1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ
  4. takashiさん 鉄道・乗り物の記事一覧

  海外エリア: アジア > ミャンマー の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(24件中)

マンダレーのクドードォーパヤー
LCCで行くミャンマー個人旅行
エリア:
  • アジア>ミャンマー>マンダレー
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/07/21 16:26
コメント(0)
今回、バンコク経由でミャンマーの個人旅行に行ってきました、ミャンマーはマンダレー、バガン、インレー湖を巡る17日の旅でした。

まず、ミャンマーまでのエアーチケットはLCCのスクートを使いました。エアーアジアの選択肢もありますが、より近いバンコク経由を選びました。料金は関空-バンコク(ドンムアン)往復が、ひとり38,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの総運賃)でした。フライト時間は約6時間です。

次に、ミャンマーへはエアーアジアを使いました。バンコクからマンダレーまでのフライト時間は、約1時間50分です。料金はバンコク-マンダレー往復が、ひとり12,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの運賃)でした。トータル50,000円で、中国系航空会社でありそうな30,000円台と比べて少し高いのですが、中国系は乗継ぎが2回(上海、昆明など)必要で、宿泊を伴うので使いませんでした。

シンガポールエアーラインのLCC会社スクート スクートで関空からバンコクへ
スクートは最近就航したシンガポールエアーラインのLCC会社。機体は新型を使用しており、他のLCCに比べ大きくてきれいだ。

LCCの場合、プロモーション価格は座席数限定となっているので、早い目の予約が必須となる。


エアーアジアでマンダレーへエアーアジアでマンダレーへ
ヤンゴンへの選択肢もあったが、雨季であるためマンダレーから入ることにした。

エアーアジアでも同じく、割引価格で座席を予約するには出来るだけ早い方が良い。

マンダレー空港に到着 マンダレーに到着
バンコクからマンダレーは近い。約1時間半ほどのフライトで、広大な平原に林立するパゴダ(仏塔)が見えて来た。

時差は-30分なので時計を30分戻す。
マンダレー空港から市内までの交通
マンダレー空港ではタクシーおよびシャトルバスが利用出来る。
タクシーには、シェアが可能なものがあり、他の乗客と乗り合いが出来る。

料金は、ひとり3USDまたは4,000チャット。宿泊ホテル名をドライバーに告げるとホテルまで送ってくれる。

このとき、空港で旅行者をタクシーに案内する係員風の人がいる。親切に荷物も持ってくれるが、タクシーに乗るとチップを要求してくる。私は少額紙幣の200チャット(約17円)をあげたが、他の旅行者(中国人)は無視していた。


PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
コロンボフォート駅
コロンボの街歩き
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 散歩・自転車 
投稿日:2014/11/09 11:50
コメント(0)
コロンボの街に出てみると、ここは南アジアだと認識する。行き交う人はこれまで訪れた東南アジアの人々と全く異なっている。東南アジアでは割り合い地元の人に溶け込んでいた日本人も、ここでは完全に外国人だ。
スリランカはポルトガル、オランダに続きイギリスの植民地として400年以上も統治された歴史があり、コロンボはフォートと呼ばれるように要塞の街であった。その影響で街にはコロニアルの建物が多く残されている。
まず、コロンボフォート駅から歩いてみよう。

コロンボフォート駅の賑わいコロンボフォート駅の賑わい
コロンボフォート駅は、鉄道駅で国内のあらゆる方面へ向かう鉄道の中心駅である。
多くの路線バスもこの駅の前に発停する。



ペター市場とバスターミナルに向かうバスペター市場とバスターミナルへ向かう路線バス
コロンボフォート駅を出て右に500mほど歩くと地元の人で賑わう大きな市場、ペター市場がある。その隣がセントラルバスターミナルで郊外へ行くにはここからバスに乗る。




ジャミ・ウル・アルファー・モスクジャミ・ウル・アルファー・モスク
スリランカにはイスラム教徒も約8.5%と多く、モスクも多くみられる。


ワールドトレードセンター経済中心地にあるワールドトレードセンター
フォート駅の左側に西方向へ向かうと、逆に今度は官庁、銀行などの並ぶ経済の中心地となる。
写真はヨークストリートにあるスーパーマーケット(カーギルス)と、ワールドトレードセンター。



ゴールフェイスグリーンから見るワールドトレードセンターゴールフェイスグリーンから見るワールドトレードセンター
ワールドトレードセンターを南に行くと、海岸沿いの緑の芝生公園ゴールフェイスグリーンに出る。青い空と海、インド洋の白い波、そしてコロンボの街が1枚の絵の中に納まる。
ここゴールフェイスグリーンは、多くの地元の人が訪れる憩いの場でもある。

ベイラ湖にあるシーマ・マラカヤ寺院
ゴールフェイスグリーンを東の方に歩くと、ベイラ湖に出る。そこには、地元のアーティストジェフェリー・パワの設計による斬新なデザインの小さな寺院、シーマ・マラカヤ寺院がある。従来の仏教建築を更に次元の高いものへと発展させている。

入場には靴を脱ぐが、床が日光で熱くなっているので、靴下などを持参すると良い。




コロンボの街歩きを下記ブログにて紹介しています。是非ご覧ください。
【参考記事】
コロンボ街歩き・・・その1(ゴールフェイスグリーンからバンバラピティヤ)
コロンボ街歩き・・・その2(フォートとぺター)


PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
ミャンマー側ミャワディイミグレーション
タイからミャンマーの国境越え(メーソートからミャワディへ)
エリア:
  • アジア>タイ>タイその他の都市
  • アジア>ミャンマー>ミャンマーその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2013/12/27 22:52
コメント(4)
【2019/08/29】現在、日本人のミャンマーへの入国は、条件を満たせば無査証(ビザなし)で30日の滞在が可能となっています。これは、2018年10月1日〜2020年9月30日までの期限で有効です。

【参考記事】メーソートから国境を越えミャンマー・ミャワディへ入る

タイからミャンマーへの陸路のチェックポイントはメーサイとメーソートがある。メーサイはチェンマイ、チェンライから近く、一方、メーソートはバンコクから近い。(2014/09/06:誤記の指摘があり下線部を訂正)

出国の目的は、ほとんどタイへの再入国による滞在期間の延長である。タイへのビザなし再入国では、観光目的の場合、陸路では15日間の滞在期間が許可されることになる。

ただし、ミャンマーへの入国時、エントリーパーミッション費と称して500バーツまたは10USDを支払う必要がある。(14日間有効であるが、パスポートを預け、行動範囲が制限されるのでミャンマーの他の都市への移動は不可)

交通費としては、バンコクからはバスで307バーツで約8時間。1泊は必要だが、スコータイに近いので寄ってみるのも良い。

国境の街、メーソートは小さな街で観光の点では特に見るところはない。宿を探す場合、町外れのバスターミナルまで行かず、中心地にあるミニバスの発点である市場付近で途中下車をするのが良い。

国境のイミグレーションへはソンテオ(乗合)が走っており20バーツで行ける。ミャンマーとの国境はモエイ川で隔てられており、橋を歩いて渡りミャンマーへ入る。

タイ側イミグレーションメーソートのタイ側イミグレーション。
メーソートの町からソンテオに乗り、イミグレーションへ行く。約7km。ここで出国手続きを行いモエイ川を歩いて渡る。


モエイ川を渡り国境越えモエイ川の国境を歩いて渡る
イミグレーションで出国手続き後、歩いてモエイ川を渡り、対岸のミャンマーの国境の街ミャワディへ向かう。


ミャンマー側のイミグレーションミャワディのミャンマー側イミグレーション
ミャンマー側イミグレーションで入国手続きを行う。外国人観光客は地元の人とは別の専用窓口があり、英語が通じる。(入国と出国の区別はない)



エントリーパーミッションミャンマー側イミグレーションで渡されるエントリーパーミッション

ミャンマー側イミグレーションで入国手続きを行うと、一時入国許可として500バーツまたは10USDを支払い、パスポートと引き換えに14日有効のエントリーパーミットを渡してくれる。このカードでのミャンマー国内の移動は不可なので、同じエントリーポイントに戻ってくる必要がある。30分の時差があるので、 日帰りで戻る場合は時間に気を付けること。(ミャンマー側イミグレーション:6:00〜16:30)


ミャワディの街は寺院や市場などが並ぶ小さな町で、ミャンマーの雰囲気を味わいながらブラブラして見るのも良い。街ではタイバーツが使えるので両替は不要。

国境の街ミャワディにある寺院国境の街ミャワディにある寺院
ミャワディではタイと違った特徴のあるミャンマー建築様式の寺院が見られる。ブラブラ歩いて2〜3時間もあれば十分見て回れる。

PR
【関連記事】「メーソートから国境を越えミャンマー・ミャワディへ入る」を読む
ラオスのメコン川
タイからラオスの国境越え(チェンコーンからフアイサイへ)
エリア:
  • アジア>ラオス>フエイサイ
  • アジア>タイ>チエンラーイ
  • アジア>タイ>チェンマイ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2013/12/10 22:01
コメント(0)
【2019/07/13】ビザランについて、現状で下記を確認している
1.タイへのノービザでの入国は、観光目的の場合日本国籍であれば入国後30日(29泊30日)の滞在が認めれる。ただし、 パスポートの残存期間は6ヶ月以上、他国へ出国する航空券等を所持していることが条件。

2.滞在期間の延長を希望する場合は、入国管理局にて申請すると30日延長される。申請料は1900バーツ。観光ビザの場合も1ヶ月が延長される。

3.ビザラン(陸路で隣国へ出て、再入国する方法)によるノービザでの入国は、暦年で年2回までとなった。

タイ入国に際してのご注意(陸路入国回数の制限)
タイ入国管理局は国境を接する国からの査証免除措置を利用しての入国を暦年で2回までとする旨の内務省令を12月1日付け官報に告示しました。同措置は12月31日より施行されますので、陸路でのタイ入国を予定されている方はご注意ください。

【引用:– 在タイ日本国大使館 2016.12.15付け –より】

【関連記事】タイからラオスへ国境越え、滞在期間を延長する


以下の記事は、2013年9月のもので、内容は現状と異なる部分があります
タイへの観光目的での入国は、空路で30日、陸路で15日のビザなし滞在が許可される。この期限を過ぎる場合は、隣国へ一旦出国、再入国することで上記と同等な滞在期間が許可される。


タイの隣国としては、ラオス、カンボディア、ミャンマー、マレーシアなどであるが、チェンマイからは、タイのチェンコーンからラオスのフアイサイへ、あるいは、タイのメーサイからミャンマーのタチレイへの出国・再入国が時間的に、また費用面でも有利である。


ここで考慮したいのは、ミャンマーへの入国時には、エントリーパーミッション費と称して500バーツまたは10USDを支払う必要があること。(14日間有効であるが、パスポートを預け、行動範囲が制限される。ミャンマーの他の都市への移動は不可)
これに対し、チェンコーンからラオス(フアイサイ)への入国は、日本国籍であれば15日以内の滞在ではビザが不要となる。


欧米系旅行者などは、滞在延長目的ではほとんどミャンマーへ抜ける。その理由は、ラオスのビザ取得に30ドル課せられるのに比べ安く済むからである。日本国籍の場合はビザ不要のラオスへの出国が有利である。


交通費はチェンマイから1等297バーツでメコン川を渡るのに40バーツで計337バーツ。(土日・祝日はラオスのイミグレーションで手数料1USDが必要)
ただし、時間的余裕がなく日帰りしたいと言う場合は、メーサイからミャンマーへの出国がベター。もし、時間があるなら、メコン川を見ながらノンビリ出来るチェンコーンからラオスのフアイサイへの出国をお奨めしたい。
チェーン・コーン、フアイサイには多くのゲストハウス・ホテルがあり、宿泊は予約なしでもOKである。

チェンコーンのイミグレーションチェンコーンのイミグレーション。
チェンコーンのバスターミナからイミグレーションまで約2km。歩いても行けるが、トゥクトゥクで30バーツ。ここで出国手続きを行いボートに乗ってメコン川を渡る。


ボートでメコン川の国境越えボートでメコン川の国境越え
チェンコーンのイミグレーションで出国後、ボートに乗ってメコン対岸のラオス国境の町フアイサイへへ渡る。約10分の乗船で1人40バーツ。


フアイサイの街並みフアイサイの街並み
フアイサイの町は南北のメイン道路に沿った1km程度の小さな街。しかしながら、国境の町だけにあって、ゲストハウス、レストランなどが軒を連ねている。値段はタイと同じくらいで、ラオスの他の町に比べ少し高い。
ここではタイバーツが使えるのでタイへ戻るなら両替はしない方が良い


PR
【関連記事】:「タイからラオスへ国境越え、滞在期間を延長する」を読む
パクセー行き国際バス
タイからラオスの国境越え(ウボン発パクセー行き国際バス)
エリア:
  • アジア>ラオス>パクセ
  • アジア>タイ>ウボンラチャタニ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2012/12/21 23:06
コメント(0)
タイからラオスへ向かうため、ウボンラーチャターニー(ウボン)からパクセーへバスで国境を越える。

ウボンのバスターミナルからパクセー行き国際バスが10:00と15:30と2本あり、料金は200THB(約540円)である。予約は必要なく、当日早い目(1〜2時間前)に来て、チケットを購入する。所要時間は3時間程度。

国境でバスを降り、タイで出国したあと歩いてラオスに入り入国。日本人は15日以内の滞在はビザが不要である。

ラオスのイミグレーション。入国カードに必要事項を記入しパスポートと一緒に提出する。

ラオスイミグレーション

その後、バスがラオス側に待っているので再度乗込む。荷物等の検査はなく、貴重品のみを持ってバスを降りればOKである。
国際バス

国境ではバーツも使えるのであわててエクスチェンジは必要ない。(パクセーにて両替が出来る)
ラオス側に屋台があり、バーツが使える。
付近の屋台

バスはパクセーのタラートラックソーンVIPバスターミナルに到着する。到着するとトゥクトゥクのドライバーが客引きに寄って来る。乗り合いになるが、ホテルまで1人40THB(約110円)だった。
タラートラックソーンバスターミナル

一方、パクセーからウボンへ国境越えをするバスもこのバスターミナルから出る。10:00、15:30の2本で、60,000Kip(約600円)
バスターミナルの待合室。
タラートラックソーンバスターミナル

ラオスを出獄する時、10,000Kip(約100円)が必要となるので、ラオス通貨を少し残しておくのが良い。

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行

1 - 5件目まで(24件中)