎に角「美味い」、だから・・・
週末は朝4時までタイ人で賑わうレストランなのです。

決して外観が綺麗だとは言えません。
タイの普通のローカル・レストランですので。


東屋

暗くて判りにくいかもしれませんが、
上記の写真の「東屋」風の客席が15棟(8名席)。
店内には20テーブル。(合計200名は充分に可能)
少し大きめのレストランです。

さて、このレストランはどの料理をとっても美味しいのですが、
私の個人的なお奨め料理を紹介します。(昨晩の注文品、5品)

まずは「プラームック・ヌン・マナオ(イカの酸っぱくて辛いスープ)」。


プラムック・ヌン・マナオ

とても爽やかな酸っぱさで後を引くさっぱりしたスープです。
このスープはイカではなく、魚(プラーカポン)でも美味しいです。

次の料理は「ムー・パッ・ピッタイ・ダム(豚の黒胡椒炒め)」。


ムー・パッ・ピッタイ・ダム

単純な豚の黒胡椒炒めなのですが、
黒胡椒の香りと辛さが最高ですね。


パックブン・チューペン・トー

上記の写真は「パックブン・チューペン・トード(空芯采の天婦羅)」。
パックブン・ファイデーン(空芯采炒め)はタイ料理が好きな方なら知っていると思いますが、
空心采の天婦羅(タイ式の天婦羅)もさっぱりしていて美味しいです。

ここの生牡蠣は安くて美味しい!


ホイ・ナム・ロム

これでたったの80バーツ(240円ほど)。
大量に仕入れて大量に販売するから安い。
そして毎日仕入れているので新鮮。
簡単な理屈ですね。

さて最後の1品です。
あまり多くのレストランでは見かけないメニューです。
「ネーム・コー・ガイ・トード(鶏軟骨のから揚げ<酸味あり>)」です。


鶏軟骨から揚げ

この料理は酒のつまみにはもってこいの1品です。
ビールに良く合うのではないでしょうか。
(私はビールより、ウィスキー派(通風の為))

いかがでしょうか?
この5品とソーダを5本(ウィスキー持込の為)で、
何と会計は520バーツ。
二人でお腹一杯になりますよ。

屋台に比べれば少々高めですが、
名前だけ有名で観光客相手の高くてあまり美味しくないレストランより、
私はお奨めです。

さて気になる場所ですが、非常に判りやすい場所です。
タクシーで行ってください。
「パタナカーン・ソイ25」レストラン「クワ・リム・モン」です。
パタナカーン・ソイ25を入って(大きなソイです)
100m程先の左手にはセブンイレブンがあります。
その先の左手にはコンドミニアムがあり、
その先になります。
ソイの入り口から約300メートル。
突き当たりの手前になります。(エアポートリンクの高架橋が見えます)

機会があれば一度寄ってみてはいかがですか?
タイ料理が大好きな方にはお奨めです。
観光客相手の味付けはしていませんので。
タグ:
タイ料理 グルメ バンコク ローカルレストラン 

PR
タイの旅行のことでしたらお気軽にご相談下さい。ホテル予約、レストラン予約、ゴルフ予約、ツアー予約など問合せだけでも結構です。どうぞお気軽に。
タイの旅行のことでしたらお気軽にご相談下さい。ホテル予約、レストラン予約、ゴルフ予約、ツアー予約など問合せだけでも結構です。どうぞお気軽に。
フルーツ
市場にはフルーツがいっぱい!
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
  • アジア>タイ>パタヤ
テーマ:グルメ 自然・植物 
投稿日:2011/04/26 13:29
コメント(0)
昨日は我が家(田舎・ピチット)のマムアン(マンゴ)と
マラコー(パパイヤ)をご紹介しましたが、
昨晩、知り合いのNanaちゃんがタイに遊びに来ましたので、
空港からパタヤへ直行し市場へ繰り出しました。

フルーツ大好きのNanaちゃんは早速果物屋さんへ。

フルーツ

ご覧のように果物屋さんには沢山の種類のフルーツが山積み。
判りますか?
マムアン(マンゴ)、アップル(りんご)、ファラン(グァバ)、
ラムヤイ(龍眼)、ンゴ(ランブータン)、
ケーオ・マンコーン(ドラゴン・フルーツ)、クルアイ(バナナ)、
ソムプー(ローズ・アップル)、テンモー(スイカ)などなど。

Nanaちゃんはンゴ(ランブータン)を1キロを購入。
何とたったの30バーツ。

ゴールデン・ウィークにタイに遊びに来られる方は、
フルーツ三昧でお楽しみ下さい。
タグ:
マムアン(マンゴ) マラコー(パパイヤ) ファラン(グァバ) テンモー(スイカ) ンゴ(ランブータン) 

PR
タイの旅行のことならお任せ下さい。ホテル予約、ゴルフ予約、ツアー予約、プライベート・ガイドなど。お気軽にご相談下さい。
タイの旅行のことならお任せ下さい。ホテル予約、ゴルフ予約、ツアー予約、プライベート・ガイドなど。お気軽にご相談下さい。
パパイヤ
マムアンが終わると次はマラコー
エリア:
  • アジア>タイ>タイその他の都市
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:グルメ 自然・植物 
投稿日:2011/04/25 12:52
コメント(0)
ソンクラーンも終わり雨季がもうすぐそこまで来ています。

暑季(3〜4月)から雨季(5月以降)にかけては、
タイでは一番フルーツが多い時期です。

特に3月〜5月まではマムアン(マンゴ)が一番美味しく、
しかも安く食することができます。
日本でも今が一番タイのマムアン(マンゴ)が店頭に並んでいることでしょう。

マンゴ

参考のためにマムアン(マンゴ)が実っている写真をお見せいたします。
既に収穫の後半に入り、
我が家(田舎ピチット)のマムアン(マンゴ)も残り少なくなってきました。

マムアン(マンゴ)が終わるとマラコー(パパイヤ)の季節がやってきますが、
今年は少し早いようです。

パパイヤ

我が家(田舎ピチット)にはマムアン(マンゴ)の木は数百本ありますが、
マラコー(パパイヤ)は百本たらず。
その中の1本が既にたわわに実を付けています。
フルーツそのものは店頭で見かけますが、
実っているところは知らない方が多いのではないでしょうか?

5月以降にタイに遊びに来られる方は
沢山のフルーツを食して下さい。

これから8月頃までは、
マラコー(パパイヤ)は勿論、ンゴォ(ランブータン)、
フルーツの女王と言われているマンクット(マンゴスチン)、
釈迦頭と言われるノイナー(パイレイシ、シュガーアップル)など、
日本人に好まれるフルーツがいっぱいです。

フルーツの王様と言われるトゥリアン(ドリアン)も
6月頃までは数多く出回ります。
匂いが苦手な方が多いのですが、
美味しい食べ方をひとつ・・・。
トゥリアン(ドリアン)にたっぷりとレモン(タイの場合はマナーオ)を絞り、
バニラ・アイスクリームと一緒に食べて下さい。
匂いも気にならなく美味しく食べることが出来ます。
この食べ方でトゥリアン(ドリアン)が好きになった方も多いです。

是非、チャレンジしてみて下さい。
タグ:
マムアン(マンゴ) マラコー(パパイヤ) マンクット(マンゴスチン) ピチット フルーツ 

PR
タイの旅行に関してはお気軽にご相談下さい。4月25日よりクラビ・パッケージツアー1泊2日、2泊3日も新たな企画でございます。お問合せ下さい。
タイの旅行に関してはお気軽にご相談下さい。4月25日よりクラビ・パッケージツアー1泊2日、2泊3日も新たな企画でございます。お問合せ下さい。

1 - 5件目まで(13件中)