1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 青岩秋子さんの旅行ブログ
  4. 青岩秋子さん 鉄道・乗り物の記事一覧

  国内エリア: 東北 > 岩手 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

9月<2018年10月    
12345 6
789101112 13
141516171819 20
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(20件中)

うに弁当
久慈琥珀博物館と絶品☆三陸リアス亭ウニ弁当☆
エリア:
  • 東北>岩手>久慈
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2018/10/05 09:07
コメント(0)
青岩秋子です☆
皆さんは琥珀(こはく)をご存知ですか?
琥珀は宝石のひとつとして知られており、国内では縄文時代の遺跡から琥珀の原石が出土していて、古墳時代には勾玉や装飾品などに加工されたものも見つかっています。

岩手県久慈市は国内最大の琥珀産地で 国内唯一の琥珀専門の博物館 があるんですよ〜。

久慈といえば、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台になった場所☆
あまちゃんハウス1
久慈駅から歩いてすぐの場所に「あまちゃんハウス」があります。

あまちゃんハウス2
ドラマで使われた道具や資料がいっぱい!懐かしい〜♪

久慈駅から車で10分、森の中に建つ久慈琥珀博物館に到着。
久慈琥珀博物館1

琥珀は数千万年前に繁茂していた樹木の樹脂が地中に埋もれてできた樹脂の化石で、久慈産の琥珀は他の産地に比べ年代が古く、約8,500万年前の白亜紀後期のものだそうです。

久慈琥珀博物館2

博物館は新館と本館の2つからなり、新館は琥珀のできる工程や、琥珀にまつわる神話などが紹介されています。
大きな琥珀のカプセルや琥珀の敷き詰められた床を歩いて癒し効果を体験したり、琥珀を塩水に浮かべる・燃やすなどの実験もでき、見て・触れて・体感できる体験型の博物館となっています。

久慈琥珀博物館3

琥珀色もさまざま(´∪`*)

久慈琥珀博物館4

琥珀で作られたモザイク画「黄金の華・金色堂」

久慈琥珀博物館5

本館では国内外の琥珀産地や琥珀の交易ルート、琥珀の歴史について紹介し、各産地の琥珀原石、加工品も展示されています。
昆虫や植物などが閉じ込められた珍しい琥珀もたくさん見ることができますよ〜。

琥珀採掘坑道跡

大正7年頃まで実際に使われていた琥珀採掘坑道跡も見学することができました。
今回は時間がなかったのですが、野外での琥珀の採掘体験(4月下旬〜12月中旬・要予約)も人気ということなので、次回はぜひチャレンジしようと思いま〜す♪


博物館を楽しんだあとはグルメ☆
三陸鉄道久慈駅構内にある三陸リアス亭の名物・ウニ弁当をいただきました♪

うに弁当
弁当箱一面にウニがぎっしり!!

店頭販売は20食限定ですが、予約も受付けてくれます。
ふんわりとした食感の蒸しウニと、ウニの出汁で炊かれたご飯をいっしょにほおばると、口の中がウニの香りでいっぱい〜!!
また久慈に来たら絶対食べたいです!!(≧∇≦)

三陸鉄道リアス線告知

久慈駅は三陸鉄道北リアス線の北端の駅。
震災から不通となっていた宮古〜釜石間が来年3 /23 (土)に開通し、久慈駅から盛(さかり)駅まで『三陸鉄道リアス線』として運行されます。
来年は三陸沿岸がにぎわいそうですね☆

詳しくはこちら ↓↓↓
久慈琥珀総合サイト
http://www.kuji.co.jp/

三陸鉄道
https://www.sanrikutetsudou.com/
タグ:
久慈琥珀博物館 琥珀 三陸リアス亭 うに弁当 三陸鉄道 

あわび丼
大人気列車「リゾートしらかみ」に乗って「八峰白神あわび」を食べに行こう♪
エリア:
  • 東北>秋田>白神・能代
テーマ:鉄道・乗り物 グルメ 温泉・露天風呂 
投稿日:2017/09/29 10:30
コメント(0)
青岩秋子です☆
秋の行楽シーズンが来ましたね〜〜
きれいな景色も見たいし、美味しいものも食べに行きたいですよね〜〜!

みなさん、「八峰(はっぽう)白神あわび」ってご存知ですか?

白神あわび
男鹿(おが)産の昆布を餌にして、白神山地から湧き出るミネラルたっぷりの水を使って陸上で養殖されている「あわび」なんです。
秋田県の八峰町で1年中味わうことができるんですって〜〜!!


高級な「あわび」が気軽に食べられると聞き、秋田駅から今年20周年を迎えた人気列車「リゾートしらかみ」の新型ブナ編成に乗って食べに行ってきましたよ〜!!
(*゜▽゜*)ワクワク
ブナ編成

秋田駅から乗り込みました。車内はこ〜〜んな感じ。
車内の様子

夏祭りをイメージしたゆったりシートや特産品を販売する「ORAHO(おらほ)カウンター」が設置されています。
このブナ編成はデビューして1年!!
念願叶ってやっと乗車することができました。O(≧∇≦)O イエイ!!

秋田駅から45分程で「能代(のしろ)駅」に到着します。
この駅に着くと、たくさんの方が一度下車します。
その訳は・・・
ホームにある『バスケットゴール』にあります!(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォ-
能代駅

ゴールにチャレンジして成功するとプレゼントがもらえます☆
ですが、私はまたシュート決まらず・・・(泣)
能代はバスケットボールの強豪校があり、バスケの街として知られてるんですよ。

能代駅を出て20分程で今回の目的地、「あきた白神駅」に到着です。
観光駅長さんが笑顔でお出迎えしてくれました。
あきた白神駅

駅を出て3分、着いたのは「八森いさりび温泉 ハタハタ館」
ここは白神山地「留山(とめやま)トレッキング」の拠点にもなり、日帰り温泉も楽しめる宿泊施設です。
ハタハタ館

レストランで、いよいよ「八峰白神あわび」とご対面です。
ど〜〜〜〜〜〜んと出てきたツヤツヤの美しいあわび。\(@^0^@)/やったぁ♪
あわび丼2

コリコリの食感と磯の香りがたまりません〜〜☆彡
肝醤油が付いていたのですが、この肝醤油がさらに「あわび」の美味しさを引き立てていてテンションが上がる美味しさ☆☆☆
今、テレビで話題のねばねばの海藻「ぎばさ(アカモク)」がついているのもうれしいポイントでした〜〜!

食後はお隣にある「産直センターぶりこ」「さるなしソフトクリーム」を頂きました〜〜。さわやか美味しい〜!
「さるなし」とは、この地域で秋に採れるキウイに似た味の果物なんですって。
さるなしソフトクリーム

この後、青森駅までゆったり「リゾートしらかみ」の旅を続けます。
長旅のお供に、「ハタハタ館」で「晩酌セット」という素敵な名前のご当地駅弁を用意してもらいました〜〜。
晩酌セット

ハタハタ焼きなど、秋田のつまみがぎっしりつまった大人気弁当です。
地酒のワンカップとセットになっています。
まだお腹いっぱいですが数量限定とのことでちゃっかり予約してました!!

また、10月1日(日)には、あきた白神駅開業20周年を記念した「あきた白神駅まつり」というイベントが行われますよ〜〜。
あきた白神駅まつりチラシ

みなさんも「リゾートしらかみ」でゆったり美味しい旅、楽しんでみてくださいね〜〜∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク

↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
リゾートしらかみ
https://www.jreast.co.jp/akita/gonosen/
八峰白神あわびが食べられるお店(八峰町観光協会)
http://www.happouta.jp/home/?page_id=1901
あきた白神駅まつり(あきた白神・たびネット)
http://www.akitashirakami.jp/event/6040.html
タグ:
リゾートしらかみ ギバサ 八峰白神あわび ハタハタ館 アカモク 

SL銀河
☆SL銀河に乗って宮沢賢治の世界に浸る☆
エリア:
  • 東北>岩手>釜石
  • 東北>岩手>花巻・遠野
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2017/07/21 09:07
コメント(0)
青岩秋子です♪

私、「鉄子」ではありませんが・・・
先日、ずっとずっと憧れていたSL銀河に乗ってきました!!!(´∀`○)ノイェーイ♪

SL銀河縦
復興支援及び地域の活性化を目的としてSL(C58 239号機)を復元し、宮沢賢治の作品「銀河鉄道の夜」をテーマにデザインされたSL銀河☆

土曜日は花巻(はなまき)→釜石(かまいし)、日曜日は釜石→花巻といった感じで、おおむね週末に1日1本、花巻〜釜石間を片道運転しています。
4年目のシーズンを迎えたSL銀河ですが、今年から車内で楽しめるプラネタリウムなど一部リニューアルされているということでとっても楽しみにしていました!

今回は花巻から釜石まで全区間乗車してきましたよ〜(v´∀`*)

鹿踊り
花巻駅の1番ホームでは、地元の方による花巻の郷土芸能「鹿踊(ししおど)り」の披露もありました。

勇壮な「鹿踊り」はこれから始まるSL銀河の旅にふさわしい踊り〜

SL銀河が入線すると、歓声を上げたり、写真を撮ったり。皆さん大興奮!!

SLが牽引する客車は4両編成で、客車に描かれた模様は「銀河鉄道の夜」に登場する星座や動物たちがモチーフになっているんです( ゜ ω ゜ ) ! !

車両
車体の青色もこだわりの色。
トーンの違う8色の青色を塗り分けることで、夜が明け、朝へと変わっていく空を表現してるのだとか。

ちなみに・・・
4号車が一番濃い青色の車両で3号車→2号車→1号車が一番薄い青色の車両です♪

車内2連
電光掲示板に映し出される味のある書体、ガス灯風のライト、ステンドグラス♪

車内3連
車内の空間のこだわりも素晴らしかった〜(´∀`)♪
(写真左:4号車ギャラリー・写真中央と右:2号車ライブラリーとギャラリー)

賢治の絵本は車内で自由に読むことができます((´∀`*))

賢治が生きた大正から昭和の時代の世界観を素晴らしい形で表現していて、そのひとつひとつをじっくりゆっくり見たくて・・・

振り返ればほとんど自分の席に座っていなかったかも(笑)

それから、車内のプラネタリウム上映(約15分)も素敵でした☆

プラネタリウム
まずは車内で配布される整理券をGET!

余計な光が一切ない真っ暗な部屋の中で満天の星空が映しだされて・・・
賢治の世界観を視覚だけではなく、聴覚でも感じてもらえるよう工夫された15分ほどのお話が上映されました。
目を閉じても感じられる世界観はとても印象深いものでしたよ〜

プラネタリウムの鑑賞、オススメです☆

遠野(とおの)駅では給水・灰捨て作業をおこなうために1時間以上停車するので、その時間を利用して遠野駅付近の観光もできます〜(*´▽`*)ゞ

遠野出迎え
遠野駅のホームでは観光協会の皆さんによる歓迎の横断幕♪
SL銀河出発時には遠野しし踊りのお見送り♪

かっぱ弁当
遠野駅ホームで売っていた「かっぱ弁当」

かっぱ型の陶器に入った鶏そぼろご飯、素朴な味わいで美味しかった〜(〃)´艸`)♪
容器はお土産として持ち帰りました(笑)

花巻〜遠野、遠野〜釜石の区間ではそれぞれ検札があります。

乗車記念
その際にデザインの違う記念乗車証の配布があったり、乗車記念プレートSL銀河の制帽を使って記念撮影が出来たりと、約4時間半の旅は飽きることなくあっという間の時間でした。

釜石線沿線では、『おもてなしの心で、SLを見たら手を振ろう』というキャンペーンをおこなっているそうです(。´∀`)ノ゛

実際、沿線のあちこちでは何人もの地元の方がこちらに向けて手を振っていましたよ〜

時には農作業の手を止めたり、車をいったん停車したり。
地元の方がこのSL銀河を盛り上げようと頑張っている姿をたくさん見ることができ、とっても温かな気持ちになりました。

SL銀河には、デザインやストーリーの構成から演出、実際の運行まで本当に多くの人たちの手が惜しみなくかけられていること、限られた空間の中でお客さんをできる限り楽しませたいと考えていることに改めて感激!

また乗りたい、そんな列車でした(人´∀`)♪

皆さんもSL銀河に乗って「賢治の世界観」を感じてみませんか?


詳しくはコチラ↓↓↓

JR東日本盛岡支社:乗っちゃ王国北東北「SL銀河」
https://www.jr-morioka.com/noccha/train/slginga/
タグ:
SL銀河 花巻 遠野 釜石 宮沢賢治 

海女弁当 中身
岩手県宮古市で「美味しいもの」探しの旅♪
エリア:
  • 東北>岩手>宮古・浄土ケ浜
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2017/07/07 08:59
コメント(0)
青岩秋子です♪

本州最東端のまち・岩手県宮古市には“美味しいもの”がいっぱい!!

“美味しいもの”があると聞けば、じっとしていられません!(笑)
というわけで・・・
先日、宮古市へ行ってきちゃいました((´∀`*))

まずは国の名勝・浄土ヶ浜を散歩♪

浄土ヶ浜
約300年前に宮古山常安寺七世の霊鏡(れいきょう)和尚がこの地を見て、
『さながら極楽浄土のごとし』と感嘆したことから名付けられたと言われているんですよ〜
浄土ヶ浜の岩は約4000万年前の古代三世紀にできた白い火成岩で、波によって浸食されて現在の形になったそうです。

浄土ヶ浜2
鋭く尖った白い流紋岩、エメラルドグリーンの綺麗に澄んだ海☆

さすが「日本の水浴場100選」に選定されている奥浄土ヶ浜!
日本庭園のようにきれいでした☆

遊覧船
みやこ浄土ヶ浜遊覧船にも乗ってきましたよ〜

遊覧船は奥浄土ヶ浜から見える日出島(ひでじま)〜姉ヶ崎(あねがさき)〜宮古湾内を周り港へ戻る40分のコースで、変化に富んだ海岸線を海から眺めることができるのでとっても人気なんです♪

そして、ここでの“美味しいもの”「ウミネコパン」(((*≧艸≦)

ウミネコパン
船内にてひとつ100円で購入することができますよ〜

ふわふわのパンにはイカの粉末と海藻が入っていて、この美味しいパンを狙ってウミネコが数えきれないほど集まってくるんです( *´艸`)
出航後、デッキに出て船に並んで飛んでいるウミネコめがけて「ウミネコパン」を小さくちぎってポイ!!

ウミネコ
ウミネコは見事キャッチ!!
ちなみにこの「ウミネコパン」は人間も食べることができるそうですよ〜(笑)
ウミネコと半分ずつのおやつにするのもアリ!?

次は宮古駅から徒歩10分の宮古市魚菜市場に行きましたよ(´∀`○)ノ

三陸沖から水揚げされた新鮮な魚介類や海産加工品、地元農家が育てた野菜が並んでいて何でも揃う市場といった感じです〜

魚菜市場
休日の午前中だったので、買い物客で賑わっていました♪

ここ、魚菜市場での“美味しいもの”は何といっても今が旬の「ウニ」!

ウニ
三陸の生ウニは何と牛乳瓶に入っているんですよ( ゜ ω ゜ ) ! !

お店によって多少の価格差があるのでよーく吟味して・・・
お土産に2瓶購入(*≧∀≦*)ノ━━━!!!

カキとウニ
他のお店で買った「山田湾の岩ガキ」や「お魚」も一緒にまとめて送ってもらえるのでとっても親切です。

次なる“美味しいもの”を求めて宮古駅へ向かいました。
駅からすぐのところにある料理店魚元(うおもと)へ〜

かつてはJR宮古駅のキヨスクで駅弁を販売していたのですが、東日本大震災の影響でJR山田線が不通になっていて、駅での販売ができなくなっている『魚元』の美味しい駅弁。
でも前もって予約しておけば、店頭で受け取ることができるんですよ〜(v´∀`*)

デパートの催事でも大人気だった駅弁。
現地で食べることができるなんて、なんて贅沢なんでしょう〜(笑)
駅弁はやっぱり電車の中で食べないと!!

ということで・・・

三陸鉄道北リアス線に乗車♪♪

三鉄
今回乗車した区間は宮古駅から岩泉小本駅まで。
約35分のミニ旅です(o´∀`o)ノ

途中、田老駅付近では車内から田老の津波防潮堤も見えました。
運転手さんからは、
『震災で大きな被害を受けたけれど、皆さん前を向いて頑張っています。ありがとうございます』
との案内がありました。

さてさて、今回購入した“美味しいもの(駅弁)”「海女弁当」

駅弁 包装
包装紙には三陸の海の幸の写真に大きな「海女弁当」の文字
それを見るだけでワクワクですよね〜

駅弁の楽しみはこの包装紙を外し、蓋を開ける瞬間にもあると思っています(笑)

海女弁当 中身
蓋を開けると、バラエティーに富んだ海の幸が彩り鮮やかに並べられていました(o≧∀≦o)ノ゛
どれから食べるか迷いますよね〜

びっしりと詰まったご飯の上には甘辛く煮付けたイカが3ハイ、イクラ、カニ身3本、蒸しウニが入っていて、素材の味を活かした味付けが絶妙!!

電車に揺られながら穏やかな海を眺めて、その土地の海鮮を味わうこれ以上ない贅沢な時間。
「海女弁当」とーーーっても美味しかったです!!

ごちそうさまでした〜σ(´〜`*)

宮古での“美味しいもの”、まだまだたくさんありますよ〜
皆さんも“美味しいもの”を探しに宮古市へお出かけくださいね☆


詳しくはコチラ↓↓↓

宮古観光文化交流協会HP
http://www.kankou385.jp/

みやこ浄土ヶ浜遊覧船HP
http://jodo-yuransen.jp/

宮古市魚菜市場HP
http://www.gyosai.jp/

三陸鉄道HP
http://www.sanrikutetsudou.com/

タグ:
浄土ヶ浜 三陸鉄道 駅弁 魚菜市場 魚元 

じゃじゃ麺タイトル
駅ビルリニューアルオープン!!盛岡駅フェザンと秋田駅トピコに行ってきました♪
エリア:
  • 東北>岩手>盛岡
  • 東北>秋田>秋田
テーマ:買物・土産 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2017/05/19 09:19
コメント(0)
青岩秋子です☆
3月17日にリニューアルオープンした盛岡駅ビル「フェザン」と4月1日にグランドオープンした秋田駅「トピコ」に行ってきました〜。
o(^O^*=*^O^)oワクワク
駅ビルと言えば、お土産や駅弁を買ったり、電車の待ち時間にちょっと立ち寄る便利な場所というイメージでしたが、どちらも見どころいっぱいでした。

まずは盛岡駅「フェザン」からご紹介。
まず、明るい〜〜!!オシャレ〜〜!!
コンセプトは『ナンブモダン』
岩手の伝統工芸「南部鉄器」をイメージしているとのこと☆彡

レストランゾーンには、短時間でも岩手の食が楽しめる魅力的なお店が8店舗。
盛岡三大麺のひとつ「じゃじゃ麺」の有名店「白龍(ぱいろん)」は素通りできません(笑)
駅ビルで食べられるなんて幸せ〜〜☆彡
白龍

岩手の地酒を揃えた日本酒バル「南部ビストロ うんめのす」やグリル料理の純情産地いわての店「みのるダイニング」も気になる〜〜。
店舗1

土産・物販ゾーンには、お弁当の「さかなや田清」や岩手の酒「KiKiZAKEYA」
店舗2

スイーツもありますよ〜〜。
人気の「タルトタタン」「チーズケーキのチロル」
店舗3

岩手だけでなく東北のお土産が揃います!!
どの店もとっても賑わってました。

そろそろ帰ろうかと歩いていると、駅東側の1階になんだか不思議なものを発見!!
岩手の名物や特産品のイラストや方言の川柳が書かれています。
ロッカー1

これ、よく見ると「ロッカー」です。

ロッカー2
ひとつ見ると、気になって全部見てしまう人続出!!
こんな楽しいロッカー今までなかった〜〜。((*´∀`))ウキャキャ


続いて、秋田駅ビル「トピコ」のご紹介
秋田駅の中央改札口を出ると、秋田の夏の風物詩、秋田竿燈まつりの「竿燈」がドドーンとお出迎え。迫力ある〜〜〜っ☆彡
改修されて秋田杉に囲まれた「自由通路ぽぽろーど」を通り、いざ「トピコ」へ。
トピコ1

秋田の美味しいものがいっぱいあり、お土産を買いすぎてしまうかも・・・(笑)
上質な白あんをカステラ状の皮で包み丁寧に焼き上げた「金萬(きんまん)」や秋田名物のきりたんぽは人気のお土産だそう!!

私が気になるのは、秋田の地酒を気軽に立ち飲みで楽しめる「あきたくらす」
酒器やお皿も県内の作家による作品を使用しているとか・・・o(^∇^)oワーイ♪
トピコ2

今回は時間がなかったけどまたゆっくり楽しんできます〜〜♪

どちらも電車の待ち時間だけではもったいない!!
今注目の新しいスポットでした。∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
盛岡駅ビル「フェザン」
http://www.fesan-jp.com/fesan/
秋田駅ビル「トピコ」
http://www.caoca.net/
タグ:
トピコ フェザン 白龍 竿燈まつり 駅ビル 

1 - 5件目まで(20件中)


国一覧

東北
青森(115)
秋田(115)
岩手(108)