1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ブルーアイランドさんの旅行ブログ
  4. ブルーアイランドさん ハイキング・登山の記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

プーケット、ピピ、クラビ、カオラック情報

ブルーアイランド プーケット
プーケット現地旅行会社 ブルーアイランドです!プーケットのホテル、ツアー、アクティビティーのご予約は格安でも、良質な手配がモットーの当社へお問い合わせ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
ブルーアイランド
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
ブルーアイランド プーケット
会社英字名:
Blue Island Co.,LTD
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
会社電話番号:
076-255056
業種:
旅行業
自己紹介:
プーケットの現地旅行会社、ブルーアイランドです。
プーケットをはじめ、ピピ島、クラビ、パンガー、カオラックの
情報をお届けします。
ホテル、ツアー、スパエステ、送迎手配なども行っていますので、
こちらにご旅行の際には、是非お手伝いさせてくださいね!

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

NoPhoto
ピピ島のビューポイント
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:街中・建物・景色 ハイキング・登山 
投稿日:2010/04/27 15:13
コメント(0)
久々に行ってきました!!
ピピ島へ。

いやいや、相変わらずトンサイの街は
ファラン=欧米人が多いと言うよりはまみれていました。
ダイビングショップをはじめ、ゲストハウス、バーと
「ハロー!」なんてチラシ持って声を掛けてるファランがたくさんいました。
そんな、ファランイズムで溢れた街にも
ローカルタイレストランや市場があったり
ロングテールボートが気持ちよく走っていたり
プーケットにはない自転車社会があったり
きれいな海があったり。

そして今回、かなり気持ちよかった
景色を見てきたんで紹介します。
もう行った人もいるかもしれませんが

『ピピ島のビューポイント』
DSC07579
トンサイの街の真ん中から
されに北に歩いていくと
ローダラムビーチまで歩いて3分程と近い
バンガロー、コテージ、ヴィラなどがある
ピピカシタ
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2007/folder/1103603.html
があります。
ホテルを左手に見てさらに進んで行くと
ビューポイントという看板が出てきます。

DSC07580
心臓破りの階段を姿を現します。

DSC07582
結構な数の階段を登ります。
ちなみに最後の方はかなり急になってるので
フラフラっとなって階段を転がっていかないように気をつけて下さい(笑)

ビューポイント到着
DSC07598


DSC07584
ちゃんと休憩所もあります。
が、あれ?ッて感じですよね!
そうさっきの写真にもあったんですが
ここは「ビューポイント1」

止まることなく「ビューポイント2」へ
DSC07586
山道をグイグイ登っていきます。
久しぶりの軽い登山で
ご来光を見に富士山を登った時のことを思い出しました。
一面に広がる星空の中、夜な夜な、一歩一歩、頂上を目指して
海のように広がった雲の中から姿を現した朝日
最高!!

DSC07587
これでもかってぐらい、
汗ダラダラになって辿り着いてみると
こんな景色が広がっていました。

DSC07597


色鮮やかな海と砂時計のような形をしたトンサイ
緑とバックに広がる山々、そして空
最高でした!!

ピピ島に訪れた際は
是非、高みからの絶景をお楽しみ下さい!!
(水分補給をお忘れなく!)


タグ:
ピピ島 ビューポイント 

PR
ピピ島への送迎、ピピ島ホテル、ゲストハウス予約はブルーアイランドへ!
ピピ島への送迎、ピピ島ホテル、ゲストハウス予約はブルーアイランドへ!
NoPhoto
ロッククライミング 2  〜クラビ〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 ビーチ・島 ハイキング・登山 
投稿日:2009/11/17 12:30
コメント(0)
DSC04258
ライレイ!
この日はあまり天気が良くなく1日中曇り。
山々と緑に囲まれた場所にひっそりとあります。
午後になると思いっきり潮が引きます。
到着した頃はこの場所は海におおわれます。

とても小さな街ですが
ホテルもいくつかあります。
DSC04239
ライレイビレッジ
島のホテルといった雰囲気のあるホテルです。
やはりこの小さな街にも
ファランがたくさんステイしてました!

到着後、ライレイのロッククライミングショップへ
DSC04238


DSC04242
ショップの中には
ロッククライミングに必要な道具が揃っています。

・ハーネス
自分にロープを装着する為の安全ベルトのような物
・チョークバッグ
ペットボトルを入れるような形の手につける滑り止めの粉をぶら下げます。
・クライミングシューズ
・水 
大きめのペットボトルの水を渡されます。

DSC04241
今回インストラクターをしてくれる
「アナ」が道具を用意してくれ
装着方法を教えてくれます。
装着が終わるとビーチ沿いをずーっと歩いていき
ロッククライミング会場となる
天然の岩山へ!

DSC04250


DSC04248
到着すると朝からこのツアーに参加しているファランのお客さん達が多くいました。

このロッククライミングツアーは
リードクライミングといって
あらかじめセットされた山の所々に固定されたボトルの
ルートを辿っていくスタイルとなります。

DSC04247


DSC04251

1度アナがボトルを辿って登り
ロープを固定していきます。
その際、下でのロープさばきや
ハーネスへのロープの装着方法の説明を受けます。
説明は英語となります。
1通りの説明が終わり、いよいよ登りはじめます!

まずは5メートル程の短いコースへ!
見てる分には簡単そうに見えるロッククライミング。
とんでもございません!
運動不足のこの体は思いの他いうことをきかず
久しぶりに体が悲鳴をあげました!

DSC04254
登っている間はこのように
下でインストラクターがロープを持ち
岩から落ちた際に引っ張り落ちないようにサポートしてくれます。

1発目、下からのアナの指示に従いなんとか登頂。
早くも筋肉痛に見舞われました。
実際登ってみると手を掛けられるところが
指の第一関節しか引っ掛からなかったり
足場もつま先しか乗っからなかったりと。

次はその1.5倍程の高さへ挑戦!
ここは途中で思わず手が岩から離れ落下。
と思いきやアナがサポートしてくれているので
落下せずにぶら下がる状態に。
大丈夫とは分かっていてもなかなか落ちる瞬間はびびります。
ここも何とか登りきりました。

ロッククライミングツアーは2人1組となりますので
登り終わると次のクライマーが行きます。
2人目が終わると、もう充実感で一杯だし無理だ!
と思っていたらアナが
最初登ったとこの3倍程のコースを指差し
「ここで最後にしよう!」

「無理!無理!」
と思いながらもよっしゃーと気合いを入れてみます。
今までのコースよりも手、足が引っ掛けやすい場所が少なく
ここどーやって登るんだよ!ってところばかり。

半分程行った所で落下。
どうしてもその場所が越えることができず
また落下。
下からアナが「ワンモア!!」
その後3回ぐらい落下して
アナにもう無理!と叫びそうになった時に
下から「サムライ!!」

一気に火がつきます!!
こんなところで退いてる場合じゃありません!
気合いでポイントを乗り越え
一歩一歩、登り。

DSC04256
絶対無理だと思った山を登りきった時の爽快感と充実感、そしてそこから見える絶景!!
この感覚はなかなか味わえるものではありません!!

大自然の中のロッククライミング
興味がある人、挑戦しに行ってみてください!
行くからには行けるとこまで必死にくらいついて
果敢に挑んでみてください。
最高の景色と高揚感が待っています!!

<
タグ:
ロッククライミング クラビ ライレイ 

PR
クラビのホテル、ツアー、送迎手配は、現地旅行会社「ブルーアイランド」にお任せください!
クラビのホテル、ツアー、送迎手配は、現地旅行会社「ブルーアイランド」にお任せください!

1 - 2件目まで(2件中)