1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. TAHITI W&Tさんのブログ
  4. ティケハウ島(Tikehau)のダイビング

  海外エリア: 南太平洋 > タヒチ の他のブログはこちら|

楽園タヒチの魅力とタヒチ旅行のヒントとボラボラ島

~楽園タヒチの魅力と日常の素顔を徹底紹介します。~

タヒチ・ボラボラ島の水上コテージ
タヒチ旅行、ボラボラ島の水上コテージ選び、タヒチハネムーン〜海外挙式(タヒチ)までお気軽にご相談ください。
プロフィール

ニックネーム:
TAHITI W&T
居住地:
南太平洋>タヒチ>パペーテ
会社名:
タヒチウエディング&トラベル
会社英字名:
TAHITI WEDDING & TRAVEL
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5459-0078
業種:
旅行業
自己紹介:
タヒチの仕事に携わって20年。当初は日本経済がバブル期全盛のためタヒチ(フランス領ポリネシア)の主要ホテルの大半は日本企業がオーナーでした。そんな縁ではじめたタヒチの仕事ですが、バブル崩壊以降はタヒチで日本から訪れるお客様専門の旅行会社に従事し、その後ウエディングのプロデュースも始めました。とにかく楽園とはタヒチ以外に考えられないその魅力を皆さまに紹介いたします。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ティケハウ島(Tikehau)のダイビング

2010/06/27 12:16
ティケハウ01
エリア:
  • 南太平洋 > タヒチ > ティケハウ島
テーマ:
  • マリンスポーツ
  • / ホテル・宿泊
  • / 観光地
ティケハウ島(Tikehau)のダイビング
島の周りを遠浅のクリスタルラグーンが囲むティケハウ島は、幾重にも重なるブルーのグラデーションが外洋まで続いている美しい環礁です。「ツヘイアバ・パス」と呼ばれる、幅100mほどのパスでのダイビングが基本ですが、ラグーン内のポイントでもマンタに遭遇できます。

■ダイビングショップ:ホテルと提携しているダイビングショップがあり、インストラクターは英語を話すフランス人が中心です。
■ダイビングスタイル:通常は午前中2本ですが、ご要望に応じて午後のダイビングもアレンジ可能です。基本はドリフトダイビングとなります。すべてのポイントにもブイが設置されており、ロープを使用して潜降ができるのでビギナーでも安心です。

■主要ダイビングポイント*The Diving Points
【ツヘイアバ・パス】 Tuheiava Pass 魚影の濃い、最も人気の高いポイント。外洋からラグーンへ向かったドリフトダイビングとなります。ランギロアほど潮の流れがきつくないので、初めてのドリフトダイビングでも心配ありません。最大水深25mの水中は、各種サメ、ギンガメアジの群れやイソマグロなどに遭遇できます。
【シャークスホール】 Shark Hole 多くのサメを見ることができるポイントです。ドロップオフに見られる手付かずの美しい珊瑚も特徴のひとつです。
【ザ・ファーム】 The Farm ボート上からでもマンタが確認できるほど、浅瀬にマンタが集まるポイント。水深5〜10mほどの砂地にある数多くのクリーニングステーションをホッピングしながらマンタを探すことができる。

■海の見どころ:
通年:グレイリーフシャーク、レモンシャーク、ブラックチップシャーク、ホワイトチップシャーク、マンタ、ナポレオン、ギンガメアジ、バラクーダ
9〜11月:ザトウクジラ、ハンマーヘッドシャーク

ティケハウクジラ
▲南氷洋からザトウクジラも訪れるティケハウ島写真提供(c)Tahiti Tourisme
タグ:
タヒチ
ティケハウ
ダイビング
ハネムーン
タヒチ旅行
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
タヒチ(フランス領ポリネシア)のタヒチ旅行やダイビングツアーは長年の歴史あるタヒチウエディングベルへ。ランギロア島、マニヒ島のステイプランもアレンジします。

国一覧
南太平洋
タヒチ(158)
中南米
チリ(1)