1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. たびぃじょさんの旅行ブログ
  4. たびぃじょさん オランダの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > ベルギー の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

benelux4
【春旅2012】オランダ・ベルギー美術館案内
エリア:
  • ヨーロッパ>ベルギー
  • ヨーロッパ>オランダ
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/08/20 22:21
コメント(0)
学生団体mof.(たびぃじょ)の山本です。

2012年春休みのベネルクスひとり旅、
目的のひとつに「美術館巡り」がありました。


オランダでは
ハーグのマウリッツハイス美術館
アムステルダムのゴッホ美術館と国立美術館

ベルギーでは
ブリュッセルのルネ・マグリット美術館と王立美術館
に行ってきました。



では、少しずつ説明したいと思います。

benelux4

マウリッツハイス美術館(€10.5)
オーディオガイドは入場料に含まれています。
正面には『真珠の首飾りの少女』の垂れ幕が
でかでかとかかっています。
建物は小さいけれど、見ごたえのある作品が揃っています。

『真珠の首飾りの少女』はもちろんですが、
私が好きだったのは
同じフェルメールの『デルフトの眺望』です。
素朴で温かみのある絵が多いなぁという印象を受けました。

マウリッツハイス美術館の隣には
ホフフェイファの池があるのですが、
ここがきれいでおすすめです。
絵画鑑賞の後にぜひのんびりしてみてください。


次にゴッホ美術館(€14)
オーディオガイドが€5でした。
ゴッホ美術館は、とにかく人が多い。

まず入館するのに40分待ちました…
結構早く行ったつもりでしたが甘かったです。
待ちたくない方はできる限り早くに行くか
夕方が空いているようです。

ゴッホ美術館、実はゴッホ以外の画家の作品も展示されています。
(私の目的も実はこっちでした。)
世紀末のパリで活躍した画家たちの作品もお見逃しなく!

昼前から3時間ほどいましたが、
出るときも相変わらず混雑していました。


ゴッホ美術館から歩いてすぐのところに
国立美術館(€14)があります。
こちらもオーディオガイドが€5かかります。

オランダの歴史や、オランダ美術の変遷などなど。
有名な『夜警』はとっても大きかったです。



さて、ベルギーの美術館に行きたいと思います。

ルネ・マグリット美術館と王立美術館は隣接してます。
チケットは二つ合わせて€3と安かったです。
オーディオガイドはありませんでした。

建物は近代的で、少しややこしいので
分らなくなったらすぐ係員さんに聞いた方がいいです。
地図見ても迷いました…


駆け足で二つの美術館を鑑賞したので、
あまり感想がないのですが(笑)
王立美術館で『マラーの死』を見れて満足でした。

オーディオガイドがないので
展示作品についてあらかじめ勉強してくるか、
ガイドブックを持っていくことをお勧めします。




美術館案内は以上です。
どこも見ごたえがあるので3時間は見積もった方がいいかと思います!

benelux8
【春旅2012】花の国オランダ
エリア:
  • ヨーロッパ>オランダ>キューケンホフ公園
  • ヨーロッパ>オランダ>ハーグ
テーマ:観光地 
投稿日:2012/08/10 22:01
コメント(0)
学生団体mof.(たびぃじょ)の山本です。
ベネルクスのひとり旅について書きたいと思います。

さてさて、私はアムステルダムに着いてから
すぐにハーグに移動しました。

ハーグはあの、「マウリッツハイス美術館」のある街です。


オランダと言えばチューリップ!
絶対に「キューケンホフ公園」には行きたいと
思っていたのですが
どの街から行くかは決めていませんでした。
(キューケンホフは地図で見ると分りますが
結構中途半端なところにあります・・・)


YHで同室になった中国人の女の子に
「ハーグからキューケンホフまでバスで行けるよ」
という情報を聞き、ハーグから行くことにしました。


ハーグの中心にあるツーリストインフォメーションで
キューケンホフへのバスと入場チケットのセットをあらかじめ購入。
(€21でした)


デンハーグ中央駅からバスに乗ってキューケンホフへ…
バスは30分に一本だった気がします。


住宅街を抜けて、意外とすぐに到着。


3月26日時点で、園内のお花は6〜7分咲きで
満開ではありませんでした。
けど、見ごたえはじゅーぶんです。


benelux8


benelux9

アーティスティックなオブジェもあります・・・


benelux2

これも実はキューケンホフの園内。
風車や、お土産の木靴も並んでいて、
THEオランダといった感じです。


ちなみに、園内でお昼を食べたのですが
カフェが比較的安くておいしいのでお勧めです^^
今年はポーランドフェア?だったようで、
ターキーのパニーにやビーフスープがありました。
それにフライドポテトをつけて、€11.9でした。


そんなに大きくはないですが、
ベンチに座ってぼーっとしたりしていたので
私は回るのに3〜4時間かかりました。



最後に帰りのバスからの写真です。

benelux

一面に広がるお花畑!
公園内じゃなくても花が溢れている国、
それがオランダなのだなぁ〜と感じました。

benelux2
【春旅2012】ベネルクスをめぐる旅♪
エリア:
  • ヨーロッパ>ルクセンブルク
  • ヨーロッパ>ベルギー
  • ヨーロッパ>オランダ
テーマ:観光地 
投稿日:2012/07/06 21:48
コメント(0)
こんにちは^^
学生団体mof.の山本です。
私たち学生団体mof.は
「女の子のひとり旅」を広めるべく活動しています♪
HP:http://tabiijyo.jp/


今回は、春休みにひとりで行ったベネルクスの旅について書きたいと思います。
ベネルクスとは・・・?
オランダ・ベルギー・ルクセンブルクの3か国のことを指します。



なぜ、ベネルクスを選んだかと言うと
あまり日本人観光客がいなさそうで
規模の小さなヨーロッパの国に行きたかったから
というざっくりとした理由でした(笑)

実際、以前行ったパリほどは日本人に会いませんでした。
(でも、やっぱりアムステルダムにはたくさんいます。)


今回は飛行機を含めて12日間の旅でした。
ツアーではなく、自由旅行です。

航空会社はアエロフロートロシア。
成田⇔アムステルダムの往復です。
値段だけでアエロフロートにしました。
あまりに評判が悪いので乗るまではビクビクしていましたが、
感想としては「意外と普通じゃん!」
サービスだって悪くない、というか、丁寧でしたよ^^
ただ、機内食が私は苦手でした。
航空券は約12万円。

benelux5

泊まるところですが、
学生の貧乏旅行なので、
宿はYH(ユースホステル)か安ホテル。

yh
これはデンハーグのYHです。


最初の数日は予約せずに、現地で
「今日泊まりたいんですけど〜・・・」といった感じでした。
途中からYHの公式サイトで予約してました。
(アムステルダムなどの大都市は予約でいっぱいと聞いて)

都市間の移動は全部電車でした。
向こうは鉄道が単純でわかりやすいので、
観光客もばんばん利用できます。
大きな駅には外国人向けの切符売り場もあって、
英語が苦手な私も大助かりでした!

ちなみに、鉄道料金は意外と高くて
移動ばっかりしているとどんどんかさみます。
色んな都市に行きたい人は気をつけて・・・!
私は予想以上に交通費がかかり、
最後はギリギリで過ごしてました(笑)


向こうで使ったお金は8万円。
お土産はほっとんど買わず、
かなり節約したのでこの値段に収まりましたが、
普通ならもっとかかると思います。


最後に旅のルートですが
アムステルダム(→ハーレム)→デンハーグ(キューケンホフ公園)
→アントワープ→ブリュージュ→ルクセンブルク
→ブリュッセル→アムステルダム
と、かなり移動してました。


残りの三回でそれぞれ詳しく説明したいと思います。

1 - 3件目まで(3件中)