1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんのブログ
  4. セブでショートステイ(その13)・・・ボホール島のメガネザル(ターシア)

  海外エリア: アジア > フィリピン の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
11月<2019年12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

セブでショートステイ(その13)・・・ボホール島のメガネザル(ターシア)

2011/02/25 23:09
愛嬌のあるターシア
エリア:
  • アジア > フィリピン > ボホール島
テーマ:
  • 観光地
  • / ビーチ・島
  • / 動物
ボホール島と言えば、そうターシア。あの可愛い小さな動物。
可愛いターシア

ボホール島はセブからフェリーに乗って2時間ほどで行ける。チケットは事前に往復で購入しておいたほうが良いと思われる。往復で一人850PHP(約1700円)
ボホールはフェリーで2時間

ターシアはボホール以外の島にもいるらしいが、ボホールのターシアが有名。
ターシアを見物出来るところは、至るところにある。と言うのもターシアは誰でも飼うことが出来る。そのため、観光用にターシアを見せて土産物を販売している店があちらこちらにある。

ターシアはこんなに小さい。
実はこんなに小さい

ところが、尾っぽはとても長い。
尾っぽはとても長い

ターシアは夜行性の動物で、昼間は眠っているらしい。ところが観光客に起こされてしかたなくおおきな目を開けている。でも、実は大変眠ーい!
眠くなると変な顔になります。
夜行性のため昼間は眠い

ここは19匹のターシアがいるそうだが、木の中のターシアを見つけるのは中々困難。でもずっと見ていても飽きないターシア。
いつまでも見続けても飽きないターシア
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
エンジョイアジアの旅・・・中国・東南アジアへの個人旅行
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。