1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Vツアーさん
  4. 鉄道・乗り物の記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

満足しタイ・ランド

~タイの情報満載、旅行者向けの情報のみならず、タイ・ローカルの情報をお伝えしていきます。~

貴方のタイ旅行をサポート致します。
パッケージでは満足いかない貴方のために、貴方だけのタイ旅行をサポート致します。観光、食事などのご要望にお応えし滞在中の貴方の旅を満足いく旅に作り上げましょう。
プロフィール

ニックネーム:
Vツアー
居住地:
アジア>タイ>バンコク
会社名:
V トラベル インターナショナル
会社英字名:
V Travel International Co., Ltd.
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
+66-2-866-5657
業種:
旅行業
自己紹介:
V Travel International はバンコクの旅行会社です。ホテル予約、ゴルフ予約、通常のパッケージツアーなど旅行に関することであれば全て対応してまいります。特に弊社の特徴はプライベート・ツアーです。お客様のご要望にできる限り併せてお客様の旅のサポートを致します。割高になりがちなプライベート・ツアーですが、お客様と相談しながら満足して頂ける旅を作り上げていきましょう。

カレンダー
12月<2023年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

6 - 9件目まで(9件中)

NoPhoto
こんな利用方法も、エアポート・リンク
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2011/01/07 11:48
コメント(0)
少々遅いですが、
明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

さてタイのことを色々と調べている方はご存知のことと思いますが、
去る1月4日からタイ国鉄・空港線(エアポート・リンク)の
シティー・ターミナル・マカサン駅にて、
チェックイン(搭乗手続き)が可能になりました。

チェックイン(搭乗手続き)は現在、タイ国際航空(TG)と
バンコク・エアウェイズ(PG)の2社のみです。
日本からのお客様でタイ国際航空を利用されている方も多いと思いますが、
帰国便の深夜便は各便とも22時30分以降のフライトです。
通常のチェックインですと20時30分頃に空港にて行いますが、
それがシティー・ターミナル・マカサン駅では
出発12時間前からチェックイン(搭乗手続き)が可能になりました。

すると、こんな利用方法があります。
通常、この深夜便をご利用されるお客様は、
ホテルを12時頃に通常のチェックアウトを済まされ、
ホテルに荷物を預けて観光して夕食を済まされ、
19時過ぎにホテルに再度戻って空港に向かっていると思います。

しかし、このシティー・ターミナル・マカサン駅の
チェックイン(搭乗手続き)を利用するとこのようになります。
ホテルをチェックアウトしてマカサン駅に向かい、
チェックイン(搭乗手続き)を済ませます。
手荷物以外はここで預けてしまいますので身軽になって行動できます。

観光に行ったり、ショッピングに行ったり自由にできます。
夕食後もホテルに荷物をとりに戻る必要がありませんので、
夕食の場所も気にせずレストランを選ぶことが可能になります。
当然、空港に向かうのはエアポート・リンクを利用します。
空港までは何と15分。

22時30分の便を例にとりましょう。
通常は車で向かう場合は渋滞を考え3時間前の19時30分頃に
ホテルを出発します。
すると夕食を済ませる為には夕食は18時頃になります。
ところがエアポート・リンクを利用すると、
19時頃に食事をしても20時45分に
エアポート・リンクに乗車すれば間に合います。
1時間以上時間を得することになります。
21時過ぎにはイミグレーション(出国手続き)に並ぶことが可能です。
車で空港に向かうのとほぼ同じです。
渋滞が無いだけ安心ですね。
料金は150バーツです。

荷物の多いゴルフファーの方たちは車になるでしょうけど、
身軽な一人旅の方にはお得だと思います。
メーター・タクシーを使うと
バンコク中心部から約250〜300バーツ(高速代込み)。
エアポート・バスは150バーツですが、
時間は読めませんのでやはり3時間前の乗車が必要でしょう。
路線バスで空港に向かえば35〜40バーツ程度と非常に安いですが、
エアポート・バスよりもっと時間が読めませんので、
一般の日本人旅行客にはお奨めできません。

一度、ご利用されてはいかがですか?
但し、搭乗券を紛失しないようにご注意下さい。

PR
タイの旅行に関することなら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
タイの旅行に関することなら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
ホンダ1
27th Thailand International Motor EXPO 2010
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:お祭り・イベント 鉄道・乗り物 
投稿日:2010/12/05 13:50
コメント(0)
Happy Barthday King.
今日は国王の誕生日です。
いつまでもお元気で。

さて、昨日はちょっと気になっていた「第27回タイランド・インターナショナル・モーター・エキスポ2010」に行ってきました。
タイのモーター・ショーは日本のモーター・ショーと若干違う点があります。
日本の場合はあくまでもニュー・モデルの「お披露目」ですが、
タイの場合は新車の「商談会」、つまり即売会なのです。

ホンダ1

写真のように入場者の殆どは新車購入検討者です。
確かに「カメラ小僧」も非常に多いのですが、
殆どの人は購入意欲満々です。

プリウス

やはりエコカー、プリウスには興味津々。
カムリのハイブリッドは以前から発売されていましたが、
今回のプリウスほどの注目度はなかったようです。

シボレー

昨日までの4日間の販売台数は…?
なんと6,878台。
販売台数メーカー上位6社は全て日本のメーカー。
ダントツはトヨタの1,671台。
1日平均400台が売れています。

http://www.motorexpo.co.th/2010/index.php

フィアット

車のサイトではないので詳しくは書きませんが、
私が気になったのはフィアットの名車「500」が復活したようです。
タイ人には余り馴染みのないフィアットですので
気にする人は少なかったですが、
私にはちょっと気になった1台です。

日本に比べて車の価格は非常に高いと思います。
それなのにこれだけの車が売れると言うことは、
タイはとても景気がいいのでしょうか?
そのようには感じられないのですが…
タグ:
モーターショー 

PR
年末年始のご旅行はお決まりですか?タイの旅行に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。
年末年始のご旅行はお決まりですか?タイの旅行に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。
サイン・ボード
ローカルのシーフード・レストラン
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2010/12/02 10:09
コメント(0)
今年も残すところ1ヶ月となりましたね。
年末年始の休暇の予定、旅の予定はお決まりですか?

今日はローカルのレストランをご紹介しましょう。
決して観光客には有名な店ではありませんが、
タイ人の中では非常に人気のある店です。
私は月に2〜3回は食事に行く店です。
私の「一押し」の店です。

サイン・ボード

画像が荒れているのはご勘弁下さい。
私のリポートの写真の殆どが携帯電話(BB)での撮影です。
(そんなことはどうでも良いことですね)

この店はバンコクの東の郊外? スクンビット・ソイ77、
オンヌット通りにある「クン・パオ」と言うレストランです。
もう少し詳しく場所を説明しますと、
オンヌット・ソイ30の三叉路のすぐ近くです。
目印は上の写真が目印です。
店の名前は看板に書いてありません。
オンヌット通りに面していますのですぐに判るでしょう。

店の様子

テーブル数は約25テーブル、
室内のエアコンの効いた部屋にも数テーブルあります。
平日でしたが流石に人気店なのでしょう。
満席ではありませんでしたが結構お客さんが入っていました。

メニュー

メニューの一部(貝類のメニューページ)ですが、
非常に安価な設定になっています。
観光客がよく行く有名なお店と比べると40%位安いでしょう。

ホイ・ナーン・ロム

なんと、写真の生牡蠣ですが120バーツです。
プリプリした生牡蠣が12〜3個ほど、有名店の半額でしょう。
とても甘みがあって美味しかったです。

エン・ホイ・パッ・チャー

エン・ホイ・パッ・チャー2

上の写真はエン・ホイ・パッ・チャー(貝柱の胡椒炒め)です。
写真の大きさの貝柱が一杯(約15個)入っていました。
それで140バーツはかなり安いと思いませんか。
勿論、美味しかったですよ。

プー・ニム・パッ・プリック・タイ・ダム

3品目はプー・ニム・パッ・プリック・タイ・ダム、
ソフト・シェル・クラブ(脱皮したかに)の黒胡椒炒めです。
これもかなりのボリュームで180バーツ。
なかなかソフト・シェル・クラブの料理を出してくれるレストランはありません。
これだけを食べに行くのも価値ありです。
同じソフト・シェル・クラブのかにカレー(プー・ニム・パッ・ポン・カリー)も今回は注文しませんでしたがとても美味しいです。
2人でシンハー・ビールを2本飲んで、
680バーツとても安いレストランです。
機会がありましたら寄ってみて下さい。
日本語のメニューはありませんが、
英語の表記はありますので問題ないでしょう。

さて、今度の日曜日12月5日は国王の誕生日です。
私は5日のアユタヤ行きのSLの切符が手に入らなかったので、
6日のナコンパトム行きのツアーチケットを購入しました。

SLパンフレット

SLチケット1

12月6日8時にファランポーン駅を出発しナコンパトムに到着は10時の予定。
帰りは17時にナコンパトムを出発、ファランポーン駅到着が19時の予定です。
チケットに記載されている「96-STEAM ENGINE TRAIN」の文字が見えますでしょうか。
乗車券は120バーツ、現地ナコンパトムでのツアー費用379バーツ(昼食代込み)の合計499バーツがツアー費用です。

また、リポートしたいと思っています。
タグ:
シーフード SL 鉄道 

PR
タイの旅行のことならばお気軽にお問い合わせ下さい。
タイの旅行のことならばお気軽にお問い合わせ下さい。
ベスト・オーシャン1
バンコクのリンクス風? ゴルフコース・・・
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:お祭り・イベント ゴルフ 鉄道・乗り物 
投稿日:2010/11/20 13:11
コメント(0)
Sawasdee Khrap.

今回もゴルフ中心の情報をお届け致します。
今週からTVコマーシャルで、
来年1月7日から開催されるロイヤル・トロフィーのコマーシャルが放映され始めました。
タイ・ゴルフ親善大使でもある石川遼選手も3年連続の参戦も決まったようです。
3日間のアジア選抜VS欧州選抜の熱き戦いは、
今年はホアヒンのブラックマウンテン・ゴルフクラブで繰り広げられます。
皆さんも観戦に来ませんか?

さて、今日お届けする情報は「バンコク初のリンクス風? コース」、
ベスト・オーシャン・ゴルフ・クラブです。


ベスト・オーシャン1

バンコク中心部から約1時間弱、ラマ2世通りでサムットサコーン県に向かいます。
リンクス風? のコースは確かに風向きによっては微かな潮の香りを感じることはできますが、
海が見えるようなコースではないことを先にお話しておきます。


ベスト・オーシャン2

各ホールともウォーター・ハザードが絡んでおり、
フェアウェイが広々としているのは数ホールのみ。
リンクス・コース? と言うより、
ラグーンの中にあるコースと言った方が良いかもしれません。

ベスト・オーシャン3

ティーショットから正確なショットが要求されるコースです。
それも風を計算に入れた正確なショットが必要とされます。
距離を気にせずコントロールに集中していると、
各ホール2打目が結構残っていることに中盤で気づくはずです。
それもそのはず、レギュラーティーからトータル6,024ヤード。
ロングホールも一番長いのは544ヤードありますし、
ドッゴレッグのホールも数ホールあり結構手強いコースです。


ベスト・オーシャン4

一度、チャレンジして下さい。
コース内にバンガロー(宿泊施設)があり、
滞在してゴルフに集中したい方にもお奨めです。

ところで、明日11月21日はロイクラトーンです。
バンコクではチャオプラヤー川では数千発の花火が上がり、
数万とも言われる灯篭が流され幻想的なお祭りになります。
滞在中の方は是非チャオプラヤー川に足を運ばれてはいかがですか?
リバーサイドまで行かなくても数先発の花火を鑑賞するポイントはあります。

当然、リバーサイドのホテルのラウンジなどもありますが、
やはり花火の鑑賞は外で見るのが常識。
私のお奨めはル・ブア・アット・ステート・タワーの屋上。
63階の屋上レストラン・シロッコはチャオプラヤー川を一望でき、
花火を上から見る最高のポイントと思います。
カップルの方にも最高のデートスポットではないでしょうか。
18時からレストランはオープンしています。

明日などは予約でレストランは一杯かもしれませんが、
遅い時間に夜景を楽しみながらお酒を楽しむのも良いでしょう。
高所恐怖症の方にはあまりお奨めはできません。
屋上のレストランに出る時に外に出てから階段で降りますが、
手すりは腰の高さほどまでしかなく眼下にはバンコクの街並みが広がっています。
この階段だけがポイントで、
レストラン・フロアに降りれば問題はないでしょう。
日本には絶対にない63階のオープンレストランをお楽しみ下さい。

このロイクラトーンが終われば12月5日は国王の誕生日で、
街中イルミネーションで飾られていきます。
国王の誕生日以降もクリスマス、ニューイヤーまで、
街の至る所でイルミネーションで飾られますので、
12月バンコクに旅行される方は
各地のイルミネーションを楽しむのも、
旅の楽しみ方のひとつかもしれません。
タグ:
ゴルフ ロイヤル・トロフィー ロイクラトーン 

PR
タイの旅行のことなら、お気軽にご相談下さい。
タイの旅行のことなら、お気軽にご相談下さい。

6 - 9件目まで(9件中)