1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. みゅうロンドンさん

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
7月<2020年8月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(175件中)

NoPhoto
あの名曲がここで生まれた?/ THE CHAMPION / Notting Hill Gate
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2020/02/12 00:00
コメント(0)
ケンジントン宮殿にもほど近いNotting Hill Gate地下鉄駅周辺を少し離れた落ち着いた街角にさりげなくたたずむパブがあります。
 
パブの前におかれたボードには自信たっぷりと'Finest Fish & Chips in Notting Hill Gate'の文字がおどります。
 
 
その名も「THE CHAMPION」実は英国ロック、ポップミュージックファンには知る人ぞ知る聖地です!
70年代後半、パンクムーブメント真っ盛りの頃、「ロンドン、、、」の名を関した大ヒット曲をもつあのバンドや、昨年映画が公開され改めて大注目を浴びたあのバンド、シンガーもかつてこのパブの常連でした。
 
 
 
地元っ子でにぎわうこじんまりしたパブのインテリア、
ふらっと訪れてもすぐにとけこめてしまう居心地の良さ、何度でも通いたくなります!
 
 
そして地階にはこのパブをパブたらしめる、かのミュージシャンの大ファンには見逃せないコーナーが。。。
その名もずばり、'MERCURY LOUNGE' !!
かつてのメンバーのグループショット、そして、、、
 
 
 
コンサートのエンディングでファンの大合唱を常に呼んだこの曲のスコアが。。。そのスコアのかけられた横の壁には
’かのシンガーはこの名曲をまさにこのラウンジで書き、このパブの名にちなんでタイトルをつけた’との誇らしいボードが。。。(ホントか??)
 
写真を撮るときにちょっとだけ楽しんでた会話を邪魔してしまったおしゃべりを楽しんでた女性たちも理由を話したら、
「全然気にしないで、彼と彼らの楽曲は私たちの誇りよ!、好きなだけお撮りなさいな!」ととてもフレンドリー、
 
 
 
 
 
パイントが進むごとに彼らの数々の名曲が、特に「この曲」が頭の中をループします!
ちょっと新鮮な空気が恋しくなったらパディオというか、バックヤードで一呼吸。
かつてのビッグネームたちもここでたばことともに会話を楽しんだのでしょうか?
 
 
 
 
最後に、、  'Finest Fish & Chips in Notting Hill Gate'、誇らしく掲げるだけあって、パイントのお供のチップス、そうですね、 個人的には 5点中4.7の高評価(独断と偏見。。)!
 
ロンドン市内には、ある大好きなレストランで4.85(あくまで独断と偏見 笑)があるので2番手ですが 笑、
きさくなパブであることを考えるとかーなりの高クオリティ!
カリッ、サクッ、フワッ、そしてあつあつ、4拍子のバランス絶妙でした。
(飲み専なのでフィッシュまでは手が届かず、、、ごめんなさい、次回!!)
 
 
やはりロンドンはやみつきになったら離れられなくなる不思議な魅力にあふれた街、ロンドン愛がますますとまらなくなります!
 
 
 
(TT)

NoPhoto
【ネタバレ注意!?】徹底解説!! ワーナーブラザーズ・スタジオ 
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 観光地 テーマパーク 
投稿日:2020/02/11 00:00
コメント(0)

2019年に大きな改修工事をしていた、ワーナーブラザーズ・スタジオ。(昨年も紹介いたしましたが、)新しくなったスタジオをもっともっと詳しくご紹介いたします!!ネタバレ注意です

 

 

スタッフにチケットを提示して、建物内に入りセキュリティーチェックを受けます。

 

「DEGITAL GUIDE」受付では、4.95ポンドでオーディオガイドを借りることができます。


日本語での展示品の解説のほかに、映画の製作秘話やスタッフのインタビュー映像、当時の貴重な写真などなどがみれるので、ぜひ借りることをおすすめします!!!

荷物預かり所「CLOAKROOM」もありますよ。

 

 

オーディオを借りて荷物も預けて、準備万端!早速新しくなったエントランスを通って中に入りましょう!!

 

まず出迎えてくれるのは大きなドラゴン。迫力ありますね(^^)

 

 

カフェ・レストランは、大きく広々と大変身!テーブル数やメニューが増えていてびっくりしました(笑)

ツアーの開始時間によっては、しっかり腹ごしらえをして挑むのもありですね! ↓は英国料理ソーセージ&マッシュです。

 

ソフトクリームにはロンの好物カエルチョコがくっついてきますよ。

 

 

 

 

ツアーはここからスタートします。

スタジオ内にいるスタッフはどんなことでも知っているそう。気になることがあったら質問してみてください。詳しく解説するよ!と言っていました♪

 

意地悪なダーズリー家やハリーの部屋を覗きながら進んでいきます。

 

まず最初は食堂「The Great Hall」です。

 

 

次は実際に使われた衣装や小道具、校長室やグリフィンドール寮のセットが展示されている「Interior Sets」コーナー。

撮影に使われた子供たちのベッドは、シリーズ1作目から変わっていないため、成長したハリー達は小さく体を曲げて撮影していたって知っていました?!オーディオガイドではこんな裏話も聞けますよ☆

 

 

こちらはグリーンバックで合成写真が撮れる記念撮影コーナー。

スタジオでは至る所にこういった撮影コーナーがありますが、魔法のほうきにまたがって飛んでいる様子が撮れるこちらは、一番人気でいつも長蛇の列ができています。

 

 

特殊映像の秘密が知れるコーナーでは、とても興味深い解説や映像があり、個人的にはとっても面白くて結構好きでした!

 

 

「FORBIDDEN FOREST(禁じられた森)」のセットは2017年に開設されたエリアです。1作目の賢者の石では、ロケ撮影とスタジオ撮影でしたが、秘密の部屋からはスタジオのセット撮影となり、シリーズが進むにつれて進化を遂げていったセットに興奮すること間違いなし!!

巨大なクモのアラゴグもたくさんいました・・・。

 

 

禁じられた森を出たところにまず最初のギフトショップがあります。

後で買お〜と思っていても、エントランスにある大きいショップでは売っていない物もあるので、見つけたときに買うといいです!

 

さて禁じられた森を抜けると、超有名シーンの一つ「プラットフォーム9 3/4番線」エリアに入ります。

このエリアでは、プラットフォーム9番と10番の間の壁を通り抜けるシーンがあったり、ホグワーツエクスプレスとその車内、ここでしか買えないギフトショップ、合成写真の撮影ポイントがあります。

 

 

 

そろそろ、いっぱい歩いて疲れてきたころではないですか?

大きく2つに分かれているスタジオですが、その中間にフードコート「Backlot Cafe」があります。ここで、あの有名な「バタービール」が飲めますよ〜!

飲み終わったバタービールのコップは、近くにある洗い場で洗って持って帰ることができます。プラスチックなので安心?(笑)

 

そして外のエリア「The Backlot」では、シリーズ3作目「ハリーポッターとアズカバンの囚人」で出てくる3階建ての「Knight Bus」や

ハリー宛に届いた大量の手紙たち(ダーズリー家のリビング)

そしてホグワーツ魔法学校の廊下「Hogwarts Bridge」があります。

 

さて、外のエリアを堪能しましたら建物内に入り、次は「Creature Effects」「Art Department」です。

 

ここでは動く小道具の展示や制作秘話、ゴブリンの特殊メイクが成されていく行程、映画の中で出てくる建物の設計図やモデルなどがご覧いただけます。

 

どのような過程をたどって、映画の中の世界が出来上がっていったのか、詳しい解説や動画がたくさんあり、ハリポタファンのみならず、多くの方の足を止めていたエリアです。

 

続きまして「Diagon Alleyダイアゴン横丁」です!

オリバンダーの店や、いたずら専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ、ふくろう百貨店などなど。劇中に出てくる重要なお店だけでなく、そうでないお店も、細かい装飾がなされていて、製作スタッフの強いこだわりがものすごく感じられるエリアです。

 

 

 

 さて!いよいよお待ちかね「グリンゴッツ魔法銀行」です!

こちらは2019年にオープンした新エリアで、スタジオの中でも一番煌びやかで豪華なセットなのではないでしょうか。

 

グリンゴッツの銀行員で優秀な宝の番人ゴブリンもいました。

ハリー、ロン、ハーマイオニーが侵入し、分霊箱を盗み出しすシーンを再現したセットでは、撮影をする上で大変だったことなど苦労話を聞くことができます。こういった裏話を踏まえてもう一度観ると面白いと思います!

 

そして、金庫を守っていたドラゴンをハリー達が解放し、銀行を崩壊していったシーンはなんと3Dで体験できます。迫力満点のここはぜひ動画を撮ってほしいところです!

 

 

そして最後はホグワーツ魔法学校が展示されている「Model room」

ハリーポッターの新作が発表されるたびに明らかになる魔法学校の詳細を、多くの職人が長い時間をかけて修正してできたのが現在の魔法学校。じっくり見れば見るほど、その細かい造りに感動します。

(*冬季は「HOGWARTS IN THE SNOW」として、雪がかかった特別バージョンを観ることができます。)

 

 

Model roomでツアーが終了となり、エントランス近くの新しくなった大きいギフトショップに出てきます。

壁一面に積まれた杖や映画に出てくる不思議な?スイーツ、マントやセーターなどの洋服、レゴ、書籍やアクセサリーなどなど!!

 

ここでしか買えない商品がいっぱいあるので、ぜひゆっくり見て回ってください(^^)?

 

 


NoPhoto
行くなら今のうち!?ナショナルポートレートギャラリーが休館します・・・
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2020/02/10 00:00
コメント(0)

トラファルガースクエアの前、ナショナルギャラリーのお隣にある、肖像画をテーマにしたロンドンの人気博物館の一つ、ナショナル・ポートレート・ギャラリー

 

このギャラリーが大規模な改修工事のため、2020年6月29日から2023年の春までの3年間クローズすることが昨年11月ごろに発表されました。

 

2020年5月ごろから徐々に展示品が外されていく予定だそうで、現在展示されている300以上の作品は、お隣ナショナルギャラリーやグリニッジのロイヤルミュージアムなど、イギリス各地のギャラリーで展示されます。

 

それでは、新しく何が変わるのでしょうか・・・

レスタースクエアに近い北正面の新エントランス、1896年の創業時から一般には公開されていなかった東ウィングの一般公開、そして新しいギャラリースペースの導入など、幅広くリノベーションされる予定です。

 

また、この修復工事期間、ギャラリーは完全に閉まってしまうので、ギフトショップやカフェ・レストランも閉まってしまいます。(*オンラインでのショップは引続き利用できるみたいです?)

 

 

2020年6月までにイギリスへいらっしゃる方!!ギャラリーが休館してしまう前に是非足を運んでみてください♪♪

 

※詳細はHPをご確認ください。⇒https://www.npg.org.uk/whatson/news2/inspiring-people

 

 


NoPhoto
ロンドン新観光スポット!スカイガーデンをご存知ですか??
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2020/02/07 00:00
コメント(0)

ロンドンの金融関係のビルが多く立ち並ぶシティ。

 

セントポール大聖堂のドームがどこからでも見られるようにと、景観規制がされているおかげで、近年建てられたビルはちょっと変わった形をしているものが多いです。

 

その一つが「20フェンチャーチ・ストリート」

遠くからでも分かる、そのちょっと変わった見た目から「ウォーキー・トーキー(トランシーバー)」の愛称を持っています。

 

その総合ビルの35階にある展望台「スカイガーデン」が今めちゃくちゃ熱いんです!!

 

 

「何が?」と聞かれてまず言えるのが「無料」ということ。

ロンドンの街並みを高いところから見渡せるところといえば大観覧車ロンドン・アイやシャードなどがロンドン中心部にありますが、ここは残念ながら有料・・・。

 

そして人気の理由はまだあります!

ロンドンを一望できる360度ガラス張りの展望台はヨーロッパ最大級。

ロンドン一高いところにある空中庭園、夜には大人だけのロマンチックなデートスポットなどなど、、、

 

 

入場は無料ですが、オンライン(公式サイト)での事前予約が必要です。予約はだいたい3週間前から開始。日にちが近くなると予約いっぱいで取れないこともしばしば・・・。

予定が決まったら早めにブックしましょう!

 

 

一階のスカイガーデン用の受付でチケットの確認と手荷物のセキュリティ検査を受けます。

 

 

高速エレベーターで一気に35階まで上がり、エレベーターホールを抜けると一気に広がる、開放感ある展望台!

 

 

昼間はテラスに出ることもできるので、普段は見れない上空からのテムズ川やタワーブリッジ、セントポール大聖堂に大興奮!!

 

 

35階より上へ行くには階段になりますが、温室ならではの南国植物を横目にさらに上階へと向かうと、スカイガーデンとはまた別の変わった形のビル群を眺めることができます。

 

 

 

またレストランやカフェもあります。開放感あふれ、南国の風(?)を感じながら過ごすひと時はさぞ素敵な思い出になるでしょう?

 

まだあまり日本人には知られていませんが、ロンドナーをはじめ、無料の新観光スポットとして外国人にも大人気です。

 

 

 

 ㊙情報!!

(できるならした方がいいですが)事前に予約しなくても無料で入場できるウォークイン・アワーズ(Walk in hours)もあります。(*その日の混雑状況によって入場できないことがあります。)

月-金 10.00-11.30 / 14.00-16.30

月-金 7:00-10:00 / 18:15-(Sky Pod Bar)

土  8:00-11:00 / 21:15-00:45

日 8:00-11:00 / 21:15pm-22:30

 


NoPhoto
ロンドンに来たらまずはここ!おすすめ10選!
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2020/02/06 00:00
コメント(0)

ロンドンにはたくさんの観光スポットがあり、なかなかすべてを見て回ることはできないかもしれません…

ここでは、是非一度は訪れたい、まず行っとけば間違いなし!のイギリス・ロンドン観光地をご紹介いたします♪

イギリス旅行の計画の参考にどうぞ★☆★

 

※2020年度1月現在の情報です。

※営業時間などは青字部分のリンクからオフィシャル情報をご確認ください。

ウェストミンスター周辺

1、国会議事堂(Houses of Parliament)/ ウェストミンスター宮殿(The Palace of Westminster)

ツアーでのみ見学が可能な、イギリス議会制の歴史や伝統などに触れることができる国会議事堂。エリザベス・タワー(通称ビッグベン)は2021年まで修復工事が行われていますが、逆に足場の組まれたビッグベンもなかなか見られないから、ある意味、貴重な体験になるかも…?!!

 

 

2、ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)

ウェストミンスター寺院は、歴代の英国王がの戴冠式やロイヤルファミリーの結婚式が行わる、英国で最も重要な教会の一つです。寺院と宮殿をあわせたエリア全体が世界遺産に登録されているので、ロンドンに来たらマストで訪れるスポットです!!

 

 

3、ロンドン・アイ(Coca-Cola London Eye)

高さ135mあるヨーロッパ最大の観覧車は、日本のそれとはまた一味違います!1つのカプセルに25人が入り、30分かけて一周。ロンドンの有名な観光名所を一度に一望できる、ロンドンの人気の観光スポットです。

 

 

4、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

 

宮殿内の見学は、女王がスコットランドを訪問する夏の期間のみ一般公開されるので、夏にイギリス旅行を計画されている方はこの機会を逃してはいけません!この写真は普段見ることのできない宮殿の裏側です。また、宮殿前で行われる衛兵交代はロンドンで最も有名なアトラクションの一つ(無料)となっています。



 

シティー周辺

5、ロンドン塔(Tower of London)

正式名称は「女王陛下の宮殿にして要塞」 世界一怖い(?)世界遺産としても有名です。長い歴史の中で、国王が居住する宮殿、造幣所や天文台、王立動物園、そして高貴な身分の人の幽閉所、死刑所と多目的に使用されてきたロンドン塔。血なまぐさいイギリスの歴史を感じることができます。

 

 

6、セントポール大聖堂(St Paul’s Cathedral)

「セントポール大聖堂といえば」の特徴的な均整の取れた美しいドームは、バチカン市国に次ぐ世界で2番目の大きさだそう。王室とのつながりも強く、荘厳な伝統行事や国家的、国民的象徴としての重みがある、イギリスが世界に誇る大聖堂です。

 

 

7、シャード(The Shard)

 

2013年に完成したロンドンの最新スポット!310mの超高層ビルはヨーロッパでも最高峰で、69階と72階にある展望台からの眺めは圧巻です。シャードのアフタヌーンティーやディナーでちょっと特別な旅行にしませんか?

 

 

その他

8、シャーロックホームズ博物館(The Sherlock Holmes Museum)

その名を知らない人などいない、超有名な探偵「シャーロックホームズ」の美術館が、21B Baker Streetにあります。小説の中で出てくるシーンが再現された展示や映画・ドラマで使用された小道具の数々に、興奮すること間違いなしの、子供から大人まで楽しめる人気博物館です。

 

9、グリニッジ天文台(Royal Observatory)

グリニッジは小学校の社会でも習う「世界標準時の軸」です。経度0度のグリニッジ天文台にある本初子午線をまたげば、片足は東半球、片足は西半球にあるという、面白い写真が撮れちゃいます!

 

10、ウィンブルドン・ローン・テニス博物館(Wimbledon Lawn Tennis Museum)

テニスの聖地ウィンブルドンはロンドンの西南部に位置し、少しロンドン市内から遠いですが、最新技術を駆使した様々な展示で、テニスの歴史や道具・衣装の変化などを学べるので、テニスファンには外せないスポットです。

 

いかがでしたか?

 

まだまだイギリス、ロンドンでは外せないに人気スポットがたくさんあります。今回は”THE”な観光地でしたが、コアな穴場スポットもこれから紹介していきたいと思います〜★

 


1 - 5件目まで(175件中)


国一覧
ヨーロッパ
イギリス(162)
アイスランド(10)
リトアニア(3)
フランス(1)
ラトビア(1)