1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. あいマップスタッフさん

  海外エリア: アジア > 韓国 の他のブログはこちら|

あいマップ韓国ソウル

~韓国観光地図「あいマップ」から韓国の日常をお届けします。~

韓国観光地図『あいマップソウル』
見やすい地図とお得なクーポンで韓国旅行をお手伝いしています。韓国ソウルの観光地図「あいマップソウル」「あいマップ明洞グルメ」を発行。無料です(^ー°)ノ
プロフィール

ニックネーム:
あいマップスタッフ
居住地:
アジア>韓国>ソウル
性別:
女性
会社名:
(株)CITINET KOREA
会社英字名:
CITINET KOREA Co., Ltd.
会社所在地:
アジア>韓国>ソウル
会社電話番号:
02-774-7786
業種:
その他
自己紹介:
韓国観光地図「あいマップ(ソウル・明洞グルメ)」は、韓国や日本で無料で配布しています。韓国旅行を楽しむのに最適な大型の地図には、お得なクーポンがたくさん!レアな口コミ観光案内もやってます。場所は忠武路の中部警察署からすぐ!ぜひご利用ください。

カレンダー
9月<2010年10月>11月
12
3456789
101112 13141516
1718 1920212223
2425262728 2930
31

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

冬への衣替え
ソウルの衣替え
エリア:
  • アジア>韓国>ソウル
テーマ:観光地 旅行準備 自然・植物 
投稿日:2010/10/28 11:42
コメント(0)

昨日から異常に寒いソウルです。
写真は少し前のものになりますが、夏から秋への衣替えを
レポートするつもりが、いきなり冬になってしまいました(TT)

写真は明洞にある中央郵便局前の木です。
夏場は、この木のおかげで木陰で涼しくお昼休みを過ごせました。
ここ最近では、やっと紅葉しようとしていましたが、この寒さで
紅くなりきれずにすべて落ちてしまうかもしれませんね。

こちらも郵便局前の花壇。
夏の植物から寒さに強い花へ植え替えをしているところです。
手前の水草は夏場に見ると、とても涼しげなのですが、今となっては見るからに寒い…。
植え替え用に準備された花は菊やポインセチアのようです。

こちらの写真は、南大門市場にある新世界百貨店。
壁に雪の結晶模様のネオン装飾をしています。

しかし、これって去年も同じだったような…。
韓国を代表する財閥企業なんですから、もう少し工夫して欲しいなぁ…。

この写真を撮った時は、まだダウンジャケットも必要なかったのですが、
すでに必要になってしまったソウル。
衣替えの時期は、絶妙のタイミングだったようです。

タグ:
季節 気温 冬 ソウル 

路地裏
明洞の路地裏
エリア:
  • アジア>韓国>ソウル
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2010/10/18 16:50
コメント(0)

あいマップの事務所がある明洞(ミョンドン)は観光の中心地であり、地元韓国人の若者には流行の最先端を行く街です。
そんな明洞ですが、実はまだまだ昔の面影を残している裏路地があります。

写真は見るからにあやしいのですが、こういった路地には美味しくて安い食堂があります。
さすがに韓国人でも若い人は足を踏み入れませんが、アジョシ(おじさん)達には未だに、昔懐かしの路地のようです。

この路地の入口付近には、これまた昔ながらのスーパーがあり、タバコや飲料水、生活雑貨などを売っています。
コンビニに慣れないアジョシ(おじさん)達は、やはりこちらを使うようです。

さて実は、個人的には紹介したくないのですが、やはり事実は事実なのでご紹介。
以下の写真、ヨンヤンタン(栄養湯)という看板のある食堂。
これ、あの「犬鍋」専門店なんです。

個人的に絶対!食べたくはありません!!!が、日本人男性からの問い合わせも多く、そういった時には紹介しています。

私が韓国へ来た当初、韓国人はよくだまして食べさせるという話を聞いていました。
日本人は、それがどんな料理か知らないので豚の肉だと言われれば、そう信じて食べるでしょう。
他の方が食べることに対しては非難するつもりはありませんし、これは韓国の食文化なので理解はしていますが、しかし!犬をこよなく愛している私は死んでも食べたくないので、主人に「もし私にだまして食べさせたら離婚する」と言い渡してありました(苦笑)。

その後、私は食べてはおりませんし、今後も食べる気はありませんが、興味のある方はどうぞ(^-^;

タグ:
韓国料理 路地裏 明洞 犬鍋 

ビィラ
韓国の集合住宅「ビィラ」
エリア:
  • アジア>韓国>ソウル
テーマ:街中・建物・景色 留学・長期滞在 書籍・CD・DVD 
投稿日:2010/10/12 11:12
コメント(0)

韓国の集合住宅は「ビィラ」と言います。
大体が写真のようなレンガ作りの建物で、その形やデザインは同じ物が一つもありません。
同じ物は一つもないのですが、外観のレンガの色やデザインは、その時代の流行を反映してるようで、ゴチャゴチャした中にも年代別ビィラの区別は見てとれます。

さて、写真でもおわかりでしょうか。
ホントに同じ形の建物が一つもないのです。
外観からは1つのビィラに一体、何世帯が住んでいるのか全くわかりません。
密集しているので奥行きもわかりませんし、どこが玄関なのかも正直わかりません(^-^;
話に聞くと、1階に1世帯の3階立てが多くある形のようです。

さてさて、そんなビィラですが写真の建物を例にとると、玄関らしき門の前にポストが一つあるのがおわかりでしょうか?
実は、ほとんどのビィラには、何世帯あろうともポストが1つしかないんです!!

なので、来た郵便物は全世帯すべてそのポストの中に入っています。
自分宛に来た郵便物は、その中から選らなければならないのです(TT)

私もビィラに住んでいるのですが、自分の宛名のある郵便物だったら分かり易いのですが、例えば電気代などの請求書は名義変更してない場合が多く、どの請求書が自宅のものか容易にわかりません…。
私の主人にはいつも名義変更してくれ〜と言うのですが、面倒くさがってそんなことはしません(-_-#)
できたら支払い伝票などは自宅玄関前に配達して欲しいのですが、電気メーターチェックをしている人は、当然、そんな面倒なことはしません。

韓国に来た当初、差し向かいに住んでいるアジュンマ(おばちゃん)がポストの中を選っているのを見て「うわ〜チャックおばちゃんだ!」と誤解したことがありました(その節はごめんなさい)。

日本では考えられない、このスタイル。
しかし最近では、当たり前のように思っている自分にハッと気付いて、
ブログに投稿してみました(苦笑)

タグ:
ソウル 住宅 郵便ポスト アパート 

1 - 3件目まで(3件中)


国一覧
アジア
韓国(58)