2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 国内旅行の情報ブログ
  3. 青岩秋子さんの旅行ブログ
  4. 青岩秋子さん 青森の記事一覧

  国内エリア: 東北 > 青森 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

~〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜~

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!
プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー
6月<2019年7月    
12345 6
789101112 13
141516171819 20
21222324252627
28293031

記事一覧

11 - 15件目まで(135件中)

シラウオづくし定食
青森・東北町でシラウオの踊り食い♪
エリア:
  • 東北>青森
テーマ:観光地 グルメ 温泉・露天風呂 
投稿日:2019/03/01 10:28
コメント(0)
青岩秋子です♪

きた東北にはとっても広い!!
まだまだあまり知られていないけれど、おすすめしたい場所があるんです〜(`゜∀ノ゜´*)

先日行って来た青森県東北町(とうほくまち)もそのひとつ。

青森駅から青い森鉄道で約1時間、八戸駅からだと約30分。上北町(かみきたまち)駅で降ります。
東北町の冬のおすすめは何と言ってもワカサギ釣り♪

ワカサギ釣りって、湖に張られた氷に穴を開けて・・・釣り道具も一式持って・・・、
氷の上だからすごく寒い・・・

そんなイメージですよね。

もちろん、本格的に氷上にテントを張って氷に穴を開けて釣り糸を垂らす方法も良いのですが、ここ東北町の小川原湖レークハウスでは屋内で気軽にワカサギ釣りを楽しむことができるんですよ(*≧∀≦*)ノ

レンタル竿
もちろん釣り竿やえさなど、全てレンタルできます!!

看板
わあ〜これは助かる!!旅の途中にふらっと立ち寄れますね〜

レークハウスは上北町駅から徒歩15分。
小川原湖畔にありました( ゜∀゜ )

レークハウス
ログハウス風の建物、2階に上がると生け簀が。( ゜ ω ゜ ) ! !

釣堀
生け簀の上には穴がたくさん開いた水色の発泡スチロールで蓋がしてありました。
氷上に開けた穴、のイメージですね(笑)

管理人さんのご指導のもと、さっそくワカサギ釣りを始めます。

すぐ釣れると思ったのに、なかなか釣れない〜〜
じっと耐えること約10分。

釣れた-!!!
釣れた

バケツ
どうにか頑張って30分で10匹ほど釣りあげました(汗)

からあげ
釣れたワカサギはその場で唐揚げにしてもらえますよ〜

美味しかった〜♪


ワカサギ釣りを楽しんだ後は美味しいランチが待っていました(人´3`*)

上北町駅から西へ徒歩10分、「居酒屋れすとらん えび蔵」では、ここでしか味わえないシラウオの踊り食いとシラウオづくし定食をいただきました。

ここ東北町にある汽水湖・小川原湖は別名「宝湖(たからこ)」と言われるほど、魚がたくさん獲れるんです。
シラウオとワカサギは全国1位、シジミは全国3位の漁獲高!

ホント、宝湖ですね〜

「居酒屋れすとらん えび蔵」のご主人は、シラウオに関する様々な活動にも精力的に取り組んでいるシラウオ業界の第一人者。

「地元の特産を生かした町づくりがしたい」という想いから全国漁獲量7割を占める漁獲を誇る小川原湖のシラウオに着目、さらに価値あるものにしたいと試行錯誤、25年の時を経て今では自身の飲食店で「活きシラウオの踊り食い」を提供しています。

シラウオは鮭の仲間で体長は約10cm、シラスの幼生に似た姿で幼形のまま成魚になる幼形成熟という珍しい特徴を持った魚。
うろこがなく透明で、死ぬと白くなるんだそうです。
「よく混同されるシロウオは春先に獲れるハゼ科の魚で、全く別の魚なんだよ」と教えていただきました。
さあ、いよいよ「シラウオの踊り食い」を始めますよ〜

踊り食い
ワイングラスに入ったシラウオが元気に泳いでる!!
ヽ(゜Д゜;)ノ!!


お箸でつかむと、ピチピチと跳ねて・・・お箸にその動きが伝わってきます。
うう・・・残酷・・・かも。ΣΣ(゜д゜lll) ΣΣ(゜д゜lll)

でも、ここでしか味わえない体験!味!と思えば、頑張りますv(´・∀・`*)v

おおっっ!!!!
シャキシャキとした食感と喉越しの良さがたまらない〜

刺身醤油につけて食べる活きシラウオ、貴重でしたv(o´∀`o)v


そして、お待ちかねの「シラウオづくし定食」

シラウオづくし定食
お盆に乗っていたのは、シラウオのお刺身・シラウオの天ぷら・シラウオの卵とじ・紫黒米(しこくまい)ご飯。

刺身と天ぷら

シラウオのお刺身は、先ほど食べた活きシラウオとは全く食感が違って、つるっとした喉越し!
臭みが全くなく食べやすい♪

シラウオの天ぷらはサクッとした歯ごたえとシラウオのフワッとした甘味♪

シラウオの卵とじはだし汁が多めで、シラウオのかきたま汁のような感じ。出汁と卵とシラウオのバランスが絶妙♪

紫黒米はご主人自ら無農薬で栽培している古代米の一種。、白米と比べたんぱく質・ビタミンB1、B2、ナイアシン、マグネシウムなどの栄養が豊富に含まれていることが特徴なんですって!

シラウオづくし定食はどれも美味しく、日本一の産地ならではの鮮度と量が自慢の定食でした♪

春には、湖畔沿いに咲く桜並木がとっても綺麗だとか。
桜のトンネルを歩いて、小川原湖でカヌー遊びを楽しむ♪
お腹がすいたら、宝湖で獲れた美味しいお魚を食べる♪
さらに、東北町の温泉は町内全湯源泉掛け流し、豊富な湯量の源泉が町内32ヶ所もある温泉郷なんです!

日本一黒いモール泉に入れば、お肌もツルツル♪

下北や八戸、青森市内や奥入瀬渓流方面への分岐点なので、観光の途中に立ち寄りやすいですよ〜ヾ(*´∀`*)ノ

ぜひ、東北町へお出かけくださいね!!


詳しくは コチラ ↓↓↓

東北町役場・観光ガイド
http://www.town.tohoku.lg.jp/kankou/kankou.html
タグ:
ワカサギ釣り 東北町 小川原湖 シラウオの踊り食い 紫黒米 

ゆるキャラ3体
きた東北三県観光物産展&百貨店で物産展が開催されます!!
エリア:
  • 東北>青森
  • 東北>岩手
  • 東北>秋田
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2019/02/26 11:39
コメント(0)
春が待ち遠しい今日この頃。青岩秋子です(笑)

春になったらきた東北に旅行に行きたい!!
そんな皆さまにオススメのイベントがありま〜す☆

「北東北三県観光物産展」が2/28(木)・3/1(金)の2日間、ディーズスクエアで開催されます!
JR大阪駅とJR北新地駅を結ぶ地下街・ディアモールの真ん中あたりにあります。
開催時間は、11時〜19時です。
観光展2018
(昨年の観光展の様子)

会場では、北東北三県(青森県・岩手県・秋田県)の桜の名所をご紹介しま〜す♪
今回は、特別に観光相談ブースを設置します!
普段は、大阪駅前第1ビル9階にある「北東北三県大阪合同事務所」で観光案内をしている観光相談員が11時〜17時30分のあいだ常駐します。
なかなか1ビルまで行けない方も、通りすがりに観光相談できますよ☆

さらに、今回は観光の案内だけじゃないんです!!
青森県と岩手県のアンテナショップ「青森・岩手ええもんショップ」が出張販売します☆

青森県産の新鮮なリンゴや、岩手県のかもめの玉子ミニなど、アンテナショップでも人気の品が並びます!
両日ともに、12時・15時・17時に青森県の「決め手くん」岩手県の「そばっち」秋田県の「なまはげ」のうち、どれか1体が登場しますよ☆
ぜひ、会いに来て下さいね!
ゆるキャラ3体
(左から、決め手くん・そばっち・なまはげ)

観光情報を入手したら、郷土料理なども気になりますよね〜☆
そんな皆さまに朗報です!!

2/27(水)〜3/5(火)あべのハルカス近鉄本店
「東北六県今(いま)物語〜味と技めぐり〜」

3/6(水)〜3/11(月)大阪タカシマヤ
「大東北展」

3/13(水)〜3/18(月)京都タカシマヤ
「大東北展」

なんと、3週連続で百貨店の物産展が開催されます!!
東北でしか買えない食べ物や工芸品が、関西で買えるチャンス☆
あべのハルカス近鉄本店では、日替わりで限定商品を販売したり、地元の高校生オススメの美味しいものが買えたりしますよ☆

ハルカスチラシ1
ハルカスチラシ2

一例として、昨年夏の甲子園を沸かせた「金足農業高校」と、地元秋田の「たけや製パン」がコラボした「金農ババヘラボート」が、数量限定・期間限定で販売!!

美味しい物、珍しい物、懐かしい物を探しに、皆さまぜひ足を運んで下さいませ♪

詳しくはこちら↓↓↓

あべのハルカス近鉄本店
https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/

大阪タカシマヤ
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/

京都タカシマヤ
https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/


スノーモンスターTOP
八甲田に出現!!スノーモンスターを見に行ってきました〜
エリア:
  • 東北>青森>八甲田山
テーマ:スキー・スノボ 自然・植物 
投稿日:2019/02/08 09:59
コメント(0)
青岩秋子です♪

毎日寒いですね〜Y(>ω<、)Y

寒いとどうしても家に閉じこもりがちになってしまいますが・・・
冬だからこそ見ることができる絶景スノーモンスターを見に、青森県の八甲田(はっこうだ)へ行ってきました〜(´∀`○)ノ

スノーモンスター??(゜Д゜≡゜Д゜)??
八甲田へ行くには青森駅からJRバスで約1時間。
(冬期間はバスの本数が少ないので注意が必要です)

青森駅を出発、街中を走っていたバスが山道を登り始め、周りの景色が変わってきて・・・
バックカントリーを楽しむスキーヤーの姿がチラホラ見え始めたら到着。ロープウェー駅で下車しますヾ(*´ω`)ノ゛

目の前はロープウェー乗り場、横にはスキー場もありました。

スノーモンスターを見るには、スノーシュートレッキングのツアーに参加!
いくつかの会社がツアーを行っていますよ〜∩(´∀`)∩

ガイドさんとは山麓駅で合流、スキーウエアに着替えてレンタルしたスノーシューを持っていざロープウェーへ!

八甲田ロープウェーは山麓駅から標高1324mの八甲田山・田茂萢(たもやち)岳山頂までの2459mを約10分で結び、年間を通して運行しています。

ウインターシーズン真っ盛りの八甲田、101人乗りのロープウェーは満員でした( ゜ ω ゜ ) ! !
海外からのスキー客が多くてびっくり!!

掲示板
ロープウェー改札口上の電光掲示板には山頂の天候と気温が表示されていましたよ〜

『-11℃・雪・霧、霧の為30mの視界』

数字だけではあまり実感がなかったのですが・・・あまり良い条件ではなさそう(泣)
何とか天気が良い方向へ変わってくれればと願いながらロープウェーに乗車です!

「『八甲田』は、青森県を東西に分けている1000m級の18の山々によって形成されている火山群の総称で、「八甲田山」という名の山はないんですよ。映画の『八甲田山』が有名だから、勘違いしている人が多いけどね」

とガイドさん。

天気が良ければ基内から山麓付近のブナ、中腹のダケカンバ・ブナ、山頂に近くなるとアオモリトドマツへと変わる八甲田特有の植生を見ることができるそうですが・・・
RW車窓から

この日は、乗車して数分は視界がクリアでブナやダケカンバの木々を確認できましたが、ロープウェーが山の中腹に差し掛かる頃には窓が凍結した状態になり、霧も濃くなり何も見えなくなってしまい少し残念でした。゜(゜´Д`゜)゜。

ロープウェー山頂駅に到着。第一声は、
「寒いっっっ!!!!」(笑)

スノーシュー装着
スノーシューを装着して、スノーモンスターがいる場所へ向けて出発します!

トレッキング
スノーシューはかかとが固定されていないので、思っていたより歩きやすい〜♪
ストックもあるので雪の中をザクザク入って行ける〜♪

でも、ルートを進むにつれどんどん視界が悪くなってきて・・・
少し先にいるガイドさんの姿が薄っすらとしか見えなくなってきたーーー(汗)
全く圧雪されていない膝下まである雪の中を、右に左に曲がりながら歩き続けること5分。

「これが、スノーモンスターですよ〜!!」

スノーモンスターくもり
凄い迫力!!!
これが、スノーモンスターなんだー


八甲田山に多く植生するアオモリトドマツに、氷と雪がぶつかりながら徐々に大きく成長してできる樹氷。
その樹氷がやがて『スノーモンスター』と呼ばれるまで大きな樹氷になるんだそうです。


スノーモンスター
晴れていれば、見渡す限り広がる光景が圧巻!!

悪天候なら、映画「八甲田山」のようなホワイトアウトの世界に。((((;゜;Д;゜;))))

もちろん、ガイドさんが同行なので遭難の心配はありません。ご安心を!!!

スノーシューで冷えた体は、総ヒバ造りの大浴場・ヒバ仙人風呂で有名な酸ヶ湯(すかゆ)温泉や、平安から続く千年の秘湯蔦(つた)温泉で温めるのがオススメ!!

晴れ
氷点下の銀世界が生み出す大自然の芸術を見に、八甲田へ行ってみませんか?


詳しくはコチラ ↓↓↓

青森県観光情報サイト「アプティネット」
八甲田・田茂萢スノーシュートレッキング
https://www.aptinet.jp/Detail_display_00007211.html

八甲田ロープウェー
http://www.hakkoda-ropeway.jp/

酸ヶ湯温泉
https://www.sukayu.jp/

蔦温泉
https://tsutaonsen.com/
タグ:
八甲田山 八甲田ロープウェイ スノーシュー 樹氷 スノーモンスター 

冬に咲くさくら
「田舎館村・冬の田んぼアート」と「弘前城雪燈籠まつり」を見て周る旅♪
エリア:
  • 東北>青森>弘前
テーマ:観光地 お祭り・イベント 
投稿日:2019/01/21 11:04
コメント(0)
昨年「きた東北の冬のおまつり&イベント」を色々と見てきた、青岩秋子です♪

時間をうまく使えば、1日で複数のおまつり&イベントを見ることができます♪

1/4のブログでは秋田県のなまはげ柴灯まつりを、1/11のブログでは秋田県のアメッコ市と上桧木内の紙風船上げを紹介させていただきましたが、今日は、おまつり&イベントを楽しむ旅『青森・津軽編』と題して、おすすめのおまつり&イベントを紹介しまーす(o´▽`)ノ

まずは弘前駅から弘南鉄道黒石線に乗ること、約25分。
冬期間、とあるイベント開催期間中だけ停車する、その名も田んぼアート駅で下車します。
辺り一面真っ白な田園風景(笑)

とあるイベントとは・・・
田んぼアートでおなじみの青森県田舎館(いなかだて)村で「冬を楽しむ!雪と遊ぶ!」をテーマに2016年から始まった「冬の田んぼアート」です☆

冬の田んぼアート???

グリーンシーズンに行われている田んぼアート第2会場(道の駅いなかだて「弥生の里」)に、スノーアーティスト、サイモン・ベック氏から技術を継承した地元有志団体・スノーアーティスト集団 「It’s OK.」が光と影の芸術「スノーアート」を制作しているんですって!!

むむむ!!これは何だか凄そう!!!

田んぼアート駅

田んぼアート駅では、冬の田んぼアートを見に来たお客さん達に記念品のプレゼントを配っていました♪
田舎館村で作られたお米です★
嬉しい!(o≧∀≦o)ノ゛

会場は駅から歩いてすぐ、目の前にある「弥生の里展望所」
入場料は300円、自販機でチケットを購入してエレベーターに乗りますよ〜

私が行ったのは、冬の田んぼアート初日。
スノーアートの制作見学日でした。

事前にポスターで見ていた見事なスノーアート、一体どうやって作っているの?
下書きなしに足跡だけで作っていると言ってるけど本当なの?

そんな疑問を持っていたのですが・・・
展望台から見える風景に驚きました!!

スノーシューを履いたIt’s OK.のメンバーが一歩一歩雪を踏みしめながら足跡をつけ、雪の上に線を描いていたのです。
( ゜ ω ゜ ) ! ! ( ゜ ω ゜ ) ! ! ( ゜ ω ゜ ) ! !

制作風景
「1、2、3、4・・・」

もちろん展望台の上まで歩数を数えている声は聞こえませんが、その気持ちはきっと展望台で見学していた方全員に届いていたと思います。
感動して涙が出てきそうになりました。

制作風景2

サイモン氏から学んだ感覚だけで、綺麗な円や均等な模様をつけていることに本当に驚きました

模様
下書きもない、真っ白な雪の上を歩き模様をつけていく素晴らしいアート☆☆☆

今回は制作見学で、完成されてライトアップされたアートを見ることはできませんでしたが、たくさんの人が準備に関わり、苦労して作っている様子を間近で見ることができてとても感動/(o´∀`o)ノ

「色彩を楽しんでもらう『田んぼアート』と、陰影を楽しんでもらう『スノーアート』、季節や色が対照的なふたつのアートを制作することで田舎館村を盛り上げていきたい」と、It’s OK.のメンバーさんからのメッセージにまたまたグッとくるものが。 。:゜(。ノω\。)゜・。

開催期間中に雪が降れば、また一歩一歩歩いて模様をつけ直すとのこと。
図案作成から制作、メンテナンスまで全て行っているIt’s OK.のメンバーさん、素晴らしすぎます!!

出来上がった「冬の田んぼアート」はもちろんのこと、この制作風景も是非たくさんの人に見ていただきたいなぁ〜
サングラスをかけて見ると模様がよくわかりますよ〜



さてさて、冬の田んぼアートの制作風景見学の興奮冷めやらぬ中、次に向かったのは「弘前城(ひろさきじょう)雪燈籠まつり」が行われている弘前公園♪

燈籠


みちのく五大雪まつりのひとつ、「弘前城雪燈籠まつり」は昭和52年(1977年)に始まったもので、長くて辛い北国の冬を楽しく演出しようと、200基に及ぶ市民手づくりの雪燈籠が並べられているものなんですよ〜∩(´∀`)∩
城ライトアップ
石垣修理工事の為に現在移動している弘前城もライトアップされていました☆
幻想的〜(人´3`*)

手作り雪像
市民手作りの雪像はほっこり温かみがあるなぁ((´∀`*))

園内の道
滑り止めの石は撒いてありますが、それでも場所によってはツルツル滑りやすいので、注意して歩きます。

回廊
北の郭手前の「津軽錦絵大回廊」

夏のねぷたまつりに出陣したねぷたの蒔絵や見送り絵などを再利用した約50mの回廊で、冬でも真夏のおまつりの雰囲気を味わうことができますよ〜
回廊の中でねぷた囃子が鳴り響いていたので、目と耳の両方で夏のねぷたまつりの雰囲気を味わうことができました♪

けれども、吐く息は白い・・・何とも不思議な感じ(o´・∀・`o)

メイン会場・四の丸には、迫力ある大雪像があったり、雪の滑り台があったり。

弘前城は何と言っても春の桜が有名ですが、何と追手門の外濠沿いで「冬に咲くさくら」を見ることができるんですよ〜

冬に咲くさくら
雪が積もった桜の木とお濠にピンク色の照明を当ててライトアップ!

すると・・・満開の桜のように見える! お濠の中には雪の花筏(はないかだ)も。
まるで夜桜見物のような幻想的な眺め(((o(*゜∀゜*)o)))

ピンと張りつめた空気の中で見る冬の桜は何とも言えない幻想的な雰囲気で、とても印象的でした♪
写真撮影のコツは、明るめ・フラッシュを使うことだとか!!
是非、試してみてくださいね〜


☆☆紹介したイベント&おまつりの今年度の日程は以下の通りです☆☆

<田舎館村・冬の田んぼアート>
2月8日(金) 10:00〜17:00 →制作風景見学
2月9日(土)〜11日(月祝) 10:00〜21:00(ライトアップ17:00〜21:00)


<弘前市・弘前城雪燈籠まつり>
2月8日(金)〜2月11日(月祝)
ライトアップは各日16:30(日没)から21:00まで


※「冬に咲くさくら」は現在開催中!日没から21:30、2月28日(木)までです。
温かい服装で、是非おでかけくださいね!



詳しくはコチラ ↓↓↓

田舎館村 冬の田んぼアート
http://www.vill.inakadate.lg.jp/docs/2019011000013/

弘前城雪灯籠まつり
https://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_winter_yuki
タグ:
冬の田んぼアート 弘前城雪燈籠まつり 冬に咲くさくら ライトアップ 

ねぷた村4
津軽藩ねぷた村で津軽三味線演奏体験♪
エリア:
  • 東北>青森>弘前
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/12/14 09:39
コメント(0)
夢は「音楽家」(笑)、青岩秋子です♪

突然ですが、「津軽三味線」と聞くと何を思い浮かべますか?私は時代劇を思い出します(笑)
そんな津軽三味線を演奏体験できる場所に行ってきました٩( ´◡` )( ´◡` )۶

青森県弘前(ひろさき)市の弘前公園からほど近くに、「津軽藩ねぷた村」という場所があります。

ねぷた村1

「ねぷた」というお祭りは青森県内にいくつもあり、弘前市では「弘前ねぷたまつり」が毎年夏に開催されています。
「津軽藩ねぷた村」は、一年中弘前ねぷたを楽しめるテーマパークです♪

弘前ねぷたが展示されている建物に入ると、山車の大きさにビックリ!!
写真で見て想像していたよりも、はるかに迫力がありますねぇ〜
お囃子の太鼓を叩く体験もできるので、さっそく参加しました♪
太鼓の音が響いて、テンションも上がりますd(*´▽`*)b

ねぷた村7

扇形の山車の表面は勇ましい武者の絵が、裏面は美人画が描かれています。
美人画になりきれる顔出しパネルを発見!!
これで、私も美人画の仲間入り!?(笑)

ねぷた村6

弘前ねぷたの建物以外にも、伝統工芸品の手作り工房があります。
若手職人さんたちが、工芸品を製作しているところを間近で見られますよ〜

そして、私がとても楽しみだったのが、津軽三味線を演奏体験できる場所!!

ねぷた村2

津軽藩ねぷた村内にある「山絃堂」では、毎日8回(多いときは10回)定期演奏会が行われていて、迫力のある津軽三味線を聴くことができます。
あらかじめ申し込みをしておくと、演奏会の後に津軽三味線の演奏体験ができるんです!
演奏会が終わり、他の見学者がいなくなってから、奏者の方から津軽三味線一式を手渡されます。

ねぷた村3

本物を前に、ドキドキが止まらない!(゜∀゜*)(*゜∀゜)ドキドキ
三味線を持つ左手の親指と人差し指に、手の移動が滑らかにできるように布を付けます。
右手にはバチを持ちます。これがなかなか難しい。
奏者の方はバチを軽く握っているのに、私の手首は変な方向に曲がってる。。。
今まで指や手首が経験したことのない角度に曲がっているのを尻目に、左手で津軽三味線を持ち上げます。
意外と重い!Σ(゜ロ゜;)

一音一音、丁寧に教えて下さり、あっという間に30分間の体験時間が終了〜。
あ〜楽しかった!津軽三味線始めようかな〜♪と思うほど、有意義な時間を過ごせました。

遊び疲れたら、夕食には美味しいフランス料理でもいかが?
弘前市は早くから外国人文化が花開いていて、街中には美しい洋館も多く並んでいます。
多くの外国人が住んでいたことから、洋食文化も発展しているんです。

フランス料理店も数多く存在し、その中の1軒「ポルトブラン」 に行ってきました!

ポルトブラン1

弘前公園の近く、弘前大学の向かい側にひっそりとたたずむお店は、一見すると隠れ家のような雰囲気。ワクワクします♪
小さな看板と小さな玄関が、絵本の1ページのよう(*・ω・*)ポッ

ポルトブラン2

白とクリーム色の内装が温かくて、店員さんも感じのいい方なので、癒されます♪
料理は青森県の食材を使ったコースを注文しました!

ポルトブラン3

青森県産ホタテと「津軽鶏」を使った前菜。弘前産りんごの冷製スープ。本日の魚料理(私の時はスズキでした)。肉料理には奥入瀬ガーリックポークのリンゴジュース煮など、青森県産の肉や野菜、果物がふんだんに使われています!
カラフルな盛り付けで、目と舌で味わえました(∩˃o˂∩)♡
デザートとコーヒーもついて、フルコースで食べ応え充分♪

ポルトブラン5

青森県の弘前市へ遊びに行ったら、ワクワク体験が止まらない「津軽藩ねぷた村」と、美味しい「フランス料理」 をコースで味わうのはいかが?

詳しくはこちら↓↓↓

津軽藩ねぷた村
http://neputamura.com

ポルトブラン(食べログ)
https://tabelog.com/aomori/A0202/A020201/2000048/

タグ:
津軽三味線 津軽藩 弘前ねぷた 弘前公園 弘前市 

11 - 15件目まで(135件中)


国一覧
東北
青森(135)
秋田(131)
岩手(126)