1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ
  4. みゅうロンドンさん グルメの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(40件中)

pieMash
【パブ】ショッピングの際に便利 - Bonds
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2018/12/29 00:00
コメント(0)

クリスマスが過ぎ、街は年末年始のセールで大賑わい!

皆さん、ショッピングは好きですか?

 

ロンドンの有名ショッピングストリートといえば「Oxford Street」ですが、そこから1本南に入る「New Bond Street」といえば『超高級ブランド』の立ち並ぶオシャレ通りです。

 

ショッピングって疲れますよね。

で、そのちょっと疲れた時、のどが渇いた時、小腹が空いた時など、休憩したい際にもってこいなパブがこちら。

 

Bonds (ボンズ)

New Bond Streetから1本入ってほんの20mにあるパブ。
外観からすると、きれいなレストランぽいですが、普通に中はパブですので、着飾っていかなくて大丈夫です。

 

内装の写真を・・・

と思って撮ったのですが、この日はフットボールがやっていたので、ファンの方々でパブは大賑わい!

内装が全然わかりませんね。

ちょっぴりシャビーシックを思わせるようなコンテンポラリーな内装で、ソファー席もあるので、カフェ的に使ってくつろぐこともできます。

 

お腹が空いたので、ご飯を食べてみました。

たら〜〜〜ぁぁん!

イギリス名物「パイ&マッシュ (Pie & Mash)」!

 

中はこんな感じ。

濃い色をしたビール「エール(Ale)」で煮込んだビーフとマッシュルームが入っております。

奥の小さな器に入っていた「グレービー(Gravy)」をパイやマッシュポテトにかけていただきます!

 

 

ここのパブは、クラフトビールも美味しいので、奥様のショッピングを待っている旦那様たちにもおすすめです!

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

Bonds
11-16 Dering Street, London, W1S 1AR

営業時間
月: 10:00 - 23:00
火: 10:00 - 23:00
水: 10:00 - 23:00
木: 10:00 - 00:00
金: 10:00 - 00:30
土: 12:00 - 00:30
日: 12:00 - 23:00

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦


minories
【パブ】ロンドン塔のすぐ近く-The Minories
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2018/12/22 00:00
コメント(0)

今日のご飯なんにしよ〜???

 

旅先じゃなくても、この問いかけ毎日やってますよね。

 

「せっかくイギリスに来たならイギリス料理がいいなぁー」という時の強い味方「パブ (Pub)」。

 

今日は、ロンドン塔やタワーブリッジの観光の際に便利なパブをご紹介します。

 

The Minories (ザ・ミノリーズ)

 

地下鉄の「Tower Hill」駅から徒歩2分。

ナショナル・レールの「Fenchurch Street」駅から徒歩5分。(*出口によりますが・・・)

DLRの「Tower Gateway」駅からならなんと30秒!

奥のナショナル・レールの線路の高架の下にあります。

 

中はとても広く、ゆったりしています。

高架の下だなとわかる、アーチ型の天井もオシャレ。

 

 

バーカウンターの奥にビールの「タンク」発見!

MEANTIME (ミーンタイム)」というグリニッジにある醸造所のビールです。

生粋のロンドンのビールですよ!

 

ちなみに、「meantime」の意味ですが、この書き方だと「〜をしてる間の時間」を意味しますが、「Greenwich Mean Time」で「グリニッジ標準時間」。グリニッジの醸造所なので、世界の時間の基準となるグリニッジにちなんで、少しひねった名前ですね。

 

横の壁に説明書きが・・・

「熟成→配達→醸造所でできたてホヤホヤ状態でタンクへ→そのままグラスへ」

要は、「出来たてで美味しい」って事ですね。

 

 

 で、先程のタンクから伸びるパイプをたどっていくと・・・

本当ですね。

タップにそのままつながってます!

ぜひ、ご賞味あれ!

 

さて、話題がそれてしまったので、元に戻して「ごはん」。

 

イギリス料理、やっぱり有名で、かつ、お手頃といえば、こちら(↓) 

 Fish & Chips (フィッシュ・アンド・チップス)

お魚がお皿の外にはみ出すほど大きい!!

衣がサクサク、中のお魚はふわふわで絶妙な揚げ加減!

 

一緒に付いてるタルタルソースで頂くのももちろん美味しいですが、テーブルに用意されている、塩と酢でイギリス流で食べるのも是非試してみて下さい。

お酢は、匂いは少しきついと思う方もいるかもしれませんが、Malt Vinegar (モルト・ビネガー)食べてみると味は結構まろやか。

気に入った方は、ポテトチップスでも定番の味「ソルト・アンド・ビネガー (Salt & Vinegar)」として売ってるのでおみやげにどうぞ。

 

ちなみに、こちらのパブではりんごのお酒「サイダー (Cider)」で有名な「ASPALL (アスポール)」社のちょっと良いお酢ですよ!

 

何故かパブの中に、教会にある懺悔部屋がありました。

パブの名前(とこのパブの前の道の名前)「Minories」は、おそらく昔のこの辺りの教区の名前「Holy Trinity Minories」から取られたのだと思われます。だから、教会にちなんだ懺悔部屋があるのでしょうか?

 

パブによって、インテリアがいろいろ面白いのでぜひいろんなパブを巡ってみて下さい!

 

The Minories
64–73 Minories, London EC3N 1JL

 

 


MulledWine
【季節のドリンク】クリスマスに飲むものといえば・・・
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/12/18 00:00
コメント(0)

いよいよクリスマスまであと1週間!

イギリスでは、プレゼントを送り合うので、みんな、必死にショッピングしており、有給とって買い物に行く人もいるとか!

 

さて、クリスマスを感じさせる飲み物ってみなさんなんでしょう?

ヨーロッパではたいていこれじゃないでしょうか。

 

Mulled Wine
(マルド・ワイン)

 

「なんだそりゃ?」と思った方、ドイツ語で「グリューワイン」やフランス語の「ヴァン・ショー」、もしくは、「ホットワイン」なら聞いたことがありますか?

 

そうです。スパイスなどを入れて温めた赤ワインです。

 

主な材料は、シナモン、クローブ、スターアニス、砂糖、オレンジやレモンなどシトラスの皮など。

 

これらを赤ワインに入れて、弱火で10分位温めて火からおろして、一旦冷ましつつ、スパイスなどの香りをワインにうつします。飲む前にまたゆっくりと温め直して飲みます。

 

入れる材料は、いろんなレシピがあるので、各自アレンジしまくって大丈夫です。

 

赤ワインだけじゃなく、サイダー(Cider)なんかでやることもあります。

 

(Dering Streetにある『Bonds』というパブのMulled Wine。かわいい「キャンディーケイン(Candy Cane)」付き!)

 

クリスマスマーケットはもちろんのこと、パブでも出しているところが多くありますので、お試しあれ!

 

 


Reykavik
レイキャビック!世界一、宇宙一美味しいホットドッグ バイヤリン ベスタ ピルスル
エリア:
  • ヨーロッパ>アイスランド>レイキャビック
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2018/11/20 00:00
コメント(0)

お隣りアイスランドで有名な

世界一、宇宙一美味しいホットドッグを食べてきました☆

 

その名も!

「Bæjarins Beztu Pylsur」

…読めません

 

「バイヤリン ベスタ ピルスル」と読むみたい

 

この時は既に夜中の2時のため数人しか並んで居ませんでしたが、通常お昼ごろには長蛇の列らしいです(????????)!!!

 

さて、ついに注文

全部トッピングか?と聞かれるのでYES!と答えるのをおすすめします

 

美味しかったです☆☆

何がそんなに人気の秘密なのか!?個人的な見解は

?ここに隠れて見えないフライドオニオンがソーセージの下に!

?さらに生の玉ねぎもソーセージの下に!

?マスタードソースが少し甘くて知っているマスタードと違う!

?レイキャビックの物価から考えるととっても安い!

 

レイキャビックはロンドンと比べてもかなり物価が高く感じます。そんな中でこのホットドッグは450円くらいとかなりお値打ち。 そして美味しい。

※ただ外が寒すぎてすぐ冷たくなってしまうのでお早めに食べてください

 

期待したより美味しくなかったという声もあるようですが、旅の思い出にいかがでしょうか?


SQUERRYES(スクエリーズ)ワイナ
人気の英国産ワイン SQUERRYES(スクエリーズ)ワイナリーを訪問
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>イギリスその他の都市
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2018/11/18 22:52
コメント(0)

2000年以降、年を追うごとにその人気が高まっているイギリス産ワイン

一説には、地球温暖化の影響により、イギリスは現在、大変ワイン造りに適した気候になってきているとか。もともとシャンパーニュ地方と似ているチョーク質の土壌である南イングランドのワイン畑は、特に近年注目されています。

 

 

また、ここもイギリス人気質なのか、どこのワイナリーも大量生産を好まず、少人数経営が中心。品種を絞り込み、良質のワインにこだわります!(イギリスらしい!?)


現在、最も国内で生産数が多いのは、数々の賞を受賞しているスパークリング・ワインで、全体の約6割を占めるそうです。白ワインが約3割、そして赤とロゼが約1割だとか?

 

 

さてさて、そんなワイン業界の話題を集めるイギリスですが、今回は、ケント州にあるワイナリー「SQUERRYES(スクエリーズ)」をご紹介します?

 

 

南イングランドの丘に、2つに分かれた総面積約2500エーカーのワイン畑があります☆

 

 

こちらはワイナリー内にあるテイスティング・ルームです。最近作られただけあって、新しくとってもモダン。

 

 

さあ、テイスティングのお時間です!

GMのジェームズさんのお話を聞くと、ワイン造りには、かなりのこだわりを感じます。「スパークリング・ワインが自慢だよ。フランスのシャンパンとは全く違う味わいだから、是非トライしてみて。」と言われ、ごくごく。。一緒に来ていたソムリエガイドは、やはりスパークリングを絶賛!

ソムリエガイドとジェームズさんは、その後かなり高度な話を。。(私ももっとワインを勉強しよう?

 

 

こちらはワイナリー内のショップです。

ここは、ワインだけでなくクラフトビールも造っていますので、ビール好きにも嬉しい!

 

 

別棟には、地元の食材を売っているショップもありました。

イギリスの新しい楽しみ方のひとつ「ワイナリー巡り」

いいかも?


1 - 5件目まで(40件中)