1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんのブログ
  4. チェンマイでロングステイを体験する・・・その2.出発前に

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
9月<2019年10月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

チェンマイでロングステイを体験する・・・その2.出発前に

2013/11/06 15:49
日本のテレビ番組を見る
エリア:
  • アジア > タイ > チェンマイ
テーマ:
  • 留学・長期滞在
  • / 旅行準備
まず、航空券の手配でLCCか格安航空券のどちらにするかを検討した。次に、留守宅の管理方法について検討。そして、ロングステイ先で日本のテレビ番組を見る方法を探した。

航空券の手配について、エアーアジアと格安航空券の見積を取って比較してみると、エアーアジア関空→チェンマイ26,540で、復路は今回の場合スリランカを経由したので32,313円で合計58,853円。これに対し、格安航空券は47,330円で、格安航空券の方が安い。ただし単純にチェンマイ往復であれば、ほぼ同じ程度だと思われる。(サーチャージ込み)
今回は、タイから先の訪問国が未定であったこと、そして乗り継ぎがエアーアジアはクアラルンプールで1回に対し、格安航空券の場合は上海、昆明の2回必要であったことからエアーアジアに決めた。


留守宅管理について、下記項目について処置を行う必要がある。
1.住民税、固定資産税、国民健康保険などの支払
2.郵便物の配達保留手続き
3.水道の元栓閉止
4.給湯器などの運転停止
5.冷蔵庫など使用しない電気器具の電源断
6.新聞・牛乳などの解約、保留
7.防犯のための電灯点灯、その他対策

1.については、市役所から納税通知が来る時期があるので、昨年の例を見てその時期に当てはまる場合、市役所に行き相談することが出来る。(場合によっては前納する)

2.については、郵便局に行き配達保留手続きをすればいいが、通常有効期限1ヶ月間となっており、1ヶ月経過後、全郵便物が配達されるので、直前に誰かに受取りを依頼するのが良いと思われる。これを1ヶ月毎に繰返せばいい。

3.については、水道の元栓を止めておくのが良い。留守宅で漏水などがあると帰って来て水道代が何十万円にもなっていることがある。(実際に経験した例・・・水道料金が46万円の請求・・・)

4.については、私用しないガス器具、電気温水器などの給湯器具の電源を切り、元栓をとめるなどの処置を行う。

5.については、電源を入れっぱなしになっている冷蔵庫、テレビなどの電気器具のプラグをコンセントから抜いておく。また、冷蔵庫はドアを開放にしておく。そうしないと帰ってきたら中はカビだらけになっている。


海外で自宅のテレビを見る方法について、調べて見た。長期滞在では日本のテレビ番組が見たくなる。いつも見ているお茶の間番組は、退屈し勝ちなロングステイを日常生活に近づけるとともに、日本の最新情報をリアルタイムで得られる点でメリットがある。

色んな方法を調査検討した結果、自宅にインターネット接続環境がある条件では、下記の方法がコスト面、使い易さの点に置いてベストな選択と思われる。

自宅のテレビが世界中どこでも見ることが出来るインターネット経由で自宅のテレビを見る

一般に海外では日本語のテレビ放送はほとんど行われていない。NHKワールドの英語放送とNHKの日本語放送が一部ある程度で、この日本語放送もニュースなどは少なく、日本文化を紹介する番組が多いため旅行者には役に立つ情報は少ない。また、一部の国ではハードディスクに放送録画したメディアをレンタルするサービスがあるが、1週間遅れるためニュースなどは意味がないばかりか、レンタル料も高い。やはり日本で放送されているテレビ番組をそのままリアルタイムに見るのがベスト。
そこで調べた結果、ストリーミングTVアダプターを購入すれば自宅のテレビがインターネットに繋がり世界中で見ることが出来る。価格も8,800円。仕組みはテレビ(またはTVチューナー)をボルカノフローに繋ぎ、ルーターからインターネットへ接続するだけ。リモコン操作が出来るためチャンネルを変えたり録画操作も出来る優れもの。これだと、まるで自宅のリビングに居るかのごとく、テレビや録画番組を見ることが出来る。


タイで日本の番組を見る海外で日本のテレビを見る
WiFiなどインターネットに接続すればノートパソコン、iPADなどで自宅のテレビを見ることが出来る。
写真はタイの滞在先でNHK大河ドラマ[八重の桜」をリアルタイムに視聴しているところ。




  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
格安で行く東南アジア個人旅行を紹介しています。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。