ティンプーの基本情報Thimphu ブータン

掲載情報は最新または正確ではない場合がありますので、渡航前に必ずご自身で各国関係機関等にご確認ください。

概要

  • 都市概要
    ヒマラヤ山脈の南東に位置するブータン王国の首都であり最大の都市。近年急速に発展しているが、周囲には未だ手つかずの大自然や伝統建築物が残され独特の雰囲気が漂う。文化や風習を重んじる人々や街並みは「最後の秘境」にふさわしい光景である。
  • 言語
    公用語はゾンカ語と英語。
  • 宗教
    チベット系仏教、ヒンドゥー教など
  • 時差
    日本より3時間遅れている。
  • 祝祭日
    • 1月2日冬至
    • 1月25日Traditional Day of Offering
    • 2月25日-26日ブータン暦の新年★
    • 2月21日-23日現国王誕生日
    • 5月2日シャプドゥン・クチェ★
    • 5月2日3代国王誕生日
    • 6月5日仏陀涅槃会★
    • 6月30日グル・リンポチェ誕生日★
    • 7月24日仏陀悟りの日
    • 9月23日沐浴の日★
    • 9月23日ティンプー・ドロプチェン★
    • 9月26日-28日ティンプー・ツェチュ★
    • 10月26日ダサイン★
    • 11月1日現国王戴冠記念日
    • 11月11日4代国王誕生日・憲法記念日
    • 11月19日三道宝階降下の日★
    • 12月17日王制記念日
    • 上記は2020年の日程。★印の祝祭日は年によって日にちが変動する。
  • 気候・服装・
    ベストシーズン

    気候
    ティンプーの緯度は沖縄とほぼ同等だが標高2300mに位置するのではっきりとした四季がある。それぞれの季節の平均気温は日本とあまり変わらないものの、湿度は低いため夏は涼しく感じられる。日中と朝晩の温度差も大きいのでいずれの季節でも防寒対策が必要。

    プンツォリンなどインド国境に面する南部の都市は熱帯に属しており一年中暑い。

    服装
    日中は日本の四季に合わせた格好をすれば対応できる。標高が高く日差しが強いので日焼け対策として帽子やサングラスは必要。朝晩は冷え込むので夏でもジャケットや保温性の高い下着を用意しておくといい。

    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    旅行ベスト
    シーズン
    服装
    《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
    《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
  • 平均気温・降水量


ツアー代金

  • 所要時間
    • 東京(成田):17時間(経由)
    • 東京(羽田):12.5時間(経由)
    • 大阪(関空):12時間(経由)
    • 名古屋:12.5時間(経由)
    • 福岡:17時間(経由)
    • ※所要時間は目安です。特に経由便の場合は、出発曜日や搭乗便によって変わることがあります。最新情報は各航空会社公式サイト等でご確認ください。
  • ホテル軒数
    • 5つ星ランク:2件
    • 4つ星ランク:2件
    • 3つ星ランク:8件

お金

  • 通貨1
    インドルピー[INR]
    レート
    1インドルピー[INR] = 約1.849815円※2024/04/16現在
  • 通貨2
    ニュルタム[BTN]
    レート
    1ニュルタム[BTN] = 約1.845149円※2024/04/16現在
  • 物価 水(330ml)
    約15インドルピー (日本円 約28円)
  • チップ
    なし
    感謝のしるしとして心づけや手土産を渡す習慣があるので、ガイドやドライバーに気持ちとしてチップやプレゼントを渡してもよい。
  • 両替
    日本国内でのヌルタムへの両替はできない。ブータンでの日本円からの両替は、銀行、大型ホテルなどで可能。
  • クレジットカード
    カードの流通度は高いとは言えない。都市部のホテルやレストラン、ショップなどでは、カードを利用できる場合がある。しかしネット回線が遅く、実際には使えないケースが多いうえ、手数料もかかる。一部のカードブランドは使えないことがあるので注意。

交通機関 ※2020/02/28時点の情報

  • 空港情報・空港
    からのアクセス
    ティンプーの主要空港にはパロ空港がある。パロ空港から市内への交通手段としては、車(約60分)がある。
  • 交通機関
    • タクシー乗り合いが一般的。メーターはあまり使わず交渉制が多い。相場があるのであらかじめ確認しておくとよい。英語はあまり通じない。
    • 市バス時刻表は無く、本数も少ない。

      ただし、個人旅行の場合も専用車を使うのが一般的なので公共交通機関を使うタイミングはあまりない。

生活

  • 電圧・周波数
    ・プラグ
    • 電圧 :220ボルト、230ボルト
    • 周波数:50ヘルツ
    • プラグ:
      • B3タイプ
      • Cタイプ
  • ネット・Wi-Fi
    無料でWi-Fiが利用できるホテルやレストランが沢山ある。ホテルでは共有エリアでの利用に限られ、客室では使えない場合も多いので事前に確認しておくとよい。町中にはインターネットカフェもある。パロ空港ではWi-Fiが飛んでおり、接続も安定しているので到着後すぐに利用可能。電波事情はとてもよいので、広い範囲で国際ローミングサービスを利用することができる。また、Wi-Fiに接続ができない場合は、SIMカードの購入もおすすめ。
  • マナー・習慣
    タバコ・トイレ
    ■マナー、習慣
    ・仏教に対する信仰心が厚く、寺院や僧侶に対して敬意を払うこと。
    ・事前の許可なく寺院内や僧侶の写真撮影は行わないこと。
    ・外国人や女性の立入りが禁止されている寺院等もあるため、同行する旅行ガイドや現地人の指示・意見に従って行動すること。
    ・女性は足を見せないことが一般的。外出時には短パンやミニスカート、ノースリーブ等の露出度の高い服装は避けること。
    特に、県庁(ゾン)等の公的施設、寺院等の宗教関連施設を訪問する際は十分注意。

    ■その他
    ・首都ティンプー市内では、水道水の質が低下している。歯磨きであっても、直接水道水を使用しないこと。
    レストラン等の氷が入った飲み物や、サラダなどの生野菜、果物の摂取にも注意。
  • 飲み水
    不可
    水道水は飲用に適さないのでミネラルウォーターを購入しよう。
    価格は1リットル30ヌルタム前後。
  • 治安・危険情報
    治安は良く、ほかの国と比べても犯罪に巻き込まれることはあまりない。ティンプーなどの人口の多い都市部は観光客を狙ったスリ、置き引き等の軽犯罪があるので荷物や貴重品からは目を離さないように心がけたい。
  • イベント情報
    • 9月中旬ティンプー・ドゥルプチェン
    • 9月下旬ティンプー・ツェチュ(国内最大のお祭り)
    • 12月中旬ドゥルック・ワンゲル・ツェチュ
  • 電話の掛け方

    ブータンから日本へ
    ・携帯電話の場合
     +(ダイアル0の長押しなど)→81(日本の国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)

    ・固定電話の場合
     00(ブータンの国際電話識別番号)→81(日本の国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)

    日本からブータンへ
    ・携帯電話の場合
     +(ダイアル0の長押しなど)→975(ブータンの国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)

    ・固定電話の場合
     国際電話会社の番号※→010(日本の国際電話識別番号)→975(ブータンの国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)
    ※NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンク:0061など。固定電話で「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要(http://www.myline.org/

  • 国際免許での
    運転
    不可
  • ビジネスアワー
    銀行:[月-金]9:00-15:00、[土]9:00-12:00
    商店:9:00-20:00

パスポート・ビザ(査証) ※2024/03/10時点の情報

掲載情報は最新または正確ではない場合がありますので、渡航前に必ずご自身で各国関係機関等にご確認ください。

  • パスポート
    残存有効期間:ビザ申請時6カ月以上
  • ビザ(査証)
    必要
    入国時に入国許可証を提示し、空港で査証を取得する。入国許可書は、ブータンの旅行を取扱っている旅行会社に代行を依頼し、事前に取得する。
    また、出国用航空券も必要。
  • 予防接種
    B型肝炎、破傷風:推奨
    狂犬病:犬や野生動物との接触が予想される場合には推奨
  • 在日大使館・
    領事館

入国・出国 ※2024/03/01時点の情報

掲載情報は最新または正確ではない場合がありますので、渡航前に必ずご自身で各国関係機関等にご確認ください。

  • 入国カード
    不要
  • 出国カード
    不要
  • 持込制限
    ■申告が必要な主なもの
    現金 :合計1万米ドル相当額を超える外貨
    タバコ:原則持ち込み禁止
       ※税金200%課せられるが200本までは持ち込み可
    酒  :1Lまで

    ■主な持ち込み禁止品
    武器、弾薬、爆発物、麻薬や薬剤など
  • 持出制限
    ■申告が必要な主なもの
    現金 :合計1万米ドル相当額を超える外貨

    ■主な持ち出し禁止品
    武器、弾薬、麻薬や薬剤、爆発物、植物・昆虫・鉱物、骨董品、野生動物の毛皮・角、およびそれらの加工製品など

トラブルにあったら・・・

  • 緊急
    警察:111(交通)、113(犯罪)
    消防:110
    救急:112
  • パスポート紛失※2024/03/10時点

    新規発給または「帰国のための渡航書」の発行を下記で行う。どちらも有料。なお、ブータンには日本の大使館がないため、在インド日本国大使館が兼轄している。

    在ブータン日本国大使館(Embassy of Japan in Bhutan)
    住所:Plot No.4&5, 50-G Shantipath, Chanakyapuri, New Delhi 110021, India
    電話:91-11-4610-4610
    FAX:91-11-2467-8081(領事班直通)
    営業時間:9:00-13:00、14:00-17:30
    休日:土・日曜日、インドの祝日
    URL:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/ja/index.html

  • 病気・ケガ
    ホテルのフロントから医師を呼んでもらうか、海外旅行傷害保険の冊子に記載されている病院に連絡する。保険に入っている場合、医療費を請求できるので診断書・領収書は必ずもらっておくこと。
  • 携行品の紛失
    ・盗難
    すぐに警察へ行き、盗難(紛失)届出証明書を発行してもらう。ホテルの場合はホテルからも発行。海外旅行傷害保険に入っている場合は、帰国後、証明書があれば請求できる。

大使館・総領事館のできること

  • 事件・事故
    ・緊急入院
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 医療機関に関する情報提供
    • 家族との連絡を支援
    • 現地警察や保険会社への連絡に関する助言
    • 緊急移送に関する助言や支援 など
  • 盗難・紛失
    • 現地警察への届出に関する助言
    • 家族や知人からの送金に関する助言
    • パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給(要手数料)など
  • 災害・騒乱などの
    緊急事態
    • 日本人の安否確認に対する最大限の努力
    • 日本人被害者に対する支援
    • インターネットや連絡網を通じた情報提供
    • 退避の支援
  • 行方不明
    • 現地事情にあった捜索の方法、現地警察への照会、捜索願に関する助言
    • 現地警察に対する捜査の申し入れ
  • 逮捕・拘禁
    • 領事による本人との面会または連絡
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 家族との連絡支援
    • 差別的、非人道的な扱いを受けている場合における関係当局への改善要求
  • 海外で困ったら

ティンプーとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

ティンプーと同エリアの都市はこちら

<

>