1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ
  5. クルーズ記事一覧

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 岩手 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

1月<2018年2月    
12 3
456789 10
111213141516 17
181920212223 24
25262728

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

猊鼻渓 雪
あったか「こたつ舟」で山水画の世界へ 〜猊鼻渓(げいびけい)舟下り〜
エリア:
  • 東北>岩手>平泉・一関
テーマ:観光地 街中・建物・景色 クルーズ 
投稿日:2018/01/26 10:32
コメント(0)
青岩秋子です♪

岩手県一関(いちのせき)市にある国の名勝『猊鼻渓(げいびけい)』は、北上川の支流である「砂鉄川」が石灰岩を浸食してできた、約2kmにわたる風光明媚な渓谷。

船頭さんが棹一本で舟を操る名物の『舟下り』は、四季を通じて運航されているのですが、12月〜2月限定の『こたつ舟』に乗りたくて、行ってきましたよ〜♪

こんな景色が見られるといいな〜(o(^∇^)o)ワクワク

猊鼻渓 雪

船頭さんが長い棹を持って準備しています。

舟下り

こちらが『こたつ舟』♪
長〜い舟に合わせて、こたつも長〜い(笑)
舟全体も風除けで覆われているので、あったかいです。(○´U`○)
それでは出発〜♪

こたつ舟


舟が出発してまもなく、カルガモたちが舟の横を泳いでついてきましたよ。かわいい♪
川の水も澄んでいて、夏には川魚がたくさん見られるそう。

あいにくこの日は雪は積もっておらず、期待していた雪景色は見ることができませんでしたが、天気が良かったので景色がはっきりと綺麗に見えました♪

猊鼻渓 1

おだやかな川の流れと共に、舟も滑らかに進んでいきます〜
川の両岸は切り立った岩の壁が続いていて、その高さはなんと約100m!
どっしりと構えて、静かに舟を見守っているようです。

猊鼻渓2
<左:少婦岩(しょうふがん) 右:馬鬛岩(ばりょうがん)>

大きな岩壁は様々な形をしており、どれも表情豊か。
冬枯れた木々と、灰色の岩肌が絵画のようでとっても美しいです☆

猊鼻渓3
<左右:錦壁岩(きんぺきがん)>

舟に乗って30分程すると舟着き場に到着。ここで一旦舟を降ります。
船頭さんの後ろについて川沿いを奥へと歩いていくと、川は左へカーブし、正面に大きな岩の壁が現れます。
舟下りのクライマックス、大岩壁『大猊鼻岩(だいげいびがん)』です☆☆

大猊鼻岩

空に向かって直立する岩は本当に大きい〜!
その雄姿に圧倒されます!Σ(゜Д゜ノ)ノ オオオオォォォッ
首が痛くなるほど、何度も見上げてしまいました。

大きな岩にはお鼻もついていますよ☆(笑)
猊鼻渓の名前の由来にもなっている『獅子が鼻(ししがはな)』です。
岩の色も不思議とここだけ違い、赤鼻っぽい(≧∇≦)

獅子ヶ鼻

ここではさらにこんなお楽しみもありました♪

大猊鼻岩に開いた『願掛けの穴』に素焼きの玉を投げる『運玉投げ』です。
運・絆・愛・縁・財などの10種類の文字が書かれた玉の中から、好きな文字を選んで穴に向かって投げます。
玉が穴に入ると幸運に恵まれるそうなので、私も挑戦!

運玉投げ

エ〜イ!と勢いをつけて投げてみましたが、穴までの距離が意外と遠くて入らなかった〜・・・(/´△`\)残念
全部外れると悲しいので、ひとつはお守りに持って帰りました。(^-^)

舟下りはここで折り返しです。
再び舟に乗り、船頭さんの唄う『げいび追分』を聴きながら約90分の舟下りを終えました。d(*´▽`*)b

山水画のように美しい風景と、こたつ舟で趣のある舟下りを楽しむことができて、とてもよかったです〜。また来てみたいな♪

こたつ舟では山菜や鶏肉・豚肉などを味噌で煮たアツアツの『木(き)流し鍋』をいただくこともできますよ〜。(5名〜要予約)
あったか、ほっこり、お勧めです♪

詳しくはこちら↓↓↓

いちのせき観光NAVI
http://www.ichitabi.jp/

名勝・日本百景猊鼻渓舟下り
http://www.geibikei.co.jp/
タグ:
猊鼻渓 舟下り こたつ舟 運玉投げ 山水画 

八戸酒蔵
八戸ぶらり散策♪
エリア:
  • 東北>青森>八戸
テーマ:クルーズ グルメ 温泉・露天風呂 
投稿日:2016/02/05 10:21
コメント(0)
青岩秋子です♪

先日、青森県八戸(はちのへ)市へ行って「ここでしか味わうことのできない食文化」「風情」を堪能してきましたよ〜(*´∀`)

市内の参加ホテルに宿泊のお客様を対象にした魅力的な乗合タクシーツアーをおこなっていると聞いたので、前日に八戸入りです。

その乗合タクシーの名は「あさぐる」!!!
前日22時までに宿泊ホテルへ申し込めば、翌日タクシーがホテルまでお迎え。
ホテル→朝市→銭湯→ホテルまでの送迎と銭湯入浴券がセットになったお得な乗合タクシーなんですよ〜((┘゜∀゜)┘ヤッター☆

ちょっと早起きして、宿泊ホテルを6時に出発!
向かうは八戸名物『陸奥湊(むつみなと)駅前朝市』です♪

港町・八戸の活気あふれる朝市で、人情味あふれるパワフルな「イサバのカッチャ」(方言で港で働くお母さん達)とお話しながら、新鮮な魚介や地元ならではの作りたてのお惣菜を好きなだけチョイス♪
自分だけのオリジナル朝食の出来上がりです!
八戸朝市

駅前朝市
あー美味しかった!!(*´艸`*)

お腹いっぱいになったところで、タクシーに乗って移動。朝風呂です☆
八戸には漁師の街らしく早朝から営業している銭湯がいくつもあって、その中から1軒案内してくれるんですよ〜(銭湯の指定はできません)
朝から銭湯パンフ
もちろんお湯も良質♪
さっぱり、気持ち良かった〜〜(*≧ω≦)
八戸の朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、元気な1日がスタートできますね☆


乗り合いタクシーで一旦ホテルに戻り、チェックアウトをした後に向かったのは・・・
JR陸奥湊(むつみなと)駅から徒歩10分ほどの所にある、日本酒大好きな私にピッタリ(笑)な「八戸酒造」

陸奥八仙・陸奥男山・陸奥田心の蔵元である「八戸酒造」では試飲も可能な蔵見学ができるんです!

経理担当者の方が説明してくださったのですが・・・
とってもお話上手でビックリ!!(゜Д゜ノ)ノ
八戸酒蔵説明
これまで1万人以上の見学者を案内しているとのこと、納得です!!

お酒の品種(清酒・吟醸・大吟醸)を当てるクイズ大会もあるので、会社の懇親会に利用されたり、三沢基地の軍人さんも来られるとか。
正解率はおおよそ3割だそうですよ〜

もちろん、私は全問正解☆☆キタ!!(*゜∀゜*)キタ━━!!!

美味しいお酒の試飲と楽しいお話であっという間の時間でした♪


そして、最後は「八戸酒造」のすぐ近くにある「屋形船 新井田(にいだ)丸」へ。
東北初の本格的屋形船である新井田丸に乗って、美味しいお料理やお酒を飲みながら八戸港内を周ってきました。

屋形船ならではのギーギーきしむ音はご愛嬌(笑)ですが・・・
冷暖房完備なので、1年中快適な船内は交渉次第でカラオケや食料の持ち込みもOK!

ウミネコの餌としてあの有名な“えび味のスナック菓子”も用意されているので、船の窓から手を出してウミネコにあげたり、時にはおやつとして自分で食べちゃったり(笑)
屋形船
ウミネコもよーくわかっているのか、船の後を追って飛んでくるので上手にGETしてくれました〜d(*^v^*)bヤッタネェ♪

船長さん曰く、顔なじみのウミネコもいるとか!
私にはぜーんぶ同じ顔に見えましたけど・・・(´-ω-`;)ゞ

港町「八戸」は一日中楽しめるスポットが満載♪♪

早起きは三文の徳☆と言いますよね!
是非お出かけください〜ヾ(o´∀`o)ノ


詳しくはコチラ↓↓↓
八戸あさぐる
http://www.hachinohe-cb.jp/asaguru/index.html

八戸酒造(株)
http://www.mutsu8000.com/

八戸屋形船 新井田丸
http://niidamaru.com/
タグ:
あさぐる 朝市 銭湯 八戸酒蔵 屋形船 

1 - 2件目まで(2件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(100)
秋田(96)
岩手(93)