1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ
  4. takashiさん 買物・土産の記事一覧

  海外エリア: アジア > フィリピン の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

ワインはやっぱり食卓に必要
セブでショートステイ(その9)・・・ショッピング
エリア:
  • アジア>フィリピン>セブ
テーマ:買物・土産 観光地 留学・長期滞在 
投稿日:2011/02/13 12:11
コメント(0)
セブではショッピングセンターが数箇所ある。ブランド品等を扱う高級店があるのはアヤラショッピングセンター。お金持ちが買物に出かけるところである。一般的に人気のあるのはSMショッピングモール。
SMショッピングモール

一方、我々はオスメニアサークル近くのロビンソンプレースの百貨店、スーパーにてよく買物をした。

いずれのスーパーマーケットにも日本食材のコーナーがあり、日本で販売されている調味料から食材までほとんど手に入る。(値段は日本と比べ少し高い)

肉は日本のように冷凍品、輸入品ではなく、地もとで処理された新鮮な豚肉、鶏肉等が手に入る。全て秤売りで販売され、自分で好きな分量を取り、計量して値段をつけてもらう。
さかなも同様地元で取れた新鮮なものが手に入る。
新鮮なイカを買う

また、注目するのは、マンゴー、パパイヤ等の果物が安い。食後のデザートにはアイスクリームとともに非常に重宝した。
マンゴーが安い

夕食に欠かせないのがビール。フィリピンではサンミゲルビールが人気。サンミゲルにも数種類のビールがあり、Pilson,Light,Dry,premiumなど値段はPilsonが安くて28.5PHP(約57円)である。

また、ワインはフィリピンでは生産されていないが、イタリー、スペイン、USA、チリ等から輸入されている。値段も安いものでは150PHP(約300円)ぐらいからあり、機会を見つけてはワインショップに足を運び、すっかり常連客になっていた。
ワインショップ<br />

セブでのショートステイでは、食生活は重要な意味を持ち、我々のように自炊をしている者にとって、新鮮な食材を手頃な価格で入手出来、美味しい食事がとれることは生活を快適にしてくれる。

一方、土産物はSMモールのKultureと言う店にフィリピンの特産物が何でも揃っている。地元の人は高いと言って買いに来る人はいないそうだが、観光客にはショッピングしやすい。
安い店は、シティホール近くの土産物売りの店が並んでいるところがある。ここは自分で作ったものを直接販売しているので先ほどの店の5分の1ほどで買える。
ドライマンゴーは人気の土産品、どこのスーパーでも扱っている。値段もほぼ同じで200gで100PHP程度。お土産にいっぱい買って帰ろう。
ドライマンゴー

PR
中国・東南アジアへの個人旅行を楽しく(旅ブログとティップス)
バンタヤンにあるカソリック教会
セブでショートステイ(その6)・・・バンタヤンで買物
エリア:
  • アジア>フィリピン>セブ
テーマ:買物・土産 観光地 留学・長期滞在 
投稿日:2011/02/10 15:53
コメント(0)
今朝も朝日を見ようと早起きをした。朝もやの中、少しずつ太陽が明るさを増す。
朝もやの中、一日が始まる

引潮で遠浅となったビーチが朝日で赤く染められていく。
静けさの中、朝日が昇る

夜明け前漁師は小舟を担ぎ、漁へ出かけていく。
漁に出かける漁師

太陽が顔をのぞかせて、あたりは次第に明るくなり、活気づいてくる。
朝日に映えるビーチ

今日は、15:00のフェリーでセブに戻る日。それまでバンタヤンタウンに出で観光を楽しむ。バンタヤンは干物が産物と聞いていた。セブのマーケットに出ている干物はバンタヤン産と書いてある。早速ホテルにジプニーの手配を依頼し、バンタヤンに向った。(100PHP)

バンタヤンの教会は非常に歴史を感じさせ、その存在は荘厳で人々の信仰心の大きさを感じる。
バンタヤンの教会

内部に入ると見事なカソリックの祭壇が飾られていた。
内部は改装され美しい

次にバンタヤン市場に行った。ここは野菜、果物もあるが、特に海産物で溢れている。新鮮な魚の他、干物も種類が多い。
バンタヤンマーケット

我々はエビとイカの干物を合計2.5Kg買った。値段は交渉後、エビが1Kg330PHP(約660円)、イカは1Kg500PHP(約1000円)であった。
値段交渉に熱が入る

昼食はこの市場の直ぐ横にあるレストラン(名前はレチョンレストラン)で取った。自分で好きなおかずを選び最後に精算する方式で、レストラン内はエアコンが効いている。この選択でビールも入れて402PHP(約800円)、3人で食べておなか一杯に。

昼食は市場横のレストランで

PR
中国・東南アジアの個人旅行を楽しむサイト。(旅ブログとチップス)
J&H アパートメント
セブでショートステイ(その2)・・・サービスドアパートメントでの暮し
エリア:
  • アジア>フィリピン>セブ
テーマ:買物・土産 留学・長期滞在 ホテル・宿泊 
投稿日:2011/02/06 09:52
コメント(2)
1月16日よりマニラからセブに移動し、J&H Apartment (Labangon, Cebu)のサービスドアパートメントを1ヶ月契約で借り住んでいる。
アパートメントは高い塀で囲まれており、また入口は常時施錠されて、ガードマンが24時間常駐し、入場者を確認すると言う厳重さ。セブもまだまだ犯罪が多いので、注意が必要と言うことか。
ゲートはガードマンが24時間監視
私は妻と二人で月50,000PHP(約100,000円)の部屋を日本で2週間前に予約しておいた。このアパートメントは、リビングルームと2ベッドルームが付いている。
リビングはとても広くエアコン付きで快適。最大6人までの宿泊が許容されている。
リビングルームは広い
リビングルームにはキッチンがあり、電子レンジや炊飯器、電気ポットの他、鍋、ガスコンロの調理器具、皿、ナイフ、フォーク等の食器まで全て揃っている。
キッチンには調理器具、食器など完備
ベッドルームにはワードローブとドレッサーが装備されている。
メインのベッドルーム
もうひとつのベッドルームは少し小さいが十分な広さ。
セカンドベッドルーム

PR
中国・東南アジアへの個人旅行のブログとティップス

1 - 3件目まで(3件中)