2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 国内旅行の情報ブログ
  3. 青岩秋子さんの旅行ブログ
  4. 青岩秋子さん 岩手の記事一覧

  国内エリア: 東北 > 青森 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

~〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜~

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!
プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー
5月<2019年6月    
1
234567 8
91011121314 15
16171819202122
23242526272829
30

記事一覧

1 - 5件目まで(124件中)

北山崎
夏の味覚「ウニ」と三陸の潮風に出会う旅☆
エリア:
  • 東北>青森>八戸
  • 東北>岩手>宮古・浄土ケ浜
  • 東北>岩手>大船渡・陸前高田
テーマ:ハイキング・登山 グルメ 自然・植物 
投稿日:2019/06/14 11:32
コメント(0)
海の幸♪山の幸♪青岩秋子です(笑)


三陸の初夏の味覚!ウニ漁がついに解禁しましたね〜☆☆☆
旬のウニは、甘くて美味しい♪

これから7月にかけてウニ漁が最盛期を迎えます。
取れたての味が、そのまま味わえるお土産をご紹介しま〜す!

な、な、なんと、牛乳瓶にウニを詰めちゃってる!?(゜Д゜;)
しかも、ぎっしり。そんな贅沢な光景、今まで見たことがあるでしょうか!?

ウニの瓶詰め

「ウニの瓶詰め」は、取れたての新鮮なウニを海水と一緒に牛乳瓶に詰めているもの。
ウニ漁が最盛期を迎える、今しか食べられないものなんです!!(´;ω;`)ウゥゥ

食べるときは、水切りするだけでOK!
海水のしょっぱさが、ウニの甘さを引き立てます☆
新鮮なウニは、ミョウバンに漬けていないので、苦みが全くありません!!

そんな牛乳瓶入りのウニを現地に探しに行きましょう!!

今回は、山ガールでもある青岩秋子が、三陸の海の幸を食べ歩くのにうってつけのコースをご紹介しますd(*´▽`*)b

「みちのく潮風(しおかぜ)トレイル」
北は青森県八戸(はちのへ)市蕪島(かぶしま)から、南は福島県相馬市松川浦まで、全長900km超と日本一長いトレイルコースです☆
これは震災後、環境省の「グリーン復興プロジェクト」の一環として2013年から整備が始まりました。

ついに今年6月9日(日)に全線が開通しました!
出来立てほやほや♪

ちなみに「トレイル」とは、山や森、里山などにある「歩くための道」のことなのだとか。
「みちのく潮風トレイル」は、三陸の雄大な自然と、広大な海を眺めながら自分の足で、自分のペースで歩くことができます。

「でも、900kmなんて無理〜」と思った方!大丈夫です!!
一度に全部を歩く必要はありませんよ(゜v`d)

種差海岸1

例えば、青森県八戸市の「種差(たねさし)海岸」では、遊歩道を歩いたり、砂浜を歩いたりと楽しんだ後は、近くを走る電車やバスで宿まで直行!

岩手県久慈(くじ)市からは、こちらも今年3月に全線開通した三陸鉄道で、久慈駅名物・リアス亭の「うに弁当」を食べながら移動するのも楽しいですね〜♪
三陸鉄道とウニ弁当

岩手県田野畑(たのはた)村北山崎(きたやまざき)には断崖絶壁がそびえたちます。
北山崎

宮古(みやこ)市浄土ヶ浜(じょうどがはま)では、遊覧船やさっぱ船クルーズでウミネコに餌やり体験を楽しめますよ♪
さっぱ船

大船渡(おおふなと)市碁石(ごいし)海岸では、波の浸食が作り上げた岩「穴通磯(あなとおしいそ)」が、眼鏡に見えたり、見えなかったり(笑)
穴通磯

これから夏にかけて、ウニを筆頭に、カツオやマグロ、ブリも水揚げ最盛期を迎えます☆
トレイル途中の小さなお店にぶらりと立ち寄り、地元の人と触れ合うのも楽しいと思いますよ♪

種差海岸2


2019年6月1日(土)〜8月7日(水)
岩手県の三陸沿岸地域で「三陸防災復興プロジェクト」が開催中です!


三陸防災復興

「国内外に向けた防災復興の発信」「三陸の豊かな自然環境」「三陸を元気にする文化芸術・スポーツ・食の力」「三陸鉄道や車での周遊」というテーマの下、様々なイベントを開催し、復興の今と三陸の魅力を発信しています。

3月に三陸鉄道が、6月にみちのく潮風トレイルが全線開通となった三陸は、今いちばん熱い!!
旬のウニと一緒に、三陸を満喫してくださ〜い♪

三陸の海産物

詳しくはこちら↓↓↓

いわての旅
https://iwatetabi.jp/

さんりく旅しるべ
https://sanriku-travel.jp/

みちのく潮風トレイル北三陸ポータルサイト
http://kitasanriku-mct.jp/


やまねこ号1
宮沢賢治のふるさと花巻市の観光は、これで決まり!「どんぐりとやまねこ号」
エリア:
  • 東北>岩手>花巻・遠野
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/05/24 10:39
コメント(0)
文学少女(?)青岩秋子です♪

北東北の若葉も芽吹いて、爽やかな空気が漂っている今日この頃。
イーハトーブが私を呼んでいる〜d(*´▽`*)b
ということで、岩手県花巻(はなまき)市へ行ってきました!

岩手県花巻市は、文豪:宮沢賢治のふるさと。
「イーハトーブ」とは、賢治がふるさと岩手県のことを物語に登場させるときに用いた地名と言われています。
ほら、なんとなく「いーわーてー」と「イーハトーブ」って似てると思いませんか?( *´艸`)クスクス

そんな「イーハトーブ(岩手県)」「ハームキア(花巻市)」には、宮沢賢治ゆかりの場所や、花巻市にゆかりのある人物の記念館などをまとめて訪ねることができる日帰りツアーがあります!
その名も「どんぐりとやまねこ号」☆
午前中コースの「どんぐり号」と、午後コースの「やまねこ号」があり、両方合わせた一日コースの「どんぐりとやまねこ号」としても楽しめます。

今回は午後コース「やまねこ号」をご紹介します!
やまねこ号1
JR新花巻駅を13時に出発!!
なんと、乗り物はレトロなボンネットバス☆
運転手さんの制服もステキ!!
やまねこ号2

まず初めに訪れたのは「花巻新渡戸(はなまきにとべ)記念館」
花巻新渡戸記念館

この名前、どこかで聞いたことがある方もいるはず。
以前、五千円札の肖像画だった新渡戸稲造(にとべいなぞう)です!!
新渡戸家が花巻市の出身で、一族の功績をたたえて作られた記念館です。
ガイドさんの説明を聞きながら、展示物を見学できます。

次は、「宮沢賢治記念館」
宮沢賢治の原稿や愛用のチェロなどが展示されています。
映像で賢治の生涯や世界観を体感することができますよ〜♪
宮沢賢治記念館

しっかり学んだあとは、ちょっと一息。
エーデルワインの製造工場「ワインシャトー大迫(おおはさま)」で、ワインの試飲を楽しめます。
ワインシャトー大迫1
ワインやお酒が苦手な方には、ぶどうジュースがありますよ☆
ワイナリーの工場見学の後は、隣のお店でワインを購入できますよ♪
くれぐれも飲みすぎには注意です!
ワインシャトー大迫2

大迫(おおはさま)地区にある「早池峰(はやちね)と賢治の展示室」にも立ち寄ります。
早池峰と賢治の展示室
宮沢賢治の童話「猫の事務所」のモデルになった場所だそうです。
ワンシーンを再現している部屋もあるので、賢治ファン必見!

最後は「酒匠館(さかしょうかん)」
酒匠館1
日本三大杜氏の「南部杜氏(なんぶとうじ)」が仕込む、日本の宝:日本酒。
道の駅石鳥谷(いしどりや)内にある、岩手県の日本酒が揃うお土産物店です。
もちろん、日本酒の試飲ができますよ〜♪
私のオススメは、「酒アイス」(●´U`●)
地元『南部関(なんぶせき)』の特別純米酒を使ったジェラートは、ほんのりと日本酒の香りがして、食べる人の心を捕まえて離さない!
アルコール分はほぼゼロなので、安心してお召し上がりください☆
酒匠館2

帰りはJR新花巻駅・JR花巻駅・花巻温泉郷まで送ってもらえます♪
やまねこ号3
花巻観光は、便利で楽しい「どんぐりとやまねこ号」を是非ご利用ください!

詳しくはこちら↓↓↓

花巻の旅(花巻観光協会)
https://www.kanko-hanamaki.ne.jp/donguri_yamanekogou_first/


早池峰山
きた東北 山開き情報2019 ☆企画展『北東北の緑と青』もやってます♪
エリア:
  • 東北>青森
  • 東北>岩手
  • 東北>秋田
テーマ:ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2019/05/10 10:44
コメント(0)
青岩秋子です♪

桜の季節が終わりました〜!
いよいよ「まぶしい新緑」の季節が始まります。
きた東北の山々はこれから山開きを迎えますよ♪

今年もきた東北3県の主な山の山開き情報をお伝えしま〜〜〜す(*^_^*)

★青森県★

八甲田山・・・例年7月上旬頃(去年は7月8日)
八甲田ロープウェー:http://www.hakkoda-ropeway.jp/
八甲田山

岩木山・・・4月27日(土)
(株)岩木スカイライン:http://www.iwaki-skyline.jp/
岩木山

白神の森遊山道(ゆうざんどう)・・・4月20日(土)
白神の森遊山道公式サイト:https://shirakaminomori.jp/
白神の森遊山道

★岩手県★

八幡平(はちまんたい)・・・6月1日(土)
八幡平市観光協会:http://www.hachimantai.or.jp/
八幡平

早池峰(はやちね)山・・・6月9日(日)
花巻観光協会:https://www.kanko-hanamaki.ne.jp/
早池峰山

岩手山・・・7月1日(月)
滝沢市 岩手山:http://www.city.takizawa.iwate.jp/mtiwate
岩手山

★秋田県★

秋田駒ケ岳・・・6月1日(土)
仙北市 秋田駒ヶ岳:https://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/03_komagatake.html
秋田駒ケ岳

森吉山・・・5月3日(金)
北秋田市観光物産協会:http://hahaha.akita.jp/
森吉山

栗駒山・・・5月19日(日)
東成瀬村観光サイト:http://www.higashinaruse.com/kanko/02_fun/06_climb_kurikoma.html
栗駒山

鳥海山(矢島口)・・・4月26日(金)
鳥海山国定公園観光開発協議会:http://chokaizan.com/
元滝伏流水

無理のない計画、安全で楽しい登山を〜〜〜(^O^)/

北東北三県大阪合同事務所では、ただいま、青森・岩手・秋田の新緑の美しいスポットをたくさんご紹介しています♪

企画展1

企画展2


お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。お待ちしております(*^▽^*)
タグ:
山開き 登山 新緑 

桜
平安時代にタイムスリップ♪「えさし藤原の郷」
エリア:
  • 東北>岩手>奥州・水沢・江刺
テーマ:テーマパーク 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/04/12 10:35
コメント(0)
青岩秋子です♪

岩手県奥州(おうしゅう)市 江刺(えさし)区にある平安時代の歴史テーマパーク「歴史公園えさし 藤原の郷(さと)」へ行ってきました〜

奥州藤原氏の興亡を題材にした大河ドラマ「炎立つ」(平成3年)の撮影が行われたことをきっかけに整備し、その後は大河ドラマ、映画、時代劇など数え切れないほどの作品のロケ地として使われているそうです!

東北新幹線・水沢江刺(みずさわえさし)駅から車で約15分。
(水沢江刺駅または東北本線・水沢駅からバスを乗り継いで行く方法もあります)

エアポートライナー
また、花巻空港からエアポートライナー(乗合タクシー)もあるので、利用すればとっても便利ですね☆

門

ここ江刺は奥州藤原氏初代清衡公とその父・経清公が住んだ土地。
20ヘクタールの広大な土地に120棟余りの歴史的建造物を再現していると聞いて、ワクワクしながら入場ゲートをくぐりました(σ´∀`)σ

広大な園内なのでどこから周ったら良いのか迷ってしまいそうなのですが・・・
2つのモデルコースが用意されているので、滞在時間に合わせてチョイスできそう〜
(((o(*゜∀゜*)o)))
(もちろん自由に見て周ることができますよ!)

「登り坂もありますよ〜」とスタッフさんに聞いたので、私は園内を定期的に周っている電動ミニバス「ゆめひら号」という車(1日乗車券:200円)に乗ってラクチン移動しました〜

ゆめひら号
これはとっても便利(´∀`艸)

車窓
気になった建物は後からじっくり歩いて見て周れますね!

政庁
入場ゲートから一番近い政庁は朱色が鮮やか!!
律令時代(12世紀)の朝廷の政治拠点だった政庁を忠実に再現しているとのことでした。

伽羅御所庭園
平泉文化の最盛期を築いた奥州藤原氏三代秀衡の居館を想定して再現した伽羅御所(きゃらごしょ)は日本で唯一寝殿造の様式を完全に再現した建造物だそうです。
一部を再現した寝殿造風の建物は他にもあるそうなのですが、庭園を含めて厳密に寝殿造を再現しているのは、ここ「藤原の郷」だけなんですって!!

当時の資料をもとに地元の宮大工や庭師の手によって造られたとのこと、とっても見応えがありました。

京都から仕入れた本格的な十二単(じゅうにひとえ)の着付体験や、気軽に平安時代の衣装を羽織って自分のカメラで自由に撮影できるコーナー、政庁では弓矢や鎧の着付体験もありますよ〜(●´∀`)○´∀`)ノ

着付体験
これは楽しそう♪
平安貴族になりきって記念撮影!!(´∀`○)ノ

ロケ資料館平安時代の町並みもあって、平安時代にタイムスリップしたかのようでした(((o(*゜∀゜*)o)))

江刺鹿踊
また、毎週日曜日には江刺鹿踊(えさしししおどり)の公演が行われています。
(4月下旬〜11月中旬)

江刺に古くから伝わる郷土芸能「江刺鹿踊」
定期公演が行われているのは、ここ藤原の郷だけとのこと!
踊手さんとの記念撮影もできるようなので、これはおすすめですよ〜

桜
これから園内は桜が開花、たくさんの人で賑わいます♪
(例年の見頃は4月下旬)

桜2
とってもきれい!!
お花見弁当も予約できるそうです(´∀`○)ノ

広大な敷地で、平安ロマンに浸ってみませんか?


詳しくはコチラ ↓↓↓

えさし藤原の郷
https://www.fujiwaranosato.com/
タグ:
えさし藤原の郷 着付体験 ロケ地 大河ドラマ 時代劇 

エモーション2
レストラン列車「TOHOKU EMOTION」で贅沢な時間を♪
エリア:
  • 東北>青森>八戸
  • 東北>岩手>久慈
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2019/03/29 09:38
コメント(0)
列車の旅が大好き!!青岩秋子です♪

きた東北には人気のローカル線や色々なイベント列車が運行しているのですが・・・
先日、ちょっぴり豪華なレストラン列車に乗ってきました〜!!

エモーション
その名も「TOHOKU EMOTION」

JR東日本が運行する「新しい東北を発見・体験」することにこだわった列車で、列車全体を「移動するレストラン」として運用。
2013年秋以降、八戸線(八戸〜久慈間)を土休日、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始を中心に年間150日間程度運行しているんですよ〜p(*゜v゜`*)q

今回は、久慈発八戸行きのデザートブッフェ列車に乗ってきました
((´I `*))♪


久慈駅の改札は発車15分前の14:05。
入口には赤い絨毯☆スタッフの方が持つ大漁旗でのお出迎えは「特別な列車」感が増すうれしいパフォーマンスです♪
車両は3両編成。真ん中の車両は厨房になっていて、席は両端の1号車と3号車です。

八戸寄りの1号車は全て4人用コンパートメント個室、久慈寄りの3号車はオープンダイニング車両で海側が4名席・山側が2人席といった配置になっていました(((o(*゜∀゜*)o)))

客室
(写真左:1号車コンパートメント個室 写真右:3号車オープンダイニング車両)

厨房横の乗車口から入るので、デザートの準備をしている様子が目に入ります☆
テンションが上がる〜(o≧∀≦o)ノ゛

車両の室内空間も楽しめるように配慮された内装も素敵〜(pq*´∀゜)
3号車の床は青森の「こぎん刺し」、照明は岩手の「琥珀」、什器の仕上げ材は宮城の「雄勝(おがつ)硯」をモチーフに、2号車のライブキッチンスペースは岩手の南部鉄と青森の南部姫毬をモチーフに装飾されていました。

列車が出発してまもなく運ばれてきたデザートアソートプレート♪

アソート
本日のアソートプレートは、左から栗のフォンダン・ムースマスカルポーネ・ゆずのシャーベット。
真ん中にはTOHOKU EMOTIONのロゴが印刷されたホワイトチョコレートが添えてありました〜(o´▽`o)v
食べるのがもったいないけど・・・食べちゃいます(笑)

メニュー
そして、本日のメニュー♪
洋ナシのフラン・ヴィクトリアサンドケーキ・ベイクドショコラ・かぼちゃのチーズケーキ・きな粉ブランマンジェ・わらびもち・ぶどうジュレ☆

ドリンクはソフトドリンクを中心に、自由にオーダーできます。
アルコールは数量限定ですが、ビール・赤白ワイン・シードルが用意されているとのことでした。

デザート2号車
デザートの用意ができたとの案内があったので、2号車へ取りに行きました!

オードブル2号車
この日はデザートが7種、オードブルも8種ほど用意されていましたよ〜

ケーキ1

ケーキ2

ケーキ3
監修は盛岡のメトロポリタンホテルのパティシエ・熊谷崇さんとのこと。
どれも美味しそう!!!!

デザート席
気になるデザートをお皿に盛り付けます。結局全種類取りましたが(笑)

佐助豚
オードブルのメインは岩手佐助豚の生ハム。
岩手佐助豚は二戸の農場で生産されているブランド豚で、シェフ自らその場で切り分け、青森県弘前市の工芸品「ブナコ」のお皿に盛り付けてもらえますv(o´∀`o)v

生ハムも美味しいし、ブナコのお皿もオシャレでかわいい〜♪

デザートブッフェというと、甘いものばかりで意外にたくさん食べられない・・・という方が多いのですが、こちらはケーキだけでなくオードブルも種類豊富に用意されているので、甘いものが苦手な方もオーダーしたお酒を片手に十分楽しめます☆

また、おすすめ景勝地が近づくとその度にアナウンスが入るので、うっかり見逃すことなく三陸の美しい海岸を眺めながらのんびり美味しいデザートを食べられて、本当に幸せな時間♪

景色
(写真左:有家駅〜陸中八木駅間の眺め 写真右:再建中の蕪嶋神社)

おみやげ
コンパートメント個室の方限定のお土産(写真:左=ポストカードとボールペン)とTOHOKU EMOTION5周年の特別グッズ(写真:中央=コースター・右=ワッペン)のプレゼントも。

地元の方の温かいおもてなし、美味しいデザートとオードブル、窓の外を見れば太平洋を一望できるTOHOKU EMOTIONは、心もお腹も満たされる約2時間の贅沢な旅でした〜♪

今度はランチ列車に乗りたいなぁ(´∀`艸)


詳しくは コチラ ↓↓↓

JR東日本「TOHOKU EMOTION」
https://www.jreast.co.jp/tohokuemotion/index.html

乗っちゃ王国「TOHOKU EMOTION」
https://www.jr-morioka.com/noccha/train/emotion/
タグ:
TOHOKU EMOTION JR東日本 レストラン列車 

1 - 5件目まで(124件中)


国一覧
東北
青森(132)
秋田(129)
岩手(124)