1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. シンガポール
  5. 観光地
  6. シンガポール発 改めて「何がすごいの?マリーナベイサンズ」

【PandaBus】トラベルコンシェルジュのブログ

~人気・定番のツアーからあなただけの個人手配まで【PandaBus】ならどんなご要望にもお答えします。ツアーに関して知りたいことがあればまずは【PandaBus】までお問い合わせを!~

【パンダバス】はおかげさまで40周年!
プロフィール

ニックネーム:
パンダ太郎
居住地:
アジア>香港>香港(ホンコン)
性別:
女性
会社名:
Panda Travel Agency Ltd
会社英字名:
Panda Travel Agency Ltd
会社所在地:
アジア>香港>香港(ホンコン)
会社電話番号:
852-2724-4440
業種:
旅行業
自己紹介:
『Panda Travel』は香港、タイ、シンガポール、インドネシアに直営拠点を置く旅行会社です。現地日帰り日本語オプショナルツアー「PandaBus」の運行を中心に、各種旅行素材(ホテル・航空券など)のお手配、現地在住日本人向けの遠足。体験型ツアーなどを提供しています。現地の『たのしい!!』を追求したパンダバスオリジナルのご当地体験ツアーが国内外から大人気です。
私たちは海外各地に拠点をもち、直接ホテルやツアーや物品の仕入れをおこなっておりますので、確かなモノをリーズナブルな価格でご提供させていただくことができます。 また、このように海外旅行も手軽で安全な時代とはなりましたが、万が一の場合、旅行先に私たち「現地」スタッフがいる、という安心感も商品と一緒にお届けできればと思っております。
便利なインターネットという環境を十分に活用し、日本の皆様に現地からのホットな情報をタイムリーに配信させていただくとともに、各拠点での長年の経験とノウハウを生かして「迅速」「確実」「丁寧」をモットーに、皆様の大切なご旅行のお世話や、特産品の配送のお手伝いな ど、現地ならではのサービスをますます充実させてまいりたいと思います。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

シンガポール発 改めて「何がすごいの?マリーナベイサンズ」

2013/08/27 12:15
サンズ
エリア:
  • アジア > シンガポール > シンガポール
テーマ:
  • 観光地
  • / ホテル・宿泊
  • / グルメ
ここ数年、シンガポールの観光業界で
マリーナベイサンズの名前を聞かない日はありません。

なのでまだまだできたてホヤホヤだと思っていたら
最上階展望デッキにあるレストラン「KU DÉ TA(クデタ)」
9月で開店3周年を迎えるというニュースを聞いてびっくり。
もうそんなに経つんですね!!


ということで今回はまだまだ勢いが収まらない
シンガポール注目度No.1
マリーナベイサンズ
を再評価したいと思います。

<人気ポイントその1>
何といってもその佇まい、迫力。
一目見て思わず「おー」と言ってしまうお姿は
シンガポールの新たなランドマークとしてマーライオンと並ぶ認知度。
連日、両者相まみえております。
MBS1


<人気ポイントその2>
実は超大型カジノ。
マリーナベイサンズは単なるホテルではなく「ラスベガス・サンズ」社が
運営するカジノが母体だってご存知でしたか?

その上規模は単独では世界最大という、マカオもびっくりのカジノだったんです。
↓はその一部。カジノは中で写真が撮れませんので上からのショットでご勘弁を。
緑色の小さい○がテーブルです。
MBS2
500のテーブルと1,600のスロットマシーンが並ぶ光景は圧巻です。


<人気ポイントその3>
豊富な見どころ、遊びどころ。
地上200m!世界最「高」のプールや
MBS4

・美術館
・シアター(今現在は「オペラ座の怪人」がかかっている模様。)
・巨大ショッピングモール
・数多くのレストラン
・小さいけれどスケートリンク
・なぜか運河&ゴンドラ
とマリーナベイサンズの外に出なくても十分楽しめてしまいます。

<人気ポイントその4>
シンガポールが見渡せる最上階「スカイパーク」。
ココ↓です。某携帯会社のCMで日本でも話題になりました。
MBS3
こちら宿泊客の方は無料で入場できますが、
一般の方でも20シンガポールドルで入場可能です。
高所恐怖症の方には地獄絵図ですのでお気を付けて…。

冒頭に書いた3周年を迎えるレストランはこのスカイパークにあります。
MBS5
レストラン、クラブラウンジ、ホテルのプールサイドバーからなるこちらお店では
9月1日〜15日には期間限定で特別メニューが登場。
その上、特別メニューから1品注文するたびにグラス・シャンパン1杯が無料!の
太っ腹企画を実施しています。
レストランは一般のお客様でもご利用可能なので、この期間にシンガポールを
訪れる方は要チェックです!!


と、いろいろご紹介してきましたが
とにかく
日本のホテルの概念ではありえない
のは確か。

これは是非行って確かめてみるしかありません!

ということで最後にご宿泊をお考えの方にアドバイス!

マリーナベイサンズのお部屋は各カテゴリーごとに
シティビューガーデンビューが設定されています。
シティビューはマーライオンを含むシンガポールの街が見渡せる側
ガーデンビューはその反対、眼下にガーデンオブサベイを見下ろす側です。


シティビューは一切窓を開けられない造りですが
ガーデンビューは全室バルコニー付きと、お好みでお選びいただけます。
皆さんはどちらにしますか?

ただし大人気ホテルですので
ご予約の際はとにかくお早目に!!!!
  • この記事が参考になった人(16)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(19)
タイ(8)
シンガポール(7)
マカオ(4)
インドネシア(3)
中国(1)
ベトナム(1)
マレーシア(1)
オセアニア
オーストラリア(2)