1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ
  4. takashiさん マレーシアの記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

カオサン通りのエクスチェンジ
現地通貨を高レートで!(海外キャッシングの利用)
エリア:
  • アジア>タイ
  • アジア>マレーシア
  • アジア>ラオス
テーマ:留学・長期滞在 その他 
投稿日:2012/12/22 16:01
コメント(0)
海外旅行で必要な現地通貨は日本から日本円を持出し現地にてエクスチェンジするのが一般的だが、日本円を多く持ちたくない場合とか、現地のレートがよくないなどの場合、海外キャッシングを利用する方法がある。

海外キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を利用するのもで、ATMから現地通貨を引出すことが出来る。

この場合、交換レートにはいわゆる手数料がかかっておらず、かかるのは利子とATM使用料である。ただ利子は年率20%近く、これをリボ払いとして毎月支払うことになるが、一括払いが出来る。

私の場合、P-Oneカードと楽天カードを利用しているが、共に一括払いが可能である。(他のクレジットカードの場合も同様と思われるが、電話にて確認が必要)手順は、下記。
1.ATMから現地通貨をキャッシングにて引出す。
2.2〜3日後、クレジット会社に一括払いに変更の旨を電話連絡する。
3.電話にて聞いた振込金額を銀行振込にて支払う。

1.については、クレジット会社のWEBで説明されているので省略。
2.クレジット会社にデータが届くのに時間がかかるので、少なくとも2日は置く。電話はSKYPEを利用する。日本の固定電話への通話料は1分3.22円で掛けられる。(別途、接続料9.9円必要)
3.銀行振込はインターネットでの処理または誰かに依頼する。(私の場合、振込手数料無料の新生銀行を利用)

実際にタイで現地通貨を引出した例を示す。
10/24 プーケットのATMにて現地通貨20,000THBを引出し。
10/26 電話にて一括払いの金額を聞き52,505円を指定銀行に振込む。

この時の明細は、20,000THBに対し
1.利用金額:52,270円(タイバーツに対して2.61円)
2.利子:52,270×0.0595×3/365=25.5円(通常17.95%のところキャンペーンで5.95%だった)
3.ATM使用料:210円
4.電話代:9分51秒通話で42.1円(スカイプによる通話)
合計:52,547.6円

レートの計算
基準レート:52270÷20000=2.6135円/THB
電話料を含めたレート:52547.6÷20,000=2.627円/THB
手数料の計算:52547.6/52270-1=0.0053

したがって、手数料は0.53%となった。利子が17.95%としても0.63%である。
通常、銀行でのエクスチェンジで3〜4%、自分の銀行口座からの引出しで4%(新生銀行)の手数料がかかることを考えるとメリットはある。

PR
中国、東南アジアの個人旅行。
エアーアジア
エアーアジアでタイ・プーケットへ
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
  • アジア>マレーシア>クアラルンプール
テーマ:ビーチ・島 鉄道・乗り物 
投稿日:2012/11/10 20:33
コメント(0)
エアーアジアは日本からはマレーシアのKL(クアラルンプール)へ飛んでいる。クアラルンプールはエアーアジアのハブ空港となっており乗継で各国へ行ける。
ちなみにタイへはプーケットの他、バンコク、チェンマイなど主要な都市へのフライトがある。
料金は、関空-KLが9,900円(サーチャージ、空港税、諸費用を含む)プラス15kg手荷物2,000円、KL-プーケットが4,680円(15kg手荷物含む)だった。
KLでは空港でのトランジットも可能であるが、KLで宿泊すればKL市内観光が出来る。
KLはLCCTと言うエアーアジア専用のターミナルに到着する。ここからKL市内へはバス、タクシーが利用出来る。(夜間も利用可能)KLでストップオーバーする場合、KLセントラルまでバスで行き(8RM=約210円)、近くの宿を取るのがお奨め。特に夜間到着の場合、タクシーは長い列で中々乗れないし、KLセントラルからのタクシーも高い値段を吹っかけてくるドライバーが多い。
関空発の便の座席は、窓側3列席であるが、後部は2列席となっているので、2人で座るにはちょうど良い(但し、座席予約には1500円が必要)
2列の席がお奨め
但し、機内食などのサービスは全て有料。でも500円程度。(飲食物の持込み利用は不可となっているが・・・)

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。
エアーアジアの赤い機体
格安航空(LCC)でインドネシア、バリ島、ジャワ島へ
エリア:
  • アジア>インドネシア>ジョグジャカルタ
  • アジア>インドネシア>バリ島
  • アジア>マレーシア>クアラルンプール
テーマ:ビーチ・島 鉄道・乗り物 
投稿日:2011/12/20 02:17
コメント(5)
LCC(格安航空会社)エアーアジアが関空-クアラルンプール(KL)間の空路を就航したことから東南アジアの各国へ格安で行けるようになった。
今回、エアーアジアとライオンエアーを乗り継いでインドネシアのバリ島、ジャワ島を訪れた。
まず、関空からKL経由でバリ島へ。そしてジャワ島ジョグジャカルタへ渡り、帰りはKL経由で関空へ戻る。
料金は、クアラルンプール(KL)まで3,931円(プロモ)、KLからバリ島デンパサールまで6,740円、デンパサールからジョグジャカルタまで3,000円、ジョグジャカルタ-KL間8,800円、KL-関空11,500円の合計33,700円。(燃油サーチャージ込み)

関空からクアラルンプールへ飛ぶエアーアジアの機体。
エアーアジア関空就航

KLは、エアーアジアの専用ターミナルに到着する。
エアーアジア専用ターミナル

搭乗ゲートおよび待合室はバスターミナルのような感じ。
エアーアジアの専用ターミナル

搭乗は搭乗機の近くまで徒歩で移動する。
搭乗は機体近くまで歩いていく

KLからバリ島へ飛ぶエアーアジアの機体。
KLからバリ島デンパサールへ飛ぶ機体

バリ島デンパサールからジャワ島ジョグジャカルタへ飛ぶインドネシアの格安航空会社ライオンエアー。
ライオンエアーの機体

【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。格安旅行を紹介しています。
エアーアジア関空就航
エアーアジア 関空-KL間就航 初搭乗
エリア:
  • アジア>マレーシア>クアラルンプール
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2011/12/04 00:51
コメント(2)
格安航空会社エアーアジアは今年11月末、大阪-KL(クアラルンプール)間フライトを就航させた。プロモ料金の3931円(片道)でチケットを購入し、クアラルンプールまで搭乗した。

エアーアジアでは徹底的なコスト低減対策のため、一般の航空会社と比べ下記の点が有料となっている。
1.機内サービス(機内食、毛布、エンターテイメントなど)
2.委託手荷物は、重量によって料金が異なる。
3.座席指定
4.空港カウンターでのチェックイン
5.搭乗保険

これらは利用しなければもちろん、無料、しかしながら利用しても金額は高くはない。

例えば、機内での食事については、飲食物の持込利用が禁止されており、機内で販売されている機内食を利用することになる。金額は1,000円程度で、事前に予約しておけば少し安くなる。

また、手荷物については、委託する手荷物がない場合(機内持込手荷物のみ)は無料であるが、機内持込荷物も重量制限(7kg)以内かどうかチェックされる。委託手荷物の料金は15kgから5kg毎に重量に応じて変わる。

座席指定は、有料で事前予約することが出来る。この場合、足元の広い席は高くなっている。

チェックインも空港で行うと有料、自宅等で事前に行い、ボーディングパスを印刷して持参すれば、手荷物のみを預けて正規の搭乗券に交換してもらう仕組みになっている。

今回搭乗した関空-KL間のフライトは、6時間45分の飛行。機内は1/3程度の乗客で非常に空いていた。

フライトアテンダントは日本人が4人搭乗しており、計8人程度で十分な人数。機内放送も日本語で問題なかった。

シート間隔も普通の航空会社とそれほど差は感じなかった。(機材はAIRBUS A330-300)

今回チケットを購入したのは8月の初めであったが、ユーザー登録をしておくとメールでプロモーション情報が得られる。

エアーアジアはKLをベースに世界各地に航路を持ち、日本からKLに出れば東南アジアはもちろん、ヨーロッパ、オーストラリアへのアクセスが格安で可能となる。

関空での手荷物ドロップカウンターでは、委託手荷物と機内持込手荷物ともに厳重に重量をチェックされる。
エアーアジアカウンター

機内は1/3程度で空いていた。一方シート間も通常の広さで特に問題はなかった。
座席は通常の広さ程度ある

機内食は事前購入すれば、安い。ただし機内でも購入出来る。また「飲食物の機内持込飲食は遠慮ください」との機内アナウンスが何度も流れ、雰囲気的には食べれない(持参している人は多かったが、食べている人はいなかった)

日本食で事前予約した機内食(900円)
機内食は選べる

KLは、LCCTと言うエアーアジア専用ターミナルに到着する。
KLはエアーアジア専用LCCTに到着

LCCTからKL市内へは、シャトルバス、タクシーが利用出来る。
料金はそれぞれ、8MYR(約200円)、74.3MYR(1,857円)である。特にバスは4:30AM〜翌2:00AM間運航され、所要時間1時間で便利である。
LCCT-KL間のシャトルバス

【関連サイト】

PR
中国をはじめ、東南アジアの個人旅行サイトです。
エアーアジア(チェンライで)
【格安航空】エアーアジア 関空-クアラルンプール就航! 3,931円より
エリア:
  • アジア>マレーシア>クアラルンプール
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2011/08/14 00:12
コメント(0)
昨年、羽田-クアラルンプール路線に就航したエアーアジアが今年11月より関空-クアラルンプール路線に就航すると発表した。

エアーアジアはLCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)の老舗で、クアラルンプール、バンコクをハブ空港として東南アジア各国を初め、ロンドン、オーストラリアなど世界に運航路線を持つ格安航空会社で、コストを可能な限り抑え、運賃を格安に設定している。

これまで、タイなどでエアーアジアの搭乗経験があるが、コストを抑えるため機内食、手荷物委託料、座席事前指定などは全て有料となっている。

今回、関空-クアラルンプール路線就航記念キャンペーンとして、片道3,931円で発売された。ただし、8月11日より14日の期間限定販売。

実際にウェブサイトで調べて見た。
最小限の費用は、
航空運賃:3,931円(サーチャージ込み)
空港利用料:1,500円
空港税:2,650円
で合計8,081円。

オプションとして、下記を選択できる。
機内食:700円(オプションで不要も可能)
委託手荷物:2,500円(20kgまでの料金。手荷物ない場合0円、15kgなら2,000円)
座席予約:1,500円(予約しない場合0円)
機内エンターテイメント利用料:1,000円
手数料:600円
など。
私の場合、上記の合計は5,300円となり、総合計13,381円でチケットを購入した。(クレジットカード支払)

一旦、クアラルンプールに行けば、そこからはマレーシア国内はもとより、タイ、ベトナム、カンボジア、インドネシアなど東南アジアの各国へエアーアジアで格安(数千円)にて行くことが出来る。

座席数限定でのプロモーションも頻繁に行われ、数千円のチケットが数百円になることもある。(メール会員登録しておく)

今回のチケット手配は、片道のみであった。と言うのは復路には3,931円の航空券設定がなく、通常のプロモーション価格(18,000円)だったため。

このようにチケットは片道での購入が可能で、帰路は他のLCCの価格を見て決めたり、今後のプロモーションによって決めたりも出来る。(例えば、台北経由であれば、ジェットスターが7,000円で利用出来る)

エアーアジアなど格安航空券の手配詳細は下記記事を参照ください。
格安航空券を手配しよう



【関連サイト】
エンジョイアジア(格安個人旅行のブログサイト)

PR
エンジョイアジア 中国・東南アジアの個人旅行を応援。プランニングから実践までのティップスを紹介。

1 - 5件目まで(5件中)


国一覧
アジア
台湾(19)
フィリピン(14)
タイ(13)
中国(10)
マレーシア(5)
スリランカ(5)
インドネシア(5)
ラオス(3)
ミャンマー(3)
ベトナム(1)