1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. takashiさん
  4. ビーチ・島の記事一覧

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
個人旅行ブログサイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(13件中)

世界遺産ゴールの要塞
スリランカ南部周遊の旅(ゴール)
エリア:
  • アジア>スリランカ>ゴール
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2015/05/11 12:37
コメント(0)
4月13、14日はスリランカの正月で、学校が長期休日になったので、この間にコロンボから南回りの10泊11日の周遊の旅をしました。
ゴールへは、列車、車、インターシティバスなどが利用できますが、今回はインターシティバスで、ベントータまで行き、ウミガメ保護センターなど周辺を観光し、ヒッカドゥワで1泊。明くる日、列車でゴールへ向かい、旧市街のゲストハウスで2泊しました。

世界遺産の街、ゴールの要塞ゴール要塞
400年以上も前、オランダ統治時代に築かれた要塞は今もその堅固な造りを保持している。


ゴール、オールセインツ教会歴史のあるオールセインツ教会
旧市街には、お寺はほとんどなく、代わりに多くの教会に出くわす。
19世紀前半に建立された教会は建築様式も美しく、フォートの街並みに溶け込んでいる。



日本寺ゴール近くにある日本寺
ゴールフォートから東側の半島に見える世界平和を祈る日本の寺。スリーウィーラーで10分のウナワトゥナにある。

住職は日本人で数十年もここスリランカに住み、世界平和を祈りながら地元スリランカ人にも日本式の仏教を伝えている。





ロックテンプルロックテンプル
ゴールからスリーウィーラーで5分ほど行ったところにあるロックテンプル。

石段を上がると、岩を削って造られた寺院がある。




マガラ橋日本の援助で建設されたマガラ橋
ゴール近くに日本のODAにより建設された橋がある。
「2004年12月26日に発生したインド洋津波災害後の復興のため日本国とスリランカ国の友好と協力の証として日本国民により再建された 2006」とある。。

日本の援助がここスリランカでも大いに貢献しているのを知って、日本人として嬉しいが、現地の人にはあまり知られていないのは残念だ。







PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
パトンビーチ
リゾートアイランド プーケットの8日間
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2012/12/10 02:29
コメント(0)
タイのビーチリゾートと称されるプーケットに7泊したときの印象(個人的な意見)。

1.物価が高い。
2.旅行者はほとんどが欧米人(西洋人)。
3.ビーチが主で観光するところは少ない。
4.ホテルは過剰気味で価格は選べる。
5.パトンビーチは人が多く賑やか、静かに過ごすにはカロン、カタビーチがいい。

エアーアジアを乗り継いでクアラルンプールからプーケットへ。
驚いたことに空港でのエクスチェンジで日本円からタイバーツのレートは以外とよかった。(その後、町で見たレートと比較して)

宿泊はガーデンプーケットホテルをBooking.comで予約。1泊799THB(約2,300円)朝食付き。

ホテル全景

ホテル自体は小さいが、ガーデンテラス、およびプールがある。
ホテルの庭で朝食が出来る

部屋は結構広く小さなベランダ付だった。
ホテル室内

プーケット島の観光としては、各ビーチやオーシャンビュー、ビッグブッダやお寺巡り、そしてプーケットタウンの散策などで一日で廻れる。

町で声をかけて来たTAXIドライバーに1日チャーター(朝8時〜夜8時)の値段を聞いたところ800THB(約2,100)だったのでお願いした。

カロンビーチビューポイントからの展望。
カロンビーチビューポイント

プロムテープ岬からサンセットビューを楽しむ。
プロムテープ岬のサンセット

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
エアーアジア
エアーアジアでタイ・プーケットへ
エリア:
  • アジア>マレーシア>クアラルンプール
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:ビーチ・島 鉄道・乗り物 
投稿日:2012/11/10 20:33
コメント(0)
エアーアジアは日本からはマレーシアのKL(クアラルンプール)へ飛んでいる。クアラルンプールはエアーアジアのハブ空港となっており乗継で各国へ行ける。
(【2019/11/21現在】エアアジアの他、スクートエアなどのLCCが日本からバンコクへ直行便を就航している)

ちなみにタイへのフライトは、プーケットの他、バンコク、チェンマイなど主要な都市へのフライトがある。

料金は、関空-KLが9,900円(サーチャージ、空港税、諸費用を含む)プラス15kg手荷物2,000円、KL-プーケットが4,680円(15kg手荷物含む)だった。
KLでは空港でのトランジットも可能であるが、KLで宿泊すればKL市内観光が出来る。

KLはKLIA2と言うエアーアジア専用のターミナルに到着する。ここからKL市内へはバス、タクシーが利用出来る。(夜間も利用可能)

KLでストップオーバーする場合、KLセントラルまでバスで行き(8RM=約210円)、近くの宿を取るのがお奨め。特に夜間到着の場合、タクシーは長い列で中々乗れないし、KLセントラルからのタクシーも高い値段を吹っかけてくるドライバーが多い。

関空発の便の座席は、窓側3列席であるが、後部は2列席となっているので、2人で座るにはちょうど良い(但し、座席予約には1500円が必要)

2列の席がお奨め

但し、機内食などのサービスは全て有料。でも500円程度。(飲食物の持込み利用は不可となっているが・・・)

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
ウブド王宮のセレモニー
バリ島観光について
エリア:
  • アジア>インドネシア>バリ島
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2012/01/09 23:20
コメント(2)
バリ島には、キンタマーニ、タナロット寺院やその他の寺院巡りが一般的な観光目的地。その他には、バロンダンス、ケチャダンスなどのバリの民族舞踊が観光客向けアトラクションとしてある。

キンタマーニでパトゥール山と火山湖パトゥール湖を望む。
キンタマーニ

海に浮かぶタナロット寺院。
タナロット寺院

ウダヤナ王家の墓、グヌンカウィの遺跡。
グヌンカウィ

民族舞踊のひとつバロンダンスの1シーン。
民族舞踊バロンダンス

これらを巡るには、現地で車をチャーターするのが一般的である。車を1台チャーターした場合、ガソリン代込みで1日30USD(約2,400円)程度であった。人数割りすれば安上がり。

また、バリ島では日本人旅行者が多いこともあり、日本語を話せるドライバーも多い。日本語の話せるドライバーを希望すれば言葉の問題もない。

私がお世話になった日本語の話せるドライバーのネンガーさん。
日本語が話せるドライバー

観光で特に気を付けたいのは、ブサキ寺院を訪問する時。通常寺院ではサロン(腰巻)を身に着けるよう要求しているところが多く、普通の寺院はサロンを無料で貸してくれる。しかし、このブサキ寺院では貸出しはなく、みやげ物屋で買う羽目になる。事前に他で買えば180円ぐらいで手に入る。

また、普通の寺院では有料ガイドが希望により付けられるが、ブサキ寺院では「今日は儀式があるからガイドと一緒でないと入れない」とか「地元の人と一緒でないと入れない」とか言ってガイドを付けるよう強引に勧誘し、法外な料金を取ることがある。実際にはガイドは付いていなくても入れる。
私の場合、最終的には50円程度の「おさい銭」(Donation)だけで中に入ることが出来た。

旅行者に評判の悪いブサキ寺院
ブサキ寺院


【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
エンジョイアジアの旅
インド洋に沈む夕日
バリ島のゲストハウスでのんびり過ごす
エリア:
  • アジア>インドネシア>バリ島
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2011/12/23 01:52
コメント(3)
バリ島は日本からの旅行者も多い人気の観光スポット。ビーチや棚田などが美しく、のんびり過ごすにはもってこいである。

今回ビーチ近くのゲストハウスを見つけ6泊した。場所はチャングーと言う町で、クタ、レギャンの北約10km、スミニャックの隣りの静かな町である。

スミニャックまでビーチ沿いに歩いて20分程度。タクシーやバイクに乗れば5分程度で行ける。

ゲストハウスは地元バリ人の住居と同じ敷地内に建てられた建物で、バスルーム、ACもあり、快適である。バリ人の生活様式に触れながら、バリ風にゆっくり過ごすのもいい。

ここは、1泊300,000IDR(約2,600円)で、朝食は自分で準備出来るよう共用のキッチンがあり、コーヒーやフルーツは無料で用意されている。

ゲストハウスにはレンタルモーターバイクがあり、近くの町まで行くのに便利で、買物したり、食事したり、観光に使える。(一日50,000IDR(約430円)

ゲストハウスの部屋(AC、プライベートバスルーム付き)
ゲストハウスの部屋

オープンエアーのバスルームは、気持ち良い。
オープンエアーのバスルーム

共有のキッチンでいつでもバリコーヒーを。
共有のキッチンルーム

朝食はキッチンで準備して小鳥のさえずりを聞きながら庭に面したベランダで。
ベランダで食事

住居の敷地内にはヒンドゥー教の寺、儀式用の建物などがある。
ヒンドゥー教住居内建物

モーターバイクを借りて近くの町で買物、食事に行く。
モーターバイクで近くの町へ

ビーチまで歩いて5分。インド洋に打ち寄せる波の音を聞きながらビーチを散歩。
ビーチまで5分。

インド洋のサンセットは美しい。
インド洋に沈む夕日

ゲストハウスの詳細は、下記参照下さい。
バリ島でのんびり過ごす


【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国、東南アジアの個人旅行サイトです。

1 - 5件目まで(13件中)