バンフBanff

カナダ

概要

  • 言語
    英語、フランス語
  • 宗教
    キリスト教(カトリック、英国国教会など)が半数以上を占めるほか、ユダヤ教、イスラム教、仏教など
  • 時差
    日本より16時間遅れている。サマータイム期間中(通常3月第2日曜~11月第1日曜)は15時間の時差となる。
  • 祝祭日
    • 1月1日新年
    • 3月下旬~4月中旬グッド・フライデー
    • 3月下旬~4月中旬復活祭
    • 3月下旬~4月中旬イースター・マンデー
    • 5月中旬月曜ビクトリア女王誕生祭
    • 7月1日建国記念日
    • 9月第1月曜レイバー・デー
    • 10月第2月曜感謝祭
    • 11月11日休戦記念日
    • 12月25日クリスマス
    • 12月26日ボクシング・デー
  • 気候・服装・
    ベストシーズン

    気候
    バンフは、日本で言えば北海道のような気候。春になるとすぐに夏がやってきて、9月中旬には秋風が吹き、11月には冬のたたずまいを見せ始める。10月は比較的気候が安定している時期と言える。地域によっては、太平洋側からロッキー山脈を越えて吹くシヌーク風が気温を一気に上昇させ、20℃前後になることもある。

    服装
    カナダは、北国なので服を重ね着をするのが基本。夏でも野外は日が蔭ると冷える。特に山間部は雨や風が吹くと冷え込むので、セーター、ウインドブレーカーが必要。都市部でも夏の時期にパーカーを着ている人を見かけることもあるので、ウインドブレーカーやフリースなどを1枚持参すると便利。また、乾燥しているので、冬用の保湿クリームや化粧品、リップクリームがあると良いだろう。

    1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
    旅行ベスト
    シーズン
    服装
    《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
    《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
  • 平均気温・降水量


ツアー代金

  • 平均旅行日数
    6日間
  • 人気のツアーの
    平均料金 ?
    203,615円
  • ツアー代金
    最安値変動※2018/01/01(月)時点
    • 東京発 6日間
    • 大阪発 6日間
    • 名古屋発 6日間
    • ベストシーズン
    ※2017年のツアー最安値グラフです。
  • 所要時間
    • 東京(成田):9時間(直行)
    • 東京(羽田):13時間(経由)
    • 大阪(関空):13.5時間(経由)
    • 名古屋:13.5時間(経由)
    • 福岡:13時間(経由)
    ※バンフには空港がなく、上記はカルガリー国際空港までの所要時間。カルガリー空港からバンフまでは陸路で約1.5時間です。
    ※所要時間は目安です。特に経由便の場合、所要時間は出発曜日によって変わる場合があります。
  • 出発地、出発曜日
    • 東京(成田):毎日
    • 東京(羽田):毎日
    • 大阪(関空):毎日
    • 名古屋:毎日
    • 福岡:毎日
  • ホテル件数
    • 5つ星ランク:4件
    • 4つ星ランク:16件
    • 3つ星ランク:42件

お金

  • 通貨
    カナダドル[CAD]
    レート
    1カナダドル[CAD] = 約84.758035円※2018/12/16(日)現在
  • 物価 水(500ml)
    約1カナダドル (日本円 約85円)
  • チップ
    あり
    チップは心づけではなくマナーなので計算が煩わしくても必ず渡すこと。
    レストラン:会計の15-20%、サービス料が既に含まれている場合チップは不要。
    ホテル
    ポーター:荷物1つにつき1-3ドル、荷物の大きさや量に応じて渡す
    ベッドメイク:1泊ベッド1台につき1-2ドル
    ルームサービス:注文した料金の10-15%、他に何か便宜を図ってもらったら1-3ドル
    タクシー:料金の10-15%、荷物を運んでくれた時やトランクを利用した時は荷物の量や大きさに応じて追加して渡す
  • 両替
    日本国内でのカナダドルへの両替は、あまりレートが良くない。カナダでの日本円からの両替は、銀行、空港、街中の両替所、ホテルなどで可能。一般的に現地の銀行、街中の両替所のレートが比較的良く、ホテルのフロントのレートがあまり良くないと言われている。
  • クレジットカード
    カードの流通度は非常に高い。小額の支払いでもカードを使うことが日常的。ただし一部のカードブランドは使えない場合もあるので注意が必要。

交通機関

  • 空港情報・空港
    からのアクセス
    バンフの主要空港にはカルガリー国際空港(カルガリーからバンフまでは約128km)がある。カルガリー国際空港から市内への交通手段としては、バス(約105分、65カナダドル)がある。
  • 交通機関
    • タクシーバンフの町はとても小さく徒歩の移動が多くなるが、少し離れた場所のレストランやホテルを利用する際に便利。流しのタクシーは少ないのでホテルで呼んでもらうか、街中のタクシー乗り場から乗車するのがおすすめ。支払の際、料金の15~20%程のチップを忘れずに。
    • バスROAM(ローム)2つのルートが約40分間隔で運行。運行ルートは変更されることがあるので乗車前に確認を。車体には動物が描かれており見つけやすい。運賃は運転席の横にある箱に入れる。お釣りは出ないので、事前に小銭の用意を。降りるバス停が近づいてきたら、黄色いロープを引いて合図をする。乗り換えたい場合、ドライバーに乗換券を貰えば、追加料金無しで乗換えが可能。

生活

  • 電圧・周波数
    ・プラグ
    • 電圧 :110ボルト
    • 周波数:60ヘルツ
    • プラグ:
      • Aタイプ
  • ネット・Wi-Fi
    観光客の多いホテルやゲストハウスなどでWi-Fiが利用できることが多い。また、街中のレストランやカフェでもWi-Fi対応が増えている。しかし、カナダの他の大都市に比べるとWi-Fiスポットは少ない。
  • マナー・習慣
    タバコ・トイレ
    ■マナー
    ・挨拶やお礼を積極的に交し合う文化がある。店に入るときやエレベーターではあいさつし、人とぶつかってしまった際は”Excuse me”や”Sorry”を忘れないように。言葉を交わさないと無礼な人と思われてしまう。
    ・レディーファーストを重んじる。ドアを出入りするときは男性が扉を押さえ女性を先に通し、歩道では男性が車道側を歩き女性を車から守る。女性は男性のエスコートに対し”Thank you.”と一言添えること。
    ・手の甲を外側に向けたピースサインも相手を侮辱していることになるので注意。
    ・意思疎通を図るためには曖昧な返答はせず、自分の意見をはっきり主張すること。

    ■食事
    ・レストランの服装の規定は厳しくないが最低限のTPOはわきまえておきたい。ドレスコードのないレストランでもスマートカジュアルな格好をしておくのが無難である。
    ・食事の際、むやみに麺やスープを音を立ててすすったり食器を持ち上げることは好ましくない。
    ・ウエイターを大声で呼ぶのは好ましくない。彼らが来るのを待つかアイコンタクトを知らせる。
    ・公共の場での飲酒は禁止されており、違反者には罰金が科せられる。車の中に開封済みのアルコールがあるだけで罰せられるケースもあるので要注意。
    ・お酒の購入時には顔写真付きの身分証(ID)の提示が求められる。生年月日が元号表示の日本の免許証では相手が年齢判別できないのでパスポートや国際免許証を提示したほうがいい。

    ■たばこ
    バンフのあるアルバータ州での喫煙は19歳から。レストラン、娯楽施設、職場などの屋内の公共の場は全面的に禁煙である。屋外でも建物、窓、通気口から5メートル以内の場所は禁煙である。

    ■トイレ
    公衆トイレの数は少ない。ホテルやショッピングセンター、レストラン、カフェ、ファーストフード店でこまめに利用しておくとよい。

    ■その他
    バンフは国立公園内にある街で、自然を保護し景観を維持するため様々なマナーが存在する。
    ・ごみやたばこのポイ捨ては罰金対象になる。
    ・野生動物にエサを与えたり不用心に近づかない。見た目以上に獰猛な動物もおりこちらに危害を加えることもある。
    ・絶滅危惧種やヒグマの分布、天候に応じて立ち入り禁止区域が設定されることがある。勝手に侵入した場合罰金の対象になる。
  • 飲み水

    水道水をそのまま飲んでも問題ないが硬度が日本の水より若干高い。体質に合わない場合もあるので不安な方、胃腸の弱い方は避け、ミネラルウォーターを購入しよう。価格は1リットル当たり2.5カナダドル前後。
  • 治安・危険情報
    国立公園内の小さな町だけあって治安はいい。観光客を狙ったスリ、置き引き、引ったくりはに遭わないためにも荷物やパスポートからは決して目を離さないよう心掛けたい。夜間はかなり暗く、強盗・暴行事件だけでなく野生動物との接触も多い。日没後の不要な外出は控えるべきである。
  • 電話の掛け方

    カナダから日本へ
    011(国際電話識別番号)→81(日本の国番号)→市外局番、携帯電話番号(最初の0は取る)→相手の電話番号

    日本からカナダへ
    国際電話会社の番号※→010(国際電話識別番号)→1(カナダの国番号)→相手の電話番号(最初の0は取る)
    ※)KDDI:001/NTTコミュニケーションズ:0033/ソフトバンクテレコム:0061
    (「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細は右記URLを参照http://www.myline.org/

  • 国際免許での
    運転

    旅行者は日本で発給された国際運転免許証により運転することができる。
  • 旅行会社・クレジ
    ットカードデスク
    の現地支店
    • JTBバンフ支店(カナディアンロッキー・バンフ Jステーション)
      住所:222 Lynx Street Banff, Alberta T1L 1B3, Canada
      電話:+1-403-762-8686
      営業時間:[4月16日-10月31日]10:30-13:00、14:00-19:00
      休日:11月1日-4月15日
      アクセス:バンフ・パークロッジ内
    • H.I.S.海外支店 バンフ ツアーデスク支店
      住所:222 Lynx Street P.O. Box 2200, Banff, Alberta T1L 1K5, Canada
      電話:+1-403-431-2702
      営業時間:[4月1日-10月31日]10:00-20:00、11月1日-3月31日:[月-金]9:00-14:00
      休日:土・日曜日・祝日(冬季のみ)
      アクセス:Banff Park Lodge内
    • VISAカード(VJデスク)
      電話:+1-866-425-9999
      営業時間:9:00-17:00(電話応対のみ)
      休日:年中無休
    • マスターカード グローバルサービス緊急連絡番号
      電話:1-800-307-7309
    • アメリカン・エキスプレス オーバーシーズ・アシスト(海外からのお問い合わせ先/24時間日本語で対応)
      電話:1-800-866-8630
  • ビジネスアワー
    銀行:[月-金]9:30-16:00
    商店:[月-水・土]10:00-18:00、[木・金]10:00-20:00

パスポート・ビザ(査証)

入国・出国

  • 入国カード
    不要
  • 出国カード
    不要
  • 持込制限
    現地通貨・外貨:合算で10,000カナダドル相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
    タバコ:200本、又は葉巻50本、又は刻みタバコ200g
    酒:ワイン1.5L、又はビール8.5L、又は蒸留酒1.14L(18歳以上)
    その他土産品:60カナダドル相当まで
    持ち込み禁止品:武器、火器、肉製品など
  • 持出制限
    現地通貨・外貨:合算で10,000カナダドル相当(トラベラーズチェック含む)以上は申告要
  • 免税制度
    なし

トラブルにあったら・・・

  • 緊急
    救急車、警察、消防車:911
  • パスポート紛失

    新規発給または「帰国のための渡航書」の発行を下記で行う。どちらも有料。

    Canada Embassy of Japan
    住所:255 Sussex Drive, Ottawa, Ontario K1N 9E6, Canada
    電話:1-613-2418541
    FAX:1-613-2412232
    URL:http://www.ca.emb-japan.go.jp/JapaneseSite/index_j.htm

    Toronto Consulate-General of Japan
    住所:Suite 3300, 77 King Street West, Toronto, Ontario M5K 1A1, Canada (P.O. Box 10 Toronto-Dominion Centre)
    電話:1-416-3637038
    FAX:1-416-3679392
    URL:http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

    Vancouver Consulate-General of Japan
    住所:900-1177 West Hastings Street, Vancouver, British Columbia V6E 2K9, Canada
    電話:1-604-6845868
    FAX:1-604-6846939
    URL:http://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/index_j.htm

    Montreal Consulat General du Japon
    住所:1, Place Ville Marie, Bureau 3333 Montreal (Quebec) H3B 3N2, Canada
    電話:1-514-8663429
    FAX:1-514-3956000
    URL:http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

  • 病気・ケガ
    ホテルのフロントから医師を呼んでもらうか、海外旅行傷害保険の冊子に記載されている病院に連絡する。保険に入っている場合、医療費を請求できるので診断書・領収書は必ずもらっておくこと。
  • 携行品の紛失
    ・盗難
    すぐに警察へ行き、盗難(紛失)届出証明書を発行してもらう。ホテルの場合はホテルからも発行。海外旅行傷害保険に入っている場合は、帰国後、証明書があれば請求できる。

大使館・総領事館のできること

  • 事件・事故
    ・緊急入院
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 医療機関に関する情報提供
    • 家族との連絡を支援
    • 現地警察や保険会社への連絡に関する助言
    • 緊急移送に関する助言や支援 など
  • 盗難・紛失
    • 現地警察への届出に関する助言
    • 家族や知人からの送金に関する助言
    • パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給(要手数料)など
  • 災害・騒乱などの
    緊急事態
    • 日本人の安否確認に対する最大限の努力
    • 日本人被害者に対する支援
    • インターネットや連絡網を通じた情報提供
    • 退避の支援
  • 行方不明
    • 現地事情にあった捜索の方法、現地警察への照会、捜索願に関する助言
    • 現地警察に対する捜査の申し入れ
  • 逮捕・拘禁
    • 領事による本人との面会または連絡
    • 弁護士や通訳に関する情報提供
    • 家族との連絡支援
    • 差別的、非人道的な扱いを受けている場合における関係当局への改善要求
  • 海外で困ったら

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

最終更新日:2017/11/22(水)

バンフとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

バンフと同エリアの都市はこちら