カトマンズKathmandu

ネパール

概要

  • 言語
    ネパール語
  • 宗教
    ヒンドゥー教が約80%を占めるほか、仏教、イスラム教など
  • 時差
    日本より3時間15分遅れている。
  • 祝祭日
    • 4月7日ゴーダジャトラ(馬の日)★
    • 4月13日ネパールの新年★
    • 4月15日ラム・ナバミ★
    • 5月1日メーデー
    • 5月21日ブッダ・ジャヤンティ(ブッダの生誕祭)★
    • 5月28日共和国記念日
    • 7月6日イド・アル=フィトル(ラマダン終了を祝う祭り)★
    • 8月18日ジャナイ・プルニマ★
    • 8月19日ガイ・ジャトラ(牛祭り)★
    • 8月24日クリシュナ神誕生記念日★
    • 9月4日ティージ(女性の祭りで女性のみ休み)★
    • 9月6日リシ・パンチャミ(女性のみ休み)★
    • 9月15日インドラ・ジャトラ(インドラ神の祭り)★
    • 10月2日~16日ダサイン(収穫祭)★
    • 10月28日~11月1日光の祭り(ティハール/ヒンドゥー教の祭事)★
    • 12月25日クリスマス
    • 12月30日タム・ロサル(グルン族のお正月)
    • 1月14日マーゲ・サクランティー
    • 1月29日殉教者の日
    • 2月18日民主主義の日
    • 2月24日シバ・ラトリー★
    • 3月8日国際女性の日
    • 3月12日水掛け祭り(ホーリー)★
    • ※上記は2016年度の日程。★印の祝祭日は年によって日にちが変動します。
  • 気候・服装・
    ベストシーズン

    気候
    高地に位置するが緯度が低いので年間を通して温暖な気候である。春から秋の間は25度以上の日が続き、12~2月の冬の間でも平均気温は10度前後と過ごしやすい。6~9月は雨季でほぼ毎日のようにスコールのような雨が降る。

    服装
    春から秋は日本のと同様の服装で臨めば問題ない。冬は1日の寒暖差が大きく日中は半袖でも過ごせる日が多いが朝晩は冷え込むので厚めの上着が必要になる。

    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    旅行ベスト
    シーズン
    服装
    《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
    《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
  • 平均気温・降水量


ツアー代金

  • 平均旅行日数
    8日間
  • 人気のツアーの
    平均料金 ?
    239,290円
  • ツアー代金
    最安値変動※2018/01/01(月)時点
    • 東京発 8日間
    • ベストシーズン
    ※2017年のツアー最安値グラフです。
  • 所要時間
    • 東京(成田):18時間(経由)
    • 東京(羽田):15時間(経由)
    • 大阪(関空):18時間(経由)
    • 名古屋:16時間(経由)
    • 福岡:18.5時間(経由)
    ※所要時間は目安です。特に経由便の場合、所要時間は出発曜日によって変わる場合があります。
  • 出発地、出発曜日
    • 東京(成田):毎日
    • 東京(羽田):毎日
    • 大阪(関空):毎日
    • 名古屋:毎日
    • 福岡:毎日
  • ホテル件数
    • 5つ星ランク:9件
    • 4つ星ランク:19件
    • 3つ星ランク:106件

お金

  • 通貨
    ネパール・ルピー[NPR]
    レート
    1ネパール・ルピー[NPR] = 約0.975419円※2018/09/24(月)現在
  • 物価 水(500ml)
    約20ネパール・ルピー (日本円 約20円)
  • チップ
    あり
    レストラン(サービス料が含まれていない場合):会計の10%程度
    ホテル:ルームサービス、ポーター、ハウスキーパーに対して20-50ルピー程度
    ガイド:1日200-300ルピー程度、お世話になったと感じたら気持ちとして多めに渡しても良い。
  • 両替
    日本国内でネパール・ルピーへの両替はできない。ネパールでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。両替所よりも銀行のレートの方が若干良いと言われている。
  • クレジットカード
    中級以上のホテル、レストラン、観光客向けのショップなどでは利用可能な場合がある。一部のカードブランドは使えないこともあるので注意。また、システムのダウンや停電で使えない場合があるため、入店した際に確認しておくと良い。

交通機関

  • 空港情報・空港
    からのアクセス
    カトマンズの主要空港にはトリブヴァン国際空港 (市内から4km)がある。トリブヴァン国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約30分、700ルピー)がある。
  • 交通機関
    • バスやミニバスが市内各所や郊外に向け走行している。安い料金で利用できるが、車内はとても混雑し、路線も複雑なため時間に余裕を持って乗車すること。
    • リクシャー自転車の後ろに座席が付いた人力車。旅行者が町の雰囲気を楽しみながら市内を観光するのに最適。料金は交渉制。
    • テンプー乗り合いの小型オート三輪。バスと同じように決まったルートを走行するが、停留所は無くどこでも乗り降り自由。料金は降りる時に運転手に支払う。
    • タクシー観光客に人気のスポットで客待ちしているタクシーをつかまえるか、流しを拾うことも可能。メーターが付いていても、使用する運転手は少ないので乗車前に確認しておくこと。長距離の場合は交渉制。

生活

  • 電圧・周波数
    ・プラグ
    • 電圧 :220ボルト
    • 周波数:50ヘルツ
    • プラグ:
      • Bタイプ
      • Cタイプ
  • ネット・Wi-Fi
    カトマンズにはインターネットカフェや通信ショップが沢山ある。しかし、停電や回線の関係で、スムーズに利用できない事も。また、電圧が安定していないので、日本から自分のパソコンを持っていくことは、あまりおすすめできない。ホテル内でインターネット環境を整えている所もあるので、事前に確認しておくとよい。
  • マナー・習慣
    タバコ・トイレ
    ■マナー、習慣
    ネパール特有のマナーが多いがいずれも難しいことではないので出発前にぜひ覚えておきたい。
    ・不浄とされている左手で食べ物を持ったりものを受け取らない。
    ・足は汚れた部分という認識があるのでみだりに触ったり足で物を示してはならない。逆に頭は神聖な部分なので相手が子供であろうとなでてはいけない。
    ・ボディランゲージが多少複雑で、うなづくと相手に「No」と受け止められてしまう。「Yes」と表現したい場合は首を横に振る。
    ・宗教関係の建築物を拝観する際は時計回りが原則である。脱帽し、靴を脱ぐことも忘れずに。
    ・肌の露出度が高い華美な服装は慎む。

    ■たばこ
    ネパール全土に禁煙法が施行され、たばこに対する規制はやや厳しい。政府施設、学校、図書館、空港、レストラン、公共交通機関といった公共の場での喫煙とたばこの販売が禁止になっている。違反者は100-10万ルピーの罰金が科せられる。

    ■トイレ
    紙が備え付けておらず、ホースの水でおしりを洗うタイプのものが依然として多い。ポケットティッシュは常に携帯しておこう。また水流が弱いので紙は流さずゴミ箱に捨てること。
  • 飲み水
    不可
    水道水は飲用に適さないのでミネラルウォーターを購入しよう。
    ローカルなレストランで提供される水や氷は水道水の可能性が高いので要注意。ウマレコパニとよばれる沸騰させた水かミネラルウォーターを注文するとよい。
    価格は1リットルのもので20-25ルピー
  • 治安・危険情報
    治安はおおむね良好で観光客が事件に巻き込まれることは少ない。それでも空港や繁華街におけるスリ、置き引き等の軽犯罪はたびたび発生するので荷物、貴重品やパスポート類からは目を離さないよう心がけたい。
    まれに政治団体等がバンダとよばれるストライキを決行することがある。観光客に危害を与えるものではないが、ストが過激になるとバスやタクシーに対する投石や焼き討ちといった行為に発展し大変危険である。バンダ決行中は現場付近に近寄らない方が賢明だ。
  • イベント情報
    • 2月スリ・パンチャミ
    • 2~3月ロサル(チベット仏教の正月)
    • 2~3月シバ・ラトリー(ヒンドゥー教のシバ神の祭り)
    • 2~3月ホーリー(水かけ祭り)
    • 3~4月ゴーダ・シャトラ(馬の祭り)
    • 5月ブッダ・ジャヤンティ、マチェンドラナート
    • 7月の満月の日グル・プルニマ(先生の日)
    • 8月ガンター・カルナ(ヒンドゥー教の祭り)
    • 9月ティージ(ヒンドゥー今日の女性の祭り)
    • 9月下旬インドラ・ジャトラ(雨の神を祀る祭礼)
    • 10月ダサイン(ヒンドゥー教最大の祭り)
    • 11月ティハール(光の祭り)
    • 12月ヨーマリ・プニ(ネワール族の収穫祭)
  • 電話の掛け方

    ネパールから日本へ
    00(国際電話識別番号)→81(日本の国番号)→市外局番、携帯電話番号(最初の0は取る)→相手の電話番号

    日本からネパールへ
    国際電話会社の番号※→010(国際電話識別番号)→977(ネパールの国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)
    ※)KDDI:001/NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンクテレコム:0061
    (「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細は右記URLを参照http://www.myline.org/

  • 国際免許での
    運転
    不可
  • 旅行会社・クレジ
    ットカードデスク
    の現地支店
    • H.I.S.海外支店 カトマンズ支店
      住所:Citron Garden, Chaksibari Marg, House No. 495, Thamel-16, Kathmandu, Nepal
      電話:+977-1-4700702、+977-1-4700753
      営業時間:[日-金]9:30-17:30
      休日:土曜日・祝日
      アクセス:中央タメルから歩いて2分、国際空港から車で約15分(8Km)
    • アメリカン・エキスプレス オーバーシーズ・アシスト(海外からのお問い合わせ先/24時間日本語で対応)
      電話:65-6535-1561
  • ビジネスアワー
    銀行:[日-木]10:00-15:00、[金]10:00-13:00
    商店:10:00-19:00

パスポート・ビザ(査証)

  • パスポート
    査証(ビザ)申請時に残りの有効期間が6ヶ月以上必要。
    パスポートの未使用査証欄が1ページ以上必要。
  • ビザ(査証)
    必要
    査証(ビザ)の取得が必須。
    観光ビザでの滞在可能日数は15日、30日、90日。
  • 予防接種
    黄熱病:黄熱リスク国に滞在、または通過して6日以内に入国する場合は、黄熱予防接種証明書が必要。
    マラリア:望ましい(旅行する地域によって予防薬の服用を検討すること)
  • 在日大使館・
    領事館

      ネパール連邦民主共和国大使館
      住所:東京都目黒区下目黒6-20-28 福川ハウスB
      電話:03-3713-6241
      URL:http://www.nepalembassyjapan.org/japanese/

      在大阪ネパール連邦民主共和国名誉総領事館
      住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9-21
      電話:06-6776-0120

      在福岡ネパール連邦民主共和国名誉領事館
      住所:福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82 九州電力(株)内
      電話:092-726-1946

入国・出国

  • 入国カード
  • 出国カード
  • 持込制限
    現地通貨:制限なし
    外貨:5,000米ドル(トラベラーズチェック含む)相当以上は要申告
    タバコ:200本、又は葉巻50本、又はパイプ用のたばこ250gまで
    酒:1.15L以内、1本まで
    香水:個人使用範囲内
    持ち込み禁止品:麻薬、わいせつ物、アルコール60%以上の酒、植物、果物、野菜、牛肉製品
  • 持出制限
    現地通貨:持ち出し禁止
    外貨:入国時に申告した額まで
    持ち出し禁止品:皮製品、象牙製品100年以上の歴史的価値がある絵画、貨幣、文物、仏像、希少な動植物

トラブルにあったら・・・

  • 緊急
    警察:100
    消防:101
  • パスポート紛失

    新規発給または「帰国のための渡航書」の発行を下記で行う。どちらも有料。

    Nepal Embassy of Japan
    住所:1253, Narayan Gopal Sadak Panipokhari, ward No.3 Kathmandu (North), Nepal (P.O.Box 264)
    電話:977-1-4426680
    FAX:977-1-4414101
    URL:http://www.np.emb-japan.go.jp/jp/index.html

  • 病気・ケガ
    ホテルのフロントから医師を呼んでもらうか、海外旅行傷害保険の冊子に記載されている病院に連絡する。保険に入っている場合、医療費を請求できるので診断書・領収書は必ずもらっておくこと。
  • 携行品の紛失
    ・盗難
    すぐに警察へ行き、盗難(紛失)届出証明書を発行してもらう。ホテルの場合はホテルからも発行。海外旅行傷害保険に入っている場合は、帰国後、証明書があれば請求できる。

大使館・総領事館のできること

  • 事件・事故
    ・緊急入院
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 医療機関に関する情報提供
    • 家族との連絡を支援
    • 現地警察や保険会社への連絡に関する助言
    • 緊急移送に関する助言や支援 など
  • 盗難・紛失
    • 現地警察への届出に関する助言
    • 家族や知人からの送金に関する助言
    • パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給(要手数料)など
  • 災害・騒乱などの
    緊急事態
    • 日本人の安否確認に対する最大限の努力
    • 日本人被害者に対する支援
    • インターネットや連絡網を通じた情報提供
    • 退避の支援
  • 行方不明
    • 現地事情にあった捜索の方法、現地警察への照会、捜索願に関する助言
    • 現地警察に対する捜査の申し入れ
  • 逮捕・拘禁
    • 領事による本人との面会または連絡
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 家族との連絡支援
    • 差別的、非人道的な扱いを受けている場合における関係当局への改善要求
  • 海外で困ったら

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

最終更新日:2017/10/23(月)

カトマンズとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

カトマンズと同エリアの都市はこちら

<

>