コペンハーゲンCopenhagen

デンマーク

概要

  • 言語
    公用語はデンマーク語。英語も広く通じる。
  • 宗教
    キリスト教(福音ルーテル派)が約80%以上を占めるほか、キリスト教(カトリック)など
  • 時差
    日本より8時間遅れている。サマータイム期間中(通常3月最終日曜~10月最終日曜)は7時間の時差となる。
  • 祝祭日
    • 1月1日新年
    • 3月下旬~4月中旬洗足木曜日
    • 3月下旬~4月中旬聖金曜日
    • 3月下旬~4月中旬イースター
    • 3月下旬~4月中旬イースターマンデー
    • 4月中旬~5月中旬祈祷日
    • 5月上旬~6月上旬キリスト昇天祭
    • 5月中旬~6月中旬聖霊降臨祭
    • 6月5日憲法記念日
    • 12月24日クリスマスイブ
    • 12月25日クリスマス
    • 12月26日ボクシングデー
    • 12月31日大晦日
  • 気候・服装・
    ベストシーズン

    気候
    コペンハーゲンの気候は、沿岸を流れる暖流の影響で、高緯度の割には比較的温暖である。
    四季ははっきりといており、4月~5月頃が春、6月~8月頃が夏、9月~10月頃が秋、11月~3月頃が冬というように分けられ、夏は湿度が低く過ごしやすく、冬の寒さは比較的厳しいというのが特徴である。夏場になると、白夜のシーズンを迎え日照時間が長くなるのも特徴である。

    服装
    最も過ごしやすい夏場は、冷涼で日中は半袖で過ごすこともできるが、朝晩に冷え込んだりもするので、上から羽織るもの等を用意し、気温の変化に対応できるようにしたい。春、秋は肌寒い日が多くカーディガンやセーターが重宝される。春、秋でも冬に近い時期はコートなどで防寒しなければならない。冬は本格的に冷え込み、日中の最高気温も0度以下の日が多いため、厚手のコートなどでしっかりとした防寒対策をしたい。

    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    旅行ベスト
    シーズン
    服装
    《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
    《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
  • 平均気温・降水量


ツアー代金

  • 平均旅行日数
    5日間
  • 人気のツアーの
    平均料金 ?
    169,631円
  • ツアー代金
    最安値変動※2018/01/01(月)時点
    • 東京発 5日間
    • 大阪発 5日間
    • ベストシーズン
    ※2017年のツアー最安値グラフです。
  • 所要時間
    • 東京(成田):11.5時間(直行)
    • 東京(羽田):14.5時間(経由)
    • 大阪(関空):12.5時間(経由)
    • 名古屋:13時間(経由)
    • 福岡:13時間(経由)
    ※所要時間は目安です。特に経由便の場合、所要時間は出発曜日によって変わる場合があります。
  • 出発地、出発曜日
    • 東京(成田):毎日
    • 東京(羽田):毎日
    • 大阪(関空):毎日
    • 名古屋:毎日
    • 福岡:毎日
  • ホテル件数
    • 5つ星ランク:11件
    • 4つ星ランク:56件
    • 3つ星ランク:73件

お金

  • 通貨
    デンマーク・クローネ[DKK]
    レート
    1デンマーク・クローネ[DKK] = 約17.6754円※2018/06/24(日)現在
  • 物価 水(500ml)
    約8デンマーク・クローネ (日本円 約142円)
  • チップ
    なし
    各料金にサービス料が含まれているのでチップは基本的に不要。
    レストランで料金にサービス料が含まれていない場合や、ホテルやタクシーで特別なサービスを受けたときはお礼として渡すのがスマート。
    レストラン:会計の10%程度
    ホテル:ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだ時に5-10クローネ
    タクシー:車のトランクを利用したときに5-10クローネ
  • 両替
    日本国内でのデンマーク・クローネへの両替は羽田空港、成田空港で可能だが、あまりレートは良くない。デンマークでの日本円からの両替は、銀行や郵便局、両替所、一部のホテルで可能。銀行では両替1回ごとに手数料がかかるため、何回かに分けて両替するのではなく出来るだけ1回で済ませた方が良い。なお手数料は金融機関によって異なる。街中のショッピングセンターや繁華街のような世界中の観光客が訪れる場所の両替所は、レートが悪かったり手数料が高額な場合もある。
  • クレジットカード
    カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。

交通機関

  • 空港情報・空港
    からのアクセス
    コペンハーゲンの主要空港にはコペンハーゲン・カストロップ国際空港(市内から8km)がある。コペンハーゲン・カストロップ国際空港から市内への交通手段としては、タクシー(約30分、250~300クローネ)、バス(中央駅まで約30分、約37クローネ)、鉄道(中央駅まで約15分、約37クローネ)がある。
  • 交通機関
    • 鉄道デンマーク国鉄が運行する近郊列車エストーは、コペンハーゲン市内と郊外を結ぶ列車。市内にも駅があるので近距離の移動にも便利。チケットはゾーン制で地下鉄、市バスと共通。
    • 地下鉄2路線あり、無人の自動運転ですべて各駅停車。チケットは駅の券売機で購入。
    • 市バス庁舎前のバスセンターを中心に市内を網羅。本数も多く、日中は約10分間隔で運行。チケットは乗車時に運転手から直接購入。急行もあるので、乗車前にバス停にある地図で路線や番号を確認しておくこと。
    • タクシー市内各所に乗り場があり、手を挙げて流しのタクシーも拾える。屋根のランプがついていれば空車。料金はメーター制で税金とサービス料が含まれているのでチップは不要。大半のタクシーは英語が通じ、クレジットカードでの支払いも可能。

生活

  • 電圧・周波数
    ・プラグ
    • 電圧 :220ボルト
    • 周波数:50ヘルツ
    • プラグ:
      • Bタイプ
      • Cタイプ
  • ネット・Wi-Fi
    デンマークを含む北欧はネット先進国と言っても良い。ここ数年でコペンハーゲンの街中の無線LAN状況はかなり良くなり、接続速度は日本よりは遅いが国鉄の駅構内や、空港、ショッピングセンター、カフェ、ホテル、バス、電車内などでWi-Fiが利用できる。Wi-Fiは、提供している施設やお店によって条件が異なるが、何か登録をしなくても使えることが多い。また、有線LANポートを配備しているホテルは意外に少なく、有線LANによるネット接続サービスは無線LANのホットスポットの多さには敵わない。パソコンを持ち歩くなら、無線LAN機能は必須。
  • マナー・習慣
    タバコ・トイレ
    ■マナー、習慣
    ・教会を見学する際は露出度の高い服装は控える。大声で話したり、フラッシュをたいて撮影することも好ましくない。
    ・食事のときはみだりに音をたてない。麺類やスープであろうとすすってしまうとマナー違反である。
    ・教会や美術館で無断で写真を撮る行為は好ましくない。撮りたい場合は一言断ってから。フラッシュも控える。
    ・挨拶やお礼を積極的に交す。店に出入りするときは何も買わなくても店員にあいさつする。ぶつかってしまった時もしっかり謝る。あいさつをしないと無礼な人と思われてしまう。
    ・服装の規定は厳しくないが最低限のTPOはわきまえておきたい。レストランや劇場に赴く際はスマートカジュアルな格好をしておくのが無難である。

    ■たばこ
    条例により公共の屋内施設は基本的に禁煙となっている。
    たばこの価格は非常に高く、1箱あたり日本円で1000円前後かかる。

    ■トイレ
    比較的きれいなトイレが多いので観光客でも安心して使用できる。公衆トイレは有料のトイレが多い。コインを投入するとドアが開き使用できるようになる。料金は1クローネ前後。

    ■その他
    コンビニやスーパーにおけるお酒の販売時間は6:00-22:00に限られている。
  • 飲み水

    水道水を飲むことができる。硬度が高いので心配な人は一度沸騰させて飲むか、ミネラルウォーターを購入しよう。市販のミネラルウォーターは炭酸入りのものもあるので購入の際には確認することも忘れずに。価格は500mlあたり5-12クローネほど。
  • 治安・危険情報
    治安はおおむね良好で観光客が事件に巻き込まれることは少ない。それでも観光客をターゲットにしたスリ、置き引き等の軽犯罪はたびたび発生するので荷物、貴重品やパスポート類からは目を離さないよう心がけたい。ストロイエ、中央駅周辺、空港、ホテルのロビーで被害が集中しているので要注意。
    夜間の繁華街、クラブではギャングが暗躍しており薬物の売買が頻繁に行われている。トラブルに巻き込まれないためにも興味本位で見知らぬ人にはついていかない。
  • イベント情報
    • 6月下旬~7月上旬北海ビーチ・マラソン
    • 5月コペンハーゲン・ビール・フェスティバル
    • 5月コペンハーゲン・マラソン
    • 7月世界サンタクロース会議
  • 電話の掛け方

    デンマークから日本へ
    00(国際電話識別番号)→81(日本の国番号)→市外局番、携帯電話番号(最初の0は取る)→相手の電話番号

    日本からデンマークへ
    国際電話会社の番号※→010(国際電話識別番号)→45(デンマークの国番号)→相手の電話番号
    ※)KDDI:001/NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンクテレコム:0061
    (「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細は右記URLを参照http://www.myline.org/

  • 国際免許での
    運転

    旅行者は日本で発給された国際運転免許証により運転することができる。
  • 旅行会社・クレジ
    ットカードデスク
    の現地支店
    • JTBコペンハーゲン支店
      住所:Vesterbrogade 6D 1620 Copenhagen V Denmark 
      電話:+46-8-566-245-15
    • H.I.S.海外支店 コペンハーゲンツアーデスク
      住所:Gammel koge landevej 115-2 2500 Valby(surburb of copenhagen)Denmark
      電話:+45-3693-4664
      営業時間:5月20日-9月30日:[月-金]8:00-20:00、10月1日-5月19日:[月-金]8:00-17:00
      休日:土・日曜日・祝日
      アクセス:電話でのお問い合わせのみ受付可能です。
    • JCBカード(JCBプラザ・コペンハーゲン)
      住所:2nd Floor, Vesterbrogade 6D, 1620 Copenhagen V. Denmark(TUMLARE CORPORATION内)
      電話:+45-33-14-12-27
      営業時間:9:00-12:00、12:30-17:00
      休日:土・日曜日・祝日
      アクセス:「コペンハーゲン中央駅」から徒歩約5分。Vesterbrogade沿いのRadisson Blu Royal Hotel Copenhagenの隣のビル。靴店と時計店の間の入口を入って2階(日本式3階)。 ※セキュリティーの関係上、プラザ入口が施錠されています。ご来店の際は、入口にあるブザーを鳴らしてください。
    • VISAカード(VJデスク)
      電話:8088-3787
      営業時間:9:00-17:00(電話応対のみ)
      休日:年中無休
    • マスターカード グローバルサービス緊急連絡番号
      電話:8001-6098
    • アメリカン・エキスプレス オーバーシーズ・アシスト(海外からのお問い合わせ先/24時間日本語で対応)
      電話:44-20-8840-6462
  • ビジネスアワー
    銀行:[月-水・金]9:30-16:00、[木]9:30-17:30
    商店:[月-木]10:00-18:00、[金]10:00-19:00、[土]10:00-17:00

パスポート・ビザ(査証)

  • パスポート
    シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上必要。
    パスポートの未使用査証欄が2ページ以上必要。
  • ビザ(査証)
    不要
    180日間で90日以内の観光は査証不要。
  • 予防接種
    不要
  • 在日大使館・
    領事館

      デンマーク王国大使館
      住所:東京都渋谷区猿楽町29-6
      電話:03-3496-3001
      URL:http://japan.um.dk/ja.aspx

      在札幌デンマーク王国名誉領事館
      住所:北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地 北海道銀行内
      電話:011-233-1256

      在名古屋デンマーク王国名誉領事館
      住所:名古屋市中村区名駅4-7-1 トヨタ自動車株式会社内
      電話:080-6987-0070

      在大阪デンマーク王国名誉領事館
      住所:大阪市北区堂島浜2丁目1-40 サントリービル
      電話:06-6346-1285

入国・出国

  • 入国カード
    不要
  • 出国カード
    不要
  • 持込制限
    現地通貨・外貨:合算で10,000ユーロ相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
    タバコ:200本、又は葉巻50本、又は細葉巻100本、又は刻みタバコ250g(17歳以上)
    酒:ワイン2L、又はワイン2L(17歳以上)
    香水:0.05L
    オーデコロン:0.25L
    その他:3,250ユーロ相当以上は申告要
    持ち込み禁止品:乳製品、肉製品、生鮮食品
  • 持出制限
    現地通貨・外貨:合算で10,000ユーロ相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
  • 免税制度
    1日1店舗で総額300デンマーク・クローネ以上の買い物をすると、付加価値税が返金される。ただし、商品は未使用の状態でEU圏外に持ち出さなければ免税処理は受けられないので注意すること。
    購入時にパスポートを提示し、免税手続きを店員に依頼。必要書類を受け取り、免税申告書に日本の住所、氏名を記入。 EU最終出国地の空港で税関に免税書類、航空券、パスポート、免税対象の品物を提示し、承認印を受け、販売店で渡された封筒に入れ返送する。

トラブルにあったら・・・

  • 緊急
    消防・救急・警察:112
  • パスポート紛失

    新規発給または「帰国のための渡航書」の発行を下記で行う。どちらも有料。

    Denmark Embassy of Japan
    住所:Havneholmen 25, 9F, 1561 Copenhagen V, Denmark
    電話:45-33-113344
    FAX:45-33-113377
    URL:http://www.dk.emb-japan.go.jp/index_j.htm

  • 病気・ケガ
    ホテルのフロントから医師を呼んでもらうか、海外旅行傷害保険の冊子に記載されている病院に連絡する。保険に入っている場合、医療費を請求できるので診断書・領収書は必ずもらっておくこと。
  • 携行品の紛失
    ・盗難
    すぐに警察へ行き、盗難(紛失)届出証明書を発行してもらう。ホテルの場合はホテルからも発行。海外旅行傷害保険に入っている場合は、帰国後、証明書があれば請求できる。

大使館・総領事館のできること

  • 事件・事故
    ・緊急入院
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 医療機関に関する情報提供
    • 家族との連絡を支援
    • 現地警察や保険会社への連絡に関する助言
    • 緊急移送に関する助言や支援 など
  • 盗難・紛失
    • 現地警察への届出に関する助言
    • 家族や知人からの送金に関する助言
    • パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給(要手数料)など
  • 災害・騒乱などの
    緊急事態
    • 日本人の安否確認に対する最大限の努力
    • 日本人被害者に対する支援
    • インターネットや連絡網を通じた情報提供
    • 退避の支援
  • 行方不明
    • 現地事情にあった捜索の方法、現地警察への照会、捜索願に関する助言
    • 現地警察に対する捜査の申し入れ
  • 逮捕・拘禁
    • 領事による本人との面会または連絡
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 家族との連絡支援
    • 差別的、非人道的な扱いを受けている場合における関係当局への改善要求
  • 海外で困ったら

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

最終更新日:2017/10/10(火)

コペンハーゲンとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

コペンハーゲンと同エリアの都市はこちら

<

>