1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. P.B.Sさんのブログ
  4. プラハ7区で日本のソウルフード

  海外エリア: ヨーロッパ > チェコ の他のブログはこちら|

チェコ・プラハ特派員ブログ

プロフィール

ニックネーム:
P.B.S
居住地:
ヨーロッパ>チェコ>プラハ
自己紹介:
P.B.S creation
(https://www.facebook.com/pages/PBS-creation/392013400941679)


アート、デザイン関係に特化し、代理、通訳、デザイン、運送、展示、保管等一切のコーディネートをしているグループです。
主にヨーロッパ(チェコ、東欧)を中心に活動させて頂いています。上記以外の様々なサポートも承っておりますので何か気になることがありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

カレンダー

9月<2018年10月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

プラハ7区で日本のソウルフード

2018/07/28 22:53
エリア:
  • ヨーロッパ > チェコ > プラハ
テーマ:
  • グルメ
今回ご紹介するのは、日本のソウルフードを出すプラハ7区にあるお店。



「ONIGIRAZU」
A

まさかプラハでおにぎり(?)が食べられるお店があるなんて!


店内はすっきりとした作りでシンプル。
オーナー自ら手がけた内装だそうです!
このONIGIRAZUは4ヶ月前にオープンしたそう。
内装


さてさてどんなおにぎらずが食べられるのでしょう。
メニューはこちら。

あ

おにぎらずの種類は3種類。
上からTempeh/Mango/Kimuchi



Tempehとは大豆ミートのこと。燻製した大豆ミート・・野菜のナムルにゴマドッレシングの味付け。

おにぎり


今回一番驚いたのは、Mangoです。
熟れきってないしゃきしゃきマンゴーとアボカド、バジルに、味付けはピーナッツバター、ココナッツ、チリソース、レモンという
エスニックなおにぎり。お客さんの中では一番人気なのだとか。
意外にも相性が良く、美味しかったです!


Kimuchiはキムチにきゅうり、スモーク豆腐、たまり醤油で韓国のキンパのような味でした。こちらも美味です。

おにぎり



そのほかに自家製味噌汁もあります。
出汁はなんと昆布から取っているそう。味噌も日本のものを使用し本格的です。



ひとつひとつ丁寧に手作業で。
A


サンドイッチのようにせていき、のりで包んでいくようです!たしかに握っていない。

A



ONIGIRAZUでは使用するお米から野菜まで素材にこだわって作られています。
使用する調味料なども化学調味料は使っていないそう。
味噌汁を入れるカップも環境に配慮して、植物由来のものを使用しているというこだわり!





プラハで仕事の間にさっくと食べられるものといえばピザやパンなど比較的カロリーのあるものが多いです。
オーナーのラデックさんは、同じように早くて、簡単で、安く食べられ、かつヘルシーなものはないかと考え,このお店を作ることを考えたそう。


プラハには日本料理屋はまだまだ少ないですが、アジアンフードが食べられる店では寿司も食べられます。
チェコ人は寿司が好きということも理由となり、おにぎらずというユニークな場所ができたのですね。




ベジタリアンの人やヘルシー志向の方、または新しいものに対してオープンなプラハの人々に人気があるようです。




お店のスタッフさんもみんなフレンドリー。
プラハ7区の雰囲気もゆったりしておすすめです。
ぜひおにぎらずを試してみてくださいね!




ONIGIRAZU
17000 プラハ
Milady Horákové 9

月曜〜金曜11:00ー15:00
16:00-21:00
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。