1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 野菜ソムリエプロRieさんのブログ
  4. 10月24日から京都で開催!「アートアクアリウム展」

  国内エリア: 中部・東海 > 愛知 の他のブログはこちら|

野菜ソムリエプロRieのベジフルフードツーリズム

~野菜ソムリエプロ・フードライターが綴る旅先でのエピソードと「食」にまつわる日々のできごと~

プロフィール

ニックネーム:
野菜ソムリエプロRie
居住地:
兵庫県
性別:
女性
自己紹介:
広告制作会社でのコピーライターを経て、広告代理店で旅行関連販促ツールの編集ディレクターとして14年間勤務。退職後、日本野菜ソムリエ協会・野菜ソムリエプロ認定。現在、野菜ソムリエプロ・フードライターとして活動中。

野菜や果物を中心に、旅日記や日々のできごとを綴る情報サイトも随時更新中→Always Love Vege

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

10月24日から京都で開催!「アートアクアリウム展」

2014/10/10 09:20
aqua_6
エリア:
  • 中部・東海 > 愛知 > 名古屋駅周辺
  • 近畿 > 京都 > 洛中(四条河原町・二条城)
テーマ:
  • お祭り・イベント
  • / 鑑賞・観戦
  • / 歴史・文化・芸術
野菜ソムリエRieです♪

先日、名古屋へ行った際に「アートアクアリウム展」へ行って来ました。

金魚と大小さまざまな金魚鉢に、LEDライトなどを駆使して、
独特の世界観を作り出す水中アート展覧会で、
日本各地で開催され、話題を集めています。

残念ながら、名古屋でのイベントは10月8日で終了しましたが、
2014年10月24日から12月14日まで、京都・二条城で開催されますので、
先日の観賞の様子をレポートさせていただきますね。

作品は、フラッシュを使用しなければ写真撮影可でした。



aqua_1
名古屋市東区にある東海テレビの「テレピアホール」で開催されていた、
「アートアクアリウム展」

名古屋で何をしようか?と友人と相談していた時に、
提案してくれたこの企画展。

全国各地で開催されている展覧会なのですが、
友人に教えてもらって初めて知りました。


aqua_2
当日券を購入して、展覧会会場へ。

平日でしたが、大勢のお客さんで賑わっていましたよ。

アートアクアリウム展は、
本物の5,000匹の金魚が泳ぐ「和」をモチーフにデザインされた水槽に、
今、まさにノーベル物理学賞受賞に沸くLEDライトの照明を当てたり、
スタイリッシュなプロジェクションマッピングを投影して、
幻想的な空間を作り出す、水中アートの展覧会です。



aqua_5
こちらはとてもシンプルですが、私はこれがいちばん好きかも。

家の中にも置けそう・・・なんて思ってしまうけれど、
こんなにおしゃれには絶対なりませんね。



aqua_4
小さな水槽もあれば、大きなものもあります。

こちらは、「カレイドリウム」というタイトルの作品。

水槽の側面に埋め込まれている三角形のものはレンズで、
そこから中をのぞくと、万華鏡のように見えるんですって。
後から知ったことなので、見逃しましたが^^;

金魚も種類がこんなにたくさんいるなんて、
今まであまり考えたことがなかったかも。

金魚は、愛知県弥富市の金魚が採用されています。



aqua_3
関西で金魚といえば、奈良県の大和郡山を思い浮かべますが、
愛知では弥富金魚が有名なのだそう。

日本の金魚や錦鯉は、外国人にも人気が高まっていて、
海外から買い付けにくるかたも大勢いらっしゃるようです。



aqua_7
こちらは、「新江戸金魚飾」という作品。

江戸時代にあったという、横から眺める木枠の水槽を、
多面体の水槽として現代に蘇らせ、
光の反射や屈折といったプリズム効果を狙った演出で展示されています。



aqua_6
そしてこちらはチケットのイメージ画像にも使われていたもの。

花魁(おいらん)をイメージした巨大金魚鉢は、高さ2.4m、幅2m。
この中には、なんと1,000匹もの金魚が泳いでいます。

江戸の花街、かつての遊郭を表現していて、
金魚はおいらんとその世界を目指す女たち。

そして、金魚鉢は、その中でしか生きられない、
という運命を意味しているのだそう。

このテーマを後で知って、少し驚いてしまいました。

ボサッとしながら、あぁキレイ♪楽しい♪美しい♪
と、はしゃぐばかりだった展覧会だけれど、
それぞれの作品は、ひとつひとつがどれも力強く、
迫力を感じるものばかりでした。


金魚は、金魚鉢の中でしか生きられないことを、
不満に思ったりはしないんだろうな。その場所しか知らないから。

もし、外に、広い世界があることを知ってしまったら・・・つらいでしょうか。
でも、あえて安全な金魚鉢を選ぶ金魚だって、きっといる。

おいらんの棲む「金魚鉢」は、決して安全ではないけれど・・・。


私は、金魚鉢を飛び出して、
自分で自由に知らないところを泳いだり、
生きるために食べ物を調達したり、楽しみを自分で見つけたい(笑)


2014年10月24日から12月14日まで、京都・二条城で開催予定の
アートアクアリム展は「城〜京都・金魚の舞」がテーマ。

どんな素晴らしい作品が展示されるのでしょうか。
ぜひお近くのかたは、足を運んでみられてはいかがですか?



野菜ソムリエRieでした♪
タグ:
アートアクアリウム展
名古屋
京都
金魚アート
展覧会
  • この記事が参考になった人(5)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(12)
タイ(2)
中国(1)
ヨーロッパ
フィンランド(3)
フランス(3)
イタリア(1)
北海道
道北(4)
東北
秋田(2)
関東
東京(2)
北陸
福井(2)
中部・東海
山梨(2)
長野(2)
三重(2)
愛知(1)
近畿
兵庫(25)
京都(13)
大阪(8)
奈良(1)
中国
岡山(2)
広島(2)
鳥取(1)
九州
長崎(1)