1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 国内
  4. 近畿
  5. 兵庫
  6. 丹波・篠山・三田
  7. 買物・土産
  8. 【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】vol.10 FINAL 丹波篠山で黒豆の枝豆狩り

野菜ソムリエプロRieのベジフルフードツーリズム

~野菜ソムリエプロ・フードライターが綴る旅先でのエピソードと「食」にまつわる日々のできごと~

プロフィール

ニックネーム:
野菜ソムリエプロRie
居住地:
兵庫県
性別:
女性
自己紹介:
広告制作会社でのコピーライターを経て、広告代理店で旅行関連販促ツールの編集ディレクターとして14年間勤務。退職後、日本野菜ソムリエ協会・野菜ソムリエプロ認定。現在、野菜ソムリエプロ・フードライターとして活動中。

野菜や果物を中心に、旅日記や日々のできごとを綴る情報サイトも随時更新中→Always Love Vege

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】vol.10 FINAL 丹波篠山で黒豆の枝豆狩り

2013/11/06 23:50
siro10_3
エリア:
  • 近畿 > 兵庫 > 丹波・篠山・三田
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 街中・建物・景色
  • / 自然・植物
野菜ソムリエRieです♪

兵庫県で実施中の「あいたい兵庫キャンペーン2013 」
「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ 」で、
オフィシャルブロガーに選出され、
先日、丹波・篠山方面へブログ旅に行ってきました。

事務局により認定されたオフィシャルブロガーが兵庫県の各地を実際にめぐり、
お城周辺のご当地グルメや観光スポット、
宿泊施設などのレポートを各自のブログでPRし、
兵庫のお城をはじめ周辺各地の観光の魅力を伝えるという企画です。


前回までのあらすじ♪
ブログ旅1日目、丹波市市島町の「小鼓」西山酒造場散策した後、
丹波市柏原町へ向かい、元呉服店の町家をリノベーションした
イタリアンレストラン「Olmo」でランチをいただきました。
その後、徳川三代将軍・家光(幼名・竹千代)の乳母となった、
春日局の生誕地とされる丹波市春日町にある名刹・興禅寺へ。
戦国時代のお城を思わせる佇まいを見学して、
黒井城跡登山道周辺を散策しました。
そろそろ夕暮れの時刻が迫り、大急ぎで丹波市氷上町にある
「清住コスモス園」へ向かい、可憐なコスモスの花々をたっぷりと観賞。
宿泊先へ向かう前に、丹波市春日町の「夢の里やながわ」で、
丹波スイーツをいただきました。
この日の宿泊は、丹波市氷上町にある農家民宿「おかだ」さん。
土作りにこだわり、有機栽培で育てた野菜の味わえるお宿です。
親戚のおうちに泊まりに来たような、
気取りのないおもてなしと、心尽くしの料理を堪能できました。

ブログ旅2日目、お宿を出発し、篠山市へと移動。
たびたび城たびin兵庫のハイライトとなる
篠山城跡、大書院をゆっくりと見学しました。
見学後、徒歩で篠山市内を散策。
大正ロマン館で黒豆のソフトクリームを食べ、
篠山城主の御殿医の元お屋敷をリノベーションした、
非日常空間のアンティークカフェで、ランチタイム。
ランチ後は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている、
河原町妻入商家群へ。
情緒ある丹波地方商家特有の妻入りの建物を見て回りました。

前回の記事は、よろしければこちらをご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
http://www.tour.ne.jp/blog/vegetables_fruit/74160/


siro10_4
【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】
旅の最終目的地は、篠山市にある黒豆畑、杉尾農園さん。

ご主人は、39年間のサラリーマン生活を終え、
兼業農家を経て現在は専業農家に転身。

「手作り循環型農業」をモットーに、堆肥や竹炭、木酢液などを駆使して、
安心・安全な作物づくりに取り組んでおられます。

丹波篠山の黒豆(黒大豆)は、お正月料理に欠かせないものですが、
まだ黒くならないうちに収穫する枝豆もおいしいですよ。

丹波篠山の粘土質の土壌と、盆地特有の昼夜の寒暖差によって、
大ぶりで深いコクと味わいをあわせもつ黒豆が育ちます。

江戸時代には、幕府に黒大豆で年貢を納めていたという丹波篠山。

ちょうど黒豆の枝豆のシーズンと重なったので、
母と一緒に枝豆狩りをしてきました。

siro10_2
枝豆狩りに使う、大きなはさみ。
思っていた以上に大きくて重いですよ。


siro10_3
農園のご主人が、枝豆狩りのポイントを説明してくださいました。

こんもりとした葉っぱをかきわけて、根っこの近くをガチャン!とカットします。
びっくりするほど葉が生い茂っているので、切るのは至難の技です。
ひとりが葉っぱをおさえながら、別のひとりがカットするようにしないと、
慣れていないと危ないですよー!


siro10_3
これで1株です!大きいでしょうー(笑)

こんな状態で収穫されているんですねぇ。
初めての体験で、びっくりしました!

多いものになると、実だけで2キロぐらい収穫できるものもあるんですって。
平均すると1株1キロぐらいなのだとか。

できるだけたくさん実をつけているものを探したかったけれど、
実はもう雨がしっかりと降り始めていて、
のんびりとしている余裕がありませんでした(汗)


siro10_8
あわててもうひとつ分の枝豆を豪快にカットして、
バサッと2株分、車のハッチバックの荷台に無造作に入れて、
杉尾農園さんを後にしました(汗)

ほんとうは、畑で枝豆の株をカットしてからが大変で、
時間のかかる作業が待っているはずだったのですが(笑)

畑のそばにブルーシートを敷いてもらって、
その上で、余分な葉っぱや枝を落として、
コンパクトな状態にしてから持ち帰るのが普通なんですよ。

こんなこんもりしたものをそのまま持ち帰る人は、ほぼいないはず(汗)


siro10_5
杉尾農園さんの直売所では、きれいにカットされたおみやげ用も販売されています。
合計3株欲しかったのですが、雨に追い立てられて3株目が収穫できなかったので、
こちらで1株分購入することにしました。


siro10_6
余分な枝葉が落とされて、おなじみの枝豆の姿になったもの。

ここまでにするのに、けっこう労力がかかっているのですねぇ。
自分で枝豆狩りをしてみて、初めて知りました。


siro10_7
はい、こんなかんじです(笑)
あの1株が、こんなにコンパクトになりましたよ。

スーパーで売られている枝豆は、手間のかかる作業を、
誰かがやってくださっているおかげだったのですね。
枝豆狩りがあんなに大変な作業だと理解できて、
なかなか有意義なアクティビティでした。

この後、さらに雨足が激しくなって来たので、
丹波篠山を後にして、帰途につきました。

実家へ母を送り、庭で一緒に余分な葉っぱと枝のカットをしました。
けっこう大変でしたが、慣れてくると、
枝豆を枝からはずす作業もなぜか楽しくなってきて、はかどりました(笑)

枝豆の作業を終え、ブログ旅も終了となりました。


兵庫県で実施中の「あいたい兵庫キャンペーン2013 」
「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ 」で、
オフィシャルブロガーに選出していただき感謝しています。

【たびたび城たびin兵庫】旅行記は今回で最終回です。
お読みいただいたみなさん、
長い間、お付き合いいただきありがとうございました。

ぜひ、魅力ある兵庫県へお出かけくださいね。


野菜ソムリエRieでした♪
タグ:
あいたい兵庫2013
たびたび城たびin兵庫
丹波篠山
黒豆
枝豆狩り
  • この記事が参考になった人(10)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(12)
タイ(2)
中国(1)
ヨーロッパ
フィンランド(3)
フランス(3)
イタリア(1)
北海道
道北(4)
東北
秋田(2)
関東
東京(2)
北陸
福井(2)
中部・東海
山梨(2)
長野(2)
三重(2)
愛知(1)
近畿
兵庫(25)
京都(13)
大阪(8)
奈良(1)
中国
岡山(2)
広島(2)
鳥取(1)
九州
長崎(1)