1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
6月<2016年07月>8月
12
345 67 8 9
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

bags
コインロッカーの無いロンドンでの荷物の預け方編
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:旅行準備 その他 
投稿日:2016/07/08 00:00
コメント(0)

日本では駅にコインロッカーがあり、とても便利なのですが、海外ともなると、セキュリティ上の問題で、多くの国でそのようなサービスがございません。

では、荷物を預けたい人は一体どうしているのでしょうか。

ロンドンの場合は、レフトラゲッジセンターと言うものがございます!

今日はその荷物の預け場所の一つ、ビクトリア駅についてご案内したいと思います。

ビクトリア線、ディストリクト線、サークル線があるビクトリア駅は、国鉄とも隣接しており、大変大きな駅になります。

地下鉄の駅からは、National rail行きの看板を目指し地上へ出ます。

地上へ出ますと、大きいWHSmith(コンビニ)が右手に見え、左手には2番線から7番線までの改札口が見えます。

その間をまっすぐ進むと、日本でも有名なクリスピークリームドーナツがあり、先に進みますと突き当たりにLeft Luggageという看板が見えて参ります。

中へ進んで頂くと、入り口が二手に別れており、BAGS INで荷物を預ける手続きがとれます。

(引取りの場合はBAGS OUT)

尚、こちらのレフトラゲッジセンターは、主要な駅・空港にございますので、金額や詳細などはオフィシャルサイトにてご確認下さい。

国鉄8番線の近くにございますので、プラットフォームを目指して向かって見て下さい。

 

またビクトリア駅近くの、ビクトリアコーチステーションにもレフトラゲッジサービスがございます。

コーチステーションは、バッキンガムパレス通りの1つめの角にございます。

荷物をどこに預けたらいいのかわからない方、どうぞご活用下さい!


york
日帰りでヨーク!
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ヨーク
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/07/07 00:00
コメント(0)

イングランドの北部ノース・ヨークシャー州に位置するYORKは、観光地として有名な場所の一つですが、今回はこちらをご紹介したいと思います!

紀元前8000年から7000年前には、今のヨークの場所に人が住んでいたという痕跡があった街は、駅から降りるとロンドンとはまた違った雰囲気に圧倒されます。

York駅を背に左手に進んで頂くと、オウス川が見え、川を渡った右手に観光名所が沢山あります。

(ビジターセンターは橋を渡った2つ目の角にございます。)

 

また、街にはこんなに可愛い石鹸のお店がありました

石鹸の他にもボディークリームなどたくさんありましたので、おみやげにいいかもしれないですね。公式HP

歩いているとたくさんの教会が見え、ちょうど結婚式をあげているカップルがいました♪

 

車もオシャレな感じですよね!

ヨーク市の南部のYork Castle Museumの近くには、Clifford's Towerがあり、有料ですが上から街を見下ろす事ができます。

English Heritageにも登録されている英国遺産となっております。

そして一段と大きなヨーク大聖堂ことYork Minsterは北ヨーロッパではケルン大聖堂に並ぶ最大級の聖堂建築物になるそうです。

また、イングランド国教会ではカンタベリー大主教に次ぐ高位聖職者が管理をしているそうです。

残念ながら、横は改修工事中でしたが、圧巻の大きさです!

街中から見えてくるヨーク・ミンスターは、大きいのが一目瞭然です!

ヨークには沢山の博物館や美術館がございますので、足を運ばれた際は訪れてみては如何でしょうか。

博物館の前にはミュージアム・ガーデンがございますのでゆっくりもできます♪

また街中を歩くと可愛いお店が立ち並んでおり、ショッピングにも最適です!

よくティールームを目にします!

中でもBettys cafe tea roomsは大変人気のお店の一つです。

メインストリート沿いは長蛇の列が出来ておりましたが、Stonegate通りは規模は小さいですが、1階がお土産屋さんで2階がティールームとなっておりますので、穴場かもしれません。

こちらのお店はオリジナルのティーがあり、深みのあるとても美味しい紅茶でした。(なのでお土産も買っちゃいました!)

またクリームティ(スコーン+紅茶またはコーヒー)もあり、クロテッドクリームは、ヨークシャー産のものを使っているそうです。

すべての建築物は徒歩圏内にあり、1日ゆっくり観光しながらヨークを堪能してみては如何でしょうか。

またお時間がありましたら、有名な城壁を歩いてみてはどうでしょうか。

街の周囲には、12世紀から14世紀にかけて築かれたという城壁に取り囲まれているヨークの街は趣があります。

ロンドンまでの電車の中からは、風力発電や、

アーセナルの本拠地エミレーツスタジアムを間近に見ることが出来ます!(進行方向左手)


excursion
アイスランドのレイキャビックから郊外へ!
エリア:
  • ヨーロッパ>アイスランド>ゲイシル
テーマ:観光地 温泉・露天風呂 自然・植物 
投稿日:2016/07/05 00:00
コメント(0)

フランスで始まっているEURO(ユーロ)サッカーの大会で、初出場でイングランドを破り、盛り上がっているアイスランドについてのブログをまたご紹介♪

今回は自然豊かなアイスランドを満喫したいと思います! 

ゴールデンサークルと言われるアイスランド南西部のエリアになり、国立公園や間欠泉、滝を見るツアーでした♪

指定ホテルであれば、送迎が無料で付いておりますので、小型車でピックアップしてもらい、バスターミナルで出発時間まで時間が過ごせます。

バスターミナルには、小さなお店やスーパーが隣接しておりますので、時間に余裕がありましたら、何かご購入頂いてもいいかもしれません!

ターミナルから出発する事、数十分でまだ雪が残っている場所へ移動し、写真右下のパイプは温泉を運んでいるとか。

そして道中には素敵な湖がバスから見ることが出来ます♪(この景色を見るなら進行方向右側へ座ることをお勧めします!)

そしてシンクヴェトリル国立公園へ立ち寄りました。

ここのセンターにはかわいいお土産屋さんもありました♪

(ちなみにところどころトイレは有料になりますので小銭を持って行った方がいいかもしれません。)

壮大な景色に圧倒されますね!

そしてアイスランドの国旗や、かわいい木などあり、写真に収めたいものが沢山あります!

そしてアイスランドで最も有名な滝と言っても過言ではない、グトルフォスの滝!!

晴れてる時には虹が見えることもあり、絶景です!

冬場以外は滝の近くまで行けるので、寒くても行ってみる価値ありです!

その次に向かったのは、ゲイシール間欠泉♥

硫黄の匂いがちょこっとする場所は、100度近くのお湯が出てくる場所なので、触るのは厳禁です!

水が地熱により熱せられて沸騰し、蒸気圧がかかって噴き上っているそうです。

勢いがある時と、無い時があるので、辛抱強くお待ち下さい!笑

また間欠泉の近くにはこんなに可愛いお土産屋さんもあるので、要チェックです。

大自然に囲まれたゴールデンサークルを回る旅は、アイスランドで外すことの出来ない観光地となっております。

帰りも大自然を背に、レイキャビックへ戻りました♪


1 - 3件目まで(3件中)