1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんのブログ
  4. ポターが生涯で最も愛した場所 ☆ヒルトップ☆

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ポターが生涯で最も愛した場所 ☆ヒルトップ☆

2017/08/17 00:00
ヒルトップ
エリア:
  • ヨーロッパ > イギリス > ウィンダミア[湖水地方]
テーマ:
  • 観光地
  • / 世界遺産
  • / 自然・植物

ピーターラビットの作者べアトリクス・ポターが生涯で最も愛したと言われる場所が湖水地方のヒルトップです。

 

1905年に購入したこの小さなコテージに、彼女はウィリアム・ヒーリスと結婚して引っ越すまで約8年間住み続け、計7冊のピーターラビット・シリーズを執筆しています。後に多くの家屋や農場を所有するポターですが、ヒルトップは、まさに彼女が湖水地方で最初に購入した物件でもありました。

 

 

結婚後に大きな家に移り住んだポターですが、その後もヒルトップはポターの接客や打ち合わせの場所、物語の構想を練るプライベートなスペースとして重要な役割を果たします。

小さいコテージとよく言われますが、本当にとてもとても小さい家なんです。だからこそ、また愛着も湧いたのでしょう。

 

 

こちらはヒルトップに続く小道です。両側は緑に覆われて1人が歩ける程度の狭い道です。

 

 

こちらはヒルトップ内です。ヒルトップは時間指定の入場制限がされており、チケットに記載された時間のみ入場が許されます。(なんせ、とっても狭いですから。。)

 

 

コテージ内はポターが生前使用していたままに広間や寝室、書斎が保存されています。所々には絵本が置かれており、まさにピーターラビットの世界

 

 

 

ヒルトップ敷地内にあるギフトショップです。ピーターラビット関連のグッズが充実していました。

 

 

ヒルトップの前の風景、とってものどかです

ポターが見ていた100年前と全く変わってないのでしょうね。

 

 

物語の中でピーターラビットが手紙を投函する赤い郵便BOX

 

 

それ以外にもヒルトップの近くには、挿絵に描かれた場所がいくつかありますので、訪れた方は是非探してみてください。

  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。