1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. フィリピン
  5. セブ
  6. 買物・土産
  7. セブでショートステイ(その9)・・・ショッピング

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
個人旅行ブログサイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

セブでショートステイ(その9)・・・ショッピング

2011/02/13 12:11
ワインはやっぱり食卓に必要
エリア:
  • アジア > フィリピン > セブ
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 観光地
  • / 留学・長期滞在
セブではショッピングセンターが数箇所ある。ブランド品等を扱う高級店があるのはアヤラショッピングセンター。お金持ちが買物に出かけるところである。一般的に人気のあるのはSMショッピングモール。
SMショッピングモール

一方、我々はオスメニアサークル近くのロビンソンプレースの百貨店、スーパーにてよく買物をした。

いずれのスーパーマーケットにも日本食材のコーナーがあり、日本で販売されている調味料から食材までほとんど手に入る。(値段は日本と比べ少し高い)

肉は日本のように冷凍品、輸入品ではなく、地もとで処理された新鮮な豚肉、鶏肉等が手に入る。全て秤売りで販売され、自分で好きな分量を取り、計量して値段をつけてもらう。
さかなも同様地元で取れた新鮮なものが手に入る。
新鮮なイカを買う

また、注目するのは、マンゴー、パパイヤ等の果物が安い。食後のデザートにはアイスクリームとともに非常に重宝した。
マンゴーが安い

夕食に欠かせないのがビール。フィリピンではサンミゲルビールが人気。サンミゲルにも数種類のビールがあり、Pilson,Light,Dry,premiumなど値段はPilsonが安くて28.5PHP(約57円)である。

また、ワインはフィリピンでは生産されていないが、イタリー、スペイン、USA、チリ等から輸入されている。値段も安いものでは150PHP(約300円)ぐらいからあり、機会を見つけてはワインショップに足を運び、すっかり常連客になっていた。
ワインショップ

セブでのショートステイでは、食生活は重要な意味を持ち、我々のように自炊をしている者にとって、新鮮な食材を手頃な価格で入手出来、美味しい食事がとれることは生活を快適にしてくれる。

一方、土産物はSMモールのKultureと言う店にフィリピンの特産物が何でも揃っている。地元の人は高いと言って買いに来る人はいないそうだが、観光客にはショッピングしやすい。
安い店は、シティホール近くの土産物売りの店が並んでいるところがある。ここは自分で作ったものを直接販売しているので先ほどの店の5分の1ほどで買える。
ドライマンゴーは人気の土産品、どこのスーパーでも扱っている。値段もほぼ同じで200gで100PHP程度。お土産にいっぱい買って帰ろう。
ドライマンゴー
  • この記事が参考になった人(7)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。