1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. TAHITI W&Tさんのブログ
  4. タヒチでサーフィン!

  海外エリア: 南太平洋 > タヒチ の他のブログはこちら|

楽園タヒチの魅力とタヒチ旅行のヒントとボラボラ島

~楽園タヒチの魅力と日常の素顔を徹底紹介します。~

タヒチ・ボラボラ島の水上コテージ
タヒチ旅行、ボラボラ島の水上コテージ選び、タヒチハネムーン〜海外挙式(タヒチ)までお気軽にご相談ください。
プロフィール

ニックネーム:
TAHITI W&T
居住地:
南太平洋>タヒチ>パペーテ
会社名:
タヒチウエディング&トラベル
会社英字名:
TAHITI WEDDING & TRAVEL
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5459-0078
業種:
旅行業
自己紹介:
タヒチの仕事に携わって20年。当初は日本経済がバブル期全盛のためタヒチ(フランス領ポリネシア)の主要ホテルの大半は日本企業がオーナーでした。そんな縁ではじめたタヒチの仕事ですが、バブル崩壊以降はタヒチで日本から訪れるお客様専門の旅行会社に従事し、その後ウエディングのプロデュースも始めました。とにかく楽園とはタヒチ以外に考えられないその魅力を皆さまに紹介いたします。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

タヒチでサーフィン!

2010/06/26 16:41
サーフィン05
エリア:
  • 南太平洋 > タヒチ
テーマ:
  • お祭り・イベント
  • / マリンスポーツ
  • / 鑑賞・観戦
スポットは無数。手つかずの自然にブレイクするタヒチ伝説の「波」を
ポリネシア文化発祥の地といわれるタヒチ。
サーフィンといえばハワイが有名ですが、古くからタヒチでも楽しまれてきた娯楽のひとつだったようです。広大な海域に島々が散らばるタヒチのことですから、いわゆる「シークレット」と呼ばれるようなスポットは無数にあると言ってよいでしょう(実際に、ダイビングで有名なランギロア島のパスでは、サーフィンができることで有名です)。しかし、一般的に旅行者の方がサーフィンをされるのであれば、タヒチ島が現実的。1週間かけてタヒチ島のサーフスポットを巡るも良し、またハネムーンの最終日に、手付かずの自然の残るタヒチ本島のメローな波を楽しんでみるのも良いでしょう。
サーフィン01

タヒチ島で最も手軽にサーフィンを楽しむ方法
サーフィンをするのはタヒチ島に絞り込みましょう。
一般のツーリスト達が、ボラボラ島でサーフィンをするのはほぼ不可能です。
タヒチ島でサーフィンを楽しむには車が欠かせません。レンタカーはタヒチ島の空港、またはホテルで借りられます。
日本から持参するものは「国際免許」が必須。ボードはスーツケース込みで30キロまでのものに。それ以上は超過料金が発生します。
複数のボードやロングボードを持ち込む際は、レンタカーに取り付けるソフトキャリアがあると便利です。
タヒチの国内線(プロペラ機)で、ボラボラ、タハア、ランギロアなどの離島へ行く方は、サーフボードはファアア空港内の荷物一時預り所(有料)に預けるのが便利です。
離島から戻ったら、そのまま空港でレンタカーを借りるのが便利です。問題なければ最終日の国際線出発時まで車を借りて、当日に早めに空港へ行って車を返してもよいでしょう。
車は左ハンドル、右側通行。交通法規はフランスのものに準じます。
最もアクセスしやすいポイントは、島の北側のパペノー海岸です。(行き方)パペーテから時計回りに島内一周道路を東に進みます→タハラアの丘の坂道を下ると、道路は対面通行の一車線ずつに変わります〜景色も右側に山、左側に海という景勝地に→ここから「オロファラ」「パペノー・ベイ」「パペノー・リバー」とポイントが続きます。このポイントのシーズンは12月から4月くらいまでですが、サイズを気にしなければ一年中サーフ可能です。いずれも海側には駐車スペースがあり、ポイントから自分の停めた車が見えるので安心です。
ローカルは皆フレンドリーですから、なるべくローカルのいるポイントで入りましょう。
いずれもボトムは黒砂ですので、日本と同じような感覚でタヒチの波を楽しむことができます!Enjoy Tahitian Surfing !
サーフィンを終えたら真水を浴びられる場所が何箇所かありますので、ローカルに訪ねてみてください。パペノー・ベイにはシャワーもあります。携帯式ポリタンクやペットボトルを持っていけば、パペノー・ベイの端に湧き水の出ている場所もあります。

<タヒチでサーフィンする際の注意事項>
★ 国際線エアタヒチヌイにサーフボードを持ち込む際には、事前にサイズと重量の申請が必要です。
★ サーフボードは、タヒチ国内線(エアタヒチ)にはスーツケースなどの荷物と一緒にチェックインできません。
パペーテの荷物預かり等のサービスをご利用下さい。

サーフィン03

写真提供(c)Tahiti Tourisme
タグ:
タヒチ
サーフィン
チョーポー
ビラボン・コンテスト
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
タヒチでサーフィン、そしてボラボラ島でハネムーンなんていう贅沢で欲張りなタヒチ旅行をアレンジします。

国一覧
南太平洋
タヒチ(158)
中南米
チリ(1)