1. ι? ???
  2. 海外の旅行ブログ
  3. 旅工房さんの旅行ブログ
  4. 旅工房さん インドの記事一覧

  海外エリア: アジア > インド の他のブログはこちら|

旅工房ブログ

~各地域専門のトラベル・コンシェルジュが旅の最新情報をお届けします~

プロフィール

ニックネーム:
旅工房
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 旅工房
会社英字名:
TABIKOBO Co. Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5950-3505
業種:
旅行業
自己紹介:
旅工房では、現地に詳しい各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望に合わせてオーダーメイドの旅をご提案。1組のお客様に対して1人のコンシェルジュが専任で担当し、ご相談からご帰国まできめ細やかにサポートいたします。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

india3
インドの春のお祭り騒ぎ☆ホーリー☆ 今年は3月1日!!
エリア:
  • アジア>インド
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2010/02/05 15:24
コメント(0)
 
最近は東京でも久々に雪が積もったりと、国内では厳しい寒さが続いていますね〜;みなさん風邪など引いていませんか?

早く春を感じたい〜と思いつつ、今日は★インド★の春のお祭りをご紹介します♪
 


ヨーロッパでは春の訪れを祝うお祭りといえば『イースター』ですが、インドでもっとも盛大に祝われるヒンドゥーの春のお祭りが『★ホーリー★』です。


 ヒンドゥー暦のチャイトラ月(3月下旬〜4月上旬ごろ)の初日(パールグナー月の最終日に当たる満月の次の日)、人々は早朝から色水を掛け合います☆
2010年のホーリーは“3月1日”なので例年より少し早めですね。


india1


水掛け合いながらもう何でもありのお祭りなので、人々はここぞとばかりに暴れまわって一年間の憂さを晴らします!!カースト制度やコミュニティでがんじがらめになったインド社会も、このときばかりは好き勝手に振る舞ってOK★


 厳しい男女の区分が残るインドですが、ホーリーのときは女性の体に触れることもご法度ではなくなったり…だから羽目をはずす人も結構たり;女性の方は、ちょっと注意も必要ですね。


とはいえ、街が、人が、次々カラフルに染まっていく光景には目を奪われること間違いなし!地元インド人が約一週間ほど前から準備し、盛大に喜びを爆発させるホーリーにお祭り特有のワクワク感を感じる人も少なくないはず。


ちょっと危険をおかして(笑)街へ繰り出せば、アナタも「ハッピーホーリー♪♪」の仲間入り☆
北インドでは、ホーリーが終わると気候的にも夏の暑さに変わるといわれており、つまり冬の終わりを告げる祭りでもあります。感覚的には新年のお祝いにも近いかもしれませんね。   



india2


india3

PR
世界遺産観光、3都市周遊、全食事付きなど旅工房のインドツアーは充実のプランがいっぱいです☆
インド8
インドに行くなら1年くらい、OPENチケットで行くべきだ
エリア:
  • アジア>インド>ベナレス(ワーラーナシー)
  • アジア>インド>カジュラホ
  • アジア>インド>アグラ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2008/08/19 12:56
コメント(1)
インドに1週間のパッケージツアーなんてもったいない。

どうせ行くならガツーンと半年や1年くらい行かないと、インドの奥深さは見えてこない。
道端にいる畸形の乞食や赤子を抱いた路上生活者を、冷房の聞いた観光バスの中から眺め、一流のレストランのブッフェディナーでタンドリーチキンなんかを食べていただけじゃ本当のインドに触れたことにはならない。(と僕は思います。)

他の旅行者からもらった中谷美紀の『インド旅行記』をバラナシの1泊200円の宿のベッドで読みながら、「なんて贅沢なインド旅行をしてるんだ!」と軽く憤った記憶がよみがえります。

まあどんなスタイルでも楽しめればいいんじゃないかと思いますけど。

インド1インド2インド3インド5インド4インド6インド7インド8
タグ:
インド タージマハール ガンジス河 バラナシ カジュラホ 

PR
ムンバイ・デリー行1年OPEN航空券
ムンバイ・デリー行1年OPEN航空券

1 - 2件目まで(2件中)