1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. インド
  5. 観光地
  6. インドに行くなら1年くらい、OPENチケットで行くべきだ

旅工房ブログ

~各地域専門のトラベル・コンシェルジュが旅の最新情報をお届けします~

プロフィール

ニックネーム:
旅工房
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 旅工房
会社英字名:
TABIKOBO Co. Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5950-3505
業種:
旅行業
自己紹介:
旅工房では、現地に詳しい各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望に合わせてオーダーメイドの旅をご提案。1組のお客様に対して1人のコンシェルジュが専任で担当し、ご相談からご帰国まできめ細やかにサポートいたします。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

インドに行くなら1年くらい、OPENチケットで行くべきだ

2008/08/19 12:56
インド8
エリア:
  • アジア > インド > アグラ
  • アジア > インド > カジュラホ
  • アジア > インド > ベナレス(ワーラーナシー)
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
  • / 世界遺産
インドに1週間のパッケージツアーなんてもったいない。

どうせ行くならガツーンと半年や1年くらい行かないと、インドの奥深さは見えてこない。
道端にいる畸形の乞食や赤子を抱いた路上生活者を、冷房の聞いた観光バスの中から眺め、一流のレストランのブッフェディナーでタンドリーチキンなんかを食べていただけじゃ本当のインドに触れたことにはならない。(と僕は思います。)

他の旅行者からもらった中谷美紀の『インド旅行記』をバラナシの1泊200円の宿のベッドで読みながら、「なんて贅沢なインド旅行をしてるんだ!」と軽く憤った記憶がよみがえります。

まあどんなスタイルでも楽しめればいいんじゃないかと思いますけど。

インド1インド2インド3インド5インド4インド6インド7インド8
タグ:
インド
タージマハール
ガンジス河
バラナシ
カジュラホ
  • この記事が参考になった人(13)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
ムンバイ・デリー行1年OPEN航空券
ムンバイ・デリー行1年OPEN航空券
コメント
  • でも実際旅行者が求めているのは
    インドの奥深さなのかな。

    インドに限らず、どのこの国でも1週間程度の滞在じゃ、その国の文化を知るなんてことは到底無理でしょう。

    全ての旅行者が「その国で暮らしてみたい」と求めてるわけではないと思います。むしろ、「暮らすのは嫌だけど、旅行者として訪れることに楽しさを感じる」人のほうが多いのでないかなあ。

    なんていうか、
    フランス語の習得をしたくてフランス留学を目指す人に
    「せっかくフランスに行くのに、ワインの知識をつけないなんてもったない」

    そう言ってるのと同じ様な感じがします。 Posted by ららら 【2008/11/07 16:44:00】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。