1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. タイ
  5. プーケット
  6. ビーチ・島
  7. パンガー湾シーカヌー 1day tour

プーケット、ピピ、クラビ、カオラック情報
ブルーアイランド プーケット
プーケット現地旅行会社 ブルーアイランドです!プーケットのホテル、ツアー、アクティビティーのご予約は格安でも、良質な手配がモットーの当社へお問い合わせ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
ブルーアイランド
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
ブルーアイランド プーケット
会社英字名:
Blue Island Co.,LTD
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
会社電話番号:
076-255056
業種:
旅行業
自己紹介:
プーケットの現地旅行会社、ブルーアイランドです。
プーケットをはじめ、ピピ島、クラビ、パンガー、カオラックの
情報をお届けします。
ホテル、ツアー、スパエステ、送迎手配なども行っていますので、
こちらにご旅行の際には、是非お手伝いさせてくださいね!

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

パンガー湾シーカヌー 1day tour

2009/12/07 18:53
エリア:
  • アジア > タイ > プーケット
テーマ:
  • ビーチ・島
  • / マリンスポーツ
  • / クルーズ
DSC03653
プーケットの北東にある港「アオ・ポー」
ここから出発するツアーはパンアー湾ツアーとなります。
パンガー湾ツアーにもいくつか種類があり
それぞれ違った内容となります。
前回紹介した「サンセットクルーズ&シーカヌーツアー」は
昼出発で帰りは夜のツアーとなります。
http://blog.livedoor.jp/nakaji_island/archives/cat_42045.html?p=2

今回紹介するのは朝から夕方までのツアー
「パンガー湾シーカヌー 1day tour」です。

DSC03551


DSC03558
船に乗り込み、パンガー湾へ!!

DSC03557
船の中でこのツアー内容や
向かう場所の説明を英語ガイドでしてくれます。
英語が得意ではない人も地図を使って説明してくれるので
分かると思います。

DSC03592


DSC03565
パンガー湾は湾になっているので
透明度はありませんが
エメラルドグリーンの海となります。
そしてバックの山々も緑盛り盛りで!

最初に到着する島は「パナック島」
6つの洞窟のある島となります。

DSC03569
早速、船からカヌーが飛び出し

DSC03571
少年が漕ぐカヌーに乗り込み
(カヌーは通常3人乗りで1人はツアースタッフのパドラーとなります。)

DSC03573
洞窟へ!!
中は真っ暗ですので
懐中電灯の明かりを灯します。

ふと、ツーンとする臭いにおいが鼻をかすめ
キュキュっという鳴き声がするので
天井を照らして見ると
DSC02532
コウモリの群れが!

DSC03576
洞窟を抜けると静かなラグーンへ

DSC03578
野生のサル達

DSC03584
マングローブ

DSC03583
大きく深呼吸をしたくなる
静かで、どーんと構えたラグーンが広がります。

DSC03596
さて、バンコクから遊びに来ていた
賑やかに女の子達と共に
次の場所を目指します!

次に向かう場所を
DSC03600
ジェームスボンド島。

この島は「007 黄金の銃を持つ男」の
映画の舞台になったこともあり有名です。
またこのジェームスボンド島には
釘が刺さったような形をした岩があります。
海水が年月をかけて岩を削って削って
このような不思議な形となったそうです。
パンガー湾にはこのような地球の営みにより
出来上がった不思議な岩がたくさんあるので
タイ政府はパンガー湾を国立公園に指定しています。

DSC03602
ロングテールボートに乗り換えて
ジェームスボンド島に上陸します。

DSC03606
人は暮らしていませんが
観光地になるだけあって、もちろんお土産屋もありますが
とても雰囲気のある島となります。

DSC03604
スパッと切れたような岩山

DSC03629
そして、奥に見えてきたのが
この島1番の見所とも言うべき

DSC03623
ジェームスボンド岩

DSC03626
岩の前は小さなビーチ

DSC03632
ジェームボンド島を後にし
船に戻り
お楽しみのランチタイム!!
カオパッ、天ぷら、チキン、フライドポテト
鶏肉とカシューナッツの炒め物、トムヤムスープ、白いご飯
種類も豊富においしい食事でした。
希望の人はビールも買えます!

ランチタイムの後に向かうのは
DSC03646
「ホン島」
島の外側と内側を回ります。

DSC03636
ここでも洞窟に入ります。
この時は海の水が一杯だったので洞窟の途中で引き返しましたが
実はこの洞窟の先にはマングローブケーブがあり
洞窟の先にはマングローブがたくさん住む
ラグーンが広がっています。
時間帯で水の量が違うのでこちらのツアーの際は行けません。
前に紹介した「サンセットクルーズ&シーカヌーツアー」の際は
この洞窟も通り抜けます。

DSC03643


島を回り、船へ戻ると
お楽しみのフリータイムとなります!!
船で休むもよし!船から海にダイブするもよし!
カヌーを漕ぐもよし!泳ぐもよし!

DSC03647
船の近くに小さなビーチがありました。
気づけば、みんなカヌーに乗って
そこを目指していました!!
静かで、雄大で、贅沢なカヌータイムです!

DSC03648
パンガー湾の大自然の中で
冒険心むき出しで
思いっきり遊んでください!!


  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。