1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ
  4. takashiさん 動物の記事一覧

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

キャンディ ペラヘラ祭り
2015年キャンディ ペラヘラ祭りは8月17日から29日
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
テーマ:観光地 お祭り・イベント 動物 
投稿日:2015/05/13 16:57
コメント(2)
スリランカ最大のイベント、象とキャンディアンダンサーのパレード、キャンディのペラヘラ祭り、2015年は8月17〜29日に開催されます。

キャンディ行きオブザベーションカーキャンディ行き列車のオブザベーションカー
キャンディへはコロンボから列車かバスで行きます。列車は1等車500ルピー(約400円)、2等280ルピーで約3時間。
1等はきれいでエアコンも効いており快適です。
バスならインターシティバスが速くて便利。

キャンディのゲストハウスキャンディのゲストハウス
ペラハラ祭りの最中はゲストハウスの料金は高くなりますが、私の泊まったゲストハウスはスリーウィーラーに紹介してもらいエアコンなし、WiFi付き、ホットシャワー付きで3,500ルピー、朝食500ルピー/人でした。
ちなみにペラヘラ祭りが終わると2,750ルピーになりました。このゲストハウスはキャンディ湖の南側で、町まで歩いても行ける距離です。


ペラヘラ祭り観客席道路に面した歩道と店は観客席に早替り
ペラハラ祭りは道路を通行止めにして、パレードが行われるので、道路の両側の歩道、店などの建物が観客席になります。現地の人は歩道にシートを敷いて座って見ていますが、外国人観光客は観客席を購入するのがベターです。予約はなくとも当日道路でチケットを販売しており気に入った席を購入することもできます。チケットには8,500ルピーと書いていますが、実際には4〜5,000ルピーで売られています。
根気よく値切ると、2,000ルピー程度まで下がることもあります。(2人で4,000ルピー)

延々と続く象とキャンディアンダンサーのパレード延々と続く象とキャンディアンダンサーのパレード
パレードはキャンディアンダンサーとイルミネーションで着飾られた象が道路を練り歩くのですが、延々と2時間以上も続くのでそれなりの準備が必要です(水、トイレ、カメラのバッテリー等)。

赤のイルミネーションで飾られた象の行進赤のイルミネーションに飾られた象
青、黄色、赤など色とりどりのイルミネーションで飾られた象の行進が延々と続く。



キャンディアンダンサーのファイヤーダンスキャンディアンダンサーのファイヤーダンス
パレードはキャンディアンダンサーの踊りで盛り上がる。ドラムにラッパ、ファイヤーダンスやピーコックダンスなど。



衣装を身に着ける象衣装を身に着ける象
夕方日没前に仏歯寺近辺に行くと、祭りの準備をしているところが見られます。象が衣装を身に着けるところなど、直ぐ近くで写真を撮ることも出来ますので、時間があれば、寄ってみてはいかがでしょうか。




PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
2013年ペラヘラ祭り
2014年ペラヘラ祭りは8月1日から11日
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
テーマ:観光地 お祭り・イベント 動物 
投稿日:2014/01/06 22:14
コメント(2)
スリランカ最大のイベント、ペラヘラ祭りは毎年7〜8月頃、キャンディで開かれる象とキャンディアンダンサーのパレード。今年は、8月1〜11日に開催されます。昨年2013年のペラヘラ祭りを見学しましたので、紹介します。

キャンディ行き1等車車内キャンディ行き列車の1等車車内
キャンディへはコロンボから列車かバスで行きます。列車は1等車500ルピー(約400円)、2等280ルピーで約3時間。
写真の1等車内はきれいでエアコンも効いており快適です。

キャンディのゲストハウスキャンディのゲストハウス
ペラハラ祭りの最中はゲストハウスの料金は高くなりますが、私の泊まったゲストハウスはウォークイン(駅でスリーウィーラーに紹介してもらった)で3,500ルピー(約2,800円)でした。
ちなみにペラヘラ祭りが終わると2,500ルピーになりました。このゲストハウスはキャンディ湖の南側で、町まで歩いても行ける距離です。ここで4泊、別のゲストハウスに2泊、通算キャンディに6泊しました。


ペラヘラ祭り観客席道路に面した歩道と店は観客席に早替り
ペラハラ祭りは道路を通行止めにして、パレードが行われるので、道路の両側の歩道、店などの建物が観客席になります。現地の人は歩道にシートを敷いて座って見ていますが、外国人観光客は観客席を購入するのが一般です。予約は不要で当日でも道路でチケットが販売されており、好きな席を購入できます。チケットには8,500ルピー(約6,800円)と書いていますが、実際には4〜5,000ルピーで声がかかります。
ちなみに私の場合、2,000ルピーまで値切りました。(2人で4,000ルピー)

延々と続く象とキャンディアンダンサーのパレード延々と続く象とキャンディアンダンサーのパレード
パレードはキャンディアンダンサーとイルミネーションで着飾られた象が道路を練り歩くのですが、延々と2時間以上も続くのでそれなりの準備が必要です(水、トイレ、カメラのバッテリー等)。


衣装を身に着ける象衣装を身に着ける象
夕方日没前に仏歯寺近辺に行くと、祭りの準備をしているところが見られます。象が衣装を身に着けるところなど、直ぐ近くで写真を撮ることも出来ますので、時間があれば、寄ってみてはいかがでしょうか。




PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
エレファントフェスティバル
スリンの象祭り
エリア:
  • アジア>タイ>スリン
テーマ:観光地 お祭り・イベント 動物 
投稿日:2012/12/16 01:15
コメント(0)
タイ、スリンのエレファントフェスティバルは毎年11月に開催される。
今年は11月15〜18日の4日間で、前夜祭は路上にズラリと並んだデコレーション一杯の山車(フロート)とダンスに盛り上がる。
前夜祭のフロート

タイ伝統の踊りがあちらこちらで披露される。
前夜祭はダンスで盛り上がる

パクディー像前の路上で繰り広げられるエレファントフェスティバルは、タイ全土から集まった300頭以上の象で溢れる。
エレファントショーの始まり

スリンの町が出来たきっかけとなった白い象も出場。
スリンの町にいわれある白い象

象との触合いも。(フィーディングの餌代は20THB)
象のフィーディングで触合いも

象祭りの最大のイベントはエレファントショー。入場料は1000THB(約2,700円)
スタジアムに次々と象が入場

サッカーなどショーも盛り沢山。相手チーム象に負傷をさせた象がレッドカードで退場。
相手選手を負傷させレッドカード

2時間続のショーの最後は迫力の戦闘シーン。
エレファントショー

象使いの凛々しい姿。
象使いの凛々しい顔つき

スリン駅の前では象タクシーが客待ち。100THB/回(約270円)
スリン鉄道駅前で象タクシーが営業

町全体が象で溢れ、象にエキサイトする4日間であった。

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
愛嬌のあるターシア
セブでショートステイ(その13)・・・ボホール島のメガネザル(ターシア)
エリア:
  • アジア>フィリピン>ボホール島
テーマ:観光地 ビーチ・島 動物 
投稿日:2011/02/25 23:09
コメント(0)
ボホール島と言えば、そうターシア。あの可愛い小さな動物。
可愛いターシア

ボホール島はセブからフェリーに乗って2時間ほどで行ける。チケットは事前に往復で購入しておいたほうが良いと思われる。往復で一人850PHP(約1700円)
ボホールはフェリーで2時間

ターシアはボホール以外の島にもいるらしいが、ボホールのターシアが有名。
ターシアを見物出来るところは、至るところにある。と言うのもターシアは誰でも飼うことが出来る。そのため、観光用にターシアを見せて土産物を販売している店があちらこちらにある。

ターシアはこんなに小さい。
実はこんなに小さい

ところが、尾っぽはとても長い。
尾っぽはとても長い

ターシアは夜行性の動物で、昼間は眠っているらしい。ところが観光客に起こされてしかたなくおおきな目を開けている。でも、実は大変眠ーい!
眠くなると変な顔になります。
夜行性のため昼間は眠い

ここは19匹のターシアがいるそうだが、木の中のターシアを見つけるのは中々困難。でもずっと見ていても飽きないターシア。
いつまでも見続けても飽きないターシア

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行

1 - 4件目まで(4件中)