1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. たびぃじょさん
  4. フィンランドの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > フィンランド の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

2
【夏旅2012】フィンランド、ムーミンワールド
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド
テーマ:観光地 
投稿日:2012/11/15 01:52
コメント(0)
今年の夏にフィンランド、デンマークにひとり旅してきたのですが、
中でも印象に残っているのはムーミンワールド!

女子大生がひとりでムーミンワールドって大丈夫なの?!
…とも思われそうですが(笑)全然問題なかったです!

ムーミンワールドがあるのはナーンタリという街。
私はトゥルクという街に宿泊していたのでバスで1時間かけてナーンタリへ向かいました。

ナーンタリについたはいいものの、方向がそもそもわからなかったので
バス停近くにあったアイス屋さんのお姉さんに尋ねると優しく教えてくれました^^

お礼にアイス購入。

アイス

ただ、地図は地球の歩き方などではなく、前日に自分で実際に行った人が書いてくれた地図をネットで見つけておきました。

ナーンタリはとってものどかな街です^^

ナーンタリ

ムーミンワールドへは女性で歩いて20分ほどでしょうか…
ムーミンワールド到着です!
ムーミンワールド

ムーミンワールドはムーミンたちももちろんかわいいのですが、小さい子がなにより可愛い…!!(*´`)


baby
ムーミン

案外敷地内は広いですが、ささっと見れる人なら3〜4時間あれば十分なのかなって感じでした。
私は閉園の6時までいましたが。(笑)

なので、ヘルシンキからの日帰りもそこまで大変ではなさそうといった印象です。

ただ、私のように長時間いたかったり、ナーンタリでゆっくり夕食を食べたいなどある人はナーンタリかトゥルク宿泊してもいいかもしれません。

ちなみにトゥルクからナーンタリまでのバスは1時間に3〜4本は出ていたと記憶しています。
しかも結構夜までやってました。

ムーミンワールド、行ってみたい方の参考になれば幸いです^^


また、今回のエピソードも少し含め、フィンランドの魅力をもっともっとお伝えするイベントを11月25日(日)に行います!
JAL×学生団体mof.でお送りする“おしゃれに、かわいく、はじめてひとり旅〜北欧・フィンランドゆき直行便〜”

よろしければお越し下さい♪
http://tabiijyo.jp/jal/jalpj-index.html

サンタ
【夏旅2012】夜行列車でサンタ村へ
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド>ロバニエミ
テーマ:買物・土産 観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2012/11/08 14:30
コメント(0)
フィンランドといえば、サンタクロース!!
…とも限りませんが(笑)私からするとサンタの割合は高かった。。

ということで、今回は今夏訪れたフィンランドのなかでもサンタクロース村をご紹介したいと思います!^^

サンタクロース村はロヴァニエミという都市にあり、フィンランドの首都ヘルシンキから夜行列車で北へ12時間!ヘルシンキから1〜2時間の国内線でも行けるようですが、学生なものでお金事情もあり迷わず夜行列車を選びました。


サンタクロースエクスプレス


冬だとウィンタースポツなどもあり要予約のようでしたが私が訪れたのは8月。
念のため日本で夜行列車の乗車券を購入して行こうかとも考えたものの、結局チケットは現地購入しました。売り切れの心配も必要なく乗る前日の予約でも全然大丈夫でした。
むしろ2人部屋(二段ベッド)なのに1人で使えました。

社内


今回乗ったサンタクロースエクスプレスですが、ユーレイルパスを持っていればかなり良心的なお値段に抑えられます。もし長期的な旅でサンタクロース村も考えているようでしたらユーレイルパスはオススメです^^
また夜行列車を使えば往復の2泊分はホテル代もいらないわけです!学生には嬉しいです♪
寝心地も普通ですし、シャワーもあるし、よく酔う私も酔わずに済んだし、湖や森の中を走っていくのもなかなかできない体験なので、頑張って飛行機にすればよかったーなんて思いもしませんでした。

ついでに私はロヴァニエミで一泊もしなかったので2泊連続列車内泊でした。
夏のフィンランドの夜は長いです。。

景色


さて、そんなサンタクロースエクスプレスに乗っていざロヴァニエミへ。
到着したのは午前10時過ぎ。駅員さんに聞けばサンタ村へのバス停を教えてくれます。大きいロッカーも駅にはあるので大きい荷物の心配もいりません。


サンタ村到着!
サンタ村の中には北極圏の境界線があり、北極圏をまたぐことができます!!(^0^)


北極圏



さて、お待ちかねのサンタさんとの面会…!
サンタさんはドアのすぐ裏にいるわけではなく、ショップ横のドア少人数ごとに通過し、不思議な通路を歩いてサンタオフィスへと向かいます。
ここがまるでTDLの待ち時間中の室内ように工夫がみられて、外からでは想像もつかないような空間です。

サンタオフィス


ドアをくぐるとカメラ撮影禁止のため、行った人しか知ることができないようになっています。


そしていざ、対面!
サンタさんとは写真を撮るのが目的なのですが、写真を撮るだけでお終いの人もいれば、ゆっくり話をする人もいる。つまり、自分次第でサンタさんと過ごせる時間が変わるんです!!!!(笑)


そこで私はサンタさんといかに会話をするか英語が全くできないなりに意気込んで向かいました。
するとなんと!

サンタさん 日本語 しゃべれる !!!

Σ(°Д°)


これには衝撃でした(笑)

日本語と拙い英語で会話を楽しんでから、私はなんとサンタさんにサインをお願いしてみました!^^
前代未聞なんでしょうか…ちょっと驚かれました。


でも快くサインをしてくれて、写真をとって、大満足でサンタさんとさよならしました。別れ際に“埼玉にも行くから今年のクリスマスにまた会いましょう”です!もうサンタさんイケメンすぎます!!(笑)

そしてこちらがサンタさん直筆のサイン。
サイン



そんなこんなでサンタ村を後にしたのでした。
サンタ村にはお土産もたくさん売っていますが、ヘルシンキよりも断然安いです!!!もしサンタ村に行く機会があしましたら、そちらで買うことをオススメします♪


ちなみにサンタ村の所要時間は長くても3時間ほどです。
上でも書きましたが私はロヴァニエミでは宿泊せず、着いた日の夕方には再び夜行列車に乗ってヘルシンキへ向かいました。
サンタ村と世界最北マック程しか予定のない場合は宿泊する必要はないと感じました。
思ったよりも早く駅に戻ってきてしまって、予約列車の発車時刻まで3時間以上ありましたがいくらかでもっと早い時間に変更してもらうことも可能でした。

マック


気候に関しても、8月とはいえ北極圏と警戒しましたが、晴れていればTシャツでも大丈夫なくらいでした。念のためカーディガンがあれば十分です。


サンタ村とサンタクロースエクスプレスを考えている人に少しでもお役に立てれば幸いです^^


また、今回のエピソードも少し含め、フィンランドの魅力をもっともっとお伝えするイベントを11月25日(日)に行います!
JAL×学生団体mof.でお送りする“おしゃれに、かわいく、はじめてひとり旅〜北欧・フィンランドゆき直行便〜”

よろしければお越し下さい♪
http://tabiijyo.jp/jal/jalpj-index.html

トラム
【夏旅2012】憧れの北欧フィンランド&デンマーク、初海外ひとり旅!
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド
  • ヨーロッパ>デンマーク
テーマ:旅行準備 
投稿日:2012/11/02 23:15
コメント(0)
こんにちは!
大学3年生の夏休み、ついに初海外ひとり旅を、憧れの北欧で過ごしてきました。

私が訪れた都市は
デンマーク→コペンハーゲン、オーデンセ、ビルン
フィンランド→トゥルク、ナーンタリ、ロヴァニエミ、ヘルシンキ。

日数は往復の日数込みで17日間です。



今回の私の旅のテーマはずばり「メルヘン」!笑
かわいいもの大好きです。絵本とかキャラクターとか、子供っぽいかわいいものが特に好きです(*´`)笑

デンマークといえば、童話作家のアンデルセンの故郷ですし、カラフルな街並みもあり、カラフルなおもちゃレゴの出身でもあります。

レゴランド


フィンランドといえばムーミンの出身地ですし、サンタクロースもいるし…


ムーミンパパ


北欧に行きたかったんじゃなくて、この2カ国に行きたかったんです。笑
こういうかわいさがわかる人は是非行ってみてください!


あと、かわいいだけじゃなくて北欧は本当に治安がいいです。
私もひとり旅に戸惑いもありましたが、この2カ国は選んで正解だったと思っています。
現地の人はみんな優しいですし、YHなどもとても快適です。
どの国も英語をみなさん話せますし、ご飯も美味しいです!


ただ欠点があるとすれば、しょうがないものの、物価が高いことと、日本人の若者は少ないということくらいでしょうか…


コペンハーゲンもヘルシンキも、首都は2日もあれば全て歩きでも心ゆくまで見て回れるといった規模です。
3日以上あるとかなーりゆっくりできます。道も覚えますし行きたいけど諦めたカフェにだってゆっくり行けます。笑

また、夏といえど北欧は肌寒いんじゃないかと警戒していきましたが、晴れて要らばTシャツでも全然大丈夫です(私が訪れたのは8月上旬〜中旬)。
ただ、雨が降ったり、風が吹いている中日陰を歩くと肌寒いのでパーカーやカーディガンはあったほうがいいです。


そんな私が今夏楽しんできた北欧ですが、11月25日にフィンランドに関するイベントを行います!
来年からヘルシンキへの直行便を出すJALと、女の子のひとり旅を応援する学生団体mof.のコラボイベントです!
ほんわかとしたフィンランドの魅力を存分にお伝えする予定ですので、是非会場に足を運んでみてください♪
詳細はこちら
http://tabiijyo.jp/jal/jalpj-index.html

ふら
【夏旅2010】ヨーロッパ45日間女ひとりでふらり旅♪
エリア:
  • アフリカ>モロッコ
  • ヨーロッパ>フィンランド
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2010/11/15 15:14
コメント(0)
はじめまして!
学生団体mof.の松本です。

タイトルの通り、この夏45日間ヨーロッパをふらふらと旅してきました。

今回から8回の連載でわたしの旅を紹介してゆきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

まずはどのように旅を進めていったかということでルートを。
地図
青いピンが付いているところに行ってきました。

といっても、とてもイメージしづらいと思うので
写真と文字でお伝えしますね。

はじまりはフィンランド!
ふ

船でバルト海を渡り、エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト3国
ば
写真はエストニアのタリンです。

アウシュビッツを訪ねるためにポーランドへ
ぽ

ふらっとチェコへ
ち
プラハの街

そのままオーストリア
お
信号機、かわいかったなぁ

見どころ満載!のイタリア
い
ローマ、フィレンツェ、ミラノの3都市を周り、写真はご存じフィレンツェです。

女の子らしく?フランス
ふら
パリに4日間滞在しました。

情熱の国!スペイン
す
バルセロナ、マドリード、グラナダ、セビーリャ、マラガと
のべ5都市を歩きまわります。

ドキドキのアフリカ上陸!モロッコ
も
スペインの港からモロッコへ向かい、
タンジェ、シャウエン、フェズと3都市へ行ってきました。

その後またスペインに戻ってゆっくり滞在し、
イタリアへ移動してミラノから日本へ帰りました。

計11か国21都市を歩きまわった今年の夏旅。
全てを、とはいきませんが次回から7回分、
旅の魅力をたっぷり伝えていきたいと思います!

次回は知られざるバルトの魅力、特に十字架の丘についてお送りします。
お楽しみに♪

ケーキ
【夏旅2010】ミュージアムカフェの魅力
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド
テーマ:グルメ 
投稿日:2010/10/31 19:29
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です。
最終回である今回は、フィンランドのカフェについてです!

わたしは予算も食への興味もそんなにないので、
よくカフェごはんをしました。

カフェなので、フィンランド独特の味!というのは望みにくいですが、
食器やインテリアがかわいいので、いるだけで楽しめます。
フィンランドの本領発揮といった感じです。

カフェ・アアルト
まずは、「かもめ食堂」にも出てきたアカデミア書店内のカフェで。
建築家、アルヴァ・アアルトの名前が冠されています。
フィンランドっ子のたまり場になっているのでしょうか?
でもひとりでも入りやすい素敵な空間です。
ライトのデザインはさすがといったところ!

書店自体も、三層の吹き抜けから差し込む光や木製の本棚があたたかく、
本の並べ方は工夫されていてハイセンス。
ぜひ足を運んでみてください。

私は現地の言葉の絵本を買うのが好きなので、ここで買っていきました。
ムーミンの本などはムーミンショップ等で買うよりも
普通に書店で買ったほうが安いですよ!

また、アアルトの名前が冠されたカフェはもうひとつあります。
フィンランドの真ん中に位置する都市・ユヴァスキュラの、
アルヴァ・アアルト美術館に併設されているのがそれです。

ケーキ
ナプキンの模様はアアルトの奥さんのデザインによるものだとか。
ユヴァスキュラ自体、アアルトの建築が多く残っており、
湖にも恵まれた優しい都市。

そんな空気をこのカフェではそのまま味わえます。
カフェ・アルヴァ
ゆったりと時間が流れる、おすすめの場所です。
お店の方の感じがとても良くて、ケーキもおいしかったです!

デザインカフェ
こちらはヘルシンキ・デザイン博物館のカフェで。
何種類かあるカップはムーミンのキャラクター。
トレイの配色もシンプルにおしゃれで、嬉しくなってしまいます。
キッシュがおいしかったです!

カフェ・キアズマ
こちらはヘルシンキの現代美術館、キアズマのカフェ。

キアズマ2
ランチタイムのサラダバーが、低価格でお腹いっぱいになるので助かります。
それにしてもこのカップに書いてある言葉、センスいいと思いませんか?

美術館併設のカフェは、その美術館のにおいに触れられるのがいいですね。
入場料を払わなくてもショップやカフェには入れる、
という美術館がほとんどだと思います。

なので、美術館博物館には興味のない方も、
ほんのちょっと休憩&おいしいものを食べるついでに、
そんな空気に触れてみてはいかがでしょうか?


四回の更新では、フィンランド・エストニアのすてきなところを
全然伝えきれませんでしたが、
こんな優しい時間の流れる国で初めてのひとり旅を経験できて
ほんとうによかったなあと思っています。

見てくださった方に少しだけでも伝わるとうれしいです!

次回からは松尾がシリア旅行の様子をお届けします。
お楽しみに!

1 - 5件目まで(7件中)