1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 野菜ソムリエプロRieさんのブログ
  4. ワンコとおでかけ「天下第一の桜・高遠城址公園」@長野・伊那

  国内エリア: 中部・東海 > 長野 の他のブログはこちら|

野菜ソムリエプロRieのベジフルフードツーリズム

~野菜ソムリエプロ・フードライターが綴る旅先でのエピソードと「食」にまつわる日々のできごと~

プロフィール

ニックネーム:
野菜ソムリエプロRie
居住地:
兵庫県
性別:
女性
自己紹介:
広告制作会社でのコピーライターを経て、広告代理店で旅行関連販促ツールの編集ディレクターとして14年間勤務。退職後、日本野菜ソムリエ協会・野菜ソムリエプロ認定。現在、野菜ソムリエプロ・フードライターとして活動中。

野菜や果物を中心に、旅日記や日々のできごとを綴る情報サイトも随時更新中→Always Love Vege

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ワンコとおでかけ「天下第一の桜・高遠城址公園」@長野・伊那

2014/04/22 22:27
takato_2
エリア:
  • 中部・東海 > 長野 > 伊那・駒ケ根・高遠
テーマ:
  • 観光地
  • / 自然・植物
  • / 動物
野菜ソムリエRieです♪

先週末は、お友達家族と一緒に、ワンコ連れ信州旅行へ行ってきました。

「天下第一」と称される、長野県伊那市の高遠城址公園の桜を、
一度は見てみたい・・・と、思い続けて20年!

関西からは距離があること、お花見シーズンには大渋滞になること、
いろいろ考えると、なかなか行動に移せずに、
また来年考えよう・・・と、毎年見送ってきたのでした。

でも、いつ何時、自分の環境や状況が変わってしまうかわからないし、
いつでも行ける、いつでもできる、っていう保証はないな、と。

今は私も会社勤めをやめたので、比較的時間は自由になります。
今年こそは絶対見たい!と、思い立ち、
日帰り弾丸コースで行こうと決めました。


そんな話をお友達としていたら、
「それなら山梨・清里で1泊したらどう?」
ということになり、お友達4家族でワンコ連れ信州旅行へ行くことに決定♪

清里には、お友達のお友達ご夫婦がオーナーの、
ペットと泊まれるペンションがあるので、
そちらで宿泊させていただくことになりました。

清里のお話は、またあらためてご紹介しますね。



takato_6
午前5時の長野県伊那市の高遠城址公園付近。

早朝だというのに、ずらりと並んだ車は、
桜見物に来た観光客の、駐車場待ちの列でした!


4月1日から30日までは、高遠城址公園でさくら祭りが行われていて、
桜の最盛期には、午前6時からオープンするということで、
お友達家族とは、6時までに付近の道の駅に集合して、
みんなで駐車場へ移動する予定になっていました。

途中、中央自動車道の駒ヶ岳サービスエリアで休憩していると、
お友達家族もちょうど停車中。

目的地まで一緒に行くことになったのですが、
先に到着していた別のお友達から連絡が入り、
すでに夜中3時の時点で、駐車場待ちの列ができている!
との情報が(汗)

とりあえず、車の列に並んで待つ、ということで、
私たちもその場所を目指していきました。

さすが、天下第一の桜(笑)

こんなにもたくさんの車が、深夜から並んでいるとは驚きでした☆
私たちも、朝イチ入場のつもりで行程を組んでいてよかった^^;



takato_1
5時30分になると、車の列が動き出しました。

この道を上がって行くと、グランドゲートに近い駐車場へ到着です。

さくら祭り期間中は、高遠城址公園への入場は有料(おとなひとり500円)、
グランドゲートに近い駐車場は1台700円でした。



takato_2
いつも写真で見ていた、有名な桜雲橋が目の前に♪

1500本のタカトオコヒガンザクラが満開です。
樹齢130年を数える老木も。

高遠城址公園の桜は「さくら名所100選」にも選ばれているのですが、
タカトオコヒガンザクラは、長野県の天然記念物に指定されています。



takato_3
ソメイヨシノよりは、少し濃いピンク色をしていて、
花も小ぶりなタカトオコヒガンザクラ。

かつて、高遠城の馬場に植えられていた桜を、
明治8年(1875年)、高遠藩の旧藩士らの手によって移植、
公園として整備されて以来、桜の名所として、
その名を知られるようになったのだとか。



takato_5
私が高遠城に興味をもつきっかけになったのは、
実は武田信玄なのです。

高遠は、諏訪から伊那、さらには南信濃を経由して、
駿河へと続く、交通の要衝。

天下統一を夢見ていた武田信玄にとって、
高遠は必ずおさえておかなければならない場所だったのですね。

武田信玄は、高遠を手に入れ、その後35年にわたり支配しますが、
戦略上、大変重要なエリアだったこともあり、
息子の武田勝頼(のちの諏訪勝頼)など、
親族を城主にしていたようです。

「戦国最強の男」といわれた武田信玄びいきな私なので(笑)
信玄ゆかりの高遠城址の桜にも、強く心惹かれたのだと思います。



takato_4
朝7時頃の風景です。

橋の上は、桜見物に訪れた人で、すでに混雑しています。
下から見上げる桜も、壮大なスケールでした。



takato_9
なんと、早朝から露店も営業を始めていました!

ビニールシートを広げて、宴会を始めるグループも(笑)



takato_8
朝7時のさくらソフトクリーム!

少し肌寒かったのに・・・食べてしまいました(笑)
しかも、よくばって姫だんご付き♪

まわりをそ〜っと見回してみると、
朝からソフトクリームを食べていたお客さんは、
けっこういましたよ。むははっ!!!


高遠の桜を見に行ったのは、4月19日の土曜日でした。
もう少しずつ散り始めていますが、
さくら祭りは4月30日まで開催されているようです。

天下第一の桜、圧巻でした。

信州の桜は今が見頃。
いたるところで満開になっていて、とてもきれいでしたよ。



高遠城址公園
長野県伊那市高遠町西高遠1806



野菜ソムリエRieでした♪
タグ:
高遠城址公園
さくら祭り
信州
長野県
伊那市
  • この記事が参考になった人(10)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(12)
タイ(2)
中国(1)
ヨーロッパ
フィンランド(3)
フランス(3)
イタリア(1)
北海道
道北(4)
東北
秋田(2)
関東
東京(2)
北陸
福井(2)
中部・東海
山梨(2)
長野(2)
三重(2)
愛知(1)
近畿
兵庫(25)
京都(13)
大阪(8)
奈良(1)
中国
岡山(2)
広島(2)
鳥取(1)
九州
長崎(1)