1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 旅工房さんのブログ
  4.  豚 島 

  海外エリア: カリブ海 > バハマ の他のブログはこちら|

旅工房ブログ

~各地域専門のトラベル・コンシェルジュが旅の最新情報をお届けします~

プロフィール

ニックネーム:
旅工房
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 旅工房
会社英字名:
TABIKOBO Co. Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5950-3505
業種:
旅行業
自己紹介:
旅工房では、現地に詳しい各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望に合わせてオーダーメイドの旅をご提案。1組のお客様に対して1人のコンシェルジュが専任で担当し、ご相談からご帰国まできめ細やかにサポートいたします。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

 豚 島 

2015/11/11 20:29
豚さんビーチ
エリア:
  • カリブ海 > バハマ > ナッソー
  • 北米 > アメリカ西部 > ラスベガス
  • 北米 > アメリカ東部 > ニューヨーク
テーマ:
  • ビーチ・島
  • / マリンスポーツ
  • / 動物
今日はすごい島をご紹介します!

日本では瀬戸内海あたりに猫島だとか兎島だとか、動物がいっぱいの島が人気ですが、
こんな島もあるんです。(日本じゃないけど)

豚 島
ぶたじま
ピッグアイランド

その名の通り、豚がいっぱい棲む島です。

それはどこにあるかといいますと、

バハマのエグズーマ諸島。

バハマの首都ナッソーから飛行機でわずか30分程度で行ける無人島「エグズーマ島」。

とんでもなく透き通ったカリブ海と、真っ白な美しいビーチでマリンアクティビティを楽しめる人気の島です。

そしてこの島が人気のもう一つの理由が、そう、こいつら。

豚さんビーチ

ぶた。

エグズーマ諸島の「ビッグ・メジャー・キー(Big Major cay)」というビーチで楽園を楽しむ野生の豚たち!
そう、ここは豚島。

もともと船乗りの食糧として島に持ち込まれたブタが、食べられるのが嫌で逃げ出したのか、無事食料になることを逃れ、繁殖を続けた結果、今では数十頭のブタたちがこの島で生活しているそうです。

豚さんビーチ

豚さんビーチ

豚さんビーチ

豚さんビーチ

豚さんビーチ

豚さんビーチ

豚さんビーチ

ヤバイくらい愛くるしいっすね!!!!
こんなの見たら、もうトンカツとかサムギョプサル食べられなくなっちゃうかも。

行ったら絶対自慢になる!
注目の豚島に行ってみよう!
タグ:
バハマ
ブタビーチ
エグズーマ
豚島
ピッグアイランド
  • この記事が参考になった人(6)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
旅工房のバハマツアーで、豚さんビーチに行くオプショナルツアーに参加できます! ニューヨークやラスベガス、グランドキャニオン、ディズニー・ワールドなどと組み合わせて行くのがおすすめ!
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。