オークランドAuckland

ニュージーランド

概要

  • 言語
    公用語は英語、マオリ語、ニュージーランド手話。
  • 宗教
    キリスト教(カトリック、英国国教会)など
  • 時差
    日本より3時間進んでいる。サマータイム期間中(通常9月最終日曜~4月第1日曜)は4時間の時差となる。
  • 祝祭日
    • 1月1日~2日新年
    • 2月6日建国記念日
    • 3月25日(イースター前金曜日)聖金曜日(グッド・フライデー)★
    • 3月27日イースター★
    • 3月28日(イースター翌月曜日)イースター・マンデー★
    • 4月25日アンザック・デー
    • 6月第1月曜日女王誕生日
    • 10月第4月曜日レイバー・デー
    • 12月25日クリスマス
    • 12月26日ボクシング・デー
    • ★印の祝祭日は年によって日にちが変動します。
  • 気候・服装・
    ベストシーズン

    気候
    南半球なので日本とは季節が逆になる。
    基本的に海洋性気候で、1年を通じて寒暖の差が少ないが1日の中に四季があると言われるくらい変化が激しい。
    12月~2月(夏)の暑さは日本の初夏位で雨はほとんどなく晴天の日が多い。
    6月~8月(冬)は夏と反対に雨の日が多く日照時間が短い。また、かなり冷え込む。

    服装
    朝~夜の気候の変化が激しいので簡単に着脱できるジャケットなどがあるといい。
    年中紫外線が強いので日焼け対策が必要。

    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    旅行ベスト
    シーズン
    遊泳適
    シーズン
    ×××××
    服装
    《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 《遊泳》 ◎:最適 ○:可(日による) ×:不適
    《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
  • 平均気温・降水量


ツアー代金

  • 平均旅行日数
    6日間
  • 人気のツアーの
    平均料金 ?
    233,808円
  • ツアー代金
    最安値変動※2018/01/01(月)時点
    • 東京発 6日間
    • 大阪発 6日間
    • 名古屋発 6日間
    • ベストシーズン
    ※2017年のツアー最安値グラフです。
  • 所要時間
    • 東京(成田):10.5時間(直行)
    • 東京(羽田):10.5時間(直行)
    • 大阪(関空):18時間(経由)
    • 名古屋:14時間(経由)
    • 福岡:16時間(経由)
    ※所要時間は目安です。特に経由便の場合、所要時間は出発曜日によって変わる場合があります。
    ※2017/07/22(土)より、羽田発オークランドの直行便運航開始(月、木、土)
    ※2017/10/27(金)~2018/3/26(月)の間のみ、関空発オークランドの直行便運航(日、水、金)
  • 出発地、出発曜日
    • 東京(成田):毎日
    • 東京(羽田):月、木、土
    • 大阪(関空):毎日
    • 名古屋:毎日
    • 福岡:毎日
  • ホテル件数
    • 5つ星ランク:15件
    • 4つ星ランク:83件
    • 3つ星ランク:32件

お金

  • 通貨
    ニュージーランドドル[NZD]
    レート
    1ニュージーランドドル[NZD] = 約76.90739円※2018/06/24(日)現在
  • 物価 水(500ml)
    約2ニュージーランドドル (日本円 約154円)
  • チップ
    なし
    高級ホテルやレストランで特別なサービスを受けた場合に1-5ドル気持ちとして渡すとスマート。
  • 両替
    日本国内でのニュージーランドドルの両替は、あまりレートが良くない。日本円からの両替は銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。レートにあまり差はないが、一般的にホテルのレートが一番良くないと言われている。
  • クレジットカード
    カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。

交通機関

  • 空港情報・空港
    からのアクセス
    オークランドの主要空港にはオークランド国際空港(市内から約22km)がある。オークランド国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約30~40分、60~80ニュージーランドドル)、エアポートバス(終点まで約60分、16ニュージーランドドル)、乗合シャトル(約40分、33ニュージーランドドル~)がある。
  • 交通機関
    • 市バス(メトロリンク)内全域を網羅しておりバス停は、ブリトマート駅からクイーン・ストリート周辺に点在している。バスの料金は区間制、1から8区間まで。前方から乗車し、運転手に目的地を告げ料金を支払う。目的の停留所に着いたら、ボタンか窓側の紐を引いて運転手に合図する。
    • ザ・リンク・バス市内中心部を巡回している分かりやすく観光客にも便利なリンクバス。緑・オレンジ・赤の3種の路線があり、それぞれ時計回りと、反時計回りに約10分間隔で運行。バス停は市バスと同じ。
    • エクスプローラーバス市内の主要観光スポット14か所を約1時間程で回るダブルデッカータイプのガイド付き観光バス。2路線あり、30~60分間隔の運行。チケットは乗車の際に運転手から購入、乗り降り自由のお得な1日券も販売。
    • タクシー基本的に流しのタクシーは無いのでカスタム通りなどの大通り沿いにある乗り場から乗車。料金はメーター制。深夜はタクシーの数が減るのでホテルやレストランで呼んでもらう方が無難。

生活

  • 電圧・周波数
    ・プラグ
    • 電圧 :230ボルト、240ボルト
    • 周波数:50ヘルツ
    • プラグ:
      • Oタイプ
  • ネット・Wi-Fi
    ニュージーランドのWi-Fiは十分に整っているとは言えないが、オークランドでは公衆Wi-Fiの接続環境も整ってきている。市が提供している公衆Wi-Fiは中心部や主要な駅、主なバス、図書館などで接続可能。Wi-Fiが拾えるエリアには緑の看板も出ているので見つけやすい。ただし無料で利用できるのは基本的に30分まで。また容量にも制限があり、それ以上は有料になるので注意。利用者を対象にWi-Fiを無料で提供するカフェやレストランも増えている。注文の際、IDとパスワードを教えてもらう。こちらも、接続時間や容量に制限がある場合もあるので利用の際は店員に確認を。
  • マナー・習慣
    タバコ・トイレ
    ■マナー、習慣
    ・高級レストランを利用するときは最低限のTPOをわきまえたい。短パン、キャミソール、ミニスカートなどは避け、襟付きシャツやジャケット、ワンピースを着用しよう。
    ・食事の際はみだりに音を立てないこと。麺類やスープでもすすったりしないように。
    ・無断で人にカメラを向ける行為は好ましくない。撮りたい場合は一言断ってから。

    ■たばこ
    禁煙環境改正法という法律により、公共の屋内施設は全面禁煙である。屋外も喫煙所を除き禁煙で、歩きタバコも禁止されているので要注意。違反者には罰金が科せられる。

    ■その他
    ニュージーランドのレストランはアルコールの販売が許可された店に対し“B.Y.O.”と“Fully Licenced”に分類している。“B.Y.O.”の表示がある店はアルコール持ち込みが可能(持ち込み手数料が多少かかる)で、店内でアルコールをオーダーするより安く済む。“Fully Licenced””は店内でのアルコールの販売が許可された店のことをさす。この他に、ワインやシャンパン類の持ち込みのみ許される“B.Y.O.W.”の店もある。
  • 飲み水

    水道水はそのまま飲むことができるがミネラルウォーターを飲む現地の人も多い。ミネラルウォーターは炭酸なし(Still Water)と炭酸あり(Sparking Water)の区別がつきにくいので購入前によく確認しよう。価格は国内ブランドのもので500mlあたり2ドル。
  • 治安・危険情報
    観光客が事件に巻き込まれることは少ないが、日本よりは犯罪発生率が高いので油断は禁物。観光客をターゲットにしたスリ、置き引き等の軽犯罪もたびたび発生するので荷物、貴重品やパスポート類から目を離さないことは忘れずに。
    夜間は灯りも少なくなり恐喝、性的暴行等のトラブルに巻き込まれる危険性が増す。夜中はなるべく1人行動は避け、人通りの多い地域を通るのが望ましい。
  • 電話の掛け方

    ニュージーランドから日本へ
    00(国際電話識別番号)→81(日本の国番号)→市外局番、携帯電話番号(最初の0は取る)→相手の電話番号

    日本からニュージーランドへ
    国際電話会社の番号※→010(国際電話識別番号)→64(ニュージーランドの国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)
    ※)KDDI:001/NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンクテレコム:0061
    (「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細は右記URLを参照http://www.myline.org/

  • 国際免許での
    運転

    旅行者は日本で発給された国際運転免許証により運転することができる。
  • 旅行会社・クレジ
    ットカードデスク
    の現地支店
    • JTB オークランド支店
      住所:Qantas House, Level 5, 191 Queen Street Auckland 1010, New Zealand
      電話:+64-9-379-6415
      営業時間:[月-金]9:00-17:30
      休日:土・日曜日・祝日
    • H.I.S.海外支店 オークランド支店
      住所:Level7, Ami House 63 Albert Street Auckland 1010, New Zealand
      電話:+64-9-336-1338
      営業時間:[月-金]9:00-17:30
      休日:土・日曜日・祝日
      アクセス:オークランド目抜き通りのクイーンズ・ストリートと平行しているアルバート・ストリートにございます。アルバート・ストリートとウィンダム・ストリート交差点にあるAMIビル7階。オークランドのランドマーク、スカイタワーから徒歩5分。
    • JCBカード(JCBプラザ・オークランド)
      住所:Level 5, 191 Queen Street Auckland 1010, New Zealand(JTB内)
      電話:+64-9-379-0530
      営業時間:9:00-17:30
      休日:土・日曜日・祝日
      アクセス:Queen St.とVictoria St.の交差点からQueen St.を海方面(北)に進み、左側の2つ目のビルCrombie lockwood Tower5階。
    • VISAカード(VJデスク)
      住所:Level 5, DLA Piper Tower, 205, Queen Street, Auckland 1010, New Zealand
      電話:+64-9-353-2067
      営業時間:9:00-17:30
      休日:土・日曜日・祝日
      アクセス:イーン通りとヴィクトリア通りの交差点の角にある、ANZ銀行ビルと隣接するDLAパイパータワービルの5階(近鉄インターナショナルエキスプレス内)
    • マスターカード グローバルサービス緊急連絡番号
      電話:0800-44-9140
    • アメリカン・エキスプレス オーバーシーズ・アシスト(海外からのお問い合わせ先/24時間日本語で対応)
      電話:0800-44-9347
  • ビジネスアワー
    銀行:[月-金]9:30-16:30
    商店:[月-金]9:00-17:00、[土]10:00-16:00、[日]11:00-15:00

パスポート・ビザ(査証)

  • パスポート
    ニュージーランド入国時に、滞在日数プラス3ヵ月以上必要。
  • ビザ(査証)
    不要
    3ヵ月以内の観光は査証不要。
  • 予防接種
    不要
  • 在日大使館・
    領事館

      ニュージーランド大使館
      住所:東京都渋谷区神山町20-40
      電話:03-3467-2271
      URL:https://www.mfat.govt.nz/jp/countries-and-regions/north-asia/japan/new-zealand-embassy

      在札幌ニュージーランド名誉領事館
      住所:北海道札幌市北区北38条西2-1-26 株式会社ホーム企画センター内
      電話:011-802-9272

      在名古屋ニュージーランド名誉領事館
      住所:愛知県名古屋市中川区福住町2-26 リンナイ株式会社内
      電話:052-361-8211

      在大阪ニュージーランド名誉総領事館
      住所:大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル ダイキン工業株式会社内
      電話:06-6373-4583

入国・出国

  • 出国カード
  • 持込制限
    現地通貨・外貨:合算で10,000ニュージーランドドル相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
    タバコ:50本、又は葉巻10本、又は刻みタバコ50g(17歳以上)
    酒:ワイン4.5L、又はその他アルコール飲料1.125Lのボトル3本(17歳以上)
    その他土産品:700ニュージーランドドル相当以上のものは申告要
    持ち込み禁止品:植物、乳製品、銃器、わいせつ物など
  • 持出制限
    現地通貨・外貨:合算で10,000ニュージーランドドル相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
    その他:パウア貝(加工品を除く)、グリーンストーン、マオリ族の骨董品など
  • 免税制度
    外国人旅行者に対する付加価値税の還付制度はない。

トラブルにあったら・・・

  • 緊急
    警察、消防、救急:111
  • パスポート紛失

    新規発給または「帰国のための渡航書」の発行を下記で行う。どちらも有料。

    New Zealand Embassy of Japan
    住所:(P.O. Box 6340)
    電話:64-4-4731540
    FAX:64-4-4712951
    URL:http://www.nz.emb-japan.go.jp/index_j.html

    Auckland Consulate-General of Japan
    住所:(P.O. Box 3959)
    電話:64-9-3034106
    FAX:64-9-3777784
    URL:http://www.auckland.nz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

    Christchurch Consular Office of Japan
    住所:(P.O. Box 13-748 Christchurch 8141)
    電話:64-3-3665680
    FAX:64-3-3653173
    URL:http://www.nz.emb-japan.go.jp/consular_office/index_j.html

  • 病気・ケガ
    ホテルのフロントから医師を呼んでもらうか、海外旅行傷害保険の冊子に記載されている病院に連絡する。保険に入っている場合、医療費を請求できるので診断書・領収書は必ずもらっておくこと。
  • 携行品の紛失
    ・盗難
    すぐに警察へ行き、盗難(紛失)届出証明書を発行してもらう。ホテルの場合はホテルからも発行。海外旅行傷害保険に入っている場合は、帰国後、証明書があれば請求できる。

大使館・総領事館のできること

  • 事件・事故
    ・緊急入院
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 医療機関に関する情報提供
    • 家族との連絡を支援
    • 現地警察や保険会社への連絡に関する助言
    • 緊急移送に関する助言や支援 など
  • 盗難・紛失
    • 現地警察への届出に関する助言
    • 家族や知人からの送金に関する助言
    • パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給(要手数料)など
  • 災害・騒乱などの
    緊急事態
    • 日本人の安否確認に対する最大限の努力
    • 日本人被害者に対する支援
    • インターネットや連絡網を通じた情報提供
    • 退避の支援
  • 行方不明
    • 現地事情にあった捜索の方法、現地警察への照会、捜索願に関する助言
    • 現地警察に対する捜査の申し入れ
  • 逮捕・拘禁
    • 領事による本人との面会または連絡
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 家族との連絡支援
    • 差別的、非人道的な扱いを受けている場合における関係当局への改善要求
  • 海外で困ったら

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

最終更新日:2017/10/10(火)

オークランドとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

オークランドと同エリアの都市はこちら