1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ
  4. takashiさん ミャンマーの記事一覧

  海外エリア: アジア > ミャンマー の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

バガンの代表的寺遺跡、アーナンダ寺院
ミャンマー最大の仏教建造物スポット、バガンを観る
エリア:
  • アジア>ミャンマー>バガン
テーマ:観光地 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/10/28 14:48
コメント(0)
パガン王朝が栄えた11〜12世紀に建造された仏塔や寺院は10,000を越えるが、その中で今も2,200もの歴史的建造物が残っている。
バガンのイメージは、広大な森林の中に仏塔が散在している景色。その観光エリアは大変広いので、自転車か電動自転車(Eバイク)の利用が、ベター。Eバイクは、ホテルまたはレンタルバイクショップで1日、または半日単位で借りられる。(1日6,000〜8,000チャット≒500〜670円)

日程にもよるが、時間があれば、出来るだけ多くの仏塔・寺院を訪れたい。
マストビジットは、アーナンダ寺院、シュエズィーゴォンパヤー、ティーローミィンロー寺院、スラマニ寺院、ダマヤンヂー寺院、 プーパヤー、シュエグーヂー寺院、タビィニュー寺院、ゴドーパリン寺院、シュエサンドーパヤーをお奨めする。

バガンの代表的寺遺跡、アーナンダ寺院バガンの代表的寺遺跡、アーナンダ寺院
約900年前に建造されたアーナンダ寺院はバガンの代表的な仏教寺院。
2016年12月の地震で現在は修復中だったが。全体的な構造物自体は健在だ。


シュエズィーゴォンパヤーシュエズィーゴォンパヤー
ミャンマーを代表する仏塔のひとつが、ここバガンにあるシュエズィーゴォンパヤーである。



シュエグーヂー寺院
シュエグーヂー寺院から見るタビィニュー寺院アーナンダ寺院の直ぐ西にあるシュエグーヂー寺院は、階段でテラスに上がれる。バガンで照らすに上れる寺院は少ないが、シュエグーヂー寺院はその中でも、眺めが素晴らしい絶好の撮影ポイント。階段を上がりテラスに出ると、南の方にタビィニュー寺院が見える。その高さは65mでバガンで最も高い。特に夕日の撮影スポットして人気がある。


レイミャナー寺院郡
レイミャナー寺院は、バガンビューイングタワーを南に下ったところにある真っ白な寺院。この白い寺院はバガンでは珍しく、遠くからでも良く見える。また、内部の壁画もきれいに残されている。



PR
EnjoyAsia 東南アジア個人旅行を楽しむ
マンダレーのクドードォーパヤー
LCCで行くミャンマー個人旅行
エリア:
  • アジア>ミャンマー>マンダレー
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/07/21 16:26
コメント(0)
今回、バンコク経由でミャンマーの個人旅行に行ってきました、ミャンマーはマンダレー、バガン、インレー湖を巡る17日の旅でした。

まず、ミャンマーまでのエアーチケットはLCCのスクートを使いました。エアーアジアの選択肢もありますが、より近いバンコク経由を選びました。料金は関空-バンコク(ドンムアン)往復が、ひとり38,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの総運賃)でした。フライト時間は約6時間です。

次に、ミャンマーへはエアーアジアを使いました。バンコクからマンダレーまでのフライト時間は、約1時間50分です。料金はバンコク-マンダレー往復が、ひとり12,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの運賃)でした。トータル50,000円で、中国系航空会社でありそうな30,000円台と比べて少し高いのですが、中国系は乗継ぎが2回(上海、昆明など)必要で、宿泊を伴うので使いませんでした。

シンガポールエアーラインのLCC会社スクート スクートで関空からバンコクへ
スクートは最近就航したシンガポールエアーラインのLCC会社。機体は新型を使用しており、他のLCCに比べ大きくてきれいだ。

LCCの場合、プロモーション価格は座席数限定となっているので、早い目の予約が必須となる。


エアーアジアでマンダレーへエアーアジアでマンダレーへ
ヤンゴンへの選択肢もあったが、雨季であるためマンダレーから入ることにした。

エアーアジアでも同じく、割引価格で座席を予約するには出来るだけ早い方が良い。

マンダレー空港に到着 マンダレーに到着
バンコクからマンダレーは近い。約1時間半ほどのフライトで、広大な平原に林立するパゴダ(仏塔)が見えて来た。

時差は-30分なので時計を30分戻す。
マンダレー空港から市内までの交通
マンダレー空港ではタクシーおよびシャトルバスが利用出来る。
タクシーには、シェアが可能なものがあり、他の乗客と乗り合いが出来る。

料金は、ひとり3USDまたは4,000チャット。宿泊ホテル名をドライバーに告げるとホテルまで送ってくれる。

このとき、空港で旅行者をタクシーに案内する係員風の人がいる。親切に荷物も持ってくれるが、タクシーに乗るとチップを要求してくる。私は少額紙幣の200チャット(約17円)をあげたが、他の旅行者(中国人)は無視していた。


PR
EnjoyAsia 東南アジア個人旅行を楽しむ
ミャンマー側ミャワディイミグレーション
タイからミャンマーの国境越え(メーソートからミャワディへ)
エリア:
  • アジア>タイ>タイその他の都市
  • アジア>ミャンマー>ミャンマーその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2013/12/27 22:52
コメント(4)
タイからミャンマーへの陸路のチェックポイントはメーサイとメーソートがある。メーサイはチェンマイ、チェンライから近く、一方、メーソートはバンコクから近い。(2014/09/06:誤記の指摘があり下線部を訂正)出国の目的は、ほとんどタイへの再入国による滞在期間の延長である。タイへのビザなし再入国では、観光目的の場合、陸路では15日間の滞在期間が許可されることになる。 ただし、ミャンマーへの入国時、エントリーパーミッション費と称して500バーツまたは10USDを支払う必要がある。(14日間有効であるが、パスポートを預け、行動範囲が制限されるのでミャンマーの他の都市への移動は不可) 交通費としては、バンコクからはバスで307バーツで約8時間。1泊は必要だが、スコータイに近いので寄ってみるのも良い。 国境の街、メーソートは小さな街で観光の点では特に見るところはない。宿を探す場合、町外れのバスターミナルまで行かず、中心地にあるミニバスの発点である市場付近で途中下車をするのが良い。 国境のイミグレーションへはソンテオ(乗合)が走っており20バーツで行ける。ミャンマーとの国境はモエイ川で隔てられており、橋を歩いて渡りミャンマーへ入る。
タイ側イミグレーションメーソートのタイ側イミグレーション。
メーソートの町からソンテオに乗り、イミグレーションへ行く。約7km。ここで出国手続きを行いモエイ川を歩いて渡る。
モエイ川を渡り国境越えモエイ川の国境を歩いて渡る
イミグレーションで出国手続き後、歩いてモエイ川を渡り、対岸のミャンマーの国境の街ミャワディへ向かう。
ミャンマー側のイミグレーションミャワディのミャンマー側イミグレーション
ミャンマー側イミグレーションで入国手続きを行う。外国人観光客は地元の人とは別の専用窓口があり、英語が通じる。(入国と出国の区別はない)
エントリーパーミッションミャンマー側イミグレーションで渡されるエントリーパーミッション
ミャンマー側イミグレーションで入国手続きを行うと、一時入国許可として500バーツまたは10USDを支払い、パスポートと引き換えに14日有効のエントリーパーミットを渡してくれる。このカードでのミャンマー国内の移動は不可なので、同じエントリーポイントに戻ってくる必要がある。30分の時差があるので、 日帰りで戻る場合は時間に気を付けること。(ミャンマー側イミグレーション:6:00〜16:30)
ミャワディの街は寺院や市場などが並ぶ小さな町で、ミャンマーの雰囲気を味わいながらブラブラして見るのも良い。街ではタイバーツが使えるので両替は不要。
国境の街ミャワディにある寺院国境の街ミャワディにある寺院
ミャワディではタイと違った特徴のあるミャンマー建築様式の寺院が見られる。ブラブラ歩いて2〜3時間もあれば十分見て回れる。

PR
格安で行く東南アジア個人旅行を紹介しています。

1 - 3件目まで(3件中)


国一覧
アジア
台湾(19)
フィリピン(14)
タイ(13)
中国(10)
マレーシア(5)
スリランカ(5)
インドネシア(5)
ラオス(3)
ミャンマー(3)
ベトナム(1)