1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. パンダ太郎さんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > マカオ の他のブログはこちら|

【PandaBus】トラベルコンシェルジュのブログ

~人気・定番のツアーからあなただけの個人手配まで【PandaBus】ならどんなご要望にもお答えします。ツアーに関して知りたいことがあればまずは【PandaBus】までお問い合わせを!~

【パンダバス】はおかげさまで40周年!
プロフィール

ニックネーム:
パンダ太郎
居住地:
アジア>香港>香港(ホンコン)
性別:
女性
会社名:
Panda Travel Agency Ltd
会社英字名:
Panda Travel Agency Ltd
会社所在地:
アジア>香港>香港(ホンコン)
会社電話番号:
852-2724-4440
業種:
旅行業
自己紹介:
『Panda Travel』は香港、タイ、シンガポール、インドネシアに直営拠点を置く旅行会社です。現地日帰り日本語オプショナルツアー「PandaBus」の運行を中心に、各種旅行素材(ホテル・航空券など)のお手配、現地在住日本人向けの遠足。体験型ツアーなどを提供しています。現地の『たのしい!!』を追求したパンダバスオリジナルのご当地体験ツアーが国内外から大人気です。
私たちは海外各地に拠点をもち、直接ホテルやツアーや物品の仕入れをおこなっておりますので、確かなモノをリーズナブルな価格でご提供させていただくことができます。 また、このように海外旅行も手軽で安全な時代とはなりましたが、万が一の場合、旅行先に私たち「現地」スタッフがいる、という安心感も商品と一緒にお届けできればと思っております。
便利なインターネットという環境を十分に活用し、日本の皆様に現地からのホットな情報をタイムリーに配信させていただくとともに、各拠点での長年の経験とノウハウを生かして「迅速」「確実」「丁寧」をモットーに、皆様の大切なご旅行のお世話や、特産品の配送のお手伝いな ど、現地ならではのサービスをますます充実させてまいりたいと思います。

カレンダー
6月<2013年07月>8月
1 2 3456
789101112 13
14151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

マカオ
マカオより朗報!出入境が簡単・スムーズになります!
エリア:
  • アジア>マカオ>マカオ
テーマ:観光地 その他 
投稿日:2013/07/12 17:32
コメント(0)
この度7月10日より、海外旅行者の
マカオ出入境手続きが変わりました!

行ったことのある方はご存知かと思いますが、
マカオでは特に!フェリーで到着後の入境がものすごーく並ぶことで有名でした。
30分は当たり前、長くて1時間を超えることだってあったんです。
流石にマカオ側も何とかしようと思ったんでしょうね。

さてでは実際にどのように変わったのか

<変更ポイントその1>
入境・出境カードが必要なくなりました!
⇒これは嬉しいですねぇ。揺れる船の中で「どこに何を書けばいいのっ!」なんていいながら、ちまちま書かずに済みます!これで船酔い要素軽減!ブラボー。


<変更ポイントその2>
パスポートにスタンプを押しません!
⇒これも頻繁に旅行をする方には嬉しいのでは?普段海外へ行く際は出て/入ってで2つのスタンプをもらうのが一般的です。マカオもこちらの変更前はそうです。
こちらがかつてのマカオスタンプ。↓
マカオスタンプ
□が入境、○が出境です。

しかしそれが香港経由でマカオ上陸ともなれば、
日本(出)香港(入)香港(出)マカオ(入)マカオ(出)香港(入)香港(出)日本(入)と1度の旅行で全部で8個もスタンプをもらうことに!!!

それがこの度の変更でなんと日本(出)日本(入)だけになったのです。これは省スペース。


…あれ?マカオが要らなくなったのはわかったけど香港も?とお思いの方、
実はポイント2と同じ変更が香港では先行して行われていたんです!
今年の3月17日から香港でもこのスタンプが廃止になっていたんですねぇ。未だ出入国カードは必要なのが面倒ですが…

では、カードも無い、スタンプもなしではどうやって管理するのでしょう。

キーワードは「電子化」です。

まず今まで通りカウンターでパスポートを出します。
するとこんな紙↓(入境申報表)をもらいます。
マカオビザ
以上。

簡単!スピーディー!

この紙には、氏名/パスポート番号/入境した日付/ビザの有効期限などの情報とともに
それらが一瞬でよみとれるQRコードが!
一枚一枚パスポートをめくってスタンプをポンする手間が省けますから
大いに時間短縮になるというわけです。


出境の際もこの紙とパスポートを見せればQRコードを読み取り、即出境完了。

合理的ですよねぇ。


ということで、あのうんざりするほどの大行列から解放される
嬉しいニュースでした。


最後におまけ。
なんとマカオ治安警察局のサイトでは入境審査窓口の混雑具合を見ることができるページがあるんです。
(出入境を管理しているのが警察というのも驚きですね。)

どれほどの需要があるのか謎ですが、
もうこの画面上でびっしり人が並んでいる姿は見ないで済むはず!?

ラマダン3
インドネシアでいよいよラマダン(断食月)がスタート!
エリア:
  • アジア>インドネシア>ジャカルタ
  • アジア>インドネシア>バリ島
テーマ:街中・建物・景色 その他 歴史・文化・芸術 
投稿日:2013/07/12 14:24
コメント(0)
さて、今年もイスラム教徒の方にとっては最大のイベント

ラマダンが始まりましたよ!

今年は7月10日から8月8日までとなっております。

とまぁ一部では大きなニュースな訳ですが、我々日本人にとっては
ちょっと縁遠いお話でもあります。
そこでせっかくですからこの機会に、ちょっと勉強してみませんか?


★まず知っておきたいのは「ラマダン」とは「イスラム教徒」の風習・行事であるということ。
インドネシアのみならず全世界のイスラム教徒その数約16億人に影響があるというんですからその規模は測り知れません。

★さて、では具体的に何をするのかというと、ラマダン=断食月からわかる通り
断食です。
ラマダン期間中(30日間)「断食」を行うというのが主な活動。

え、それは無理でしょ?と思った方!

そうですよね。無理です。30日間も断食なんて。
実は正確には「太陽の出ている間」は断食をする、というものなのです。

そのため、日没から日の出までは食べても飲んでもOKです。
むしろその時間に食い溜めするので、いつもより太るなんて人がいるくらいです。
とはいえ、朝の6時から夜の18時まで12時間何も口にできないというのはなかなか大変です。
気温30度を超える中、水も採ってはいけないのですから、皆さんこんな感じになってます。↓
ラマダン1

★じゃあその期間、お昼の街中はどうなるのかというと
皆さんいつもどおりに仕事はするのですがどことなく街中は閑散とします。
企業や公的機関は退社時間を早めるなどして断食中の人々に配慮しているのだとか。

また、食べ物を扱うところでは、店内が見えないようにカーテンで覆ったりシャッターを下ろしたりします。でも営業中です。(ただし営業時間が普段と異なるところも多いので要注意!)
また普段は路上の至る所で見かけるカキリマ(移動式屋台)もなく、ちょっとさみしい感じです。
ラマダン2
普段は賑やかな屋台街もこの通り。でも日没とともに開店します!


★肝心のその期間、インドネシアに旅行したらどうなるのかというところですが
旅行者は断食の義務もありませんし、一目で旅行者だとわかるので町の人々も理解がありますので、他の期間の旅行と大きく不便だったりすることはありません。
むしろ、リピーターの方はいつもと違うインドネシアの顔が見られるのでおススメシーズンかもしれませんね。

とはいえ、やはり特殊な期間。それなりに注意をしなければならないことはあります。
詳しくは在インドネシア日本国大使館からお知らせがありますので、興味のある方は見てみてください。「なるほどぉ〜」となること請け合い。異文化理解の第一歩という感じです。


★そして、辛く厳しい年中行事を乗り切った後はご褒美!
最終日の8月8日と翌日の9日は
「断食明け祭り」(ハリラヤプアサ)
これでもかと食べて騒いで、まさに「盆と正月が一度にきた」かのような大盛り上がりです。
こうして毎年ラマダンは終っていくのですね。
今年は8日が木曜、9日が金曜になりますから、5日〜7日のラマダン特別休暇と合わせて
1週間の長期休暇となります!



ということで、今年のラマダンは始まったばかりです!
断食(ブルプアサ)をする人も見守る人も8月8日まで頑張りましょう!

タグ:
インドネシア ラマダン イスラム 

パスポート
香港で中国ビザ取得の予定の方へ緊急速報!
エリア:
  • アジア>香港>香港その他の都市
テーマ:留学・長期滞在 旅行準備 その他 
投稿日:2013/07/02 19:32
コメント(3)
本日よりしばらくの間
深セン(蛇口・羅湖)での
中国ビザの発給が停止
になります!

分かる人は「何ぃ!!!!」という緊急事態なのですが
分からない方には「???」なお話かと思いますので
本日は少しですが説明させてください。

元々、2003年から日本人旅行客は
中国に15日以内の滞在の場合はビザ不要
となりました。

そのため、現在一般的な旅行の方はビザを持っていなくても
問題無く中国へ入国することができます。

ハンコ
入国の際は○のスタンプ、出るときは□のスタンプです。出入国場所が分かり易く書いてあります。

では、どんな場合ビザが必要かということですが
・15日以上の長期旅行・長期滞在の場合
・日数は関係なく、ビジネス・お仕事で渡航する場合
・短期間だけど仕事をする場合
・留学する場合

などが考えられます。

これらの滞在には全てそれぞれの目的にあったビザが必要となります。

もし適当なビザを持っていないことがバレたら
罰金!逮捕!強制送還!
などなどが待っています。怖いですね。

中でも一般的なビザは
15日以上の旅行目的の際の「Lビザ」
ビジネス/会議/スポーツ/短期留学/研修などが目的の「Fビザ」の2つ。
※現地に住んで仕事をする場合は別途「Zビザ」というのがありますが、
これを入手するのは大変難しいのが現状です。


それぞれ、滞在できる期間(3か月・6ヶ月・12カ月)
中国に出入国できる回数(1回・2回・無限回)の組み合わせで
料金が変わってきます。

また申請すれば必ず希望のビザが手に入るというわけではなく
中国と自国との関係や個人のステータスにより、申請したビザが却下されることもあります。
その場合、難易度の低いビザに切り替えて再申請が必要です。

========================ここまでビザの話。

では実際にビザの「発給」を受けるにはどうすればいいでしょう?

(1)日本でGETする。
これは日本にある中国領事館に申し込み、取得するのですが、
不便なことに個人では申し込みができないところもあります。
その際は旅行会社を通す必要がありますが安心・確実です。

(2)第3国でGETする。
中でも中国に一番近い地域・香港がおススメ。
ここでは2パターンの取得方法があります。
<パターン1>
香港移民局(イミグレーション)へ行き、正攻法で申請する。
これは値段的にも安全度でもおススメではありますが、
諸外国の方が一切に中国ビザを求めて集まりますので、そこはさながら地獄絵図…。
人ゴミと戦いながら、待ち続ける気力が必要とされます。
また英語もしくは北京語・広東語ができないと難易度最高レベル。

<パターン2>
香港で旅行業者を通して取得する。
中国エリア周遊の欧米人などが良くとる方法で日本の旅行会社を通すよりも
安い値段で比較的確実に取れます。代理店によっては日本語が通じます。
その上、早い!申し込んだその日にGETも可能です!

矢印

だったんですが…この(2)のパターン2で問題が生じています。
即日発給の為にはお昼までにお預かりしたパスポートを中国まで持って行って
ビザをもらって帰ってくるのですが、この方法が使えなくなってしまったとのこと。


そのため、香港中のビザ代行会社で即日発効が事実上不可能。
羅湖駅にある中国旅行社でも同じくスグの発給はできませんのでお気を付け下さい。

いつ頃事態が復旧するか不明の状態です。

もし、香港でならすぐ発給できるから〜と思ってお越しの皆さん!
早くても翌日受け取りとなってしまいますので、お気をつけ下さい!

深セン イミグレ
深センイミグレーションの中はこんな感じです。何度行ってもちょっとドキドキします。
タグ:
香港 中国ビザ 深セン ビザ発給 

香港サムネ
香港にまたまた台風接近中!
エリア:
  • アジア>香港>香港(ホンコン)
テーマ:観光地 お祭り・イベント その他 
投稿日:2013/07/01 15:25
コメント(0)
香港またしても台風の影響を受けております!
現在シグナル3ですっ!(13:15)


今回のお越しは台風6号。(お名前:RUMBIA/ルンビア)
現在、香港のド南の海上に位置しており、明日・明後日にかけて北東へ北上する予定です。
天気図をどうぞ↓
ルンビアちゃん

日本という国は「台風の多い国」として有名ですが
香港も毎年相当な数に見舞われています。
特に今頃から遅い時で10月位まで、台風に悩まされ続けます。

時にはこんなことになるときも…
台風ビクトリア
これじゃあ、せっかくの100万ドルの夜景も台無しですね。


これから夏休み=台風シーズンに向けて
香港旅行を予定されている方も多いと思います。

そこで今日は香港の台風事情を少しご紹介。

まず最初に、香港では台風のことを「颱風」・「熱帶氣旋」と書きます。

<香港の台風警報>
香港には警戒レベルが大まかに5段階設定されています。
それぞれに記号が振られていて一目でレベルがわかるようになっています。
台風記号

現在はこのような状態
TVB


<ではどうやって台風情報をGETする?>
旅行中ですから部屋でじっとテレビを見ているわけにもいかないですがふらふら出歩くのも危険。
安全なのは建物の中ですが…ではどうやって台風情報がわかるでしょう?
実は結構簡単なんです。

ビルの入り口に行ってみましょう。
ショッピングモール・ビジネスビルなんでもOK。
すると入口にこんな看板が必ず立っています。
看板1
看板2

これで外出中でも欠かさず台風情報が確認できます。


ちなみにご旅行のみなさんに影響するのは「シグナル8」以上の場合。
「シグナル8」以上が発令されると、学校・商店・オフィスなどが閉まってしまう他、
公共交通機関がストップする場合も。タクシーはグっと数が減り「特別料金」を取られます。
観光地も閉鎖になりますから、こうなってしまったらあきらめるほかありません。
飛行機に影響が出ることも考えられますので、常に情報をチェックしてください。


最後になりますが、本日最大の悲劇!
本日香港は「香港特別行政区成立記念日」にて祝日となっています。
毎年この日は九龍半島と香港島を隔てるビクトリア湾にて盛大な花火が催されるのですが…
今年はこのお天気ですから、どうなることか。
楽しみにしていた地元の方も旅行客の方も台風情報から目が離せない一日となりそうです。
晴れていればこの光景が見られるハズなのです!


花火

⇒先ほど正式に中止のニュースが飛び込んできました!(15:30)
残念ですが…今回は見送りです。
タグ:
香港 天気 台風 花火 シグナル 

1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
アジア
香港(19)
タイ(8)
シンガポール(7)
マカオ(4)
インドネシア(3)
中国(1)
ベトナム(1)
マレーシア(1)
オセアニア
オーストラリア(2)