1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 青岩秋子さんの旅行ブログ

  国内エリア: 東北 > 青森 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

~〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜~

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!
プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー
10月<2019年11月    
1 2
345678 9
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(288件中)

東北6県物産展
今年もやってきます!阪急の東北物産展☆秋田県の物産展プチ情報
エリア:
  • 東北>秋田
  • 東北>岩手
  • 東北>青森
テーマ:買物・土産 お祭り・イベント グルメ 
投稿日:2019/11/08 11:35
コメント(0)
青岩秋子です♪

みなさーん!毎年楽しみにしている、あのイベントが今年もやってきます!!
阪急の東北物産展
令和元年11月13日(水)〜18日(月)
10時〜20時(最終日は18時終了)
阪急うめだ本店9階催場

今回は青森から仙台までの国道45号線ごちそう街道のグルメや東北のこだわりの食材を使った県民に愛されているご当地のグルメが食べられます!(^^)!

東北物産展チラシ
↑↑阪急うめだ本店チラシ↑↑

☆青森「大安食堂・しおてば」☆
青森・八戸市の舘鼻岸壁(たてはながんぺき)朝市で毎回行列ができている大安食堂のしおてばが昨年に引き続き今年もやってきます♪
舘鼻岸壁朝市は3月中旬から12月の毎週日曜日に開催されていて、日本一の規模と言われている驚きの朝市!
そんな朝市で人気の手羽先唐揚げの味付けは塩のみ!
高温で一気に揚げて外はカリッ、中はジューシー!(^^)!
今年も大人気の行列間違いなしです(^O^)

☆岩手「かきとワインのある店 湾岸食堂・かきづくし弁当」☆
いよいよ旬を迎える岩手県大船渡産かきを、かきめし・かき煮・かきフライと存分に堪能できるお弁当♪
ぷりぷりっの三陸のかきをお召し上がれ〜(*^▽^*)

☆秋田「秋田比内や・比内地鶏の親子丼」☆
おなじみ秋田比内やの比内地鶏親子丼をイートインスペースで味わうことができま〜す♪
比内地鶏のダシとふわとろ卵がよく絡んでプリっと弾力のある肉質と脂の旨みが絶妙なんです!!

スイーツも揃っていますよ〜(^^♪
☆青森「赤い林檎・カシスアップルパイ」☆
カシスソースで煮詰めたふじりんごのせて焼き上げた新メニューが登場!
サクサクのパイ生地と甘酸っぱいりんごのハーモニーがなんとも言えません♪

☆岩手「小岩井農場・木ぶどうヨーグルトサンデー」☆
チーズケーキと木ぶどうのソースがベストマッチ!!
ペロリと食べられちゃいます(^O^)

☆秋田「米菓匠鼎庵(ていあん)・手焼き煎餅 金の鼎庵」☆
秋田県産のうるち米を100%使用した生地を焼き、たれは秋田県内の味噌醤油醸造元の手間暇かけて作られた味噌や醤油をもとに完成させて秘伝だれで味付けをした鼎庵こだわりの作品!(^^)!

是非この機会に阪急の東北物産展へ足を運んでみて下さい(^^♪

詳しくはこちら↓↓↓
阪急うめだ本店 東北県物産展
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/tohoku2019/index.html



〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

物産展プチ情報

天三秋まつり
令和元年11月9日(土)・10日(日)

天神橋筋3丁目商店街では天三秋まつりを開催します。
天三おかげ館では11時〜18時まで秋田県石川県の物産展のブースもあります。
皆さんもお友達やご家族と一緒に、是非お越し下さい(^^♪

詳しくはこちら↓↓↓
天神橋筋商店連合会
https://www.tenjin123.com/
タグ:
東北物産展 阪急百貨店 海鮮 スイーツ 天三秋まつり 

石切沢通洞坑入口
国内最大級の採掘跡!秋田県鹿角市の「尾去沢鉱山」で坑道見学☆
エリア:
  • 東北>秋田>鹿角・花輪・湯瀬温泉
テーマ:観光地 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/11/01 11:06
コメント(0)
青岩秋子です♪

秋田県の北東部に位置する鹿角(かづの)市。 ここには古くから主に金や銅を産出してきた日本屈指の大規模な鉱山があるんです。ちょっと気になっていたその場所「尾去沢(おさりざわ)鉱山」 へ行ってきましたよ〜(゜∀゜*)(*゜∀゜)ドキドキ

製錬所跡
鹿角花輪駅からタクシーで約10分、こんな巨大な廃墟が目の前に現れギョギョッ! ΣΣ(゜д゜lll)

石切沢通洞坑入口

今回見学するのは「石切沢通洞坑」 という観光坑道です。ここから歩いて行きま〜す。

尾去沢は奈良時代に開山したと伝えられる歴史のある鉱山で、江戸時代は南部藩の金・銅山、明治以降は東洋屈指の銅鉱産地として日本の産業の近代化を支えてきたそうです。
鉱物の溶け込んだ熱水が岩盤の割れ目に入り込み、冷えて固まった脈状の銅鉱床が特徴で、その鉱脈を採掘した跡や、再現した当時の作業の様子を見ることができるんですよ〜。

坑道写真1
岩のトンネルの天井はあまり高くなく、鉱脈も間近に。
そこだけ色が違っていたり、キラキラした鉱物が混じっているのがわかります。

坑道写真2
奥へ進むと急に天井が見えない程、上に向かって空洞になっている場所がありました!

坑道写真3
メインの坑道は、上に向かって伸びた鉱脈に沿って採掘をしていく「シュリンケージ採掘法」 で採掘されています。1段(1レベル)30mの坑道が15段までありトータル450mの高さのビルのようになっているんですって!!すご〜い \(◎o◎)/!

坑道写真4
タイムトンネルみたいな場所も。

坑道写真5
見学コースは1.1kmの標準コースと、さらにじっくり楽しめる1.7kmの特別コースになっています。

坑道写真6
マネキンによる当時の作業の様子の再現。おつかれさまです!(笑)

坑道9
さらに進むと、江戸時代に行われていた手堀りの跡や採掘の様子も見られました!

坑道7

坑道8
他に人がいなくて最初は少し寂しかったですが、後半はマネキンの演出でちょっとにぎやか(?)な雰囲気に(笑)

トンネル内はアップダウンはなく歩きやすく、標準コースを30分少々で周れました。観光坑道の中にそれぞれの時代の様子が凝縮されていて見ごたえがありましたよ〜☆

11月からは営業時間が9:00〜15:00と短くなりますが、冬期も毎日見学ができます♪坑内温度は13℃ということで冬は外よりも暖かいので観光にもおすすめです(*´∨`*)

詳しくはこちら ↓↓↓
史跡 尾去沢鉱山HP
http://www.osarizawa.jp/

タグ:
尾去沢鉱山 鹿角 坑道 

滴生舎6
日本一の漆の産地・岩手県二戸市浄法寺(じょうぼうじ)の浄法寺漆
エリア:
  • 東北>岩手>二戸
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/10/25 11:50
コメント(0)
このたびの令和元年台風19号により被害に遭われた方々並びにご家族ご関係者様に対し、謹んでお見舞いを申し上げます。


青岩秋子です。

岩手県の県北にある二戸(にのへ)市は青森県、秋田県と接する県境の町。自然が豊かで新幹線の停車駅もあり、北東北の拠点の一つとなっています。
この二戸には日本一のものがあるんですよ〜☆

二戸駅からバスで約30分の二戸市浄法寺(じょうぼうじ)町にある『滴生舎(てきせいしゃ)』へおじゃましました。こちらではこの辺りで獲れる浄法寺漆を使った漆器を製造、展示、販売をしています。

滴生舎1
掻き傷のある、漆の木が看板になっていますよ。

滴生舎2
店内には様々な形の椀や皿、箸などが並んでいます。
ほとんどが赤と黒の単色で、模様のないものが多く、デザインがシンプルですね〜。

滴生舎6
現在、国内で流通している漆はほとんどが外国産で、国産のものは全体の約3%。そのうちの70%がここ二戸市の浄法寺産なんですって!まさに日本一の漆産地なんです。

滴生舎3
隣の工房で、漆塗りの作業の様子をガラス越しに見ることができました。

滴生舎4
漆のサンプルや道具、浄法寺塗ができるまでの行程も展示してありましたよ。

浄法寺塗につながる漆器作りが始まったのは平安時代だとか。
地元の人たちが「御山」と呼ぶ古刹・天台寺の僧侶たちが漆器を作り、それが民衆に浸透したものということで、一般の人が日々の食事に使う器として受け継がれてきた工芸品です。

滴生舎5
使うほどに手になじみ、ツヤが出てくるのも浄法寺塗の良さだそうです。
使ううちに欠けたり、傷がついたりすると修理、塗りなおしもしてもらえますよ。

漆器というと高価で美しいツヤや金箔で細工された模様が使っていくうちにくすんでしまうため特別な時に使うものというイメージでしたが、普段の食卓で使うことでツヤが出てだんだんと美しくなるという浄法寺塗を知って、目からウロコが落ちたようでした。(*^_^*)

希少な国産の漆で作られた浄法寺の漆器。シンプルさの中に日本の伝統工芸品の良さが感じられました。


まもなくこの浄法寺塗をはじめ全国の伝統的工芸品が大集合する、第36回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 KOUGEI EXPO IN IWATE が開催されます。
日時:11月3日(日祝)〜5日(火)10時〜17時(5日は〜16時)
会場:岩手産業文化センター アピオ(岩手県滝沢市)

KOUGEI-EXPOチラシ1

KOUGEI-EXPOチラシ2

期間中は盛岡駅・滝沢駅と会場を結ぶ無料シャトルバスが運行されますよ☆

伝統的工芸品月間国民会議全国大会は、経済産業省が伝統的工芸品に対する国民の理解とその一層の普及を目指し、昭和59年から毎年11月を伝統的工芸品月間と定めて全国各地で開催しているもので、今年は岩手県で開催されます。
岩手県からは浄法寺塗、秀衡塗(ひでひらぬり)、南部鉄器、岩谷堂箪笥などが出展します。
是非この機会に日本の伝統技術に触れて下さいね♪


詳しくはこちら ↓↓↓

「いわてのてっぺん Japanの郷にのへ」二戸市観光協会HP
http://ninohe-kanko.com/

「うるしの國 浄法寺」HP
http://urushi-joboji.com/

KOUGEI-EXPO 伝統的工芸品月間国民会議全国大会HP
http://kougei-expo.com/

タグ:
二戸 浄法寺 滴生舎 漆器 漆 

鶴の湯秋冬
乳頭温泉郷を思う存分満喫しよう!!
エリア:
  • 東北>秋田>田沢湖・乳頭温泉郷
テーマ:ホテル・宿泊 温泉・露天風呂 
投稿日:2019/10/18 09:51
コメント(0)
温泉大好き☆青岩秋子です♪

少し肌寒くなってくると、急に温泉が恋しくなってきますね〜
温泉宿に泊まって、湯めぐりを楽しむのって最高ですよね♪

今回は気軽に湯めぐりが楽しめる「乳頭(にゅうとう)温泉郷」をご紹介しま〜すヾ(´∀`)ノ

鶴の湯露天
【鶴の湯】

秋田県仙北(せんぼく)市にある乳頭温泉郷
どこか秘境のような雰囲気を持つ乳頭温泉郷には7つの温泉宿があり、それぞれに泉質の違う温泉を持っているんですって!
違うんだったら入ってみたい!!
そんな皆様に朗報です!!(笑)

妙の湯
【妙(たえ)の湯】

乳頭温泉郷湯めぐり帖
乳頭温泉郷の7つの温泉のどこかに宿泊した人のみが購入できる湯めぐり帖は、乳頭温泉郷内すべての温泉宿で日帰り入浴が楽しめます☆
購入日から1年以内有効で、各お宿1回日帰り入浴が楽しめます♪

「でも、車がないから温泉めぐりが難しいわ」と思った方も、ご安心ください!

乳頭温泉郷湯めぐり号
乳頭温泉郷内の7つの宿をつないでくれるシャトルバスが毎日運行されています♪

湯めぐり号
【湯めぐり号】

湯めぐり帖を持っている方しか乗れません!
なんとなく特別感がありますねぇ(゜∀゜*)(*゜∀゜)
湯めぐり号の乗車は、湯めぐり帖の有効期限内であれば、いつでも乗車可能☆
季節によっては本数や経路が変わるので、ご注意くださいね。

「湯めぐりしなくてもいいけど、湯めぐり号に乗りた〜い!」
そんな私は湯めぐりマップを購入しました!

湯めぐりマップ
【湯めぐりマップ】

湯めぐりマップは購入当日に限り、湯めぐり号に乗って乳頭温泉郷内を周ることができますよ!
もちろん、湯めぐりマップでも日帰り入浴料を別途払えば、他のお宿のお風呂に入れますよ♪
湯めぐりマップも宿泊者限定販売です。
記念スタンプが押せたり、乳頭温泉郷内の地図が書かれていたりと、入浴しなくても楽しめますよ☆

湯めぐり号の乗り場は、それぞれのお宿の目の前!
わかりやすい目印が立っていますよ〜p(*゜v゜`*)q

湯めぐり看板
【休暇村乳頭温泉郷の湯めぐり号看板】

どこまで乗りたいか運転手さんが聞いてくれるので、目的地を乗り過ごす心配なし!(笑)

休暇村乳頭温泉郷
【休暇村乳頭温泉郷】

蟹場温泉
【蟹場(がにば)温泉】

大釜冬
【大釜(おおがま)温泉】

孫六冬
【孫六(まごろく)温泉】

秋の紅葉もステキだけど、冬の露天風呂も風情がありますねぇ〜♪

黒湯温泉
【黒湯(くろゆ)温泉:11/10〜4/中旬冬期休業】

宿泊当日、早めに着いて湯めぐりを楽しむのも良し、連泊の中日を湯めぐりに充てるのも良し、出発日の朝に時間まで乳頭温泉郷内をドライブするのも良し♪
皆さんそれぞれの楽しみ方を満喫してくださいね☆

詳しくはこちら↓↓↓

乳頭温泉郷HP
http://www.nyuto-onsenkyo.com/

田沢湖角館観光協会HP(乳頭温泉郷)
https://tazawako-kakunodate.com/category/spa/s/335

タグ:
乳頭温泉郷 湯めぐり号 湯めぐり帖 湯めぐりマップ 

橋野鉄鉱山
ラグビーと鉄の町釜石と阪神の東北6県物産展情報〜☆
エリア:
  • 東北>岩手>釜石
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/10/11 11:00
コメント(0)
青岩秋子です。
暑かった大阪の夏もようやく落ち着いてきました〜
秋も真っ盛りですが、様々なスポーツの熱い闘いが日本各地で繰り広げられていますね!中でも日本中が注目しているのがラグビーじゃないでしょうかo(≧▽≦)o

ラグビーと言えば、岩手県釜石(かまいし)市☆
釜石市内の<鵜住居(うのすまい)復興スタジアム>はW杯の会場の1つにもなっていますよね。
そんな釜石市に行ってきましたよ〜♪

三陸鉄道
”ラガーマン”そばっちの列車でGO〜♪
宮古駅から釜石までは三陸鉄道リアス線で約90分です。


釜石市はラグビーで知られていますが、鉄の町としても知られているんです。

釜石駅前1

大島高任像と鉄のモニュメント

古くから製鉄業が盛んに行われていた釜石は、1858年に日本で初めて洋式高炉による鉄の連続出鉱に成功。幕末期から明治時代にかけて日本の近代製鉄産業を支えてきました。
当時日本最大の製鉄所だった「橋野鉄鉱山」は2015年7月に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産としてユネスコの世界遺産に登録されています。

橋野鉄鉱山

橋野鉄鉱山では 今も残る3つの高炉跡を見ることができるんですよ。
釜石駅から車で約50分、土日祝には釜石駅前発の現地ガイド付きの便利なシャトルバスも運行しています。(期間は11/24(日)まで・要予約)

また、釜石駅から路線バスで約15分の場所にある「鉄の歴史館」では釜石と鉄との関わりや歴史などを総合的に学ぶことができます。(^_^)

鉄の歴史館1
復元した原寸大の橋野鉄鉱山の第3高炉はこんなに大きくて大迫力。
サイドにあるスクリーンにも映像が流れ、鉄の歴史をわかりやすく説明してくれます。

鉄の歴史館2
製鉄には鉄鉱石と木炭などが使われていたそうですが、橋野鉄鉱山では良質の鉄鉱石がたくさん取れ、木炭のもとになる木も豊富ということで、鉄を作るのに条件が整っていたんですね。

そして今回楽しみにしていたのが鉄の鋳造体験☆
鋳型を作ってキーホルダーを作ります。
まずは作りたい形を選ぶのですが…何を選んだかは後のお楽しみ☆

鉄の鋳造体験1
型と木枠を置いたら、土を入れて固めていきます。手だけではなくて棒を使って緩みのないようにしっかり叩きます。

鉄の鋳造体験2
鉄の通り道も忘れないように。

鉄の鋳造体験3
最後にアツアツの鉄(体験では錫でした)を流したら・・・

キーホルダー
出来ました〜♪(((o(*゜▽゜*)o)))
初めてにしてはなかなかの出来かも。記念のひと品になりました〜!うれしい♪

サンフィッシュ釜石

三陸ということで、お魚も美味しいですよね〜(^ω^)この辺りでは鮭が名産なんだそうですよ。秋になると川にたくさんの鮭が遡上してくるそうです!
釜石駅前の市場「サンフィッシュ釜石」では朝7時から新鮮な魚が並びます。

ラグビーカフェ
すぐ側の「シープラザ釜石」2Fの「ラグビーカフェ」ではこんな写真をパチリ。
1Fでは釜石のお土産もたくさん揃っていますよ〜。地酒も買っちゃいました♪

締めくくりは釜石ラーメンに☆

釜石ラーメン

特徴は極細のちぢれ麺に透き通ったスープ☆
かつて釜石製鐵所で働くたくさんの人たちがすぐに食べられるように工夫されたもので、ファーストフードの原型と言われてるんですよ。
魚介系のスープがあっさりとして極細麺もするするとのどを通り、とても美味しかったです。d(*´▽`*)b

明日10/12(土)は鵜住居復興スタジアムでナミビア対カナダの試合が予定されています。日本は横浜国際総合競技場でスコットランドの試合が行われますね。ガンバレニッポン!

岩手県内の復興道路もだんだんと完成してきて、沿岸のアクセスも便利になりました。ラグビーゆかりの町で、鉄の町として世界遺産もある釜石。ぜひ一度訪れてみて下さいね。

詳しくはこちら ↓↓↓

釜石観光物産協会
http://kamaishi-kankou.sakura.ne.jp/wp/

釜石市<現地ガイド付き橋野鉄鉱山シャトルバス運行について>
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/kanko/detail/1227496_2430.html

三陸鉄道
https://www.sanrikutetsudou.com/

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす
https://en-trance.jp/


さてさて、お待ちかねの物産展の情報ですよ〜♪

★★ 阪神の東北6県物産展 ★★
令和元年10月16日(水)〜22日(火・祝)
10時〜20時(最終日は16時まで)
阪神梅田本店 8階催場


阪神の東北6県物産展チラシ(表)
<阪神の東北6県物産展チラシ 表>

阪神の東北6県物産展チラシ(裏)
<阪神の東北6県物産展チラシ 裏>

今回も美味しいものがた〜くさん来ますよ☆
青森【焼ほたて3色弁当(美膳 榎本商店)】
岩手【海宝漬弁当(懐石 中村家)】
秋田【みつなし牛希少部位弁当(焼肉みつなし)】

をはじめ、スイーツや恒例の【地酒BAR とうほく】も☆

是非お越しくださいね〜☆*.・(*ゝ∀・*)ノ

詳しくはこちら ↓↓↓

阪神梅田本店 阪神の東北6県物産展 ホームページ
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/tohoku/index.html/?from=6
タグ:
橋野鉄鉱山 鉄の歴史館 釜石 ラグビー 阪神の東北6県物産展 

1 - 5件目まで(288件中)


国一覧
東北
青森(141)
秋田(137)
岩手(133)