1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんのブログ
  4. タイからミャンマーの国境越え(メーソートからミャワディへ)

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

タイからミャンマーの国境越え(メーソートからミャワディへ)

2013/12/27 22:52
ミャンマー側ミャワディイミグレーション
エリア:
  • アジア > タイ > タイその他の都市
  • アジア > ミャンマー > ミャンマーその他の都市
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / 鉄道・乗り物
【2019/08/29】現在、日本人のミャンマーへの入国は、条件を満たせば無査証(ビザなし)で30日の滞在が可能となっています。これは、2018年10月1日〜2020年9月30日までの期限で有効です。

【参考記事】メーソートから国境を越えミャンマー・ミャワディへ入る

タイからミャンマーへの陸路のチェックポイントはメーサイとメーソートがある。メーサイはチェンマイ、チェンライから近く、一方、メーソートはバンコクから近い。(2014/09/06:誤記の指摘があり下線部を訂正)

出国の目的は、ほとんどタイへの再入国による滞在期間の延長である。タイへのビザなし再入国では、観光目的の場合、陸路では15日間の滞在期間が許可されることになる。

ただし、ミャンマーへの入国時、エントリーパーミッション費と称して500バーツまたは10USDを支払う必要がある。(14日間有効であるが、パスポートを預け、行動範囲が制限されるのでミャンマーの他の都市への移動は不可)

交通費としては、バンコクからはバスで307バーツで約8時間。1泊は必要だが、スコータイに近いので寄ってみるのも良い。

国境の街、メーソートは小さな街で観光の点では特に見るところはない。宿を探す場合、町外れのバスターミナルまで行かず、中心地にあるミニバスの発点である市場付近で途中下車をするのが良い。

国境のイミグレーションへはソンテオ(乗合)が走っており20バーツで行ける。ミャンマーとの国境はモエイ川で隔てられており、橋を歩いて渡りミャンマーへ入る。

タイ側イミグレーションメーソートのタイ側イミグレーション。
メーソートの町からソンテオに乗り、イミグレーションへ行く。約7km。ここで出国手続きを行いモエイ川を歩いて渡る。


モエイ川を渡り国境越えモエイ川の国境を歩いて渡る
イミグレーションで出国手続き後、歩いてモエイ川を渡り、対岸のミャンマーの国境の街ミャワディへ向かう。


ミャンマー側のイミグレーションミャワディのミャンマー側イミグレーション
ミャンマー側イミグレーションで入国手続きを行う。外国人観光客は地元の人とは別の専用窓口があり、英語が通じる。(入国と出国の区別はない)



エントリーパーミッションミャンマー側イミグレーションで渡されるエントリーパーミッション

ミャンマー側イミグレーションで入国手続きを行うと、一時入国許可として500バーツまたは10USDを支払い、パスポートと引き換えに14日有効のエントリーパーミットを渡してくれる。このカードでのミャンマー国内の移動は不可なので、同じエントリーポイントに戻ってくる必要がある。30分の時差があるので、 日帰りで戻る場合は時間に気を付けること。(ミャンマー側イミグレーション:6:00〜16:30)


ミャワディの街は寺院や市場などが並ぶ小さな町で、ミャンマーの雰囲気を味わいながらブラブラして見るのも良い。街ではタイバーツが使えるので両替は不要。

国境の街ミャワディにある寺院国境の街ミャワディにある寺院
ミャワディではタイと違った特徴のあるミャンマー建築様式の寺院が見られる。ブラブラ歩いて2〜3時間もあれば十分見て回れる。
  • この記事が参考になった人(21)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
【関連記事】「メーソートから国境を越えミャンマー・ミャワディへ入る」を読む
コメント
  • 2014年1月現在下記修正願います。

    ×一時入国許可として500バーツまたは10USDを支払い、パスポートと引き換えに14日有効のエントリーパーミットを渡してくれる。

    ○日帰りのみ滞在可能
    (ミャンマー側イミグレーション:6:00〜16:30) Posted by みねなまに 【2014/01/11 15:27:06】
  • 訂正:ミャンマーへの入国許可は日帰りのみだそうです。旅行される方はイミグレーションで各自確認下さい。また、状況により封鎖されることもあるそうですので、事前に最新情報を得るようにされると良いでしょう。 Posted by takashi 【2014/01/15 23:20:32】
  • 本文ではチェンマイに近いのがメーソトになっているが、メーサイの間違いではないですか?

    バンコク近いのがメーソトですよね。 Posted by シンシン 【2014/09/06 16:48:10】
  • ご指摘の通り、間違がありました。バンコクから近いのがメーソートで、チェンマイ、チェンライから近いのはメーサイです。本文も直しておきました。ご指摘どうもありがとうございました。 Posted by takashi 【2014/09/06 18:12:01】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。