1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 青岩秋子さんの旅行ブログ
  4. 青岩秋子さん ハイキング・登山の記事一覧

  国内エリア: 東北 > 岩手 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

~〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜~

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

11月<2018年12月    
1
234567 8
91011121314 15
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(18件中)

松尾ビジターセンター
「八幡平自然散策バス」で☆お手軽トレッキング☆
エリア:
  • 東北>岩手>盛岡
  • 東北>岩手>八幡平温泉郷
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2018/08/03 10:35
コメント(0)
☆山ガール☆青岩秋子です!!

山の日を間近に控え、ワクワクしてます♪
みなさま山を楽しんでますか?

今回は、岩手県八幡平市にある花盛りの八幡平(はちまんたい) に行ってきました!

八幡平へは盛岡(もりおか)駅から発着している「八幡平自然散策バス」を利用すると便利ですよ!
自然散策バス

自然散策バスを利用すると、なんと散策ガイドが八幡平を無料で案内してくれるんです!(o´▽`o)v
バスの車内で参加希望人数を確認。希望者人数に合わせて、ガイドさんの数を増やしてくれるので、安心!

晴天の盛岡駅を9時10分にしゅっぱ〜つ!!高速道路を30分ほど通り、一般道へ。
盛岡市内とは打って変わって、だんだんと自然が多くなってきました(∩˃o˂∩)♡

途中トイレ休憩で止まった松尾八幡平ビジターセンターからは八幡平を一望♪
ん?ムムム?八幡平の頂上が厚い雲の中にある〜(゜Д゜;)

松尾ビジターセンター

雨が降りませんように!

硫黄の匂いが立ち込める松川温泉を過ぎ、バスはいよいよ山道を走りま〜す♪
おやおやおや?だんだん雲がちかづいてきたヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

頂上レストハウスに着くころには、すっかり辺りは真っ白になってしまいました。

八幡平1

盛岡駅から約2時間。八幡平頂上レストハウスに着くと、無料ガイドさんがお待ちかね。希望者の人数確認をしてから、出発!
風も強く、いつ雨が降るかわからない状況だったので、みんな雨具や雨合羽を着込んでました。
やっぱり、山の天気は侮れないですね。

八幡平2

八幡平の山頂付近はとてもなだらかなので、息切れすることなく歩けますよ!
色とりどりの高山植物を愛でながら、八幡平について教えてもらえます。
鏡沼(かがみぬま)の雪が解けるときに竜の目のように見えることから名付けられた「ドラゴンアイ」

八幡平5
真っ白で、何にも見えな〜い(´;Д;`)

岩手県八幡平市のパンフレット「はちたび」より引用した画像↓
ドラゴンアイ
これぞ「ドラゴンアイ」これが見たかったな〜。

八幡平頂上のやぐらからは、やっぱり何も見えな〜い!!
八幡沼(はちまんぬま)展望台の景色がとってもキレイなんです!ほら!って、やっぱり何も見えな〜い(´;ω;`)ウゥゥ

八幡平9

本来ならこんな景色が見えるはずでした↓
八幡沼展望台

その代わり、雨に濡れた高山植物たちはとってもキレイでしたよ♪
八幡平(花)

山桜も微笑んでくれました。
八幡平7

私が訪ねた6月30日までは1時間30分のガイドツアーでしたが、7月1日からは2時間30分のガイドツアーになっています。
皆さんも参加するときは、必ず散策コースをチェックしてくださいね!

雨・風・霧で眺望はさっぱりでしたが、お花たちに癒されました٩( ´◡` )( ´◡` )۶

頂上レストハウス前から盛岡駅へ向かうバスに乗り込み八幡平を後にすると、麓はカンカン照りじゃないですか!!
山の天気、恐るべし(。´Д⊂) ウワァァァン!

17時半頃、盛岡駅に到着。
こうなったら美味しいもので癒されよう!
盛岡三大麺の一つ「盛岡冷麺」をいただきます♪

盛岡冷麺

濃厚なスープとキムチの辛味、キュウリの酢漬けの酸味がアクセントになってサイコー(◎´□`)サイコォォォー☆

八幡平散策と盛岡冷麺のセット、オススメです!!

詳しくはこちら↓↓↓

八幡平市観光協会
http://www.hachimantai.or.jp/

タグ:
八幡平 盛岡 トレッキング 散策 百名山 

秋田駒ヶ岳?
きた東北 山開き情報2018 ☆企画展『北東北の緑と青』もやってま〜す♪
エリア:
  • 東北>青森
  • 東北>岩手
  • 東北>秋田
テーマ:ハイキング・登山 旅行準備 自然・植物 
投稿日:2018/05/11 10:53
コメント(0)
青岩秋子です♪

華やかな桜の季節が終わりました〜!
いよいよ「まぶしい新緑」の季節が始まります☆
きた東北の山々はこれから山開きを迎えます!!

今年もきた東北3県の主な山の山開き情報をお伝えしま〜〜〜す('◇')ゞ

★青森県★

八甲田山 ・・・例年7月上旬頃(昨年は7/9)
八甲田ロープウェイ:http://www.hakkoda-ropeway.jp/
八甲田山

岩木山 ・・・4月28日(土)
(株)岩木スカイライン:http://www.iwaki-skyline.jp/index.html
岩木山

白神の森遊山道(ゆうざんどう) ・・・4月20日(金)
白神の森遊山道公式サイト:http://shirakaminomori.jp/
白神の森

★岩手県★

八幡平(はちまんたい)・・・6月1日(金)
八幡平市観光協会:http://www.hachimantai.or.jp
八幡平

早池峰(はやちね)山・・・6月10日(日)
花巻観光協会:www.kanko-hanamaki.ne.jp」
早池峰山

岩手山・・・7月1日(日)
滝沢市 岩手山:http://www.city.takizawa.iwate.jp
岩手山

★秋田県★

秋田駒ケ岳・・・6月1日(金)
仙北市 秋田駒ケ岳:http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/03_komagatake.html
秋田駒ヶ岳

森吉山・・・5月3日(木)
北秋田市 森吉山:http://www.city.kitaakita.akita.jp/kankou/category/maturi_event/moryoshi/002.html
森吉山

栗駒山・・・5月20日(日)
東成瀬村 栗駒山:http://www.higashinaruse.com/kanko/02_fun/06_climb_kurikoma.html
栗駒山



無理は禁物ですよ〜!!
余裕のある計画で安全で楽しい登山を♪

(∩´∀`)∩


ただいま、北東北三県大阪合同事務所では、青森・岩手・秋田の緑と青が美しいスポットをたくさんご紹介していますよ〜〜〜(^o^)丿
企画展1
企画展2

北東北三県大阪合同事務所へもぜひぜお越しくださいね!
お待ちしておりま〜〜〜す♪
タグ:
山開き 登山 トレッキング 新緑 奥入瀬渓流 

クマ1
マタギ発祥の地でマタギさんとかんじき歩き♪
エリア:
  • 東北>秋田>大館・森吉・阿仁
テーマ:ハイキング・登山 歴史・文化・芸術 自然・植物 
投稿日:2018/02/16 10:44
コメント(0)
青岩秋子です♪

皆さんは「マタギ」についてどんなことを知っていますか?

マタギさんの暮らしってどんな感じだったのかなぁ〜
マタギさんのお話を聞いてみたいなぁ〜

「マタギ」とは、かつて山のおきてを守りながら狩猟で生業をしていた人々のこと。
マタギさんのことを調べて行くと、秋田県阿仁(あに)地方にマタギの村が多くあったということがわかりました。

そして、内陸縦貫鉄道・阿仁マタギ駅から送迎バスで約5分の場所にある「打当温泉マタギの湯」では、マタギ継承者によるマタギ語りや、古くから自然と共に生きてきたマタギの知恵に学び触れることができる「マタギ学校」があるんですって!

そうとわかれば、もう現地へ行くしかない!!
早速行ってきましたよ〜(((o(*゜∀゜*)o)))

「マタギ学校」のメニューはいくつかあるので、季節や時間に合わせて選べます。

今回は「かんじき歩き」に参加です♪
(マタギの方々は皆それぞれ仕事を持っているので、あらかじめ予約をしておく必要があります)

案内人であるマタギさんとは「打当温泉マタギの湯」で待ち合わせ。

マタギ
猟銃をかかえ毛皮の防寒着を身にまとって来られるのかと勝手に想像していましたが、実際お会いしたマタギさんはオレンジ色のジャケットを着た優しい方でした。

マタギさんの運転で車で5分ほどの場所にある「くまくま園」近くの山の入口へ移動。

かんじき
ここでかんじきを履きます。というか、履かせていただきました♪p(*゜v゜`*)q

スノーシューは着けたことがありますが、かんじきは初めて!
このかんじき、マタギさんの手作りなんですよ〜

竹でできているのでスノーシューより軽く、長さもないので歩きやすい!
生活の知恵が詰まっていることがとっても良くわかります。
雪深い山の上り坂も、このかんじきを履けばサクサク歩けます♪

テン足跡
雪の上に野生のテンの足跡を発見☆かわいい足跡です。

クマ爪痕
クマの爪痕がしっかり付いている木もありましたよ(゜ロ゜屮)屮

クマの爪痕の場所や大きさ、深さでクマのおおよその年齢や生態がわかるそうです。
マタギさんってすごいなぁ〜

「ダケカンバの樹皮は湿っていても火が付きやすいから、マタギは火が必要になる非常時に備えてこの樹皮を常時携帯しているんだよ。」とマタギさん。

ダケカンバの樹皮に火を近づけると・・・

ダケカンバ
雪と雨で湿っているはずのダケカンバの樹皮があっという間に燃えました!!
ビックリ!!Σ(゜Д゜ノ)ノ

気づけば山の上まで登っていましたよ。
振り返ると自分が登ってきたところはかなりの急斜面だったのですが、疲れは全然感じませんでしたヾ(o´▽`o)ノ

猟・山・生き物・植物のことはもちろん、自然のありがたみや共生など幅広く興味深い話をたくさん聞きながらの1時間半はあっという間で本当に楽しかった〜

帰りにマタギさんが仕留めた親クマと子グマの毛皮を見せてもらいました。
親クマはゴワゴワとした感じ、子グマはフワフワ♪

実際にクマに触れることはまずないので(笑)、毛の感触を確かめられるなんてこれまた貴重な機会です(o’∀`)ノ

クマ毛皮
クマの毛皮を身にまとって、ハイポーズ!!
(ダウンと同系色の為、わかりにくくてスミマセン・・・)

今度は新緑の時期に「マタギ滝歩き」をしたいなぁ〜
いやいや、「雪中鍋」で熊肉に挑戦!?

春夏秋冬、楽しめそうな「マタギ学校」ですよ((´I `*))♪
皆さんもマタギさんと仲良く楽しく、お話しながら山歩きをしてみませんか?



詳しくはコチラ ↓↓↓

打当温泉マタギの湯「マタギ学校」
http://www.mataginosato.com/matagi000.html
タグ:
マタギ マタギ学校 かんじき歩き 打当温泉 

森吉山樹氷4
雪のモンスターに会いに行こう♪森吉山の樹氷観賞
エリア:
  • 東北>秋田>大館・森吉・阿仁
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2018/01/19 10:31
コメント(0)
青岩秋子です♪

雪景色って美しいですよね〜☆
その美しい雪景色の中には、モンスターがいるそうですよ(゜▽゜`*)
"スノーモンスター"、"アイスモンスター"と呼ばれる「樹氷」です☆

秋田県北秋田市の森吉(もりよし)山は、秋田県の中央からやや北に位置する標高1,454mの山で、初夏から秋にかけては「花の百名山」として約300種類もの高山植物が咲き誇り、紅葉も美しい人気の観光地です。
そして冬はダイナミックな樹氷の群が広がる、日本三大樹氷のひとつとなっています。

森吉山樹氷チラシ



森吉山までのアクセスは、秋田内陸線(秋田内陸縦貫鉄道)の「阿仁合(あにあい)駅」で下車し、阿仁合駅から山頂までゴンドラを運行している「阿仁スキー場ゴンドラ山麓駅」まで、森吉山周遊乗合タクシー(要予約)で約25分です。

秋田内陸線・犬っこ列車

スマイルレールの愛称で親しまれている秋田内陸線は、小さな車両がガッタン、ゴットンと里山の間を走る人気のローカル列車。
車窓からの景色がステキですよ〜☆

2016年末から運行している「犬っこ列車」は、秋田犬をテーマにした特別仕様で、車内には50枚もの秋田犬の写真がずらりと展示されていたり、座席シートの模様が犬のモチーフだったりとかわいさ満載♪
Free-Wi-Fiも利用できますよ☆(「犬っこ列車」は急行車両のみ)



私も阿仁合駅で乗合タクシーに乗り換え、阿仁スキー場ゴンドラ山麓駅前に到着。
荷物をコインロッカーに預けて、ゴンドラに乗ります。

森吉山ゴンドラ

ゴンドラに乗りしばらくすると、視界が広がります!
晴れていれば周囲の山々もくっきり見えたかも知れませんが・・・(・Д・`)ちょっと残念。
でも眼下の雪原はきれいに見えたのでよかったです♪
約20分で山頂駅に到着です。

森吉山ゴンドラからの景色


山頂駅はすぐ隣にあるビジターセンター「ぷらっと」に直結しています。
樹氷鑑賞期間中(1/6(土)〜3/4(日))、「ぷらっと」には樹氷案内人さんが常駐していて、樹氷を見学に来たお客様のサポートをしています。
長靴、スノーシュー、ストックなどの貸出の他、散策の仕方や樹氷のできる仕組みについてのレクチャーなどもしてくれますよ。安心ですね♪

ビジターセンターぷらっと


ここでとっても明るい案内人の大川さんから、私もレクチャーを受けましたよ(^w^)
樹氷ができるのはアオモリトドマツのみで、他の木にはならないんですって。知らなかった〜!
-30℃でも凍らない雲粒が、強い風に乗ってアオモリトドマツに衝突すると一瞬にして氷になり、これが何度も繰り返されることで大きく成長し、樹氷になるのだそう。

樹氷案内人1

大川さんがペットボトルで、その仕組みを再現してくれましたよ。
過冷却状態の水が入ったペットボトルを叩いて衝撃を与えると、水が少しずつ氷の結晶になって、全体が氷になりました!すご〜い!

樹氷案内人2


それではいざ長靴に履き替え、樹氷を見に外へ。この日の外気温は-5℃。(((´`)))
樹氷群が見られる樹氷平の入口までは徒歩5分とのこと。
でも上り坂がちょっとキツイ・・・。 一歩一歩、雪をゆっくり踏みしめて上りました。゜(゜´Д`゜)゜。

森吉山樹氷3

わお〜
見上げるような大きな樹氷!

森吉山樹氷2

こっちはゴジラみたい!!
ほんとモンスターですね!o(≧▽≦)o

森吉山樹氷4

たくさんのモンスターたちが同じ方向を向いてる☆(*´艸)(艸`*)
風の吹きつける方向で、周辺の樹氷が同じように成長するので、自然にこのような格好になるんですって(笑)
今にも動き出しそうな、いえ、動いているようにも見える光景でした!

森吉山樹氷1

樹氷平の樹氷観賞コースは、一周約30分で周ることができる散策コース。
雪踏みしてあるので長靴で歩くことができます。
様々な表情のモンスターたちが待っていますよ(*´∨`*)


・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆・:,。゜・:,゜・:,。゜・:,。☆

公共交通機関を利用する方は、秋田内陸線・乗合いタクシー・阿仁ゴンドラ往復券がセットになった「森吉山観光パス」がお得ですよ〜。
森吉山観光パスを提示すると、周辺のお店や温泉などで利用できる「ちょこっとサービス」もついています♪


その他にも、普段はなかなか見ることができない夜の樹氷観賞会や、マタギ小屋で薪ストーブを囲んでいただくあったかごはん(近隣ホテルの宿泊オプション)など、日中の樹氷観賞に加えて楽しめる、さまざまなイベントやプランも。
冬の森吉山をぜひ楽しんでくださいね♪

夜の樹氷観賞会、樹氷と星とマタギごはん

詳しくはこちら↓↓↓

森吉山阿仁スキー場
http://www.aniski.jp/index.html

秋田内陸縦貫鉄道
http://www.akita-nairiku.com/

タグ:
森吉山 樹氷 モンスター 秋田内陸線 ゴンドラ 

岩木山正面
69のカーブを走り抜ける「津軽岩木スカイライン」ドライブ♪
エリア:
  • 東北>青森>弘前
テーマ:ハイキング・登山 自然・植物 ドライブ 
投稿日:2017/05/26 10:32
コメント(0)
青岩秋子です♪

先日の記事でも紹介させていただいたきた東北の山開き♪

一歩一歩自分の足で登る山は達成感があってとっても魅力的ですが、ハードルが高い・・・という方も多いですよね(´_`。)

青森県 津軽平野のどこからでも見ることができ、日本百名山のひとつである岩木山はその美しい姿から「津軽富士」とも呼ばれているのですが、この岩木山は8合目までドライブしながら登ることができるんですよ(σ´∀`)σ

「お天気の良い日に見る岩木山はとってもきれいだよ〜」と聞けば、行かないと!(笑)
と、お出かけ大好きな私、先日津軽岩木スカイラインをドライブしてきました!(´∀`○)ノ

津軽岩木スカイライン
津軽岩木スカイラインは、岩木山の麓から8合目までを結ぶ全長9.8kmの有料道路で、つづら折りのカーブが何と69もあるんです!

弘前市街から津軽岩木スカイラインへ向かう県道3号線からも岩木山がとってもきれいに見えます〜
両側にはりんご畑♪

岩木山正面
この景色にテンション上がらないわけがないですよねヾ(≧ω≦)ノ

料金所
弘前市街から約40分、津軽岩木スカイラインの料金所に到着です。

さぁ、ここから69のカーブが始まりますよ〜
「カーブの数を数えないと!!」と意気込んで、同乗者にハンドルを任せました(笑)

1、2、3・・・・
カーブには番号の案内板も見えましたよ(v´∀`*)

体が揺られる〜〜〜Σq|゜Д゜|p
(もちろん安全運転です)


ブナ林
密生するブナの原生林の中を上るにつれ、視界が広がってきました〜(*´∀`)

助手席に座っていると、木々の間から見晴らしの良い景色がチラチラと見えます♪
道路がそれほど広くないので車を停めて写真撮影はできないのが残念ですが、ここはぐっと我慢。
しっかりと瞼に焼きつけておきました(笑)

常に体が揺られていたことと、綺麗な景色に気を取られ・・・
途中まで数えていたカーブも一体何番なのかわからなくなり(笑)

8合目
気づいたら「69」の文字が見えて・・・無事8合目に到着〜!!

リフト
ここから9合目まではペアリフトを利用しましたよ(´∀`○)ノ
(もちろん登山道を歩いて頂上まで登ることもできます!)

乗車時間は約10分。

リフトより望む
お天気がとっても良かったので、遠くに日本海を望むことができました☆☆☆
空気の澄んだ晴れの日には北海道の松前崎が見えることもあるんだとか!

頂上を望む
9合目から見上げる岩木山の頂上

ここから頂上までは30〜40分の登山。

岩場
登山道というより岩といった方が合っているようなところですね〜( ゜ ω ゜ ) ! !

ここまでせっかく来たので頑張って登りたかったのですが、この後のスケジュールの都合でこの日はリフトで折り返しました(´_`。)

またいつかリベンジしたいなぁ〜

高山帯のこのエリアはこれからお花の季節がやってきますよ!!

また、岩木山の麓には古くから津軽の人々の信仰を集めている岩木山神社や、登山で疲れた体を癒してくれる温泉がたくさん((´∀`*))
神社 温泉 嶽きみ
夏にはとっても甘くて美味しいブランドとうもろこしの嶽きみも販売されます〜

自分で運転するのは自信がない・・・という方には、弘前駅から津軽岩木スカイライン8合目までのバスがオススメです!

スカイラインバス チラシ
往復利用だと割引もありとってもお得♪

天空へと続く道『津軽岩木スカイライン』でとっておきのロケーションを楽しんでみませんか?


詳しくはコチラ ↓↓↓

津軽岩木山スカイライン HP
http://www.iwaki-skyline.jp

岩木山観光協会 HP
http://www.iwakisan.com/

弘南バス スカイライン往復乗車券
http://www.konanbus.com/travel/skyline.html
タグ:
岩木山 津軽岩木スカイライン 津軽富士 

1 - 5件目まで(18件中)


国一覧

東北
青森(121)
秋田(117)
岩手(113)