1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ブルーアイランドさんの旅行ブログ
  4. ブルーアイランドさん 歴史・文化・芸術の記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

プーケット、ピピ、クラビ、カオラック情報

ブルーアイランド プーケット
プーケット現地旅行会社 ブルーアイランドです!プーケットのホテル、ツアー、アクティビティーのご予約は格安でも、良質な手配がモットーの当社へお問い合わせ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
ブルーアイランド
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
ブルーアイランド プーケット
会社英字名:
Blue Island Co.,LTD
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
会社電話番号:
076-255056
業種:
旅行業
自己紹介:
プーケットの現地旅行会社、ブルーアイランドです。
プーケットをはじめ、ピピ島、クラビ、パンガー、カオラックの
情報をお届けします。
ホテル、ツアー、スパエステ、送迎手配なども行っていますので、
こちらにご旅行の際には、是非お手伝いさせてくださいね!

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

NoPhoto
ロイクラトン 2011 〜パトンビーチ〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/11/17 16:38
コメント(0)
昨日、11月10日満月の夜、プーケットでは
ロイクラトンフェスティバルが行われました!
ロイクラトンはいわゆる『灯篭流し』
川に流す(ロイ)、灯篭(クラトン)
バナナの葉で作られた灯篭に線香、ろうそく、花
そして、自分の髪、爪等を入れて水に流します。
ロイクラトンは毎年11月(陰暦12月)の満月の夜に行われ、
水の精霊に感謝したり、1年間の自分のした悪事を水に流す
という意味があるそうです。

DSC06687


DSC06688


DSC06694


DSC06684


DSC06681

パトンは、たくさんの人でした。
ビーチ通りは、車とバイクで溢れて夜中まで渋滞。
バングラー通りには、露店が並び
ライブステージなんかもできて、いつも以上の人と活気。
パトンのところどころで、灯篭が売られています。
夕方頃には、ビーチ通りでタイの民族衣装を
着飾った人たちのパレードなどもあり、
盛り上がっていたようです!


DSC06635

自分は、というとオフィスの下の通りで
サラパオ(肉まん)やカノム(お菓子)などの軽食を売ってるおばちゃんがいて、
毎朝、朝飯がてらここでつまんで一服しています。
そのおばちゃんがクラトンを作ってたので、
それを買って、パトンへ!

DSC06647


DSC06649


DSC06650


DSC06653


DSC06655

ビーチでは、コムローイが空を彩り、
満月が夜空を明るく照らします。
この光景はいつ見てもいいっすわ(笑)
ゆる〜い時間が流れてて、和むな〜

DSC06665

ロイクラトン!
といっても、川ではなくて海なので、
幻想的な雰囲気を味わうことはできませんでした。
流しても波に戻され、波打ち際へ。。。
流すときは、近くにいる流し屋のタイ人に
沖の方まで行ってもらって流しました。

自分を育ててくれる国、日本、タイが
水によって苦しんでいる。
水の精霊に願いを込めて。
そして、自分を生み出してくれた
偉大なる、父ちゃんと母ちゃんに感謝をし。


ソンクランもそーだけど、タイって国はやっぱすげぇ!
自分たちの文化で、遊びに来ている
世界中の人々を楽しませて、盛り上げてくれる。
プーケットはリゾート地だから、
特にパトンなんかは、目に入るほとんどが
観光で成り立ってる。成り立ちすぎて、おいおいってこともあるけど
こういうイベントは、観光イベントってよりも
やっぱタイの文化で、タイ人たちが1番楽しんでいて、
そこに、ほかの国のやつらが参加するって状況で、
肩に力が入ってなく、とにかくナチュラル!
それがすごく心地よくて、サバ〜イ
これが、タイの魅力なんだろうな!


タグ:
パトン ロイクラトン 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
ハイシーズンへ
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/11/02 15:59
コメント(0)
さてさて、気分はすっかりハイシーズン!
とかいいながら、週末は波を探しにビーチへ行くけど
フラットな海に、変化するビーチライフに寂しさを覚えたりもして。。。

ハイシーズンと言えば、青々とした空、穏やかできれ〜な海!
DSC05499


DSC05500


DSC05502


そして、海を行き交うのが、『ロングテールボート』!
DSC05486


DSC05487


DSC05484

カタビーチの海を正面にして、1番右端の
ビーチの裏側では、ハイシーズンに向け
ロングテールボートのメンテナンスが行なわれています!

DSC05491


DSC05494

ローシーズンは、ビーチでサーフショップをしていた
アレックは、ハイシーズンはボート屋さん!
アレックの船も現在メンテナンス中、
サーフィンはできなくても、これはこれでおもしろく、
ハイシーズンは稼ぐんだ!って意気込んでます(笑)

昔ながらの船で、全てが木でできていて、
雰囲気があり、かっけー!!
ハイシーズンは、たくさんのロングテールボートが
ビーチを行き交い、スピードボートなどとはまた違って
味わいありますね〜

DSC05492

カタビーチから、コーラル島や
船でしかいけない、フリーダムビーチなど、
いろんな場所へロングテールボートでアクセス!

ロングテールボートの旅は、一味違う!!

さー、ハイシーズンが始まりますよ!!
年末に向けてテンションもあがりますよ!!
年末狙ってく!って仲間もいるので
さらにテンションがあがりますよ!!


真冬の日本から、常夏プーケットへ



タグ:
プーケット ロングテールボート カタビーチ 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
ソンクラーン2011 
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/04/20 10:57
コメント(0)
今年もやってきました!!
タイのお正月『ソンクラン』
ナイハーンビーチからカタ・カロンを通り
パトンビーチへとバイクを走らせました!

道路脇のどのお店の前でも、大きなバケツに水を溜め、
通る車、バイクに水を浴びせるので、
バイクに乗っていると道まででてきて停められ、
水はもちろん、顔にパウダーを塗られます。
また、どこの通りにもピックアップ車が走り
荷台に人とバケツを乗せ、後ろからも正面からも水を浴びせられます。
常にビショビショであります(笑)

今年は、友人より授かった
デジカメ、防水ケースをスタンバイして
水掛け祭りの写真を撮りまくるぞ!と意気込んで
メモリーカードを購入したのですが、
挿入するとカメラが起動せず、
ソンクラン前日に店に持っていき、
交換してもらったのですが、今度は
電源は入っているのに、画像が映らない!
見てもらったら、治すのに1ヶ月くらいかかるとのこと。
ちくしょー、あと少しだったのに!
よりによってソンクラン前日に・・・。

ということで、愛用のデジカメで
ビニール袋で防御しながら、一瞬のスキをつきながら
なんとか、何枚かの写真を撮りました(笑)

DSC03364
マイアイテム!

DSC03344


DSC03346
消防車が給水活動(笑)

DSC03350


DSC03348

ナイハーンから山を越えて、カタへ
この日は天気が最高に良くて、
山道は緑が生い茂り、海が見渡せ、
最高に気持ちよかったです!

カタに到着し、トロピカルガーデン前の通りに
カタビーチの知り合いがみんなスタンバっていました!
もちろん完全にバイクを停められ、
顔中にパウダーを塗り手繰られ、
ひたすら水を浴びせられました(笑)

DSC03356


DSC03360


DSC03368


DSC03367


DSC03370


DSC03369
そしてパトンへ!
パトンはやっぱりすごいですね!
ピックアップ車、バイクがいっぱいでした。
ゆっくり走るしかないので、車の横を通ると水を掛けられ、
ひたすら濡れます。

水掛祭りで最強の武器は、きんきんに冷えた「冷水」です!
バケツに大量の氷を入れ、冷えた水が飛び上がるぐらい
冷たいので攻撃する方は楽しさが倍増(笑)

そして、1番すごかったのは
「バングラー通り」です!
昼間から人で溢れ、活気が違いますね。
ここは車が入れないので、水鉄砲の打ち合いです。
すれ違いざまに打たれ、パウダーを塗られ
水掛けの無法地帯になっていました(笑)
水鉄砲に水が無くなると、その辺で水を入れさせてくれますし、
きんきんに冷えた水も10バーツで入れられます。

いやー最高におもしろい!!


DSC03373


DSC03377


DSC03379


DSC03388

夕暮れ時になり、少しずつ落ち着き
ビーチには、普段遊びに来ないタイ人たちが
楽しそうに遊んでいます。


こんな楽しいお祭りができるタイ人という人種は
本当にすごいなと思います。
バイクに乗っていようが、車の車内に水を掛けようが、
警察だろうが、防水をしていない携帯やカメラに水を掛けようが
みんな笑顔で、心の底から楽しみ、
それが、タイ人だけではなく、プーケットに
旅行に来ている様々な国の人たちも
一緒になって楽しんでいます。
本当に素敵な新年の幕開けです!

ソンクランは、タイだからこそできる『笑顔のお祭り」
です!参加したことのない方は、是非一度、
このタイミングでプーケットに遊びに来て下さい!
家族や友達と一緒でしたら、最高に楽しいと思います。

タイ人の温かさ、そして笑顔に出逢えます!!



タグ:
プーケット ソンクラーン 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
Rawai Muay Thai Camp〜ラワイ・ムエタイ〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/03/23 10:59
コメント(0)
DSC01151
タイの国技「ムエタイ」
立ち技最強と言われる「格闘技」

「ムエタイ」は、「古式ムエタイ」が競技化したものである。

「古式ムエタイ」は、素手素足を主とする、戦闘技法。

始まりはよくわかっていないそうですが
タイは、島国の日本とは違い、いろんな国と
大陸で繋がっています。
戦争で、各民族の戦闘術と関わりながら
発展していった素手素足の格闘技術が
古式ムエタイの原型になっているようです。

もちろん戦士達の武術には
刀、槍の技術もあります。
その上で「手足」を武器にして闘う武術だったので
蹴り技に回し蹴りはなく、前蹴り・膝蹴りが使われ
隙や予備動作が少ない技を使用しています。
そして、肘の攻撃があります。

闘うために磨かれていった
格闘技術がムエタイです。
立ち技最強と言われる技術が詰まっているんですね。

タイの「国技」です。

そんな、国技「ムエタイ」のトレーニングキャンプが
いくつかあります。
その中で、今回ご紹介するのは
「ラワイムエタイキャンプ」

DSC01149


DSC01100


DSC01101


DSC01111


DSC01112
ラワイは、プーケット南端にあり
海にはシ-ジプシーが住む、とてもローカルなエリアとなります。
このエリアにこちらのジムがあります。

タイ人だけではなく、ムエタイを学びたい、
トレーニングをしたいという外国人も
ジムでトレーニングをすることができます。

ここのジムには多くの海外からの生徒がいます。
皆、目的は様々で試合にでるための人や
フィットネス、経験を目的とした人もいます。
特に目立ったのが、欧米の女性が多くいること。

DSC01117


DSC01278


DSC01133


DSC01177


DSC01171


DSC01129


DSC01251

トレーニングレッスンには、
グループレッスン、プライベートレッスンとあります。
ここのジムでは、主にプライベートレッスンをお勧めします。
ここのジムに来る生徒の、モチベーションが高いこと
そして、ジムのトレーナが、とてもしっかりしているからです。
グループレッスンと言っても、毎日動きをチェックし
ちゃんとその人のレベルに合った、トレーニングをしてくれます。

【スケジュール】
●月曜-金曜日
・午前 7:00-9:30
7:00-30 ランニング(自主)
7:30〜 縄跳び、ストレッチ、シャドーボクシング
8:00〜 ミット打ち(5R)、サンドバック打ち(5R)
9:00〜 軽い筋トレ、ストレッチ

・午後
15:00-17:00
17:00-19:00
の2回となります。
どちらも参加できますし
どちらか、片方の時間だけの参加も可能です。
練習内容は午前と同じとなります。

*練習内容に関して
上記のトレーニングがスタンダードなものとなりますが
その人のレベルに応じて、首相撲、スパーリング練習が増えたりと
場合に応じて変化します。

●土曜日
午前 7:00-9:30
・ナイハーンビーチまでのランニング
・ナイハーンビーチでのトレーニング
午後 14:00-16:00

●日曜日 休日


【初日のトレーニング】

DSC01123


DSC01174


DSC01185

初日は、上記の内容の練習とは異なります。
縄跳び、ストレッチ後に大きな鏡の前に移動し、
初日の人達だけで、シャドーボクシングの練習をします。
トレーナーの「ストレート、フック、ワンツー、アッパー、エルボー、ニーキック」
という掛け声に合わせて、シャドーをします。
ここで、基本姿勢、打ち方を学びます。

シャドーの後には、トレーナーの指示に従いミット打ちもあります。
1人ずつ丁寧に、指導をしながら行ないますので
初めての方でも、大丈夫です。

動き、やる気をしっかりと見ているので
初日からリングにあがり、ミット打ちも。

ムエタイジムでの練習は、1回の練習時間が
2時間と、意外と短いと感じるかもしれませんが、
想像以上にハードなトレーニングになると思います。

ジム内では英語での会話になり、周りはみな外人です。
トレーニングに関しては、自分次第ではありますが
ジムのトレーナー達が導いてくれますので
フィジカル、メンタル共に、とても経験値の高い
「海外武者修行」になります。



【ジム内トレーニングに必要なもの】
グローブ、バンテージ、膝パット、ムエタイパンツ
*現地にて購入可能

【注意事項】
練習中の怪我等に関しましては
当社では、一切責任を負うことができませんので
ご了承頂きたいと思います。
無理なく、自分のペースでの
トレーニングをお勧め致します。





タグ:
プーケット ムエタイ プーケット ムエタイ 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
パトンボクシングスタジアム
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/01/29 12:42
コメント(0)
タイの国技である『ムエタイ』。
立ち技最強と言われる格闘技であります。プーケットには、
いくつかのスタジアムがあります。
月曜、木曜日に試合が行なわれる
「パトンボクシングスタジアム」をご紹介します。

DSC01501


場所はパトンエリアの、サイナムエン通りにあります。
バンジージャンプ等の施設もある「パトンパーク」内にあります。
パトンボクシングスタジアムは、現在新しくできた、
バングラボクシングスタジアム(ジャンクセイロンの横にある)に比べて
ローカル感のあるスタジアムとなりますが
昨年にはK-1で日本でも一躍有名になった
「プアカーオ」も試合をしにやってきていました。

DSC01568
リングサイド席

DSC01505
スタジアム席
ちなみに、タイの国家が流れたので、みんな立っています。

席は、リングサイド席、スタジアム席とあります。
会場はそんな大きくないので、どちらに座っても
とても見やすく、試合観戦ができます。
リングサイド席の場合には、T-シャツがもらえます。

スタジアム席には、地元タイ人が多く座り、
賭けをしているタイ人が多くいて
「Bet,Bet!」と呼びかけをしています。
Betは200バーツからのようです。

21時頃より、試合が開始となります。
試合は全10試合、最初は小学生ぐらいの
子供の試合となります。


DSC01526


DSC01534


DSC01536


DSC01555


全ての試合の前には、『ワイクルー』と言われる
ムエタイならではの、踊りが行なわれます。
この踊りには、自分のトレーナーに感謝を捧げ、
神に勝利を願う意味があり、
試合前の闘争心を高める効果があるとされています。
ですので、ワイクルーが終わり、セコンドで頭に付けている
『モンコン』呼ばれる、闘いのお守りであるヘッドリングを外す時には
選手、トレーナーが向かい合い、『ワイ』をし、祈ります。
その後、トレーナーがゆっくりと外します。

DSC01564


DSC01556


DSC01532


DSC01540


DSC01542

試合は、子供、女性、外人、外人とタイ人といったように、
様々な試合が行なわれます。やはり間近でみると、おもろいです!

ムエタイの試合は、全5R。
1R目は、どの試合も、スロースタートとなります。
2R目に入ると、激しい攻防が繰り広げられます。
ムエタイの特徴と言えば、蹴り、肘打ち、そして首相撲。
接近戦が多く、至近距離からの肘打ちや、
首相撲での、ボディへの膝の打ち合い。
そして、離れた位置からの前蹴り、ミドルキック
パンチを絡めたコンビネーションと。
攻撃が当たる度に「オーイ!」と歓声があがり、
連続での攻撃が当たると「オーイ!オーイ!オーイ!」と
会場が盛り上がっていきます。
そしてやはり、1番盛り上がるのは、K.Oです!

見所が満載でした。
と言うのも、ムエタイジム見学に行ったこともあり、
また違った視点で楽しむことができました。

ちなみに、試合中ムエタイ独特の音楽が流れますが
DSC01570
スタジアムの隅の方で、生演奏でした(笑)
DSC01515
スタジアム内では、お酒やホットドックなどの軽食もあります。
席にいれば、売り子が持ってきてくれ
るのでお酒を飲みながらの観戦もできます。

格闘技観戦が好きな方は、充分に楽しむことができると思います。
また、タイの「国技」ということで、
ローカルな会場の雰囲気も、お楽しみ下さい!

プーケットへお越しの際は、
是非一度、ムエタイ観戦へ!



Patong Boxing Stadium
2/59 Sai Nam Yen Road, Patong Beach
Amphur Kathu, Phuket, 83150 Thailand



タグ:
ムエタイ観戦 プーケット パトン 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。

1 - 5件目まで(7件中)