1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ
  4. みゅうロンドンさん 観光地の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

16 - 20件目まで(93件中)

SQUERRYES(スクエリーズ)ワイナ
人気の英国産ワイン SQUERRYES(スクエリーズ)ワイナリーを訪問
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>イギリスその他の都市
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2018/11/18 22:52
コメント(0)

2000年以降、年を追うごとにその人気が高まっているイギリス産ワイン

一説には、地球温暖化の影響により、イギリスは現在、大変ワイン造りに適した気候になってきているとか。もともとシャンパーニュ地方と似ているチョーク質の土壌である南イングランドのワイン畑は、特に近年注目されています。

 

 

また、ここもイギリス人気質なのか、どこのワイナリーも大量生産を好まず、少人数経営が中心。品種を絞り込み、良質のワインにこだわります!(イギリスらしい!?)


現在、最も国内で生産数が多いのは、数々の賞を受賞しているスパークリング・ワインで、全体の約6割を占めるそうです。白ワインが約3割、そして赤とロゼが約1割だとか?

 

 

さてさて、そんなワイン業界の話題を集めるイギリスですが、今回は、ケント州にあるワイナリー「SQUERRYES(スクエリーズ)」をご紹介します?

 

 

南イングランドの丘に、2つに分かれた総面積約2500エーカーのワイン畑があります☆

 

 

こちらはワイナリー内にあるテイスティング・ルームです。最近作られただけあって、新しくとってもモダン。

 

 

さあ、テイスティングのお時間です!

GMのジェームズさんのお話を聞くと、ワイン造りには、かなりのこだわりを感じます。「スパークリング・ワインが自慢だよ。フランスのシャンパンとは全く違う味わいだから、是非トライしてみて。」と言われ、ごくごく。。一緒に来ていたソムリエガイドは、やはりスパークリングを絶賛!

ソムリエガイドとジェームズさんは、その後かなり高度な話を。。(私ももっとワインを勉強しよう?

 

 

こちらはワイナリー内のショップです。

ここは、ワインだけでなくクラフトビールも造っていますので、ビール好きにも嬉しい!

 

 

別棟には、地元の食材を売っているショップもありました。

イギリスの新しい楽しみ方のひとつ「ワイナリー巡り」

いいかも?


Changing
2018年11月のバッキンガム宮殿☆衛兵交替式の予定
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 お祭り・イベント 鑑賞・観戦 
投稿日:2018/10/26 00:00
コメント(0)

 

2018年11月の衛兵交代式の予定です

11月からはもう冬季シーズン。お店や観光地など営業時間が変わっている事があるので要注意です!

 

11月のバッキンガム宮殿衛兵交代式は月・水・金・日曜日

11:00から行われる予定です(凡そ45分)

 

11月 2, 4, 5, 7, 9, 12, 14, 16, 18, 19, 21, 23, 25, 26, 28, 30

※11月11日は市内イベントのためセレモニーはありません。


<スケジュールは予告なく変更される可能性があります>
 
 

Hilltop
日帰り!湖水地方の旅☆ヒルトップ農場の中を見学☆その3
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>湖水地方
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2018/09/26 00:00
コメント(0)

 

ポターさんが住んでいたというヒルトップは、住んでいた時と同じようにいろいろな内装がそのままにされています。

小さなお家ですので、1度に入られる人数が決まっています。

自身の予約時間まで庭を見たりして、ついに中へ!

 

落ち着く書斎や、部屋には皿、人形、本などポターさんが集めたであろうものが未だにそのまま残っていました。

 

家の中のあちらこちらに本の挿絵部分の絵が置いてありました☆

この挿絵の中の風景などはこの家の中であったことが分かります。

 

室内の電気がついておらず薄暗い写真になってしまいました(T_T)

 

可愛らしいお家と、ところどころ見えるピーターラビットの世界がファンの方にはたまらないかと思います

 

ーーーーーー*

♥最後に耳寄り情報

このヒルトップにあるギフトショップでピーターラビットの絵本を買うと、ここで購入したという証明の紙がもらえます☆

湖水地方の記念にも、お土産にもおすすめです!!

ーーーーーー*

 


Lakedistrict
日帰り!湖水地方の旅☆その2
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>湖水地方
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2018/08/29 00:00
コメント(0)

 

いよいよポターが住んでいたというヒルトップ農場

こんなお庭の入り口はピーターラビットの世界を感じます

 

この柵も絵本に出てくるシーンの1つです。

ヒルトップに居るとまさに絵本の中の世界がそのまま現実になったような気がします♪

 

お家へ続く道は庭になっていて、たくさんの花が咲いていました

 

特に感動したのはこの菜園

映画を観た後だったので、本当に今にでもピーターラビットが出てきそう。この菜園に小さな動物たちが野菜を採りに来そうです〜

 

菜園の前にあるこのお家こそ、ポターさんが住んでいたというお家です屋内は生前使用していたときのまま保存されています。


Hilltop
日帰り!湖水地方の旅☆その1
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>湖水地方
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2018/08/03 00:00
コメント(0)

8月ですね☆

日本も猛暑と聞きますが、ロンドンも例年と比べてかなり暑い日が続いており電車の中は蒸し風呂状態。。

湖水地方オクセンホルム駅まではロンドンユーストン駅からおよそ2時間40分。一眠りしてそとの田舎街景色を眺めていたらあっという間です!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

湖水地方

多くの湖と1000m程ある高い山々が美しい自然豊かな地域。

ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターや、イギリスを代表する詩人ワーズワースはこの美しい湖水地方を愛したといいます。

 

 

↓は作家ポターが夏の間、両親と避暑に訪れた際に滞在したレイ城

 

 

湖水地方で人気な観光地は作家ポターが購入し、実際に77歳で亡くなるまで実際に住んでいたという

HILL TOP *ヒルトップ*

実際にそのお家を見学することが出来ます?

ピーターラビットの絵本に出てくる挿絵は実際に家の中をモデルにしているものも多くあり、ピーターラビットファンは必見ですね☆

実際にピーターラビットが住んでいるのかも?

 

 

 


16 - 20件目まで(93件中)