1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. TAHITI W&Tさんの旅行ブログ
  4. TAHITI W&Tさん 観光地の記事一覧

  海外エリア: 南太平洋 > タヒチ の他のブログはこちら|

楽園タヒチの魅力とタヒチ旅行のヒントとボラボラ島

~楽園タヒチの魅力と日常の素顔を徹底紹介します。~

タヒチ・ボラボラ島の水上コテージ
タヒチ旅行、ボラボラ島の水上コテージ選び、タヒチハネムーン〜海外挙式(タヒチ)までお気軽にご相談ください。
プロフィール

ニックネーム:
TAHITI W&T
居住地:
南太平洋>タヒチ>パペーテ
会社名:
タヒチウエディング&トラベル
会社英字名:
TAHITI WEDDING & TRAVEL
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5459-0078
業種:
旅行業
自己紹介:
タヒチの仕事に携わって20年。当初は日本経済がバブル期全盛のためタヒチ(フランス領ポリネシア)の主要ホテルの大半は日本企業がオーナーでした。そんな縁ではじめたタヒチの仕事ですが、バブル崩壊以降はタヒチで日本から訪れるお客様専門の旅行会社に従事し、その後ウエディングのプロデュースも始めました。とにかく楽園とはタヒチ以外に考えられないその魅力を皆さまに紹介いたします。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(23件中)

モーレア島2
モーレア島のバスツアー
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>モーレア島
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ホテル・宿泊 
投稿日:2013/03/04 06:06
モーレア島観光バスツアー

今日のバスツア-のドライバ-は、日本が大好きな、モーレアエクスプロ-ラ-社のモアナ。
久しぶりに聞いた彼の日本語の上達度にはびっくり。
流暢に日本語を話していました。

モーレア島 バスツアー

ホテルを出発したバスはまずクック湾に止まり、写真撮影。
その後はジュ-ス工場脇のブティックでリキュ-ルの試飲。
パイナップル、ココナッツ、バニラ、コーヒ-のリキュール…。
いろいろおいしくて試していると、
ついフラっとなってしまうことも。。。
ジャムやフル-ツのお酢、ドライフル-ツもお求め頂けます。
次に訪れるのはオプノフ湾の近く、
山の上に『トロピカルガ-デン』です。
その名の通りここでは様々な熱帯の植物を見る事ができます。

パッション
パッション
パッションフルーツの木に似ているけれど、
実はならず、綺麗なお花が咲きます。

コロソル
コロソル(Corossol)
見た目は少々グロテスクですが、果実は白くてやわらかく、クリ-ミ-で甘酸っぱいコロソル。
ジュ-スとして販売されています。

コロソル2

コロソル3

売店では、マンゴーやパッションフルーツのアイス、パイナップルジュースも買う事が出来ます。


また、ここトロピカルガ-デンには、元博物館ガイドのジュルがいます。
彼の吹く鼻笛の音色は、古代タヒチを彷彿させます。
古代タヒチには文字がなかったため、すべては口頭で伝えられていました。
村の長が皆に話をする時、必ず鼻笛が吹かれていたそうです。

鼻笛、ハンマー、ハエはらい

ハンマーは、アウトリガ-カヌ-を作ったり、木を削るときに使っていました
ハエはらいは、無論ハエを追い払うためのもの。現在は使われておりませんが、昔は人の髪の毛を使ったとか…。

モーレア島

ポリネシアの文化に興味がある人は、ぜひ彼に
いろいろ聞いてみてください。まるで本を読ん
でいるかのように、次から次へと新しいことが
学べます。さらに彼はバニラについても詳しく、
このガ-デンで唯一、バニラの授粉ができる人
です。授粉の時期は6月から7月です。トロピ
カルガ-デンの後は、ベルベデ-ル、古代宗教
の儀式の場マラエを見学し、ティキビレッジへ
と向かいます。お土産屋も訪れます。
ツア-の締めくくりは、トアテアの展望台での写真撮影です。
ちなみに今回のツア-で、モ-レアには11箇所のパス(山からの湧き水が川になり、流れる冷たい水が海に流れこむことでパスができる珊瑚礁と珊瑚礁の間の空間)があることを知りました。

モーレア島2

PR
タヒチに興味のある方は一度はチェック。タヒチウエディングベル。
タヒチに興味のある方は一度はチェック。タヒチウエディングベル。
クイーン・エリザベス号
クイーン・エリザベス号
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>パペーテ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2013/02/27 04:02
雨季と揶揄される南海の楽園タヒチではありますが、皮肉にも世界的な異常気象が幸いして、最近では「タヒチの1〜3月は雨期」という気象学者の定説を覆す晴天が多いようです。
そして、この季節にはタヒチへ世界中の豪華客船が寄港します。
毎週のようにパペーテ港(タヒチ島)には大きな客船が停泊し、たくさんのお客様がパペーテ市内を見物するので大変賑わいます。
先日など3隻も同時に入港しました。
一番奥が、スタテンダム(STATENDAM):総トン数55,451t 、長さ219 m
http://en.wikipedia.org/wiki/MS_Statendam
真ん中が、パシフィック・プリンセス(PACIFIC PRINCESS):総トン数30,277t 、長さ181m
http://en.wikipedia.org/wiki/Pacific_Princess
手前が、オーシャン・プリンセス(OCEAN PRINCESS):総トン数30,277t 、長さ181m
http://en.wikipedia.org/wiki/Ocean_Princess_(2009)
です。
南太平洋のハブであるパペーテ港ではありますが、さすがに大型船が3隻というのは、少々窮屈そうでしたが、快晴の青空のもと、白い船体が輝いて見えました。

クイーン・エリザベス号

今年もまだまだ陸続と豪華客船がやって来ますが、中でも一番の注目の的は世界で最も有名で豪華なクイーン・エリザベス号です。総トン数90,400トン、全長294m、全幅32.3m、乗客定員2092名、世界中のセレブに人気の豪華客船の優美な姿をパペーテ港(2月28日入港予定)とボラボラ島(3月01日入港予定)で見ることが出来ます。
すでに地元の人達の期待も高まっています。
この期間にタヒチにお越しのお客様は、ぜひお見逃しなく!

クイーン・エリザベス号
クイーン・エリザベス号
タグ:
タヒチ タヒチ パペーテ 

PR
タヒチ旅行 日本総代理店
タヒチ旅行 日本総代理店
マニヒ島
マニヒ島でピクニック
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>マニヒ島
テーマ:観光地 
投稿日:2012/04/24 01:34
皆様こんにちは!Ia Orana ! ! !
ブルーラグーンツアーに続くと思われた方、ごめんなさい!
今週はランギロアではなくマニヒのピクニックツアーのご紹介です!
マニヒはツアモツ諸島に位置し、タヒチ島から北東約520キロ離れたところにある、サンゴのかけらが積もってできたホワイトサンドの小さな環礁です。主要な産業もなく、リゾートホテルは1件のみ。黒真珠の養殖を行っているこの環礁は、観光客が少ないために汚染されておらず、透き通った青い海と空が皆様をお迎えします。

ラグーンエクスカーションではどこの島でもおなじみのピクニックツアーですが、このマニヒでも参加できます。
ホテル・マニヒ・パールビーチ・リゾートから出発する「ロビンソンクルーソーピクニック」です。

マニヒ島

毎週火・木・土曜日の催行ですが、それ以外にもお客様のご宿泊が多いときには突然設定されたりする、人気のツアーです。
ホテル出発は午前8時半頃。朝食をゆっくり召し上がってからのご出発です。
宝石のような色のラグーンをボートで30分位進んだところで、当日のバーベキュー用に魚を釣ります。
ルアーなんて使いません。竿もなし。テグスにサンゴをおもりにして、切り身魚を餌にぽちょん、と落して釣ります。
これがもう入れ食い状態で、面白いように釣れるのです。
時には子ザメが餌に喰らい付き、その引きの強さに驚かされます。(30cm位でも、引き上げられません。)
その日の食事に足りるだけを釣ったら、モツ(小島)へ移動!

マニヒ島

マニヒ島

モツ到着後には、ポワソンクリュを作ったり、バーベキューの準備を手伝ったり。もちろん、膝までの深さの水路に浸かって、一杯やっていてもいいんですよ〜。

マニヒ島

船長がタコを捕ったり、サメを捕ったり、ココナツを剥いたり、いろいろと楽しませてくれます。
周辺は浅いのですが、シュノーケリングも楽しめます。魚はうようよ、水はクリアで温かく、ストレスが少ないですよ。
また、多国籍のお客様が参加するので、国際交流も可能!どんどん身振り手振りで楽しんでみて下さい。
ゆっくりと自然に癒された後、ホテルへ戻ります。お帰りは午後3時頃。
塩抜きに、そのままプールへ直行!です。
マニヒへ行ったら、是非ご参加ください。日差しが強いので、くれぐれも日焼けにはご注意を!(日焼けをしたら、船長がしぼりたてのココナッツを塗ってくれますよ)。
タグ:
タヒチ タヒチ 旅行 マニヒ島 タヒチ マニヒ島 

PR
タヒチ良好 実績No.1の旅行会社とは?
ランギロア島
じつに味わい深いランギロア空港
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>ランギロア環礁
テーマ:観光地 
投稿日:2012/04/21 19:02
みなさま、こんにちは!
タヒチは今日も快晴です。 しかしまだ雨季のタヒチ、雨が降る日もありますが少しずつ空気も乾燥してきた気がします。
本日はランギロア島のご紹介、といっても空港についてです。
タヒチ島から直行便で約1時間、ツアモツ諸島にあるランギロア島はダイバー憧れの島として、またタヒチワインのブドウの産地として知られています。また宿泊施設の乏しいツアモツ諸島の中では、比較的ペンションなどもたくさんあるのでたくさんの旅行者が訪れる島でもあります。特に、昨年ホテル キアオラリゾート&スパがリニューアルオープンしてからは、多くの日本人のお客様も訪れています。

ランギロア空港に到着して、国内線エアータヒチの機内より滑走路に降りると小さな空港の建物がお出迎え。かわいらしい”RANGIROA”の看板が見えます。飛行機は建物のすぐ近くに止まりますが、ランギロアの日差しは強いので、この距離でも肌がじりじりと焼けていくのを実感できます。

ランギロア島

建物の中には空港施設(チェックインカウンターや荷物受取カウンター)以外はお土産物屋さんが1件とカフェテリアがあるだけですが、島の玄関口となる空港はいつもローカル達の社交場になっているようです。

ランギロア島

滑走路と反対側に建物から一歩足を踏み出せば、目の前にはランギロアの美しいラグーンが見えます。
遮るものは何もなく、道一本あるだけです。まさにランギ「空」、ロア「広い」!!

ランギロア島

タヒチ島からランギロア島までの間には、途中に小さな島が一つあるだけですが、ランギロア島上空にさしかかれば美しい島の様子を機体の両側でご覧いただけます。その上で、飛行ルートによりますが、筆者の搭乗した際には左側にブルーラグーン(ランギロア島の環礁内に出来た小さな美しい環礁)がきれいに見えました。

ランギロア島

PR
タヒチ専門!実績日本随一のタヒチウエディング&トラベルにぜひ一度ご相談ください。
タヒチ専門!実績日本随一のタヒチウエディング&トラベルにぜひ一度ご相談ください。
マナバ・スイート・リゾート・タヒチ
マナバ・スイート・リゾート・タヒチ 世界観光日
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>パペーテ
  • 南太平洋>タヒチ>ボラボラ島
  • 南太平洋>タヒチ>モーレア島
テーマ:観光地 ホテル・宿泊 
投稿日:2011/10/27 21:12
マナバ・スイート・リゾート・タヒチ

世界観光日(World Tourism Day)

先月の9月27日にタヒチ観光局主催で世界観光日の催しがありました。
今年はパペーテの観光局のオフィスの隣りの屋外で行われ、この日はちょうど大きなクルーズ船(Rhapsody of the Seas)が港に止まっていたのもあり、地元の方々もおりましたが、特にこの船のお客様で賑わっていたように感じます。
催しの内容は主に各国ごとにカウンターがあり工芸品の展示や文化などを紹介。この日に出ていた国はトンガ、日本、ニュージーランド、中国、コロンビア、ドイツ、スペイン、ワリス・フツナ、レ・ユニオンなどです。
中には伝統料理やお菓子の試食もありました。実際に現地からこの日のために食材を取り寄せて手作りをした物もありました。ドイツのカウンターではドイツ人特製のソーセージをはさんだサンドイッチを販売していました。話を聞いてみると、タヒチに在住のドイツ人の方々が前夜に手作りした物だそうです。
ソーセージを網で焼いてそれをケチャップと粒マスタードを塗ったバゲットにはさんだシンプルな物でしたが、程よい味付けでジューシーで美味しかったです。
そして、地元ポリネシア部門では地元産のフルーツやお菓子の試食、バニラの販売、時間ごとに伝統料理のデモンストレーションやダンスショーが行われていました。郵便局のカウンターでは、沢山の種類の切手を販売していました。こんなに色々な種類の切手があるんだと思うほど、タヒチらしいデザインの物が揃っていました。
世界観光日というだけあって、その国ごとの特色が一度に感じられる催し事でした。このカウンターを出していた方々は皆様ポリネシア在住の外国人の方々で、長い間こちらに在住されている方でした。普段、観光客以外でこんなに多国籍の人に会うことはないので、新鮮だったのと、こんな小さな島にも沢山の外国人の方が住んでいるんだなと驚きました。

マナバ・スイート・リゾート・タヒチ

PR
タヒチ旅行はタヒチ旅行専門店へ。ホテル、観光地の生きた情報をアップトゥデイトに掌握しています。
タヒチ旅行はタヒチ旅行専門店へ。ホテル、観光地の生きた情報をアップトゥデイトに掌握しています。

1 - 5件目まで(23件中)


国一覧
南太平洋
タヒチ(158)
中南米
チリ(1)