セブCebu

フィリピン

概要

  • 言語
    公用語はフィリピノ(タガログ)語、英語。その他にも約80の言語が話されている。
  • 宗教
    キリスト教(カトリック)が約80%以上を占めるほか、イスラム教、その他のキリスト教など
  • 時差
    日本より1時間遅れている。
  • 祝祭日
    • 1月1日新年
    • 1月2日振り替え休日
    • 2月8日旧正月★
    • 2月25日エドゥサ革命の日
    • 3月24日聖木曜日★
    • 3月25日聖金曜日★
    • 3月26日聖土曜日★
    • 4月9日勇者の日
    • 5月1日メーデー
    • 6月12日独立記念日
    • 7月6日ラマダン明け休暇★
    • 8月21日ニノイアキノ記念日
    • 8月29日英雄の日★
    • 10月31日振り替え休日
    • 11月1日諸聖人の日
    • 11月30日ボニファシオ記念日
    • 12月24日振り替え休日
    • 12月25日クリスマス
    • 12月30日リサール記念日
    • 12月31日振り替え休日
    • ※上記は2016年の日程。★印の祝祭日は年によって日にちが変動します。
  • 気候・服装・
    ベストシーズン

    気候
    熱帯モンスーン気候に属しており、年間を通して25~30度前後の常夏の気候が続く。季節は1~5月の乾季と6~12月の雨季に二分されるが、雨季でもマニラほど多く雨は降らず、1日中降り続けることも少ない。乾季の終盤は気温が35度を超える日も多くかなり暑い。

    服装
    1年通して蒸し暑いので通気性の高い服装が好ましい。室内は冷房がかなり強く、外部との温度差で体調を崩しやすい。カーディガンやパーカーなど羽織るものを1枚携帯しておこう。スコール対策として折り畳み傘やタオルも忘れずに。

    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    旅行ベスト
    シーズン
    遊泳適
    シーズン
    服装
    《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 《遊泳》 ◎:最適 ○:可(日による) ×:不適
    《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
  • 平均気温・降水量


ツアー代金

  • 平均旅行日数
    4日間
  • 人気のツアーの
    平均料金 ?
    73,403円
  • ツアー代金
    最安値変動※2018/01/01(月)時点
    • 東京発 4日間
    • 大阪発 4日間
    • 名古屋発 4日間
    • 福岡発 4日間
    • ベストシーズン
    ※2017年のツアー最安値グラフです。
  • 所要時間
    • 東京(成田):5時間(直行)
    • 東京(羽田):9.5時間(経由)
    • 大阪(関空):4.5時間(直行)
    • 名古屋:4.5時間(直行)
    • 福岡:6.5時間(直行)
    ※所要時間は目安です。特に経由便の場合、所要時間は出発曜日によって変わる場合があります。
  • 出発地、出発曜日
    • 東京(成田):毎日
    • 東京(羽田):毎日
    • 大阪(関空):毎日
    • 名古屋:日、水、土
    • 福岡:毎日
  • ホテル件数
    • 5つ星ランク:11件
    • 4つ星ランク:26件
    • 3つ星ランク:146件

お金

  • 通貨
    フィリピン・ペソ[PHP]
    レート
    1フィリピン・ペソ[PHP] = 約2.137756円※2018/12/16(日)現在
  • 物価 水(500ml)
    約15フィリピン・ペソ (日本円 約33円)
  • チップ
    あり
    空港/ホテルのポーター:荷物1個につき10ペソ
    タクシー:料金の10%
    レストラン(サービス料が含まれていない場合):会計の5-10%
  • 両替
    日本国内でのフィリピン・ペソへの両替は、あまりレートが良くない。フィリピンでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替商、ホテルなどで可能。一般的に街中の両替商のレートが一番良いと言われているが、金額をごまかされたり、偽札をつかまされたりする場合があるので十分に注意すること。地方や離島ではレートが悪いので、あらかじめ大都市で両替しておくと良い。
  • クレジットカード
    カードの流通度は比較的高い。大型のレストラン、ホテル、ショッピングモールなどで利用可能。一部のカードブランドは使えないことがあるため注意。

交通機関

  • 空港情報・空港
    からのアクセス
    セブの主要空港にはマクタン・セブ国際空港(市内から約20km)がある。マクタン・セブ国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(セブシティまで30~40分、約300ペソ)、ムルティキャブ(マクタン島内まで20~30分、8ペソ)がある。
  • 交通機関
    • タクシーメーターを使わないタクシーはレシートを発行してくれないので、必ずメーターを使いレシートをもらうこと。乗車したらドアをロックする。お釣りが無い場合があるので小銭の用意を忘れずに。
    • ムルティキャブ・ジプニー日本の中古車を改造した乗り物。行き先はフロントガラスに書かれている。空港やターミナルでは満席になり次第出発、街中で流しの車も捕まえられる。降りたい所で運転手に合図し、下車時に料金を支払う。
    • トライシクル走行エリアが決まっているため、狭い範囲内の移動に便利。相乗りが一般的で値段は交渉制。

生活

  • 電圧・周波数
    ・プラグ
    • 電圧 :110ボルト、120ボルト、220ボルト、230ボルト、240ボルト
    • 周波数:60ヘルツ
    • プラグ:
      • Aタイプ
      • Cタイプ
      • Oタイプ
  • ネット・Wi-Fi
    インターネット環境は、日本と比べるとスムーズとは言えない。速度は遅いがWi-Fiスポットはとても多い。バーやレストラン、空港、土産物店などでWi-Fiが使用できる。無料で使用できるところは混雑し回線速度が遅い、セキュリティがかかっているところの方が比較的接続が安定している。カフェでのWi-Fi利用は当たり前になっており、大手ショップから、ローカルショップに至るまで、様々なお店でインターネットに繋ぐことが出来る。格安ホテルでも、Wi-Fi完備が常識になっているが通信速度はホテルにより大きな差がある。セブ市内やマクタン島にはインターネットカフェが多数あり、激安で利用できる。
  • マナー・習慣
    タバコ・トイレ
    ■マナー、習慣
    特に難しいマナーはない。政治体制や宗教(キリスト教)に対する批判、軽率な言動は控える。

    ■たばこ
    喫煙はホテルのベランダや喫煙所であれば可能。レストランやバーなどの屋内施設は禁煙のところが多いのでよく確認しておきたい。

    ■トイレ
    数は多いがトイレットペーパーが備え付けられていないところもあるのでポケットティッシュを携帯しておくことが望ましい。フィリピンのトイレは基本的に便座がない。慣れない方はホテルやショッピングセンターでこまめに済ませておこう。
  • 飲み水
    不可
    水道水は飲用に適さないのでミネラルウォーターを購入することをおすすめする。
    ローカルなレストランで提供される水や氷は水道水の可能性が高いので要注意。
    ■500mlで15ペソ前後
  • 治安・危険情報
    治安は地域によって差がある。ダウンタウン周辺は強盗や殺人事件がまれに発生する危険エリアの一つで、夜は特にその傾向が強い。それ以外の地域は比較的安全だがスリ、ひったくり、両替詐欺、ぼったくりなどの軽犯罪は多いので油断はできない。
    日本人観光客はお金持ちと思われているのでターゲットにされやすい。荷物から常に目を離さない、両替したらその場で金額を確かめるといった軽犯罪を防止する意識を持つことが当然ながら求められ、暗い道や地元の人も避けるような通りには行かない、日本語を話す怪しい現地人には安易についていかない、夜中1人で行動しないといった自分の身を守るための対策も必要となる。もし危機を感じたら躊躇せず大声で助けを呼ぶこと。
    華美な服装や高価なものを身に着けていても狙われやすいので街歩きの際は質素な格好でいることがのぞましい。
  • イベント情報
    • 1月3週目の日曜日シヌログ祭り
  • 電話の掛け方

    フィリピンから日本へ
    00(国際電話識別番号)→81(日本の国番号)→市外局番、携帯電話番号(最初の0は取る)→相手の電話番号

    日本からフィリピンへ
    国際電話会社の番号※→010(国際電話識別番号)→63(フィリピンからの国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)
    ※)KDDI:001/NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンクテレコム:0061
    (「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細は右記URLを参照http://www.myline.org/

  • 国際免許での
    運転

    旅行者は日本で発給された国際運転免許証により運転することができる。
  • 旅行会社・クレジ
    ットカードデスク
    の現地支店
    • H.I.S.海外支店 セブ支店
      住所:Tower3, Unit2-7, Movenpick Resort &Spa Cebu, Punta Engano, Lapu Lapu City, Cebu, 6015, Philippines
      電話:+63-32-238-1685
      営業時間:[月-金]9:00-18:00、[土]9:00-13:00
      休日:曜日・祝日
      アクセス:マクタン島にあるMovenpick Resort内
    • マスターカード グローバルサービス緊急連絡番号
      電話:1-800-1-111-0061
    • アメリカン・エキスプレス オーバーシーズ・アシスト(海外からのお問い合わせ先/24時間日本語で対応)
      電話:65-6535-1561
  • ビジネスアワー
    銀行:[月-金]9:00-15:00
    商店:10:00-20:00

パスポート・ビザ(査証)

  • パスポート
    滞在日数プラス6ヵ月以上必要。
    未使用査証欄が見開きで2ページ以上必要。
  • ビザ(査証)
    不要
    30日以内の滞在は査証不要。
    ただし、帰りの予約済み航空券が必要。
  • 予防接種
    黄熱病:黄熱リスク国に滞在、または通過して6日以内に入国する場合は、黄熱予防接種証明書が必要。
    マラリア:標高600m以下の、都市部ではない地域を訪れる場合は予防薬の服用が望ましい
    防蚊対策:望ましい
  • 在日大使館・
    領事館

      フィリピン共和国大使館
      住所:東京都港区六本木5-15-5
      電話:03-5562-1600
      URL:https://tokyo.philembassy.net/ja/

      在大阪・神戸フィリピン共和国総領事館
      住所:大阪市中央区城見2-1-61 Twin21 MIDタワー24階
      電話:06-6910-7881

      在札幌フィリピン共和国名誉領事館
      住所:札幌市西区八軒一条西1丁目2-10 日本食品製造合資会社内
      電話:011-614-8090

      在名古屋フィリピン共和国名誉総領事館
      住所:愛知県名古屋市南区鶴見通6-2-2 クロヒジグループビル2階
      電話:052-614-7877

      在那覇フィリピン共和国名誉総領事館
      住所:宜野湾市新城2丁目35-1 アルジョンビル2階
      電話:098-892-5486

入国・出国

  • 入国カード
  • 出国カード
  • 持込制限
    現地通貨:10,000フィリピン・ペソ以上は申告要
    外貨:10,000米ドル相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
    タバコ:400本、又は葉巻50本、刻みタバコ250g(18歳以上)
    酒:内容量1L以下のものを、2本まで(18歳以上)
    持ち込み禁止品:海産物、植物、肉、銃火器、麻薬、わいせつ物など
  • 持出制限
    現地通貨:10,000フィリピン・ペソ以上は申告要
    外貨:10,000米ドル相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
    タバコ:200本、又は葉巻50本、又は刻みタバコ500g(18歳以上)
    酒類:1L(18歳以上)
  • 免税制度
    なし

トラブルにあったら・・・

  • 緊急
    警察・救急・消防:117
  • パスポート紛失

    新規発給または「帰国のための渡航書」の発行を下記で行う。どちらも有料。

    Philippines Embassy of Japan
    住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines (P.O. Box No. 414, Pasay Central Post Office, Pasay City, Metro Manila, Philippines)
    電話:63-2-5515710
    FAX:63-2-5515780
    URL:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

    Cebu Consular Office of Japan in Cebu
    住所:7th Floor, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
    電話:63-32-2317321、63-32-2317322
    FAX:63-32-2316843
    URL:http://www.ph.emb-japan.go.jp/about/cebu%20j.htm

    Davao Consular Office of Japan in Davao
    住所:Suite B305 3rd Floor, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines (P.O. Box No. 80637)
    電話:63-82-2213100
    FAX:63-82-2212176
    URL:http://www.ph.emb-japan.go.jp/about/davao%20j.htm

  • 病気・ケガ
    ホテルのフロントから医師を呼んでもらうか、海外旅行傷害保険の冊子に記載されている病院に連絡する。保険に入っている場合、医療費を請求できるので診断書・領収書は必ずもらっておくこと。
  • 携行品の紛失
    ・盗難
    すぐに警察へ行き、盗難(紛失)届出証明書を発行してもらう。ホテルの場合はホテルからも発行。海外旅行傷害保険に入っている場合は、帰国後、証明書があれば請求できる。

大使館・総領事館のできること

  • 事件・事故
    ・緊急入院
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 医療機関に関する情報提供
    • 家族との連絡を支援
    • 現地警察や保険会社への連絡に関する助言
    • 緊急移送に関する助言や支援 など
  • 盗難・紛失
    • 現地警察への届出に関する助言
    • 家族や知人からの送金に関する助言
    • パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給(要手数料)など
  • 災害・騒乱などの
    緊急事態
    • 日本人の安否確認に対する最大限の努力
    • 日本人被害者に対する支援
    • インターネットや連絡網を通じた情報提供
    • 退避の支援
  • 行方不明
    • 現地事情にあった捜索の方法、現地警察への照会、捜索願に関する助言
    • 現地警察に対する捜査の申し入れ
  • 逮捕・拘禁
    • 領事による本人との面会または連絡
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 家族との連絡支援
    • 差別的、非人道的な扱いを受けている場合における関係当局への改善要求
  • 海外で困ったら

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

最終更新日:2017/10/10(火)

セブとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

セブと同エリアの都市はこちら

<

>