1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. P.B.Sさんのブログ
  4. プラハのカフェ1

  海外エリア: ヨーロッパ > チェコ の他のブログはこちら|

チェコ・プラハ特派員ブログ

プロフィール

ニックネーム:
P.B.S
居住地:
ヨーロッパ>チェコ>プラハ
自己紹介:
P.B.S creation
(https://www.facebook.com/pages/PBS-creation/392013400941679)


アート、デザイン関係に特化し、代理、通訳、デザイン、運送、展示、保管等一切のコーディネートをしているグループです。
主にヨーロッパ(チェコ、東欧)を中心に活動させて頂いています。上記以外の様々なサポートも承っておりますので何か気になることがありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

カレンダー

9月<2018年10月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

プラハのカフェ1

2018/03/13 02:38
エリア:
  • ヨーロッパ > チェコ > プラハ
テーマ:
  • グルメ
街中を一歩あるけば、お洒落なカフェにばったりという程、数多くのカフェがあります。

プラハのカフェは、「質が高い料理がリーズナブルな価格で提供」され、「早朝から夜遅い時間」まで多くの人で賑わっています。コーヒーとケーキのセットは、日本円でたったのワンコイン、500円程度です。早いお店では、朝7時半頃から営業し、平日の夜は24時頃まで開いているお店もあります。

そんなカフェ大国、プラハでおすすめカフェをピックアップしました。

まず、現地人から観光客まで幅広く愛され続ける「Cafe Louvre(カフェ・ルーヴル)」。
中心地からアクセスのしやすく、お買い物ついでにふらっと寄ることができるようなレストランです。

入り口に大きく「Louvre」と書かれた建物が目印です。

小外観

比較的リーズナブルな価格設定から、デートや家族連れ、観光客、など幅広い客層が印象的です。アールデコ調の内観は、その場にいるだけでヨーロッパを存分に味わうことができますね。ティータイムやディナータイムはほぼ満席ですが、店内が広いので少し待つと、スマートなウエイトレスに案内されます。

小内観

私たちはディナータイムに訪れたので、ワイン、サラダ、メイン料理2品、デザートをアラカルトでオーダーしました。こちらがメイン料理。

小メイン

手前が伝統料理のダックのグリル、奥の料理はプラハでは珍しい魚料理。

老舗ということで、東欧感の強いコッテリした味付けを覚悟していましたが、、、、意外にも繊細で上品な味付けで、美味しい!
さらに、メイン料理のサイドに必ずというほどついてくるザワークラウトも、お酢のツーんと感を感じることなく、感動。一品料理としてリピートしたい美味しさです。

そしてこちらがデザートのケーキとティー。
小デザート

手前が、桃のチーズケーキ。奥のケーキがチョコレートケーキ。

店員さんにおすすめを聞いたところ、この大きなチョコレートケーキとチーズケーキが、カフェ・ルーヴルの名物デザートのようです。ワインにサラダ、メイン料理と、かなり満腹でしたが、やっぱり、「デザートは別腹」ですね。
このボリュームにもかかわらず、しつこくない甘さが絶妙です。

内装、料理、接客、トータル的に比較して、料金以上の満足感を得ることができる、カフェ・ルーヴル。
賑やかで豪華な人気店を観光スポットの一つとして、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

[公式サイト]http://www.cafelouvre.cz
[営業時間]月〜金:8時00分〜23時30分、土〜日:9時00分〜23時30分
[所在地]Narodni 22, 110 00 Nove Mesto


古き良きプラハを味わうことのできる「おすすめ老舗カフェ」、まだまだ続きます。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。